> 【初心者必見】バイクのバッテリー上がりの症状、充電、交換時期や方法は? | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【初心者必見】バイクのバッテリー上がりの症状、充電、交換時期や方法は?

メンテナンス、バイクの仕組み
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 最近バイクに乗り始めた初心者
  • バッテリー上がりに怯えてバイクに乗っている
  • バッテリーが充電される仕組みが知りたい
  • バッテリー上がりに怯えなくても良い平和な生活を送りたい


という方ではないでしょうか。

バイクに乗ろうと思ったらセルが回らない・・・エンジンがかからない・・・というバッテリー上がりはとても恐ろしいですよね。


バッテリーについて正しく知ることによって過度な不安を取り除き、健全なバイクライフを過ごすことができます。

この記事では

この記事で分かること
  • バッテリーの種類
  • バッテリーの役割
  • バッテリー上がりの症状や交換時期、交換方法
  • バッテリーの寿命を伸ばす対策


などについて解説していきます。

バッテリーの種類

密閉型バッテリーの写真


バイクのバッテリーは

バイクバッテリーの種類
  • MF型(密閉型)
  • 開放型
  • リチウム系バッテリー


の3種類があります。

多くのバイクのバッテリーは密閉型が多いですが、古いバイクでは開放型、最新のバイクではリチウム系もあります。

詳しくは下の記事を読んでみてください。

バイクのバッテリーとは?バイクのバッテリーの役割

バイクのバッテリーとは?バイクのバッテリーの役割

バッテリーには2つの役割があります。

バッテリーの役割
  • ヘッドライトやウインカー電装系を動かす電気を供給する
  • セルモーターを回す


セルモーターが回るとクランクが回りエンジンがかかるのでバッテリーはエンジンをかけるのに必要不可欠なパーツであるといえます。

バイク太郎

エンジンがかかればこっちのもんだよ


エンジンがかかってくれればヘッドライトやウインカー、電子制御部品などの電装系も動かすことができるので一番大事なバッテリーの役割は「エンジンを動かすこと」といえます。

エンジンをかけるにはたくさんの電力を必要とするのでバッテリーに十分な電圧がないとエンジンを掛けることができません。電力が足りずにエンジンを掛けられない状態が「バッテリー上がり」です。

バイク次郎

出先でのバッテリー上がりは結構最悪だよ

バッテリーはバイクで走ることで充電できる


バッテリーはバイクに乗るたびに電力を失っていくわけではありません。

セルを回すとたくさんの電力を失ってしまいますが、失いっぱなしだとバッテリーの電力がすぐに底をついてしまいます。

バッテリーはバイクに乗れば乗るほど電力を蓄えることができます。こればバイクに発電機を積んでいると考えるとしっくりきます。

その発電機は「オルタネーター」といい、エンジンの回転から交流電気を取り出しています。

この交流電気はそのままだとバッテリーの充電には使えないので「レギュレーター」というパーツが交流電気を直流電気に変換し、バッテリーを充電しています。

okomoto

絶賛知ったかぶり中です。知識としては知っています。

バッテリー上がりの症状

バッテリー上がりの症状


バッテリー上がりが近づくと(バッテリーの電圧が下がってくると)

バッテリー上がりの症状
  • セルの「キュルキュル」が弱くなる
  • ホーンの音が小さくなる
  • ウインカーの点滅にヘッドライトの明るさが連動する


というような症状がでてきます。

これを放置しておくとセルを回せないほど電圧が下がる「バッテリー上がり」になります。バッテリーは電装系に電力を供給しているので電装系に異常があらわれるわけです。


okomoto

(て言われてるけどヘッドライト連動しても頻繁に乗っておけば全然へいきなんだよなぁ・・・)

バッテリーが上がったら?

バッテリーが上がったら?


バッテリーは充電することで再びセルを回す電力を得ることができます。

バッテリーを安全に外す手順
  • マイナスケーブルを外す(黒)
  • プラスケーブルを外す(赤:カバーがついている方)
  • バッテリーを止めているバンドがあれば外す
  • バッテリーを外す


という手順でバッテリーを外したら専用の充電器で充電します。

充電が完了したら外したときとは逆の手順でバッテリーをつけます。

バッテリーを安全に取り付ける手順
  • バッテリー置く
  • バッテリーをバンドで止める
  • プラスケーブルをつける(赤:カバーがついている方)
  • マイナスケーブルをつける(黒)
okomoto

手順は間違えないでくださいね。端子には触れないように!


ただし、一度上がってしまったバッテリーは蓄電機能が著しく低下しているので、充電後にも繰り返しバッテリー上がりを起こす場合は新品に交換してください。

okomoto

一応バッテリーの寿命は2年とされているので2年以上使ったバッテリーであれば交換してしまいましょう。僕はバッテリーが上がるまで交換しません。

出先でバッテリーが上がったら?~押しがけ~

押しがけ


バッテリーがツーリング先などで上がってしまったら「押しがけ」という方法でバイクを始動させます。

通常は「エンジン→駆動輪」(細かく書くとクランク→クランクシャフト→クラッチ→ギア→チェーン→タイヤ)という順で力を伝えてバイクを前進させていますが、バイクを人力で押して駆動輪を回し、強制的にエンジンを回すことでエンジンをかけるのが押しがけです。

「駆動輪→エンジン」という逆の力で働きかけてエンジンをかける流れになります。
押しがけは駆動輪の回転でクランクを回しています。

ちなみにみんな大好きキックスタートは足の力でクランクを回しているということです。

押しがけの手順
  • キーをオンにする
  • 2速に入れる
  • クラッチレバーを握ったまま全力ダッシュする
  • 「もうこれ以上速度が上がらない!限界一歩手前!」となる
  • シートに勢いよく乗ると同時にクラッチをレバーを一瞬で離す
  • エンジンがかかったらクラッチレバーを握る


これでエンジンを始動させることができます。



バイク三郎

下り坂でやれば余裕だよ。下りきったらそこが旅の終点だよ。

バイク太郎

排気量が大きいバイクは押しがけ大変です。エンジンが大きいからです。

何故バッテリーが上がったのかを考える

何故バッテリーが上がったのかを考える


自宅で1ヶ月以上バイクを放置してバッテリーが上がってしまったのであればバッテリー上がりの原因は恐らく「自然放電」によるものです。

バッテリーは使用していなくても少しずつ電力を減らしていきます。家電の待機電力のようなものだと考えてください。


先述の通り、バッテリーはバイクに乗ることで充電されていくのでツーリング先などの出先でバッテリーが上がるのは不自然です。

出先でバッテリーが上がってしまった場合は下記のような原因が考えられます。

okoko

それまで走っていたのにバッテリー上がるなんて変よね?アンビリバボー!!!

出先でバッテリーが上がった時の原因候補
  • しばらくキーをオンにしてエンジンをかけずにいた
  • 転倒などによりバッテリーに強い衝撃を与えた
  • バッテリーの端子がゆるんで接触不良を起こしていた
  • 発電機である「オルタネーター」の故障
  • 電気変換器である「レギュレーター」の故障


などが挙げられます。

出先でバッテリーが上がったときはこのような故障を疑いましょう。

JAFのロードサービスの二輪の出動理由でもっとも多いのはパンクですが、第二位がバッテリー上がりです。

バッテリー上がりが原因でJAFは年間2万件以上二輪救出に出動しています。この中の多くのライダーは下のようなスケジュールでバッテリー上がりを迎えていると思われます。

バッテリー上がりまでのタイムライン
  • ツーリング前日
    バッテリーを充電

    この時点で「オルタネーター」か「レギュレーター」のどちらかが壊れています。久しぶりのツーリングに向けてバッテリーを充電します。

  • ツーリング朝
    エンジン始動

    前日バッテリーを充電したのでエンジンは元気よくかかります。

  • ツーリング中
    バッテリーは充電されないままツーリング

    「オルタネーター」か「レギュレーター」が壊れているのでバッテリーは充電されません。休憩のたびにセルを回す電力を消費し、走行中は灯火類の転倒などに電力を消費していきます。

  • バッテリー上がり
    バッテリーあがり

    前日充電した電気を使い切ってしまったのでバッテリー上がりを起こしツーリング終了です。


という流れでバッテリーを上げていると思われます。

この状態ではバッテリーを充電しても、新品に交換しても同じことを繰り返してしまうのでオルタネーターやレギュレーターの故障を疑いましょう。


バイクバッテリーの交換時期

バイクバッテリーの交換時期


バッテリーの寿命は2年程度と言われています。2年経過したバッテリーは交換が推奨されていますので2年以上経過したバッテリが上がってしまった場合は新品に交換しましょう。


ちなみに僕はエンジンがかからなくなるまで何年もバッテリー交換をしません。2年で交換したことは一度もありません。

それは僕がバッテリーの寿命を伸ばすバイクの乗り方をしているからです。

okomoto

みなさんは2年に一回バッテリーを交換してくださいね。知らんけど。

僕のメンテナンスサイクルはこちらの記事にまとめています

バッテリーの交換手順


上手に、お得に適合バッテリーを見つけて、

バイクバッテリー取り外し、取り付けの順番
  • バッテリーを外すときは先にマイナス端子を外す
  • バッテリーを付けるときは先にプラス端子をつける(赤いカバーがある方)


ということに注意しつつ安全に交換しましょう。



okomoto

詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

未充電のバッテリーを購入したほうが良い

  • 充電済みのバッテリーは購入時満充電ではなくなっている
  • そのまま使うと「急速充電状態」になるのでバッテリーに負担がかかる


という理由から

バッテリーの性能や寿命を最大に伸ばすには未充電のバッテリーを購入し、自分で液入れ、初期充電を行ったほうが良いです。

okomoto

詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

バッテリーの寿命を伸ばす対策

バッテリーの寿命を伸ばす方法はとても簡単です。

「バッテリーの電力が減らないようにする」これだけです。


具体的には

バッテリー上がりを防ぐ!バッテリーの寿命を延ばす方法まとめ
  • 液入れ前、未充電のバッテリーを選ぶ
  • 初期充電をしっかり行う
  • なるべくバイクに乗る
  • 1週間以上バイクに乗らない時はマイナス端子を外しておく
  • 1カ月以上バイクに乗らない時は充電器に繋げてトリクル充電をしておく
  • たまに回復充電(サルフェーション除去)を行う
  • これらのバッテリーメンテナンスを安く、簡単に行える充電器を手に入れる


です。

僕は毎日通勤用のバイクで通勤していますし、以前は週に一回、少なくとも月に一回は趣味用のバイクで長距離ツーリングをしていました。

趣味用のバイクの方は1ヶ月程度乗らない場合はバッテリーのマイナス端子を外し、それ以上乗らないときは充電器に繋げっぱなしにしておきます。

okomoto

僕が使っている充電器は上のリンクの星乃充電器のものです。劣化したバッテリーをリフレッシュしれくれるサルフェーション除去機能もついているので便利です。しかも3ヶ月以内なら繋ぎっぱなしでいいのもズボラな僕に向いています。バイクからバッテリーを外さなくても良くなるコネクターも付属します。



こんな心がけだけで4万kmくらいはもバッテリー交換は不要になります。(2万kmでの交換が推奨されています。)

アイドリングだけでバッテリーは充電できるのか?

バッテリーを外すの面倒な方は「たまにエンジンかけてあげれば終電できるんじゃない?」と思ったと思います。

実際「たまにエンジンかけてあげてるからへーきへーき」というバイク乗りもいますが、アイドリング状態ではバッテリーは理論上充電できていますが、実際は十分に充電できていません。

エンジンをかけた直後はバッテリーが冷えているのですぐに充電が始まりません。充電が始まるのはエンジンをかけてから10~15分後です。ここからがスタートなのでそのときにエンジンを始動するために消費した電力分を充電するだけでも相当な時間がかかります。

充電はエンジンの回転数を上げれば上げるほど速度が速くなっていくのでアイドリングでは電圧が足りずに満足に充電することができません。

ですので充電を目的とするならば30~1時間程度一般的な回転数でバイクに乗ることが必要です。


というかツーリング行けばいいです。

バイク三郎

なんのためにバイク持ってんの?バッテリーのため?乗るためでしょ?

バイク次郎

(三郎・・・)

バッテリーの捨て方


バイクのバッテリーは

バイクバッテリーの処分方法
  • バイク用品店
  • バイク屋
  • 廃品回収業者
  • ガソリンスタンド
  • 車用品店でバイクバッテリーを処分オートバックスなど
  • 業者に郵送で送る


問う方法で基本無料で引き取ってもらうことができます。

バッテリーの捨て方は別記事にまとめておきます。

okoko

詳しくは下の記事を読んでみてね。

バイクのバッテリーまとめ

バイクのバッテリーまとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクのバッテリーについて網羅的に解説をしました。

この記事のまとめ
  • バイクに乗ればバッテリーは充電できる
  • バッテリーが上がったら充電か押しがけをする
  • 出先でのバッテリー上がったらオルタネーターかレギュレーターの故障を疑う
  • バッテリーは2年に一回交換する(交換するとは言っていない)
  • バッテリー上がりを気にするならバイクに乗りましょう


という内容の記事でした。

バイクに乗っていればバッテリー上がりは過度に気にしなくて大丈夫です。

わからんけど。


コメント

タイトルとURLをコピーしました