> モタードは250が最高峰!ファッションは?ヘルメットは?おすすめ定番カスタムも紹介! | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

モタードは250が最高峰!ファッションは?ヘルメットは?おすすめ定番カスタムも紹介!

モタードは250が最高峰!ファッションは?ヘルメットは?おすすめ定番カスタムも紹介! バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!



この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • モタードについて知りたい
  • モタードのメリットデメリットが知りたい
  • モタードの足つきについて知りたい
  • モタードに合うヘルメット、ファッションについて知りたい
  • モタードの積載性について知りたい
  • モタードのマストカスタムについて知りたい


という方ではないでしょうか。

この記事ではモタードを2台目のバイクとして所有し、通勤街乗りバイク、たまにツーリングバイクとしても使っている僕がモタードについて網羅的に解説する記事です。


ツーリングバイクとして大型バイクも所有していますが、正直モタードはとても乗りやすいです。過去ネイキッドの250も所有したこともありますが、段違いにモタードの方が楽しいです。


もしもあなたが・・・
  • 初心者でモタードが気になっているなら「最初からお目が高い!」
  • ベテランライダーであれば「やっぱりモタード気になりますよね!」


と言ってしまう、そんなバイクです。


okomoto

色んなバイクに乗ってきましたが、最初にモタードに乗ったとき「こんなバイクがあるのか!バイクの全てが詰まってる!」と思いました。

モタードとは?オフロード?オンロード?


未舗装路を走破するためのオフロードバイクにオンロードタイヤを履かせたバイク

つまりモタードはオンロードバイク。オフロードバイクは凸凹を走るためにブロックタイヤという凸凹したタイヤパターンのタイヤを履いているのに対して、モタードは通常のオンロードバイクと同じオンロード用のタイヤを履いています。

オフロードバイクよりもタイヤの径が小さいのも特徴の1つ。タイヤを小径にすることで

オフロードよりモタードのタイヤが小さい理由
  • ジャイロ効果の影響を小さくするため
  • タイヤを太くしても重くならないようにするため
  • 前輪荷重をかけやすくするため
  • ディスクを相対的に小さくしてブレーキ性能を上げるため


という理由があります。これはモタードに限らず、オンロードタイヤがオフロードタイヤよりも小径である理由です。

okomoto

タイヤ径は17インチが主流です。

モタードがオフロードバイクから引き継いでいる特徴
  • アップマフラー(川を渡るため)
  • 頑丈で転倒に強い(オフロード走行には転倒がつきもの)
  • 車高が高い(障害物を乗り越えるため)
  • サスペンションが柔らかくまたがるとよく沈む(オフロード走行時の路面追従性を良くするため)
  • 視界が高いので見える景色が格別
  • 立ち乗りがしやすい(オフロードではスタンディングが基本のため)


モタードにはオフロードバイクの特徴を引き継いだこのような特徴があります。

この特徴以外のことも含めたモタードのメリット・デメリットを解説していきます。

バイク三郎

元々オフだからちょっとした未舗装路も走れるよ!

バイク太郎

(僕は未舗装路は一歩も入れないよ・・・)

モタードのメリット~初心者は成長でき、ベテランは楽しめる~

初心者にもおすすめのモタード
モタードのメリット
  • 車体価格、カスタム代、維持費、燃費全てが安い
  • 立ちゴケ、転倒、取り回しに強い
  • 走る曲がる止まるが現実的な次元でまとまっている
  • 全てが軽く、操作性がいいので初心者にもおすすめ
  • 250ccが最高峰
  • バイク通に見られる
  • 立ち乗りが楽しい
  • 水に強い


それぞれのメリットを簡単に解説していきます。

モタードのメリット車体価格、カスタム代、維持費、燃費全てが安い


モタードは車体価格も高くなく、パーツ代も安いです。僕の所有する大型バイクは「1立ちゴケ20万円」と言われています。レバー、ペダル、グリップエンド以外のパーツも接地してしまう上にパーツ代も高いためです。モタードの場合被害はせいぜい数千円で済みます。

モタードの主排気量の250ccは車検もなく、単気筒エンジンを積んでいるので燃費もいいです。

後述する定番のカスタム代も他のジャンルと比べれば安い方です。

とにかく維持費が安いです。

okomoto

おそらく250ccクラスでは最もコストがかからないジャンルのバイクだと思います。

立ちゴケ、転倒、取り回しに強い

スーパーマン


オフロードバイクには転倒がつきものなのでモタードもちょっとやそっとでは傷つかないようにできています。

車体がとても軽いので立ちゴケしても簡単に引き起こしができます。

オンロードバイクに傷がついていると恥ずかしいですが、モタードについている傷は勲章にすら見えてきます。これはオフロードバイクの影響だと思います。

駐車場での取り回しも、軽い車体と握りやすいハンドルのおかげで、大げさに言うと「自転車のように」とりまわすことができます。サイドスタンドを軸にして車体を浮かせ、180度回転させて向きを帰る取り回しも楽に行うことができます。

バイク三郎

100kgとちょっとしかないよ!

世間のライダー

俺のバイクは300キロォォォオオオー!!!

走る曲がる止まるが現実的な次元でまとまっている

バランスがいい



車体が軽いということはライディングにも非常にいい影響を及ぼします。

大型バイクは最低でも60km/hを超えるコーナリングスピードでないと楽しさを感じにくいですが、モタードは60km/h以下でコーナリングの楽しさを感じることができます。

逆に80km/hを超えると頼りなさを感じますが、低い速度でコーナリングを楽しめるというのは日本の道にとても合っています

もともとオフロードバイクは高い速度で走るバイクではないのでモタードでトコトコ走っても楽しめます。 

バイク三郎

単気筒でトルクがあるからコーナーの立ち上がりが超楽しいよ

バイク太郎

バイクの楽しさはコーナリングだよね!

バイク三郎

タイトコーナーの下りなら大型SSにも負けないよ!

世間のライダー

高速道路最高!!!

全てが軽く、操作性がいいので初心者にもおすすめ


車体もクラッチレバーも全てが軽いです。ライダーの入力に対して素直に反応してくれるのでバイクの練習にも最適です。

僕の前に神様がでてきて「人生をどこからやり直したい?」と聞かれたら「最初のバイクを買うときに戻してください。モタードにしたいです。」といいます。

それくらい初心者さんには理想的なバイクの先生になってくれると僕は思います。

バイク三郎

「バイクの操作が楽しい」「曲がれる楽しさ」ってことを教えてあげるよ

バイク次郎

初心者さんは僕に乗っても本当の楽しさは味わえないよ

世間のライダー

我こそはバイク乗りの中のバイク乗り!!!直線最高!!!

250ccが最高峰

250ccなのに最高峰のバイク

「排気量によってバイクの楽しみ方は全別でそれぞれの楽しみ方がある」という考えを前提として誤解を恐れずに言うと「速さを求めるオンロードの性能の最高峰はmotoGPで使われているリッターSS」です。

それに対してモタードはオンロードバイクにも関わらず「オンロードの速さ性能のヒエラルキー」から外れた存在です。

オフロードバイクは排気量よりも軽さを重視するので最高峰は250ccです。ということはモタードの最高峰は250ccということになります。

一般的に250ccのバイクは「初心者向け」「入門用」とされていますが(僕はこの考えではありません)、モタードの最高峰は250ccなのです。

バイク太郎

僕以上のオンロードバイクはないよ

バイク三郎

僕は同格だよ。

あくまでも「排気量毎の楽しさ」を無視した場合の話です。誤解のないように・・・

バイク通に見られる

いいねボタンを持つ男


そんな最高峰のバイクに乗っていれば当然バイク通にみられます。

バイク初心者の方は「車格が大きいバイク」を好みます。モタードは車格はあるのですが、前から見ると細いのでバイク初心者の方には人気がありません。

「バイク初心者が選ばない、最高峰のバイク」なのでバイク通にみられます。しかもとても乗りやすいので普通に乗っていれば初心者の方でも運転が下手なことが周りにバレません 笑。


リッターSSやネイキッドに初心者さんが乗ると姿勢だけでバレます。

バイク次郎

(モタードは一味違うんだよなぁ・・・)

立ち乗りが楽しい

オフロードバイクはスタンディングで走行することが多いのでモタードは他のオンロードバイクに比べて格段に立ち乗りがしやすいです。

いつものツーリングルートにでかけると視界の高さの恩恵がわかります。大型バイクでツーリングしているときよりも見晴らしがよく、気持ちがいいです。立ち乗りで全身に風を感じる感覚は他のバイクでは味わえないでしょう。

バイク三郎

きれいな景色を見てね。

バイク太郎

前傾がきついからなんかごめんね。

世間のライダー

おれを見ろーーーー!!!!!

水に強い

雨の中歩く女性

オフロードバイクは川を渡ったり、泥だらけになってレースをしたりするバイクなのでモタードも水に強いです。

他のバイクも雨に濡れて即壊れるというわけではありませんが、他の車種と比べシートが高かったり、アップマフラーであったりするので多少水に強い作りになっています。

バイクは雨に濡らさないに越したことはありませんが・・・。


雨の日で、汚れてもまぁいいか!と思えるので通勤バイクにもおすすめです。


モタードのデメリット~足つきは解決策あり~

モタードのデメリットを確認する女性


モタードのデメリットを解説します。

モタードのデメリット
  • 航続距離が短い
  • 高速道路が苦手
  • お尻が痛くなる
  • 足つきが悪い


それぞれ解説します。

航続距離が短い

航続距離が短い

ガソリンタンクが小さいので航続距離が短いです。車種にもよりますが、だいたい150kmごとに給油する必要があるのでマスツーリングへ行った際などは周りに気を使います。とはいえ、150kmごとに給油というのはだいたい「2~3回休憩したら給油する」くらいの感覚なのでそれほど頻繁だとは僕はおもいません。 



ガソリンスタンドはどこにでもあります。高速道路でも50km走ればほとんどの場合給油施設があるので、よほど段取り悪く山道を走らない限りガス欠の心配はありません。


むしろ燃費計算や燃料管理のクセがつくので初心者さんにはいいかもしれません。

バイク三郎

ガソリン携行缶なんていらないよ。燃費管理についても勉強してね。次のバイクに乗ったときも役に立つよ。

高速道路が苦手

強風での高速道路


これはカウルがついていない車種の宿命です。1300ccだろうが250ccだろうがカウルがついていなければ身体に受ける風の影響は同じです。

ただ、モタードは軽いので風の影響でふらついてしまうことが多いかもしれません。

ギアを1つ落としてジャイロ効果を使って車体を安定させましょう。

バイク次郎

高速道路性能はカウルのありなしだよ

バイク太郎

カウルなしで飛ばしている人はかなり我慢しているよ。

世間のライダー

(バイク乗りは半ヘルで高速走ってナンボじゃい!!!!

お尻が痛くなる


シート形状が特殊なのと、車体が細く意識していないとニーグリップを忘れてしまうのでお尻が痛くなりやすいです。

ニーグリップを意識するのと、お尻の一点に体重がかからないように座る位置を変えたり座り直したりすれば一日400kmのぽツーリングでも問題ありません。


バイク三郎

慣れるまできついかも。早くコツを掴んでね。

足つきが悪い


車高が高いモタードですが、サスペンションは柔らかいのでバイクに跨るとよく沈み足つきは見た目ほど悪くありません。

そもそも

足つきのコツ
  • 停止直前に右にハンドルをきる
  • お尻をずらして左足を地面につける


という正しい足つきを行えば克服できるレベルです。

車体が軽いので低速走行でも恐怖を感じることがないのでむしろ正しい足つきができるようになれば立ちゴケはしにくいです。

バイク三郎

ズボラな足つきをしなくなるよ。正しい足つきは安全だしかっこいいよ。両足べったりは初心者の悪い足つきだよ。

世間のライダー

(両足べったりー with Noブレーキ)

モタードのヘルメットはオン?オフ?どっち?

オフロードヘルメット

元々はオフロードバイクですがオンロードバイクという変わった立ち位置のモタードなのでヘルメットはオフロードヘルメットがいいのかオンロードヘルメットがいいのか迷うかもしれません。

オフロードヘルメットの方がしっくり来る感じがしますが、オンロードヘルメットでも全く違和感はありません。

ただし、オフロードヘルメットで高速道を走るとバイザーが風を受けて首がとても疲れるので

モタードのヘルメットの選び方
  • 高速道路を含むツーリングが多い方はオンロードヘルメット
  • 高速道路はほとんど乗らない方はオフロードヘルメット


という選び方がおすすめです。一番いいのは両方所有することですが・・・。オフロードヘルメットかっこいいですしね。

okomoto

オフロードヘルメットで高速道路はマジで首持ってかれます・・

okoko

たまになら我慢できるけど毎回はきついわね・・・

モタードの街乗り性能は?

街乗り


モタードの街乗り性能はとても高いです。交差点での右左折は速度がないのでスポーツバイクは不得意とするところですが、元々低速ではしるオフロードがベースのモタードは交差点もとても楽にこなします。

250cc単気筒エンジンは街乗りではついてこられる一般の四輪はほとんどいません。交通の流れを余裕をもってリードできます。

車体はスリムですがハンドルの幅は結構あるのですり抜けは注意が必要です。しかし低速域を得意としているので他のバイクよりもすり抜けしやすいです。

モタードよりすり抜けしやすいのは125ccのスクーターくらいではないかと思います。

モタードでツーリングはきつい?高速道路は?


先述の通り、カウルなし、軽い車体、大きくはない排気量なので高速道路は他の車種に比べて一歩劣りますが常識の範囲内(~100km/h巡航)での走行であれば全く問題ありません。

ただし、フルカウルの大型バイクと非常識(150km/h巡航やどんどん追い越していくような走り)なペースでツーリングをする場合はまったくついていけません。

とはいえこれはフルカウルではないバイクであればどれもそうなので特に気にすることはないと思います。

モタードにおすすめのファッション~街乗り~


モタードは軽快なイメージのバイクなので普段着で乗っても変な感じはしません。

派手な車体が多いので地味なファッションだとバイクが目立ってかっこいいですし、派手なファッションだと車体との相乗効果でより目立つかもしれません。

ヘルメットはオフロード、グローブもオフロードのメッシュ(冬はオンロードのレーシンググローブ)、シューズは普段履いているスニーカーなどでいいでしょう。スニーカーの紐はスニーカーの内側にねじ込もうようにしまってください。

普段着で乗ると言っても夏でも必ず長袖長ズボンは着るようにしましょう。



ヘルメットオフロード
グローブオフロード
上半身長袖(派手でも地味でも)
下半身長袖(派手でも地味でも)
シューズスニーカー
モタードストリートファッション例
okomoto

半そでは日焼け、短パンはエンジンの熱で火傷します。それくらいわかるようになってからバイクに乗りましょう。

バイク三郎

転んだら危ないしね・・・それくらいわかるようになってからバイクに乗ろうね

モタードにおすすめのファッション~ツーリング~


高速道路の走行、首の疲れに配慮してオンロードのフルフェイスヘルメット、グローブもオフロードのメッシュ(冬はオンロードのレーシンググローブ)、シューズはオンロード用のレーシングブーツがおすすめです。

もしくは全身オンロード仕様でも良いと主ます。僕はバイクジャケットに革パンでツーリングに行きます。

オフロードブーツは転倒に備えて足首をガチガチに固定するので操作性と快適性が落ちます。

インナープロテクターの上下を着ればその外側は普段着でもモトクロス用のジャージでも決まると思います。

ヘルメットオンロードフルフェイス
グローブオフロードのメッシュ
上半身インナープロテクター+普段着
下半身インナープロテクター+普段着
シューズレーシングブーツ
モタードツーリングファッション例
バイク三郎

ちゃんとした装備で乗ってこそ楽しく乗れるよ!

モタードの積載性は?ツーリングの荷物はどうする?

「モタードは荷物が積めなさそう・・・」と心配しているかもしれません。

安心してください、「他のバイクと同様、全く積めません」

そもそもバイクには荷物を運ぶ能力はありません。ですので「荷物が積めない」というのはバイクとして自然なことです。

「モタードに限って積めない」なんてことはありません。そして他のバイク同様、荷物を積むのに最も適している方法あはシートバッグです。

僕はタナックスのフィールドシートバッグを愛用しています。何の問題もなくモタードにつけてツーリングへ行っています。


バイク太郎

バイクに積載性を求める時点でズレ散らかしてるよ。

これはやっておきたい!モタードのおすすめ定番カスタム

カスタムされたモタード


バイクのカスタムは無限にできますが、モタード定番のカスタムとしては

モタード定番のカスタム
  • ゼッケン化
  • フォグランプ設置
  • スポークスキン
  • デカールキット
  • ステッカーボム
  • トライアルミラー
  • ハンドガード
  • マフラー交換


などがあります。


「買ってすぐにできる」「バイク初心者でもできる」「安いのに満足感が高い」という特におすすめのカスタムは


モタード特におすすめのカスタム
  • スポークスキン
  • ステッカーボム
  • トライアルミラー


です。


どれも格安でバイクの印象を大きく変えることができます。

おすすめのモタード車種紹介


モタードの車種はそれほど多くありません。

海外メーカーだとKTMやハスクバーナなどが有名ですが、とても高価なので「がっつりモタードにハマったら」海外メーカーのものを選択肢に入れましょう。がっつりハマる前は国内メーカーのものを選択するのがいいと思います。

国内メーカーのモタード
  • HONDA CRF250
  • kawasaki Dトラッカーx
  • YAMAHA WR250X


当たりが現実的な車種です。スズキからも250SBという車種が出ていますがkawasaki DトラッカーxのOEM(同じバイクをの名前を変えて他メーカーから販売する)なのでDトラッカーxがいいかと思います。

WR250Xはびっくりするくらい高性能&高価格なのでHONDA CRF250かkawasaki Dトラッカーxの二択になりますが、性能を考えるとkawasaki Dトラッカーが一番のおすすめです。

バイク三郎

WR250Xは上級者向け!

まとめ

オフロードバイク

いかがでしたでしょうか。

モタードに関して網羅的に紹介してみました。詳細は各段落のリンク記事で紹介していますので興味が湧いた方はそちらも読んでみてください。

モタードはバイクの楽しさを教えてくれるとても良いバイクです。

ベテランさんにももちろんおすすめですが、とくに「バイクを楽しみたい」と考えている初心者の方におすすめです。

最初の一台にモタードを選ぶとその後のバイクライフがとても豊かなものになります。


とは言え「見た目がかっこいいと思ったバイク」を買うのがバイク選びのコツです。楽しみながら将来の愛車を選んでください。

バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました