> 何故あのバイク乗りは信号待ちで右足でも両足でもなく「左足」を着くのか? | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

何故あのバイク乗りは信号待ちで右足でも両足でもなく「左足」を着くのか?

バイクで左足を着く理由公道の走り方

この記事は既に何の違和感もなく両足や右足を着いている方に向けた記事ではありません。自分がやりやすいのが一番です。初心者の方のみ読んでみてください。

okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクの信号待ちはどっちの足をつくのがいいの?
  • バイクで信号待ちにするときに左足をついている人が多いのは何故だろう・・・
  • 何故あのライダーは信号待ちで右足でも両足でもなく「左足」を着いているんだろう・・・


という方ではないでしょうか。

「脚付きチェック!」などという記事を読んでいると

okoko

バイクは両足をついて止まるのが正しいのね!


と思うかも知れませんが、実際に公道に出ると

okoko

(みんな左足をついているわ・・・みんなバイクが下手くそなのね・・・

と思うかも知れません。

何故「あのライダーたち」が左足をついているのかというと、「安全に、スマートに止まるには左足をつかざるを得ない理由があるから」です。

全員が理由を文章として理解しているわけではなく、「バイクに安全に乗ろうと思うと左足を着くのが自然になるから」です。

何故か左足で着いた方が楽。

本当は右足で着いた方が停止後にニュートラルに入れやすいので右の方がいいのだが、着くのは左足。

引用元:https://www.bikebros.co.jp/bikeresearch/result?id=53&comment_page=3#comment
okomoto

この方は「バイクに安全に乗ろうと思うと左足を着くのが自然になる」という方の典型例ですね。



この記事では

この記事でわかること
  • 両足をつくことのメリット、デメリット
  • 右足をつくことのメリット、デメリット
  • 左足をつくことのメリット、デメリット
  • 自然に左足をつくようになるシンプルでな理由


ということについて解説していきます。

昔乗ってたおじいちゃん

信号待ち中はニュートラルに入れておくことは前提としている記事じゃよ

okoko

クラッチ握ったままじゃだめなの?

昔乗ってたおじいちゃん

わざわざ疲れたい場合はかまわんよ。

バイク三郎

(じいさんきっついなー)


最初に「両足」の場合をみていきましょう。

バイクの信号待ちで両足をつくことのメリット、デメリット

バイクの信号待ちで両足をつくことのメリット、デメリット


メリットは特にありませんがデメリットはあります。

バイクの信号待ちで両足をつくことのデメリット
  • ブレーキレバーを握らなければならない
  • 常にバランスを取らなければならない
  • 車体の近くにしか足をつけないので強く支えられない


それぞれ説明します。

ブレーキレバーを握らなければならない


停車中は

停車中にブレーキをかけておく目的
  • 気づかない程度の傾斜の影響を受けないようにする
  • ブレーキランプを光らせて後続車に存在をアピールする
  • 軽い追突に備える


という目的でブレーキをかけておく必要があります。万が一テールランプが切れていると非常に危険です。強い追突には全く耐えられませんが、クリープ現象でゆっくり当たってくる程度の追突であればノーブレーキ時とは差がでてきます。

このような可能性を考えると、多くのライダーが停車時は必ずブレーキをかけておくという結論に至ります。

バイク三郎

バイクは危険な乗り物だから想像力を働かせて「可能性」を考えたほうがいいよ


走行中、右手は常にスロットルを握っている必要があります。信号待ちのときくらいは離してリラックスさせてあげたいのですが、両足を着くとそれができません。

常にバランスを取らなければならない

バイクの信号待ちで両足をつくことのデメリット常にバランスを取らなければならない
okomoto

情報量が多い画像で恐縮です。


両足をつくということは「常に左右のバランスを取らなければならない」という状況になります。

両足をついて止まっているバイクのテールを見ていると「小刻みに左右揺れている」のがわかります。

バイク次郎

両足ライダーを見かけたらテールを観察してみよう

車体の近くにしか足をつけないので強く支えられない

バイクの信号待ちで両足をつくことのデメリット強く支えられない


何かを支えるには、支えとなるものはなるべく支えたいものから離れた位置にあったほうが強く支えられるが、両足をつくと車体に近い位置でしか足を着くことができません。風の強い日は結構煽られてしまいますし、左右のバランスを崩したときに踏ん張りづらくなってしまいます。

片足を付けばより遠くに足をついて、バイクと足で互いに支え合いより安定して止まることができます。

okomoto

画像はわかりやすいようにデフォルメしていますよ


次は「右足」の場合を考えていきます。

バイクの信号待ちで右足をつくことのメリット、デメリット

バイクの信号待ちで右足をつくことのメリット、デメリット
バイクの信号待ちで右足をつくことのメリット
  • 足を入れ替えなくて済む
  • 常にバランスを取る必要がない
  • 車体の遠くに足があるので強くバイクを支えられる


ニュートラルの状態で左足を地面についている場合、1速に入れて発進するために一度右足をついて左足で1速に入れてから発進する必要があります。

最初から右足をついておけば、この「足の入れ替え」が必要なくなります。

バイクの信号待ちで右足をつくことのデメリット
  • ブレーキレバーを握らなければならない
  • 車に足を踏まれる可能性がある
  • 車側に倒れる可能性が高くなる


ブレーキレバーに関しては両足のときに説明した通りです。

車に足を踏まれる可能性がある

左に寄せて止まっているときに後ろの車が自分のバイクを追い抜いて前の車との車間を詰めてきた場合、足を踏まれる可能性があります。

支えている側の足を踏まれたらバイクを支えていられるかわかりません。

okomoto

「低い可能性」として考えたいのですが実際に踏まれた方もいるので怖いです。

昔、踏切手前の渋滞で左に寄せて右足着いてたら後ろからギリギリで来た車に足を踏まれたんで絶対左足!

引用元:https://www.bikebros.co.jp/bikeresearch/result?id=53&comment_page=4#comment

車側に倒れる可能性が高くなる

車側に倒れる可能性が高くなる

右足をつくということは、バイクは右に傾いているということです。

砂や濡れたマンホールの蓋、白線などで足を滑らせたりすればバイクは車側に倒れます。横に車がいなければ不幸中の幸いですが、急いで起こさないと通行の邪魔になってしまいます。

okoko

車に当たったら立派な事故だもんね・・・

バイク次郎

車が動いているときならそのまま轢かれても不思議じゃないよね・・・


最後に左足の場合を考えていきましょう。

バイクの信号待ちで左足をつくことのメリット、デメリット

バイクの信号待ちで左足をつくことのメリット、デメリット
バイクの信号待ちで左足をつくことのメリット
  • ブレーキペダルを踏める
  • 常にバランスを取る必要がない
  • 車体の遠くに足があるので強くバイクを支えられる
  • 足を踏まれる可能性がない
  • 車側に倒れる可能性が低くなり


両足と右足を着いた場合のリスクをなくしたり、減らしたりすることができます。

バイクの信号待ちで左足をつくことのデメリット
  • 足を入れ替える必要がある
  • 道路の構造上、左の方が低くなっている


右足とは違い、左足を着くと発進のために足を入れ替える必要がありますし、道路は排水を良くするために道路の外側が低い作りになっています。

道路の左側が低い
バイク太郎

ちなみにこの道路の構造はタイヤの右側が減りやすい原因の1つだよ



それぞれのメリットとデメリットを考えると最もデメリットが少なく、かつ危険に繋がりにくいデメリットしかないのであのライダーは左足をついているのです。

okoko

足を入れ替えるときに靴紐を引っ掛けたりして転んだらどうするのよ!危険じゃない!左の方が低いなんて危ないわ!

okomoto

そのリスクの方が両足、右足を着くときのリスクよりも上回っているという結論に達するような方であれば是非両足を着いてください。

メリケン太郎

He says, “Forget it “HAHAHA!!!


ここまでは「メリットデメリットを足し算引き算すると左足がいいのではないか?」という話。ここからは「バイクをキレイに止めると左足しか選択肢がなくなる」という話をしていきます。

バイクの信号待ちで自然に左足をつくようになるシンプルでロジカルな理由

バイクの信号待ちで自然に左足をつくようになるシンプルでロジカルな理由
世間のライダー

右側に転ぶ?両足だとふらつく?オレはそんなにバイク下手じゃないし!

という方に悲報です。あなたは少なくとも左足を着いているライダーよりも、少なくとも「バイクを止める」ということに関してはお上手ではないことが確定しました。

okoko

どういうこと?

バイクを止めるときにリアブレーキだけで止まる人はいないと思います。リアブレーキの制動力はとても低いからです。

ブレーキング時は必ずフロントブレーキを使います。

フロントブレーキを使うとフロントサスが縮みます。これを「ノーズダイブ」と言ったりします。


サスが縮んだまま完全に停車すると、縮んだサスは一気に戻ろうとするので「カックン」とバネの反力が返ってきます。

このときにバランスを崩して転倒したりすることがあります。急制動でブレーキをロックしなかったにも関わらず、止まってから転んでしまうのがこれです。



なにより止まるたびにカックンカックンしていると美しくありません。

このようなバイクの特性を理解している人は完全に停車する直前にフロントブレーキを解除して、リアブレーキだけで止まるようにしています。

これを行うだけで「バイーン」がなくなることを知っているのです。


すると停車の瞬間は右足はブレーキペダルを踏んでいるので左足を着くしかなくなるのです。

バイク太郎

「何故か左足を着いたほうが楽」という方は情報としてこれらのことを知らなくてもバイクを操作している体は知っているということです。


左足を着いた方いい理由がわかりましたでしょうか。

ですが、風が強い時は両足で着くという方が結構いるので「風が強い時」についても少し触れておきます。

風が強いときは両足を着いた方がいい?


「普段は左足だけれど、風が強いときは両足を着く」という方がいます。

特に街乗りだと、建物や周りの車で風の流れが目まぐるしく変わるので色んな方向から風が吹いてきます。

それに耐えるために両方の足をついて安定させようとしてしまいがちですが、先述の通り、片足をついてバイクと足で支えたほうが安定は増します。足側から風が吹いたらバイクに支えてもらい、バイク側から風が吹いたら足で支えるようにしてみましょう。

okomoto

台風対策は下の記事を読んでみてください。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

多くのライダーが左足で信号待ちをする理由を解説しました。

あくまでもこの記事の内容は「こういう理由で左足を着くのが理にかなっている理由を説明する」という話です。この記事を読んでも両足や右足の方がスムーズに信号待ちできるのであればその方法があなたには合っている方法なので無理に直す必要などはまったくありません。

どんな足の付き方をしても周りの迷惑にはなりませんし、バイクに乗っているのは自分だけなので全く問題ありません。



ただ、あなたがまだ自分の癖がつく前のバイク初心者であれば是非この記事を間に受けて頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました