> バイクのニュートラルの入れ方11つのコツ~もう信号待ちでガチャガチャしない~ | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクのニュートラルの入れ方11つのコツ~もう信号待ちでガチャガチャしない~

バイクのニュートラルの入れ方11つのコツ~もう信号待ちでガチャガチャしない~ 公道の走り方
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクを止めるときになかなかニュートラルに入らない・・・
  • 信号待ちでいつもガチャガチャしてしまう・・・
  • あのライダーが信号でスムーズにニュートラルに入れられるのは何故だろう


という方ではないでしょうか。

信号待ちでなかなかニュートラルに入れられず、ガチャガチャやっている間に信号は青に・・・なんてことは初心者あるあるです。

「初心者あるある」ということは「脱初心者しているライダーはスムーズにニュートラルに入れられる」ということ、つまり、「ニュートラルの入れ方にはコツがある」ということです。

この記事を読んでぜひ「脱初心者」してください。


この記事では

この記事でわかること
  • 【停止直前】クラッチレバーを握るバイクのニュートラルの入れ方
  • 【停止直前】クラッチレバーを握らないバイクのニュートラルの入れ方
  • 【停車後】スロットルを煽るバイクのニュートラルの入れ方
  • 【停車後】車体を揺らすバイクのニュートラルの入れ方
  • 【停車後】エンジンを切るバイクのニュートラルの入れ方
  • 【ライダー依存】適切なシフトダウンをする
  • 【車体依存】1速からか2速からか見極めるバイクのニュートラルの入れ方
  • 【調整】クラッチレバーの遊びを少なくしてみるバイクのニュートラルの入れ方
  • 【整備】注油してみるバイクのニュートラルの入れ方
  • 【整備】エンジンオイルを交換してみるバイクのニュートラルの入れ方
  • 【ハーレー】プライマリーチェーンを張ってみるハーレーのニュートラルの入れ方
  • 【修理】クラッチ板の交換をしてみるバイクのニュートラルの入れ方
  • 【番外】教習所でのバイクのニュートラルの入れ方


ということについて解説していきます。


ちなみに信号待ちでは1速のままでクラッチ握っているという方はロングツーリングでは疲れてしまうので、これを機会にニュートラルに入れる癖をつけましょう。

バイクのニュートラルの入れ方11のコツ

バイクのニュートラルの入れ方11のコツ


ニュートラルに入れるコツは全部で11あります。

バイクのニュートラルの入れ方11のコツ一覧
  • 停止直前にクラッチレバーを握ってニュートラルに入れる
  • 停止直前クラッチレバーを握らずにニュートラルに入れる
  • スロットルを少しだけ煽る
  • 車体を揺らす
  • エンジンを切ってから入れる
  • 適切なシフトダウンをする
  • 1速からか2速からか入れやすい方を見つける
  • クラッチレバーの遊びを少なくする
  • ペダルとギアボックスの接続部分に注油する
  • エンジンオイルを交換する
  • プライマリーチェーンを張る
  • クラッチ板の交換する


それぞれ簡単に解説していきます。

【停止直前】クラッチレバーを握るバイクのニュートラルの入れ方

【停止直前】クラッチレバーを握るバイクのニュートラルの入れ方


バイクは構造上、車体が動いている状態のほうがニュートラルに入りやすいです。

完全にバイクが停止する前にニュートラルに入れておけばそのまま美しく左足を着いて停車できるのでベテランっぽく止まることができます。



クラッチレバーは完全に握る必要はありません。半クラ程度引けば十分です。むしろその方が入りやすいです。

【停止直前】クラッチレバーを握らないバイクのニュートラルの入れ方

【停止直前】クラッチレバーを握らないバイクのニュートラルの入れ方


ちなみにクラッチを握らなくても車体が動いていればニュートラルに入れることができます。

2速の状態からチョコンとペダルを踏めばあっさりニュートラルに入ります。

【停車後】スロットルを煽るバイクのニュートラルの入れ方

【停車後】スロットルを煽るバイクのニュートラルの入れ方

バイクが停車している状態で効果的な方法です。ニュートラルで停車中に一瞬スロットルを煽り、回転数が下がってきているときスコンとニュートラルにいれます。


人気のないところで練習してみるのもいいかと思います。スロットルはほんの少し煽れば大丈夫です。

ブリッピングシフトダウンと同じで「感覚」をつかめるようにしましょう。

【停車後】車体を揺らすバイクのニュートラルの入れ方

【停車後】車体を揺らすバイクのニュートラルの入れ方


フロントブレーキをかけたまま車体を前後に揺らします。

ギアは1速、クラッチレバーを握った状態で車体を揺らしながら足の甲をペダルに押し付けていればニュートラルに入ります。

【停車後】エンジンを切るバイクのニュートラルの入れ方

【停車後】エンジンを切るバイクのニュートラルの入れ方


それでも入らなければエンジンを切って、エンジンが止まった状態で入れてみましょう。

上の「車体を揺らす方法」と併用すれば楽にニュートラルに入れることができます。

メインキーでエンジンを切ると美しくないので、メインキーはONのまま、キルスイッチでエンジンのON、OFF操作を行うと右手を離さなくていいので美しいです。

エンジンを切るバイクのニュートラルの入れ方
美しい手順
  • step1
    右手でキルスイッチを切ってエンジンオフ
  • step2
    車体を揺らしながらニュートラルに入れる
  • step3
    右手でキルスイッチON
  • step4
    右手でセルを回す

okomoto

流れるような美しい動き!!


駐車場でバイクを止めてエンジンをかけるときは、エンジンを掛ける前にニュートラルに入れればスムーズということです。

バイクを止めるときにわざわざニュートラルに入れる方がいますが、我が国が環太平洋造山帯に位置していると知っているならば1速に入れたまま止めるようにしましょう。

【ライダー依存】適切なシフトダウンをする

【ライダー依存】適切なシフトダウンをする


例えば

okoko

クラッチを握ってブレーキで減速し、信号で止まってから一気に5速から1速にシフトダウンしています!


という状況であればライダーの運転の仕方が悪いだけです。

バイクのギアは適切なエンジン回転数の時に入りやすくなるので、「停止状態(エンジン回転数はアイドリング)で5速から1速に・・・」という言うのはバイクの構造上ギアが入りづらくて当然です。

こういう止まり方をしている方は減速していくのに従って適切なギアにシフトダウンしていけばスムーズにギアを変えてニュートラルに入れることができます。

というか、バイクに乗るのであればブリッピングシフトダウンを覚えましょう。

【車体依存】1速からか2速からか見極めるバイクのニュートラルの入れ方

【車体依存】1速からか2速からか見極めるバイクのニュートラルの入れ方


1速からの方がニュートラルに入りやすいバイクと2速からの方が入れやすいバイクがあるように感じています。

自分のバイクがどちらの方が入りやすいのか少し見極めながら運転してみて下さい。


【調整】クラッチレバーの遊びを少なくしてみるバイクのニュートラルの入れ方

【調整】クラッチレバーの遊びを少なくしてみるバイクのニュートラルの入れ方


バイクの操作ではどうにもできなければ原因はあなたではなく、車体にある可能性が高いので整備や調整でなんとかしましょう。

まずは簡単にクラッチレバーの遊びを少なくしてみましょう。これで案外解決することが多いです。

【整備】注油してみるバイクのニュートラルの入れ方

【整備】注油してみるバイクのニュートラルの入れ方


ギアボックスとシフトペダルの接続部分にシリコンスプレーを吹きかけるとシフトペダルがスコスコ動くようになり、ニュートラルにも入れやすくなります。

バイク太郎

やり方は下の記事で詳しく解説しています。

バイク次郎

これは日常のメンテナンスに取り入れるべきだよ

【整備】エンジンオイルを交換してみるバイクのニュートラルの入れ方

【整備】エンジンオイルを交換してみるバイクのニュートラルの入れ方


多くのバイクはエンジンオイルがギアオイルの役割も兼ねています。エンジンオイルを半年以上交換していない場合はエンジンオイルを交換しましょう。

それだけでシフト操作が軽くなることもあります。

【ハーレー】プライマリーチェーンを張ってみるハーレーのニュートラルの入れ方

【ハーレー】プライマリーチェーンを張ってみるハーレーのニュートラルの入れ方


ハーレーの場合はギアオイルであるプライマリーオイルの交換と一緒にプライマリーチェーンの貼り直しをするとスコスコ入るようになります。

ただし、ガスケットがあるところにアクセス擦る必要があるので他の対策を行って効果がない場合に行って下さい。

以前シフトペダルが重くなったのでチェーンにアクセスしたところ張りが正常でした。ただレバーの遊びが大きくなっていただけでした・・・。開け損です。

okomoto

誤解のないように書いておきますが、僕はハーレー乗りではありません。ハーレーのエンジンを積んでいるバイクに乗っているだけです。

okoko

あんたになんか興味ないわよ

バイク三郎

(この人に「ハーレー乗りだね」っていうとブチ切れるんだよなぁ・・・)

【修理】クラッチ板の交換をしてみるバイクのニュートラルの入れ方

【修理】クラッチ板の交換をしてみるバイクのニュートラルの入れ方


最終手段です。高額修理になるのでバイク屋さんとよーく相談して行うようにしましょう。

okomoto

クラッチ板交換したいんですが・・・ニュートラルでなくて・・・

バイク屋さん

クラッチ板は問題なさそうだよ?下手なだけじゃない?

okomoto

(それはそれで辛いなぁ・・・)

【番外】教習所でのバイクのニュートラルの入れ方

【番外】教習所でのバイクのニュートラルの入れ方


教習生の方が「ニュートラルに入らない・・・」と悩んでいることが多いですが、教習所のバイクは尋常ではないくらい鬼の半クラッチにさらされているのでそんなものだと思います。

ただし、僕は教習所でニュートラルに入れづらいと感じたことは1度もないので、ある程度コツを掴んでいれば問題ないのかなとは思います。

教習車に慣れた状態で公道に出ればスコスコ気持ちよくニュートラルに入れることができるので我慢して教習を続けましょう。

教習場で走行中にニュートラルに入れたり、空ぶかしをすると怒られるので「車体を揺らしてニュートラルに入れる」という方法で乗り切って下さい。多分この程度であれば許してくれると思います。

というか教官さんは全員この記事に書いた内容は知っているはずですから問題ないと思います。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ニュートラルに入れ方について全てのコツや対処方法を解説しました。

あなたの信号待ちが少しでも楽になって、より疲れにくくツーリングを楽しめるようになれば嬉しく思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました