> 250ccビッグスクーターおすすめの車種8選!スペック比較と9種のランキング | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

250ccビッグスクーターおすすめの車種8選!スペック比較と9種のランキング

250ccビッグスクーターおすすめの車種8選!スペック比較と9種のランキングバイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!



この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 普段の足にも趣味にも使う250ccビッグスクーターが欲しい!
  • 250ccビッグスクーターにはどんな車種があるのか知りたい!
  • 手に入る車種の性能を比較したい!


と言う方ではないでしょうか。

この記事では

250ccビッグスクーターの車種
  • フォルツァ ホンダ
  • フェイズ ホンダ
  • フュージョン ホンダ
  • PS250 ホンダ
  • マジェスティ ヤマハ
  • XMAX ヤマハ
  • マグザム ヤマハ
  • スカイウェイブ250 スズキ
  • ジェンマ スズキ


について

9種のランキング
  • 最高速ランキング
  • メットイン容量、積める荷物ランキング
  • 価格が安いランキング
  • 燃費ランキング
  • 1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • パワーウエイトレシオランキング
  • トルクウエイトレシオランキング
  • 足つきがいい、シート高が低いランキング
  • パワー円レシオランキング


というランキングを作成して解説しています。

バイク次郎

結論から言うとXMAXがビッグスクーター史上最強のバイクだよ

okomoto

古い車種もちゃんと見極めれば格安で手に入るかも・・・


すべての250ccバイクの比較が見たい方は下の記事を読んでみて下さい。

  1. 250ccビッグスクーターに乗るために必要なバイク免許
  2. おすすめの250ccビッグスクーター最高速ランキング
  3. おすすめの250ccビッグスクーターメットイン収納積載容量、積める荷物ランキング
  4. おすすめの250ccビッグスクーター価格が安いランキング
  5. おすすめの250ccビッグスクーター燃費ランキング
  6. おすすめの250ccビッグスクーター1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  7. おすすめの250ccビッグスクーターパワーウエイトレシオランキング
  8. おすすめの250ccビッグスクータートルクウエイトレシオランキング
  9. おすすめの250ccビッグスクーター足つきがいい、シート高が低いランキング
  10. おすすめの250ccビッグスクーターパワー円レシオランキング
  11. おすすめの250ccビッグスクーター性能早見表
  12. フォルツァ(MF15) ホンダ【おすすめの250ccビッグスクーター】
  13. フェイズ ホンダ【おすすめの250ccビッグスクーター】
  14. フュージョン ホンダ【おすすめの250ccビッグスクーター】
  15. PS250 ホンダ【おすすめの250ccビッグスクーター】
  16. マジェスティ ヤマハ【おすすめの250ccビッグスクーター】
  17. XMAX ヤマハ【おすすめの250ccビッグスクーター】
  18. マグザム ヤマハ【おすすめの250ccビッグスクーター】
  19. スカイウェイブ250 スズキ【おすすめの250ccビッグスクーター】
  20. ジェンマ スズキ
  21. おすすめの250ccビッグスクーターまとめ

250ccビッグスクーターに乗るために必要なバイク免許

250ccビッグスクーターに乗るために必要なバイク免許


この記事で紹介している250ccビッグスクーターに乗るためには最低でもAT限定普通自動二輪免許が必要となり、取得期間や費用はざっくり・・・

免許なしで教習所143800円最短11日
免許ありで教習所83800円円最短9日
免許ありで一発試験18,100円最短1日
(免許なしで一発)(22,300円)(最短1日)
合宿(免許なし)90,000円6泊7日


という感じです。


詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください。




先にランキングから解説していきます。

おすすめの250ccビッグスクーター最高速ランキング

おすすめの250ccビッグスクーター最高速ランキング
おすすめの250ccビッグスクーター最高速ランキング
  • 143km/h
    XMAX
  • 140km/h
    フォルツァ
    フェイズ
  • 130km/h
    PS250
    マジェスティ
    スカイウェイブ250
  • 124km/h
    フュージョン
  • 118km/h
    ジェンマ
  • 106km/h
    マグザム

多くのバイク乗りが理解しているように、最高速はまったく重要なものではありませんが気にされる方もいると思うのでランキングを作りました。ネット検索でヒットしたものを載せているだけなので信ぴょう性は低いので参考程度にとどめてください。

中型排気量のバイクは「昔のバイクは速かった」と言われやすいので、新しいバイクが最高速ランキング上位にランクインしていることは良いことだと思います。

マグザムの最高速が低いのは調べが足りなかったのか、マグザムさんの体調が優れなかったのかは不明です。

最高速を気にするようなジャンルではないので問題ないかと思います。

昔乗ってたおじいちゃん

最高速を気にするのは初心者の証拠じゃぞ・・・

おすすめの250ccビッグスクーターメットイン収納積載容量、積める荷物ランキング

おすすめの250ccビッグスクーターメットイン収納積載容量、積める荷物ランキング
おすすめの250ccビッグスクーターメットイン収納積載容量、積める荷物ランキング
  • 63ℓ
    スカイウェイブ250
  • 60ℓ
    マジェスティ
  • 50ℓ
    フェイズ
  • 48ℓ
    フォルツァ
  • 45ℓ
    XMAX
  • 38ℓ
    フュージョン
  • 29ℓ
    マグザム
  • 19ℓ
    ジェンマ


ビッグスクーターには他のバイクにはない「積載性」が付与されています。

他のバイクではまったく重要ではない積載性ですが、ビッグスクーターの場合はとても大事な要素になります。

スカウエイブのメットインは形が四角なので特に使いやすかったです。
マグザムさんはシート下とトランクを併せた容量を記載していますが・・・きっと体調が悪かったのだと思います。形も悪いのでヘルメットを入れるのさせ難しい場合もありました。

ジェンマはシート下の極狭いマグザムよりも少ないです。トランクスペースがありません。ビッグスクーターとしての積載性は期待できないでしょう。

おすすめの250ccビッグスクーター価格が安いランキング

おすすめの250ccビッグスクーター価格が安いランキング
おすすめの250ccビッグスクーター価格が安いランキング
  • 479000円
    PS250
  • 499000円
    フュージョン
  • 550000円
    フェイズ
  • 599000円
    スカイウェイブ250
    フォルツァ
  • 630000円
    マグザム
  • 654500円
    XMAX
  • 669000円
    マジェスティ
  • 670950円
    ジェンマ


趣味のものの燃費を気にしないほうがいいとは思いますがランキングにしました。

新しい車種と古い車種が混ざっているのであまり当てにならないランキングです。今更ですがフォルツァは新しいモデルで数字を載せています。

黄金代なのでスペックがかなり低いジェンマが最も価格が高いです。

おすすめの250ccビッグスクーター燃費ランキング

おすすめの250ccビッグスクーター燃費ランキング
おすすめの250ccビッグスクーター燃費ランキング
  • 33km/L
    XMAX
  • 30km/L
    フェイズ
  • 28km/L
    ジェンマ
  • 27km/L
    PS250
  • 26km/L
    フォルツァ
    フュージョン
    マジェスティ
  • 25km/L
    マグザム
    スカイウェイブ250


最高速ランキングで1位だったXMAXは燃費の1位です。これはコスパがかなり良さそうですね。

おすすめの250ccビッグスクーター1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離

おすすめの250ccビッグスクーター1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
おすすめの250ccビッグスクーター1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • 429km
    XMAX
  • 360km
    フェイズ
  • 350km
    マグザム
  • 336km
    ジェンマ
  • 325km
    スカイウェイブ250
  • 324km
    PS250
  • 312km
    フュージョン
    マジェスティ
  • 286km
    フォルツァ


個人的にはガソリンがなくなったら入れるだけなのでタンクの大きさはどうでもいいのですが、一応1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離のランキングも作りました。


新しいビッグスクーターが1位と最下位を取るという以外な結果です。フォルツァは燃費があまりよくない上にタンク容量は1番少ないんです。

XMAXはただ1台悠々と400kmを超えての1位です。実は400km以上走るバイクはツーリングに特化したツアラーの中でもそうそういません。素晴らしい数字です。

おすすめの250ccビッグスクーターパワーウエイトレシオランキング

おすすめの250ccビッグスクーターパワーウエイトレシオランキング
おすすめの250ccビッグスクーターパワーウエイトレシオランキング
  • 7.78kg/ps
    XMAX
  • 8.04kg/ps
    フェイズ
  • 8.08kg/ps
    フォルツァ
  • 8.23kg/ps
    スカイウェイブ250
  • 8.89kg/ps
    フュージョン
  • 9.05kg/ps
    PS250
  • 9.54kg/ps
    ジェンマ
  • 9.89kg/ps
    マジェスティ
  • 10.0kg/ps
    マグザム


XMAXが圧勝です。XMAXと同じ馬力を出している車種は複数いますし、最大の馬力をもつバイクはスカイウェイブ250なのですが、XMAXは軽さを活かして1位をかっさらっていった感じです。

馬力だけに注目していては見えてこな方結果ですね。

おすすめの250ccビッグスクータートルクウエイトレシオランキング

おすすめの250ccビッグスクータートルクウエイトレシオランキング
おすすめの250ccビッグスクータートルクウエイトレシオランキング
  • 74.5kg/kgf・m
    XMAX
  • 77.5kg/kgf・m
    フォルツァ
  • 80.4kg/kgf・m
    フュージョン
  • 80.4kg/kgf・m
    フェイズ
  • 81.9kg/kgf・m
    PS250
  • 85.4kg/kgf・m
    マジェスティ
  • 85.6kg/kgf・m
    スカイウェイブ250
  • 91.3kg/kgf・m
    マグザム
  • 95.4kg/kgf・m
    ジェンマ


もう性能的にはXMAXですね。

単純に最大トルクだとやはりスカイウェイブ250が頭ひとつ出ているのですが、軽さでXMAXがトルクを体感しやすくなっていますね。軽さは正義!

おすすめの250ccビッグスクーター足つきがいい、シート高が低いランキング

おすすめの250ccビッグスクーター足つきがいい、シート高が低いランキング
おすすめの250ccビッグスクーター足つきがいい、シート高が低いランキング
  • 655mm
    マグザム
    フュージョン
  • 660mm
    ジェンマ
  • 700mm
    マジェスティ
  • 710mm
    スカイウェイブ250
  • 725mm
    PS250
  • 755mm
    フェイズ
  • 780mm
    フォルツァ
  • 795mm
    XMAX


「シート高が低い=足つきが良い」ということにはなりませんが、気にする方が多いので一応ひとつの指針としてランキング化しました。

ビッグスクーターの場合はシート高よりもステップの形状で足つきの良さが決まったりします。ローアンドロングスタイルのマグザム/フュージョンが他を大きく引き離してシート高は低いです。

XMAXのシート高の高さはオフロード走行を想定しているのかも知れません。シート高が高いほうが運動性能は良くなります。

おすすめの250ccビッグスクーターパワー円レシオランキング

おすすめの250ccビッグスクーターパワー円レシオランキング
おすすめの250ccビッグスクーターパワー円レシオランキング
  • 23038円/PS
    スカイウェイブ250
  • 23913円/PS
    フェイズ
  • 25210円/PS
    PS250
  • 26043円/PS
    フォルツァ
  • 26263円/PS
    フュージョン
  • 28456円/PS
    XMAX
  • 30497円/PS
    ジェンマ
  • 31500円/PS
    マグザム
  • 35210円/PS
    マジェスティ


スズキはバイクの本体価格を安く設定してくれることが多いのでスカイウェイブ250の車体のコスパは良いです。とはいえ昔のバイクということもかなり関係していると思います。

一方で30000円を超えるのは250ccという排気量帯ではかなり高いです。この数字は馬力が低いバイクのほうが下がる傾向にあります。30000円を超えるのは125ccネイキッドくらいの数字です。ちなみにリッターバイクになると10000円を切るものが多くなります。

おすすめの250ccビッグスクーター性能早見表

おすすめの250ccビッグスクーター性能早見表
価格メットイン容量排気量車両重量最大出力最大トルクホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
フォルツァ599000円48ℓ249cc186kg23PS2.4kgf・m1510mm不明2145×750×1360780mm11L41.5km/L26km/L286km140km/h8.08kg/ps77.5kg/kgf・m26,043円/PS
フェイズ550000円50ℓ248cc185kg23PS2.3kgf・m1540mm26°30′2180×750×1150755mm12L43.0km/L30km/L360km140km/h8.04kg/ps80.4kg/kgf・m23,913円/PS
フュージョン499000円38ℓ244cc169kg19PS2.1kgf・m1625mm28°00′2265×745×1355665mm12L40.0km/L26km/L312km124km/h8.89kg/ps80.4kg/kgf・m26,263円/PS
PS250479000円なし249cc172kg19PS2.1kgf・m1455mm28°00′2085×795×1090725mm12L37.2km/L27km/L324km130km/h9.05kg/ps81.9kg/kgf・m25,210円/PS
マジェスティ669000円60ℓ249cc188kg19PS2.2kgf・m1550mm27°00′2175×770×1185700mm12L38.0km/L26km/L312km130km/h9.89kg/ps85.4kg/kgf・m35,210円/PS
XMAX
654500円45ℓ249cc179kg23PS2.4kgf・m1540mm26°30′2185×775×1415795mm13L40.7km/L33km/L429km143km/h7.78kg/ps74.5kg/kgf・m28,456円/PS
マグザム630000円29ℓ249cc201kg20PS2.2kgf・m1615mm28°00′2365×820×1060655mm14L37.0km/L25km/L350km106km/h10.0kg/ps91.3kg/kgf・m31,500円/PS
スカイウェイブ250599000円63ℓ249cc214kg26PS2.5kgf・m1585mm25°20′2270×760×1225710mm13L39.0km/L25km/L325km130km/h8.23kg/ps85.6kg/kgf・m23,038円/PS
ジェンマ670950円19ℓ249cc210kg22PS2.2kgf・m1690mm27.352280×810×1085660mm12L36.0km/L28km/L336km118km/h9.54kg/ps95.4kg/kgf・m30,497円/PS



それえぞれの車種の詳細一覧はご覧の表の通りです。

価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量です
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワ円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。
バイクの全長全幅全高シート高ホイールベースキャスター角の図解

フォルツァ(MF15) ホンダ【おすすめの250ccビッグスクーター】


ビッグスクーターブームのころからシュッとしたデザインでしたが、さらにシュっとして販売されました。

メットインのスペースは小さくなりました。最近のビッグスクーターは以前の「大きい方が良い」というよりは「コンパクトに」という流れのような気がします。


昔乗ってたおじいちゃん

オーバルのハンドルがのぉ・・・

価格599000円
メットイン容量48ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量186kg
最大出力23PS
最大トルク2.4kgf・m
ホイールベース1510mm
キャスター角不明
全長×全幅×全高(mm)2145×750×1360
シート高780mm
燃料タンク容量11L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費41.5km/L
実燃費26km/L
実燃費での航続可能距離286km
最高速140km/h
パワーウエイトレシオ8.08kg/ps
トルクウエイトレシオ77.5kg/kgf・m
パワー円レシオ26,043円/PS

フェイズ ホンダ【おすすめの250ccビッグスクーター】


コンパクトなビッグスクーターを求めるユーザーのニーズに応える形で発売されたのがフェイズです。
というわりに高さ以外のサイズは少々大きくなっています。


中身は基本的にフォルツァで車体はコンパクトなのですが重量は1kgしか変わらなかったりします。時代を先取りしたのか、当時の少ないニーズに合わせた車種なので実売台数は少なかったようですが、コンパクトな250ccを求めている方にはおすすめです。

価格550000円
メットイン容量50ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量248cc
車両重量185kg
最大出力23PS
最大トルク2.3kgf・m
ホイールベース1540mm
キャスター角26°30′
全長×全幅×全高(mm)2180×750×1150
シート高755mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費43.0km/L
実燃費30km/L
実燃費での航続可能距離360km
最高速140km/h
パワーウエイトレシオ8.04kg/ps
トルクウエイトレシオ80.4kg/kgf・m
パワー円レシオ23,913円/PS

フュージョン ホンダ【おすすめの250ccビッグスクーター】


ビッグスクーター界の先駆者。1986年に発売され、海外モデルもでるなどしたのち1997年に生産終了。

その後ビッグスクーターブームが起こったため長い眠りから起こされて2003年に復活しました。

ビッグスクーターブーム当時は他の車種とは一線を画すデザインで非常に人気があり、「ゥエッサイカスタム」を施せる唯一の車両でした。

収納はシート下ではなく、車両後方のトランクだったので「後続車にしか見えないモニター」「後続車向けのスピーカー」などを詰め込めれていた車両が多かったです。


当時は「ノーマルだと一番ダサく、カスタムすると一番かっこいい」というスクーターとして散々カスタムされていました。

ノーマルでシート高がベタベタに低かったので女性の方にも人気でした。

光物やオーディオを積んだハーレーを見ると当時を思い出します。

価格499000円
メットイン容量38ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量244cc
車両重量169kg
最大出力19PS
最大トルク2.1kgf・m
ホイールベース1625mm
キャスター角28°00′
全長×全幅×全高(mm)2265×745×1355
シート高665mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40.0km/L
実燃費26km/L
実燃費での航続可能距離312km
最高速124km/h
パワーウエイトレシオ8.89kg/ps
トルクウエイトレシオ80.4kg/kgf・m
パワー円レシオ26,263円/PS

PS250 ホンダ【おすすめの250ccビッグスクーター】


売れに売れた原付「ズーマー」を作ったチームが作ったビッグスクーターですがフルカウルビッグスクター最盛期に発売したので売れに売れませんでした。

1人で乗るときはタンデムシート跳ね上げて背もたれにでき、車体の後ろに荷物を積むことができました。ヘッドライト上にも荷物を括り付けられるスペースがあます。

メットインやトランクはありませんが、工夫をすれば積載力は無限大のちょっと面白い車種です。

当時のビッグスクーターブームの波には全く乗れませんでした。今販売すればキャンプブームの後押しもあって売れ・・・・。

価格479000円
メットイン容量メットインなし
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量172kg
最大出力19PS
最大トルク2.1kgf・m
ホイールベース1455mm
キャスター角28°00′
全長×全幅×全高(mm)2085×795×1090
シート高725mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37.2km/L
実燃費27km/L
実燃費での航続可能距離324km
最高速130km/h
パワーウエイトレシオ9.05kg/ps
トルクウエイトレシオ81.9kg/kgf・m
パワー円レシオ25,210円/PS

マジェスティ ヤマハ【おすすめの250ccビッグスクーター】


ビッグスクーターブームの中心にいたマジェスティCはモデルチェンジを行い、形を変え、2016年に生産終了になりました。

日本独自のビッグスクーター文化を支えた名車ですが、当時のユーザーは爆音を垂れ流して遊んでいたのでビッグスクーターがバイク乗りに嫌われる原因になった名車でもあります。それはバイクではなくユーザーのモラルの問題なのですが・・・。

そう考えると当時のビッグスクーター乗りと現代のハーレー乗りには同じものを感じてしますね。

5連メーターを装備したマジェスティCですが、ユーザーの年齢層が低くなりすぎたので晩年はおとなしいメーターになっていたりしました。もともと落ち着いた大人をターゲットにしたバイクなので、原点に立ち返ろうとしたのだと思います。

昔乗ってたおじいちゃん

ベルマスクというものがあってのぉ

価格669000円
メットイン容量60ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量188kg
最大出力19PS
最大トルク2.2kgf・m
ホイールベース1550mm
キャスター角27°00′
全長×全幅×全高(mm)2175×770×1185
シート高700mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費38.0km/L
実燃費26km/L
実燃費での航続可能距離312km
最高速130km/h
パワーウエイトレシオ9.89kg/ps
トルクウエイトレシオ85.4kg/kgf・m
パワー円レシオ35,210円/PS
数字は採取モデルのもの

XMAX ヤマハ【おすすめの250ccビッグスクーター】


海外で販売されていたものを250ccにして国内モデルとしたスクーター。

マジェスティに変わるヤマハのスクーターシリーズとしてスポーティーに乗ることができます。

価格654500円
メットイン容量45ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量179kg
最大出力23PS
最大トルク2.4kgf・m
ホイールベース1540mm
キャスター角26°30′
全長×全幅×全高(mm)2185×775×1415
シート高795mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40.7km/L
実燃費33km/L
実燃費での航続可能距離429km
最高速143km/h
パワーウエイトレシオ7.78kg/ps
トルクウエイトレシオ74.5kg/kgf・m
パワー円レシオ28,456円/PS

マグザム ヤマハ【おすすめの250ccビッグスクーター】


ビッグスクーターブーム絶頂のときにでた車種です。

初見のときに

okomoto

マジェとフュージョン足して2で割った様な気持ち悪いパクリバイクを中華メーカーが作りやがった!



と思ったのを覚えています。

「こんなパクリバイク売れるか!」と思っていましたが、僕が売れないと思ったバイクは売れる法則に従ってかなり売れていました。

当時「マグザムに乗っている人とはつるまない」という独自ルールを設けていました。

当時はスペックなど一切気にしませんでしたが、今改めてスペックをみてみるとひどいもんです。収納は2箇所ありますが、どちらも形状が悪く積載性は最悪です。


ビッグスクーターブーム前期の人はまったく受け付けず、後期の方は大好きな車種だと思います。


バイク三郎

前期とか後期とかあんのかよ

okomoto

Gマジェが出た当たりから後期かなと勝手に思っています。

価格630000円
メットイン容量シート下18ℓ+トランク11ℓ=29ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量201kg
最大出力20PS
最大トルク2.2kgf・m
ホイールベース1615mm
キャスター角28°00′
全長×全幅×全高(mm)2365×820×1060
シート高655mm
燃料タンク容量14L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37.0km/L
実燃費25km/L
実燃費での航続可能距離350km
最高速106km/h
パワーウエイトレシオ10.0kg/ps
トルクウエイトレシオ91.3kg/kgf・m
パワー円レシオ31,500円/PS

スカイウェイブ250 スズキ【おすすめの250ccビッグスクーター】


マジェスティ、フォルツァ、フュージョンというライバルたちの中で最も人気がなかったのがスカイウェイブ250。

極大のメットインスペースは四角い形状のため使いやすく、「音が響きそうだ」という理由でスピーカーやらウーハーやらを詰め込まれていました。

カワサキにOEM供給されて「エプシロン」という名前でカワサキから販売されていました。

昔乗ってたおじいちゃん

スダのフロントマスクとか付けておったのぉ・・・

価格599000円
メットイン容量63ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量214kg
最大出力26PS
最大トルク2.5kgf・m
ホイールベース1585mm
キャスター角25°20′
全長×全幅×全高(mm)2270×760×1225
シート高710mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費39.0km/L
実燃費25km/L
実燃費での航続可能距離325km
最高速130km/h
パワーウエイトレシオ8.23kg/ps
トルクウエイトレシオ85.6kg/kgf・m
パワー円レシオ23,038円/PS
数字は採取モデルのもの

ジェンマ スズキ


ビッグスクーターの中でもフュージョン、マグザムというローアンドロングのスタイルを持つスクーターのスズキの対抗馬になってジェンマ。

発売当時は「黄金便器」などと呼ばれ、見向きもされませんでしたが、今思えばスズキらしいエンジン性能のスカイウエイブと鈴菌ど真ん中のデザインのジェンマでバランスが取れていたように思います。

不人気車ですが、市販車の中でもっともアキラバイクに近いデザインだと思っています。

左右のヘッドライトをアシンメトリーにするなど、いつも通り時代を先取りしるぎるスズキなのでした。

価格670950円
メットイン容量19ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量210kg
最大出力22PS
最大トルク2.2kgf・m
ホイールベース1690mm
キャスター角27.35
全長×全幅×全高(mm)2280×810×1085
シート高660mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費36.0km/L
実燃費28km/L
実燃費での航続可能距離336km
最高速118km/h
パワーウエイトレシオ9.54kg/ps
トルクウエイトレシオ95.4kg/kgf・m
パワー円レシオ30,497円/PS
数字は採取モデルのもの

おすすめの250ccビッグスクーターまとめ

おすすめの250ccスクーターまとめ


いかがでしたでしょうか。

250ccビッグスクーターについて網羅的に解説しました。

もちろんバイクの性能や魅力はスペックだけで判断できるものではありませんが、「数字」という目に見えるものは大きな指標の1つになります。

この記事であなたのバイク選びが少しでも前進したのであれば嬉しく思います。

okomoto

バイク購入までの流れはこちらの記事からどうぞ。この記事のランキングに追加したい車種があればコメントから教えてください。

バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました