他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

【迷えるあなたへ】かっこいい日本国内メーカー大型バイク95選

かっこいい日本国内メーカー大型バイク94選 バイク車種解説
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 大型バイクに乗ってみたいがどれもかっこよくて決めきれない
  • どんな大型バイクがあるのか知りたい
  • バイクはかっこよさだけで選んでもいいの?


という方ではないでしょうか。

この記事は

この記事でわかること
  • バイクは「あなたにとって」かっこいいものを選ぶのが1番幸せ
  • かっこいい大型バイクに乗るための免許
  • おすすめ!ホンダのかっこいい大型バイク
  • おすすめ!ヤマハのかっこいい大型バイク
  • おすすめ!カワサキのかっこいい大型バイク
  • おすすめ!スズキのかっこいい大型バイク


ということを解説する記事です。

バイクにはさまざまなジャンルがありますが、この記事ではジャンルレス、ボーダーレスで

オコモト
オコモト

いや・・・もう、これ、バイク好きはみんなかっこいいと思うだろ・・・参ったわ・・・


というバイクを紹介していきます。

本記事の「かっこいい大型バイク」の選定基準

本記事の「かっこいい大型バイク」の選定基準


「かっこいい」という基準は人それぞれ違いますよね。

例えば、異性や同性に関わらず人に対して「かっこいい」という言葉を使う時

人に対する「かっこいい」の種類
  • 顔がかっこいい
  • スタイルがかっこいい
  • ファッションセンスがかっこいい
  • 言葉選びがかっこいい
  • 仕草がかっこいい
  • 優しさがかっこいい
  • 生き方がかっこいい


などありますが、どれも判断しているのは「かっこいいと評価している側の主観」です。

オココ
オココ

なんであんな男とお付き合いしてるのかしら・・・っていう人もいるわよね。

昔乗ってたの
昔乗ってたの

それは人それぞれ「かっこいい」の基準が違うからなんじゃよ。面食いokokoの彼氏は別の人からみたら全然イケメンではないこともあるんじゃよ。


しかし、バイクの場合はある程度「かっこいい」を客観的に数字で表すことが可能です。

バイクに対する「かっこいい」の種類
  • 速いバイクがかっこいい!(最高速)
  • 価格が高い/安いバイクがかっこいい!(本体価格)
  • 燃費がいい/悪いバイクがかっこいい!(燃費)
  • 加速性能が高いバイクがかっこいい!(トルクウェイトレシオ)
  • シート高さが高い/低いバイクがかっこいい!(シート高)
  • コスパが良い/悪いバイクがかっこいい!(パワー/円レシオ)
  • 排気量が大きいほうがかっこいい!(排気量)


などです。

オコモト
オコモト

数値化できるかっこよさを確認したい方は下の記事を読んでみて下さい。148車種をランキング化しています。


しかし、やはりバイクの場合でも「見た目がかっこいい」ということは数値化できません。

とはいえ、僕の主観だけで車種を決めるのは甚だ恐縮ですので、この記事では「かっこいい大型バイク」でGoogle検索を行い、記事執筆時の上位10サイトの内容を精査し、おすすめされていた大型バイクをすべて紹介することとします。それに加えて僭越ながら僕が「これも紹介しておいた方がいいな」と判断したものも併せて紹介します。

バイク次郎
バイク次郎

世間で「かっこいい」とされている日本メーカーのバイクはすべて見られるってことだね。

バイクは「あなたにとって」かっこいいものを選ぶのが1番幸せ

バイクは「あなたにとって」かっこいいものを選ぶのが1番幸せ


とは言え、この記事で紹介されているバイクがあなたにとって、もっとも良い選択であるとは限りません。

バイクは他人に勧められて乗るものでも降りるものでも、他人のために乗るものでも、他人の目を気にして乗るものでもありません。

バイクは自分自身の精神の充実のためだけにのみ乗るものなので、「あなたがもっともかっこいいと思う車種」が世界一かっこいい車種です。

この記事の内容が少しでもあなたがもっともかっこいいと思う車種選びのヒントになれば嬉しく思います。

バイク太郎
バイク太郎

どんなに評判のいいバイクでも、ツーリング先で「ブスだなー」と眺めているのは楽しくない。逆にどんなに評判の悪いバイクでも「かっこいいなー」と眺めている方が楽しいに決まってるよね。

かっこいい大型バイクに乗るための免許

かっこいい大型バイクに乗るための免許

この記事で紹介しているおすすめの大型バイクに乗るためには大型二輪免許が必要となり、取得期間や費用はざっくり・・・

免許なしで教習所260,000円最短16日
普通免許ありで教習所150,000円15日?
普通自動二輪ありで
教習所
100,000円7日?
免許ありで一発試験18,100円最短1日
(免許なしで一発)(22,300円)(最短1日)
合宿(免許なし)270,000円15泊16日


という感じです。


詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください。


もしもあなたがバイク初心者の場合、いきなり大型二輪免許を取得されることはおすすめしますが、いきなり大型バイクに乗り始めることはまったくおすすめしません。

最初のバイクが大型バイクだと、バイクライフを真の意味で楽しむ機会を永遠に失ってしまう可能性が非常に高いからです。

詳しくは下の記事をそれぞれ読んでみて下さい。



現在中型のバイクに乗っていて、これから大型二輪免許を取得される方はなんの問題もありません。もしも少しでも不安に思っているのであれば下の記事がお役に立てるかと思います。

おすすめ!ホンダのかっこいい大型バイク【日本メーカーの大型バイク】


まず最初に優等生とされているホンダのかっこいい大型バイクから紹介していきます。

優等生と評されるメーカーで、万人受けするモデルが多いです。

燃費、メンテナンスのしやすさ、耐久性など、どれをとっても優れています。

バランス型のメーカーと言えるでしょう。

【日本のメーカー】CB650R【ホンダのかっこいい大型バイク】


CB400FOURを思わせるきれいな集合管を持つCB650R。ネイキッドらしいデザインの中に、ストリートファイター、ネオクラ、カフェ、などの雰囲気が息づいています。しかもそれらが絶妙なバランスで共存しています。

  • 灯火類がすべてLED(ナンバー灯まで)
  • トラコン
  • オプションでクイックシフター
  • アシストスリッパークラッチ
  • エマージェンシーストップランプ


と最新の装備が一通りついています。

ベースはCB650F。

価格979000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量649cc
車両重量202kg
始動方法セル
最大出力95PS
最大トルク6.5kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1450mm
キャスター角25°30 ‘
全長×全幅×全高(mm)2130×780×1075
シート高810mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31.5km/ℓ
実燃費22km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km
最高速227km/h
(ベース車両のCB650Fから)
パワーウエイトレシオ2.12kg/ps
トルクウエイトレシオ31.0kg/kgf・m
パワー円レシオ10,305円/PS

【日本のメーカー】NC750S 【ホンダのかっこいい大型バイク】


発売当初はコストパフォーマンスに優れたバイクでしたが徐々に価格が上がってきています。
とはいえ、NC750SについているABS、ETC、グリップヒーターを400ccのバイクにつけるとNC750Sよりも価格が高くなるのでNC750Sのツーリングバイクとしてのコスパの高さは健在です。

給油口がシート下にあるので、シートバッグを付けてツーリングに行く場合は注意が必要です。給油の度にシートバッグを外す必要があります。


価格759000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量745cc
車両重量228kg
始動方法セル
最大出力54PS
最大トルク6.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1520mm
キャスター角27°00‘
全長×全幅×全高(mm)2215×775×1130
シート高790mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費42.5km/ℓ
実燃費27km/ℓ
実燃費での航続可能距離378km
最高速201km/h
パワーウエイトレシオ4.22kg/ps
トルクウエイトレシオ33.0kg/kgf・m
パワー円レシオ14,055円/PS

【日本のメーカー】CB650F【ホンダのかっこいい大型バイク】


CB650R同様、CB400FOURを思わせる美しいエキパイを持っています。

CB650Rよりも若干重く、タンク容量も多く乗車姿勢もマイルドであることからCB650Rよりはよりスポーツ、こちらのCB650Fはよりツアラー的側面が強いのではないかと想像します。

価格
923,400円
エンジン水冷直列4気筒
排気量648cc
車両重量208kg
始動方法セル
最大出力
90PS
最大トルク6.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1450mm
キャスター角25°30 ‘
全長×全幅×全高(mm)2110×780×1075
シート高810mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31.5km/ℓ
実燃費
23km/ℓ
実燃費での航続可能距離391km
最高速227km/h
パワーウエイトレシオ2.31kg/ps
トルクウエイトレシオ32kg/kgf・m
パワー円レシオ10,260円/PS

【日本のメーカー】CB1000R 【ホンダのかっこいい大型バイク】

  • ABS
  • スロットルバイワイヤ
  • 走行モード切り替え
  • トラクションコントロール
  • スリッパークラッチ
  • クイックシフター
  • フルLED灯火
  • 大型液晶メーター


という最新装備を持つネイキッドです。


価格1670900円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量212kg
始動方法セル
最大出力145PS
最大トルク10.6kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1455mm
キャスター角25°00‘
全長×全幅×全高(mm)2120×790×1090
シート高830mm
燃料タンク容量16ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費22.5km/ℓ
実燃費18km/ℓ
実燃費での航続可能距離288km
最高速242km/h
パワーウエイトレシオ1.46kg/ps
トルクウエイトレシオ20kg/kgf・m
パワー円レシオ11,523円/PS

【日本のメーカー】CB1000 SUPER FOUR 【ホンダのかっこいい大型バイク】


このバイクはホンダ社員が欲しいバイクを具現化したバイクだと言われています。しかもそれは性能的な意味ではなくて「見た目」的な意味で・・・。つまり、当時のホンダ社員が思う「ホンダらしいバイク」を体現している車体です。

レーサーレプリカブームが終わって、ネイキッドブームに移行するかしないかくらいのホンダが「超絶見た重視」のバイクを作るなんて素敵ですよね。』

発売は1992年と少々古いバイクですが「ホンダらしさ」という意味で載せてみました。

価格940000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量260kg
始動方法セル
最大出力93PS
最大トルク8.6kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1540mm
キャスター角27°
全長×全幅×全高(mm)2220×785×1130
シート高800mm
燃料タンク容量23ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費21km/ℓ
実燃費14km/ℓ
実燃費での航続可能距離322km
最高速180km/hリミッター
パワーウエイトレシオ2.79kg/ps
トルクウエイトレシオ30.2kg/kgf・m
パワー円レシオ10,107円/PS

【日本のメーカー】CB1100 【ホンダのかっこいい大型バイク】


1969年DREAM CB750FOURから始まったCBシリーズ。途中でカウルがついたり、SUPERがついたり、水冷になったり様々な変化がありました。しかし全てのCBは他の多くのシリーズ(もちろんホンダ問わず)と比べて、どのモデルも「CBだなぁ」とわかるデザインを保ってきました。

CBの中に脈々と本田宗一郎のDREAM CB750FOURの思想が流れていたのだと思います。現行車で最もその思想を色濃く受け継いでいるのがCB1100ではないでしょうか。

空冷、直ヨン。

価格1231200円
エンジン空冷直ヨン
排気量1140cc
車両重量256kg
始動方法セル
最大出力90PS
最大トルク9.3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1490mm
キャスター角27°
全長×全幅×全高(mm)2205×835×1130
シート高785mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31.3km/ℓ
実燃費19km/ℓ
実燃費での航続可能距離323km
最高速261km/h
パワーウエイトレシオ2.84kg/ps
トルクウエイトレシオ27.5kg/kgf・m
パワー円レシオ13,680円/PS

【日本のメーカー】CB1300 SUPER FOUR 【ホンダのかっこいい大型バイク】


脈々と無骨にCBらしさを受け継いでいるCB1100と別方向でCBの可能性を広げているのがCB1300SFです。SFの歴史も長く、常にその長兄であり続ける1300は「CBらしさ」と同時に「スーフォアらしさ」を守っているようにも思えます。

価格1511400円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1284cc
車両重量268kg
始動方法セル
最大出力110PS
最大トルク12kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1520mm
キャスター角25°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2200×795×1135
シート高790mm
燃料タンク容量21ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費26.8km/ℓ
実燃費16km/ℓ
実燃費での航続可能距離336km
最高速235km/h
パワーウエイトレシオ2.43kg/ps
トルクウエイトレシオ22.3kg/kgf・m
パワー円レシオ13,740円/PS

【日本のメーカー】CBR600RR 【ホンダのかっこいい大型バイク】


2003年にデビューしたが国内仕様は大幅な自主規制が行われ、欧州仕様に比べて出力が極端に押さえられていました。

このため「牙の抜かれた狼」などと揶揄されていましたが、2020年の新型からは自主規制を撤廃しマックス出力となりました。

価格1606000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量599cc
車両重量194kg
最大出力121PS
最大トルク6.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1375mm
キャスター角24°06′
全長×全幅×全高(mm)2030×685×1140
シート高820mm
燃料タンク容量18L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費23.5km/L
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離342km
最高速224km/h
パワーウエイトレシオ1.60kg/ps
トルクウエイトレシオ29.8kg/kgf・m
パワー円レシオ13,272円/PS

【日本のメーカー】CBR1000RR【ホンダのかっこいい大型バイク】


ホンダのワークスマシン、RC211Vのレプリカというコンセプトで作られたバイクでデビューは2004年。当初はセンターアップマフラーを採用していて、SSのセンターアップマフラーブームを作りました。

海外モデルには「FireBlade」というペットネームが付けられています。ちなみに仮面ライダーWの愛車として登場したときには「マシンハードボイルダー」というなんとも言えないペットネーム?がつけられています。


サーキット走行だけではなく、ツーリングも無難にこなすのでリッターSSの中では比較的初心者向けのバイクとして扱われることが多いです。ここで言う「初心者」とは「バイクベテランでリッターSS初心者」ということです。

楽しく操るには他のSS同様、高い技術が必要です。

価格2084500円
エンジン水冷直列4気筒
排気量999cc
車両重量196kg
最大出力192PS
最大トルク11.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1405mm
キャスター角23°20′
全長×全幅×全高(mm)2065×720×1125
シート高820mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費25.0km/L
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離256km
最高速291km/h
パワーウエイトレシオ1.02kg/ps
トルクウエイトレシオ17.0kg/kgf・m
パワー円レシオ10,856円/PS

【日本のメーカー】CBR1000RR-R 【ホンダのかっこいい大型バイク】


CBR1000RRに更に「R」がついたハイスペックバイク。

CBR1000RRはどちらかというと初心者向きと書きましたが「RR-R」は完全に上級者向けのバイクになっており、RRでツーリングを楽しんでる方は今までストレスなく走れていた市街地などのではストレスを感じることが多くなるようです。

Rがひとつ増えたことではサーキットで最高に楽しめるバイクになったということです。

ちなみに「RR」は「ダブルアール」と呼ぶのが一般的ですが、「RR-R」は「トリプルアール」でも「スリーアール」でもなく

アールアールアール


と呼ぶそうです。僕は「ルルル」と呼ぶことにします。


価格2783000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量999cc
車両重量201kg
最大出力218PS
最大トルク11.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1455mm
キャスター角24°00′
全長×全幅×全高(mm)2100×745×1140
シート高830mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費21.0km/L
実燃費15km/L
実燃費での航続可能距離225km
最高速298km/h
パワーウエイトレシオ0.92kg/ps
トルクウエイトレシオ17.4kg/kgf・m
パワー円レシオ12,766円/PS

【日本のメーカー】RC213V-S ホンダ 日本仕様【ホンダのかっこいい大型バイク】


スーパースポーツはモトGPレーサーを目指して開発されることがほとんどですが、RC213V-SはモトGPレーサーRC213Vの公道走行を目指して作られた唯一無二のバイクです。

下から上に上がるのではなく、上から下に下ろす作業をして開発されているという点で他のバイクとはまったくことなります。

公道化の過程で多くの機能を失い、レーサーとしては不要な機能がたくさんつきましたが最もモトGPレーサーに近いバイクであることに疑いの余地はありません。

ちなみに国内仕様は70馬力に抑えられています。

価格21900000円
エンジン水冷V型4気筒
排気量999cc
車両重量170kg
最大出力70PS
最大トルク8.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1465mm
キャスター角24.6°
全長×全幅×全高(mm)2100×790×11201120
シート高830mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明km/L
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ2.42kg/ps
トルクウエイトレシオ19.3kg/kgf・m
パワー円レシオ312857円/PS
クローズドコース専用キットなしの場合

【日本のメーカー】RC213V-S ホンダ クローズドコース専用キット装着【ホンダのかっこいい大型バイク】



70馬力に抑えられている公道仕様のRC213V-Sですが、クローズドコース専用キットを装着することで本来の馬力、215PSを発生させることができるようになります。

このキットをつけると公道は走れなくなりますが70馬力のまま走っていてもどうしようもないのでクローズドコース専用キット装着はマストかと思います。

クローズドコース専用キットをつけると車幅が狭くなり(ミラー分かと思います)、車重が10kgも軽くなります。

クローズドコース専用キットの装着には廃車証明書が必要になりますが装着前と後ではパワー円レシオが1/3になるのでとてもお得なキットです。

価格23400000円
エンジン水冷V型4気筒
排気量999cc
車両重量160kg
最大出力215PS
最大トルク12.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1465mm
キャスター角24.6°
全長×全幅×全高(mm)2100×770×11201120
シート高830mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明km/L
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ0.74kg/ps
トルクウエイトレシオ13.2kg/kgf・m
パワー円レシオ108837円/PS
赤字は公道使用との変更部分

【日本のメーカー】CBR650R【ホンダのかっこいい大型バイク】


デザインはCBR1000RRを意識していますが、走りはCBR600RRに譲ってCBR650Rは比較的マイルドに乗れるツアラーに近いような性能のバイクです。

CB650Rのカウルバージョンなのですが、CB650Rの最高にかっこいい点、エキパイがカウルで隠れているのがもったいないです。とはいえそれを言ってしまうとフルカウルの意味がなくなってしまうのですが・・・。

価格1056000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量649cc
車両重量206kg
最大出力95PS
最大トルク6.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1450mm
キャスター角25°30′
全長×全幅×全高(mm)2120×750×1150
シート高810mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31.5km/L
実燃費22km/L
実燃費での航続可能距離330km
最高速230km/h
パワーウエイトレシオ2.16kg/ps
トルクウエイトレシオ31.6kg/kgf・m
パワー円レシオ11,115円/PS

【日本のメーカー】CBR600F【ホンダのかっこいい大型バイク】


国内モデルは大幅に出力を抑えられているので購入は見送った方がいいです。

価格798000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量599cc
車両重量198kg
最大出力69PS
最大トルク5.3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1400mm
キャスター角24°00′
全長×全幅×全高(mm)2060×685×1130
シート高810mm
燃料タンク容量18L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31.6km/L
実燃費24km/L
実燃費での航続可能距離432km
最高速240km/h
パワーウエイトレシオ2.86kg/ps
トルクウエイトレシオ37.3kg/kgf・m
パワー円レシオ11,565円/PS

【日本のメーカー】CBR650F【ホンダのかっこいい大型バイク】



CBR650Rの前のモデルです。デザイン的にはCBR650Rよりもツアラー色が強いように感じますね。

価格859000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量648cc
車両重量213kg
最大出力90PS
最大トルク6.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1450mm
キャスター角25°30
全長×全幅×全高(mm)2110×755×1145
シート高810mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31.5km/L
実燃費23km/L
実燃費での航続可能距離391km
最高速227km/h
パワーウエイトレシオ2.36kg/ps
トルクウエイトレシオ32.7kg/kgf・m
パワー円レシオ9,544円/PS

【日本のメーカー】GoldWing【ホンダのかっこいい大型バイク】


オーディオ、エアコン、バックギアなどバイクというよりも「オープン過ぎるオープンカー」のようなバイクです。最近の開発責任者の方は元々ホンダの4輪の方だそうです。

2021年からはMTモデルが廃止され、新車で購入できるのはDCTモデル(AT)のみになりましたのでAT限定大型二輪免許で運転することができます。

おそらく高速道路をもっとも快適に運転できるバイクだと思います。排気量はものすごく大きいですが水平対向6気筒エンジンなので振動はとても少ないです。

レギュラーで動くのが驚き。

価格2787400円
エンジン水冷水平対向6気筒
排気量1833cc
車両重量389kg
最大出力126PS
最大トルク17.3kgf・m
変速機形式7速(AT)
ホイールベース1695mm
キャスター角30°30′
全長×全幅×全高(mm)2615×905×1430
シート高745mm
燃料タンク容量21L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費27.0km/L
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離378km
最高速273km/h
パワーウエイトレシオ3.08kg/ps
トルクウエイトレシオ22.4kg/kgf・m
パワー円レシオ22,122円/PS

【日本のメーカー】VFR800F【ホンダのかっこいい大型バイク】


貴重なV型4気筒です。エンジンがV型4気筒なので静寂性とトルクを獲得しています。
唯一のミドルツアラーです。
「落ち着いた大人のライダーにノーマルのまま乗って欲しいバイクランキング」「せっかくのプロアームなんだからアップマフラーにしてホイールを見せてほしかったバイクランキング」では第1位を獲得している。

価格1445400円
エンジン水冷V型4気筒
排気量781cc
車両重量243kg
最大出力107PS
最大トルク7.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角25°30′
全長×全幅×全高(mm)2140×750×1210
シート高809mm
燃料タンク容量21L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費28.7km/L
実燃費21km/L
実燃費での航続可能距離441km
最高速242km/h
パワーウエイトレシオ2.27kg/ps
トルクウエイトレシオ30.7kg/kgf・m
パワー円レシオ13,508円/PS

【日本のメーカー】VFR1200F【ホンダのかっこいい大型バイク】


AT限定大型二輪免許で運転することができるDCTモデルもあます。ゴールドウイングは長距離ツーリングに特化しているのに対してVFRシリーズはスポーツランもできる懐の広いバイクです。

スペック表を見るとわかりますが、鬼のようなすばらしい性能が出ています。

初期のCBR250RはCBRなのにこのバイクに似せてデザインされていましたね。

価格1500000円
エンジン水冷V型4気筒
排気量1236cc
車両重量277kg
最大出力111PS
最大トルク12.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1545mm
キャスター角25°30′
全長×全幅×全高(mm)2250×740×1220
シート高815mm
燃料タンク容量19L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費16.4km/LWMTCモード値
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離304km
最高速223km/h
パワーウエイトレシオ2.49kg/ps
トルクウエイトレシオ22.7kg/kgf・m
パワー円レシオ13,513円/PS

【日本のメーカー】NM4 【ホンダのかっこいいバイク】


ビッグスクーターというよりもクルーザーという感じが強いでしょうか。未来のクルーザーでしょうか。

操縦席に座るような「コックピットポジション」やミラーの位置などがアキラの金田バイクにそっくりです。

NW4は「Next Motorcycle For ~」の略でバイクの次の時代を目指したバイクだったようです。DCTモデルなので大AT限定免許で運転することができます。

NW4はNW4‐01とNW4‐02という2タイプが併売され02はサイドの収納スペースやグリップヒーター、ETC車載器が搭載されているなど、よりツーリング性能が高くなっています。

正直オプション扱いでもよかったような気もしますが、それだけホンダがこのバイクに期待していたということだと思います。

新車価格925,000円
メットイン容量左右各7.5L(NW4‐02)
エンジン水冷並列2気筒
排気量745cc
車両重量245kg
始動方法セル
最大出力54PS
最大トルク6.9kgf・m
変速機形式電子式・6段自動変速
ホイールベース1645mm
キャスター角33°
全長×全幅×全高(mm)2380×810×1170
シート高(mm)650mm
燃料タンク容量11ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費38km/ℓ国土交通省届出値
実燃費30km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km
最高速196km/h
パワーウエイトレシオ4.53kg/ps
トルクウエイトレシオ35.5kg/kgf・m
パワー円レシオ17,129円/PS

【日本のメーカー】DN-01【ホンダのかっこいい大型バイク】


デザインが近未来的でかっこいいバイクですがマニュアルではなくオートマのバイクです。アメリカンやクルーザーのように手足を前方に投げ出す乗車姿勢になるので乗り心地はビッグスクーターなどよりもアメリカン寄りになります。

次世代のアメリカンやクルーザーを感じさせる全く新しいバイクなのですが、ユーザーにはなかなか受け入れられずわずか2年で生産中止になってしまった超短命なバイクです。

二輪業界に以前のような勢いがあって細々と生産を続けられればいずれ評価されそうな意欲作ですが、それが許されるほど二輪業界に勢いはありませんから仕方のないことです。そう遠くない未来では「早すぎたバイク」「時代を先取りした名車」として語られているかもしれません。


大型二輪AT限定免許を持っている方にはとても良いバイクですが、そもそも趣味で乗るものであるバイクのAT限定免許自体がホワッツハプンパードゥンなので売れなかったことは必然でしょう。

逆にMTで販売、もしくはATと併売していれば少し違った未来が待っていたかもしれません。


MTの運転が不安だけれどもバイクに乗りたい方はビッグスk・・・このDN-01がおすすめかもしれません。

新車価格1180000円
メットイン容量なし
エンジン水冷V型2気筒
排気量680cc
車両重量269kg
始動方法セル
最大出力61PS
最大トルク6.5kgf・m
変速機形式無段階自動変速
ホイールベース1610mm
キャスター角28°30′
全長×全幅×全高(mm)2320×835×1115
シート高(mm)690mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費25km/ℓ国土交通省届出値
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離300km
最高速185km/h
パワーウエイトレシオ4.40kg/ps
トルクウエイトレシオ41.3kg/kgf・m
パワー円レシオ19,344円/PS

【日本のメーカー】X-ADV【ホンダのかっこいい大型バイク】



エンジンはNC750をベースにしたもので後輪はベルトではなくチェーン駆動になっています。

スクーターなのにしっかりスポークホイールを履いてオフロード走行に備えています。スクーターというよりも「ATアドベンチャー」というジャンルが1番しっくりきそうなバイク。

斬新なスタイルのバイクはスズキが出して数年後に他メーカーが追従して他メーカーのバイクが売れ、元祖のスズキは鳴かず飛ばず・・・という流れが多いですが、いきなりホンダが斬新モデルを出したので驚きです。

価格1320000円
メットイン容量22ℓ
エンジン水冷並列2気筒
排気量745cc
車両重量236kg
最大出力58PS
最大トルク7kgf・m
ホイールベース1580mm
キャスター角27°00′
全長×全幅×全高(mm)2200×940×1340
シート高790mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費42.5km/L
実燃費27km/L
実燃費での航続可能距離351km
最高速188km/h
パワーウエイトレシオ4.06kg/ps
トルクウエイトレシオ33.7kg/kgf・m
パワー円レシオ22,758円/PS

【日本のメーカー】インテグラ【ホンダのかっこいい大型バイク】


NC700をベースにし、VFR1200に搭載されているDCTを積んだスクーター。

NC700がNC750になったタイミングでインテグラは車名をインテグラ750などと排気量表記をしなかったので同じ名前でも排気量が669cc(NC700ベース)と745cc(NC750ベース)があるので購入の際は気にして下さい。

価格896400円
メットイン容量15ℓ
エンジン水冷並列2気筒
排気量745cc
車両重量238kg
最大出力54PS
最大トルク6.9kgf・m
ホイールベース1525mm
キャスター角27°00′
全長×全幅×全高(mm)2195×810×1440
シート高790mm
燃料タンク容量14L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費39.0km/L
実燃費30km/L
実燃費での航続可能距離420km
最高速193km/h
パワーウエイトレシオ4.40kg/ps
トルクウエイトレシオ34.4kg/kgf・m
パワー円レシオ16,600円/PS

【日本のメーカー】シルバーウイングGT600【ホンダのかっこいい大型バイク】


シルバーウイング600の排ガス規制をクリアさせるついでに「GT」にモデルチェンジした。併売されていたシルバーウイング400もシルバーウイングGT400として再出発をしました。

価格918000円
メットイン容量55ℓ
エンジン水冷並列2気筒
排気量582cc
車両重量252kg
最大出力50PS
最大トルク5.6kgf・m
ホイールベース1600mm
キャスター角28°30´
全長×全幅×全高(mm)2285×770×1430
シート高730mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費30.0km/L
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離288km
最高速178km/h
パワーウエイトレシオ5.04kg/ps
トルクウエイトレシオ45kg/kgf・m
パワー円レシオ18,360円/PS

【日本のメーカー】レブル500 ホンダ【ヤマハのかっこいい大型バイク】


大ヒットモデル「レブル250」とエンジン以外はほとんど変わらないレブル500。

250の車体に250よりも気筒数の多いパラツインエンジンを積んでいるます。大型アメリカンの中では最小排気量になり、今までこの排気量のアメリカンは存在しなかったので、まったく新しいアメリカンバイクとして楽しむことができます。

大型アメリカンに乗りたくて大型二輪免許は取得したけれど、ちょっと自信がない方やもっと気楽に大型アメリカンバイクと向き合いたい方に特におすすめです。

価格799700円
エンジン水冷並列2気筒
排気量471cc
車両重量190kg
最大出力46PS
最大トルク4.4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1490mm
キャスター角28°00′
全長×全幅×全高(mm)2205×820×1090
シート高690mm
燃料タンク容量11L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40.2km/L
実燃費28km/L
実燃費での航続可能距離308km
最高速183km/h
パワーウエイトレシオ4.13kg/ps
トルクウエイトレシオ43.1kg/kgf・m
パワー円レシオ17,384円/PS

【日本のメーカー】レブル1100【ヤマハのかっこいい大型バイク】


アフリカツインのエンジンをベースにしたアメリカン。アフリカツインにはDCTモデルがあるのでレブル1100にもDCTモデルがあります。まさかの大型AT限定免許で乗れてしまいます。

DCT必要??

価格1210000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量1082cc
車両重量223kg
最大出力87PS
最大トルク10kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1520mm
キャスター角28°00′
全長×全幅×全高(mm)2240×850×1115
シート高700mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31.5km/L
実燃費21km/L※
実燃費での航続可能距離273km
最高速203km/h
パワーウエイトレシオ2.56kg/ps
トルクウエイトレシオ22.3kg/kgf・m
パワー円レシオ13,908円/PS
※情報が少なかったのでアフリカツインより引用

【日本のメーカー】VT1300CX ホンダ【ホンダのかっこいい大型バイク】


独創的なデザインのクルーザーで一見するとカスタムされたハーレーのようですがバッチリホンダのロゴが入っています。高い位置に置かれた細めのタンクがスリムさを出していますが、後ろからみると超扁平タイヤと平らなテールランプが車体のワイドさを強調しています。
エンジン前方に空間があるため、よりエンジンの存在感が引き立つデザインです。


挟み角52度のV型エンジンはVツインならではの鼓動感を味わえるアメリカンらしいアメリカンといえます。

もともとアメリカモデルとして生産されていたものを日本人の体格に合ったポジションに変更して発売したものなので我々にとってはハーレーよりもしっくりくるのかもしれません。


フットブレーキが前後連動ブレーキになっているので運転が楽・・・なのか?僕には連動ブレーキの目的と言うか必要な場面が想像できませんがついているのでしかたありません。

ホンダ純正デザインとは思えない変わったバイクです。

新車価格1404000円
エンジンV型2気筒
排気量1312cc
車両重量313kg
始動方法セル
最大出力54PS
最大トルク10.5kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1805mm
キャスター角32°
全長×全幅×全高(mm)2575×900×1150
シート高(mm)680mm
燃料タンク容量12ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費27km/ℓ国土交通省届出値
実燃費16km/ℓ
実燃費での航続可能距離192km
最高速167km/h
パワーウエイトレシオ5.79kg/ps
トルクウエイトレシオ29.8kg/kgf・m
パワー円レシオ26,000円/PS

【日本のメーカー】CRF1100Lアフリカツイン【ホンダのかっこいい大型バイク】


ホンダのアドベンチャーバイクの最高峰がアフリカツイン。

パリ・ダカール・ラリーで走るアフリカ大陸を走るツインエンジンのバイクということでアフリカツインです。

1988年発売の初代はV型650ccでした。1990年にV型750ccになり、2003年に生産中止、2016年に並列1000ccで復活し1100ccに繋がります。

DCTモデルも併売されているのでAT限定大型二輪免許で運転できてしまうアドベンチャーバイクです。そんなもんいらんけど。

価格1804000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量1082cc
車両重量248kg
最大出力102PS
最大トルク10.7kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1560mm
キャスター角27°30´
全長×全幅×全高(mm)2330×960×1520
シート高830mm-810
mm
燃料タンク容量24L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32.0km/L
実燃費21km/L
実燃費での航続可能距離504km
最高速214km/h(1000cc)
パワーウエイトレシオ2.43kg/ps
トルクウエイトレシオ23.1kg/kgf・m
パワー円レシオ17,686円/PS

おすすめ!ヤマハのかっこいい大型バイク【日本の大型バイク】


ヤマハは「デザインのヤマハ」「芸術のヤマハ」などと呼ばれるように、デザインに優れているメーカーとして知られています。

この記事でテーマにしている「かっこいいバイク」に最もマッチしているといってもいいでしょう。

ヤマハがデザイン性の高いバイクを作れる1つの要因に「デザインの外注」ということが挙げられます。

ヤマハはデザインを外部のデザインのプロに依頼することでデザイン性の高いバイクを作っているのです。

【日本のメーカー】MT-07 【ヤマハのかっこいい大型バイク】


発売が先、排気量が大きく、非常に珍しい3気筒を積んだMT09の影に隠れている感じが否めませんが、こちらのMT07はマニアの間でMT09より評価が上とも囁かれている良モデルです。

2気筒の特性を活かすために、徹底的に軽く作られた車体は運動性能が高く、軽いということはパーツも減るので、コストダウンにも寄与し、初年度の車体価格は税込みで70万円を切っています。2015年には大型二輪の中で最も売れたバイクになりました。

最新のデバイスを捨てて、基本性能の高さに特化し、コストダウンを成功させた名バイク。楽しくないはずがないです。

価格792000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量688cc
車両重量183kg
始動方法セル
最大出力73PS
最大トルク6.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1400mm
キャスター角24°50 ‘
全長×全幅×全高(mm)2085×745×1090
シート高805mm
燃料タンク容量13ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費38.4km/ℓ
実燃費26km/ℓ
実燃費での航続可能距離338km
最高速214km/h
パワーウエイトレシオ2.50kg/ps
トルクウエイトレシオ26.5kg/kgf・m
パワー円レシオ10,849円/PS

【日本のメーカー】XSR700 ヤマハ【ヤマハのかっこいい大型バイク】


中身はMT07と同じです。MT07が「ガンガンコストダウンしていいバイクを作った」のに対して兄弟車のXSR700は性能ではなく、「おしゃれ方面」にコストを掛けています。

排気量の大きいXSR900よりもカスタムの幅が広く、シートフレームを1つにせず、セパレートにしてあるのでソロシートをつけたりと本来はフレームを切断するしかないような心臓に悪いカスタムを健康的に行うことができます。

「SR以来のカスタムベースに向いているバイク」ではないでしょうか?

価格916300円
エンジン水冷並列2気筒
排気量688cc
車両重量186kg
始動方法セル
最大出力73PS
最大トルク6.9kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1405mm
キャスター角25°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2075×820×1130
シート高835mm
燃料タンク容量13ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費38.4km/ℓ
実燃費24km/ℓ
実燃費での航続可能距離312km
最高速214km/h
パワーウエイトレシオ2.54kg/ps
トルクウエイトレシオ26.9kg/kgf・m
パワー円レシオ12,552円/PS

【日本のメーカー】MT-09【ヤマハのかっこいい大型バイク】


おそらくヤマハのGX750(1976年)以来の4st3気筒。トライアンフやMVアグスタなどかなりマニアックな一部の海外メーカーでラインナップがありましたが、国産メーカーに限るとかなり珍しいエンジンを積んでいます。

車体が軽いことで2stのようなロケットダッシュができて、車体のコンパクトさとアップライトな乗車姿勢からモタードのような乗り味。日本の峠道に最も適している車体かもしれません。

デザインが少しずつかっこ悪くなっていっているのは残念ですが、そこは個人個人の好みなのでなんとも言えませんね。

価格1023000円
エンジン水冷直列3気筒
排気量845cc
車両重量193kg
始動方法セル
最大出力116PS
最大トルク8.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1440mm
キャスター角25°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2075×815×1120
シート高820mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費29.4km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離280km
最高速245km/h
パワーウエイトレシオ1.66kg/ps
トルクウエイトレシオ21.6kg/kgf・m
パワー円レシオ8,818円/PS

【日本のメーカー】XSR900【ヤマハのかっこいい大型バイク】


MT09のネオクラシック、ネオレトロ版です。基本的に中身は同じです。

XSR900のほうが外見のパーツに力を入れているので価格は少し高くなっています。MTがモタードよりである一方でこちらはネイキッドさを残しているデザインになっています。

価格1061500円
エンジン水冷並列3気筒
排気量845cc
車両重量195kg
始動方法セル
最大出力116PS
最大トルク8.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1440
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)2075×815×1140
シート高830mm
燃料タンク容量14L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費29.4km/L
実燃費21km/L
実燃費での航続可能距離294km
最高速242km/h
パワーウエイトレシオ1.68kg/ps
トルクウエイトレシオ21.9kg/kgf・m
パワー円レシオ9,150円/PS

【日本のメーカー】MT-10 【ヤマハのかっこいい大型バイク】


MT-07が2気筒、MT- 09が3気筒、ということでMT-10は4気筒です。

車体とエンジンはヤマハのフラッグシップバイク、YZF-R1のものをベースにしています。

R1譲りの性能はとても高く、R1にはついていないクルーズコントロールがついています。


価格1705000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量210kg
始動方法セル
最大出力160PS
最大トルク11.3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1400mm
キャスター角24°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2095×800×1110
シート高825mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費23.4km/ℓ
実燃費14km/ℓ
実燃費での航続可能距離238km
最高速253km/h
パワーウエイトレシオ1.31kg/ps
トルクウエイトレシオ18.5kg/kgf・m
パワー円レシオ10,656円/PS

【日本のメーカー】 Vmax【ヤマハのかっこいい大型バイク】


「見た目重視」「コーナリング重視」「伝統重視」「快適性重視」など、それぞれのバイクが重視していることは様々ですが、Vmaxは「加速重視」です。加速感、エンジンを感じてもらうためにわざわざフレームの剛性を落としてエンジンを強調させるという徹底っぷりです。

「Vブースト」もVmax独自の機構がついていますが、これは海外仕様にのみ与えられているものです。さまざまな海外仕様が出ていますが、もっとも出力が高いのがカナダ仕様と言われています。

価格890000円
エンジン水冷V型4気筒
排気量1679cc
車両重量311kg
始動方法セル
最大出力151PS
最大トルク15.1kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1700mm
キャスター角31°
全長×全幅×全高(mm)2395×820×1190
シート高775mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費16km/ℓ
実燃費13km/ℓ
実燃費での航続可能距離195km
最高速214km/h
パワーウエイトレシオ2.05kg/ps
トルクウエイトレシオ20.5kg/kgf・m
パワー円レシオ5,894円/PS

【日本のメーカー】XJR1300 【ヤマハのかっこいい大型バイク】


スタイル的にはホンダCB1300SF、エンジンが空冷なのでCB1100のライバルになるであろうヤマハのXJR1300です。オーリンズサスがついているので素の状態で高級走り仕様になっているのも魅力です。

価格930000円
エンジン空冷直列4気筒
排気量1250cc
車両重量245kg
始動方法セル
最大出力101PS
最大トルク11kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1500mm
キャスター角25°30 ‘
全長×全幅×全高(mm)2175×765×1115
シート高795mm
燃料タンク容量21ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費21km/ℓ
実燃費15km/ℓ
実燃費での航続可能距離315km
最高速218km/h
パワーウエイトレシオ2.42kg/ps
トルクウエイトレシオ22.2kg/kgf・m
パワー円レシオ9,207円/PS

【日本のメーカー】YAMAHA XT660X【ヤマハのかっこいい大型バイク】

価格
排気量660cc
車両重量177kg(乾燥)
始動方法セル
エンジン水冷単気筒
最大出力48PS
最大トルク6.1kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1490mm
キャスター角°
全長×全幅×全高(mm)2175×860×1170
シート高875mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費22km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km
最高速170km/h
パワーウエイトレシオ3.6875kg/ps
トルクウエイトレシオ29kg/kgf・m
パワー円レシオ円/PS


海外モデルのヤマハのバイク。ベース車両はXT660R。ヤマハビッグオフXTシリーズのモタードなので間違いない1台なのでしょうが、個人的にはエキパイの取り回しが「オフロード感」が損なわれていて嫌いです。モタードなので下からの取り回しでも問題ないという設計かと思いきやXT660Rも下から取り回していてちょっと残念。障害物が当たったらスタッドボルトが折れてしまいそう・・・。

【日本のメーカー】YZF-R6 【ヤマハのかっこいい大型バイク】


公道ではほとんど見ないけど、サーキットではたくさんみるバイクです。

バイクは排気量が小さいほど扱いやすいとされていますが、SSというカテゴリにおいてはそうではないようです。

リッターSSは公道でもトルクを使って走れるのに対して、ミドルクラスはエンジンを回してピーキーに走る必要があるので一般的には(ちゃんとバイクに乗ると)ミドルSSの方が公道では扱いにくいとされています。


そんな中でも特にサーキットに特化しているのがR6。特に上級者向けのバイクかと思います。

価格1672000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量599cc
車両重量190kg
最大出力118.4PS
最大トルク6.3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1375mm
キャスター角24°
全長×全幅×全高(mm)2040×695×1150
シート高850mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離289km
最高速257km/h
パワーウエイトレシオ1.60kg/ps
トルクウエイトレシオ30.1kg/kgf・m
パワー円レシオ14,121円/PS

【日本のメーカー】YZF-R1【ヤマハのかっこいい大型バイク】


CBR900RRのライバル車として発売され、軽量な車体と当時トップクラスのエンジン性能からDDブームの先頭にいた1台です。90年代半ばで終了したレーサーレプリカブームのあとに起こった「スポーツバイクブーム」を牽引しました。

レースに参加することを前提としているので扱うには高い技術が必要です。


基本的に海外モデルとして販売されてきましたが2020年、国内モデルも登場(6年振り)しました。

価格2365000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量201kg
最大出力200PS
最大トルク11.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1405mm
キャスター角24°00′
全長×全幅×全高(mm)2055×690×1165
シート高855mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費15.2km/L
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離272km
最高速297km/h
パワーウエイトレシオ1.00kg/ps
トルクウエイトレシオ17.4kg/kgf・m
パワー円レシオ11,825円/PS

【日本のメーカー】YZF-R1M【ヤマハのかっこいい大型バイク】


YZF-R1の上位モデル。R1はKYB製の機械調整式サスペンションですが、R1Mはオーリンズ製の電子制御式サスペンションを装備しているなどの違いがあります。

カウルはプラスチックではなくカーボンになっており、軽量化に貢献しています。。

価格3190000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量202kg
最大出力200PS
最大トルク11.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1405mm
キャスター角24°00′
全長×全幅×全高(mm)2055×690×1165
シート高860mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費21.6km/L
実燃費14km/L
実燃費での航続可能距離238km
最高速306km/h
パワーウエイトレシオ1.01kg/ps
トルクウエイトレシオ17.5kg/kgf・m
パワー円レシオ15,950円/PS

【日本のメーカー】XJ6 Diversion F 【ヤマハのかっこいい大型バイク】


本記事のランキングでは可もなく不可もなくという印象ですが、逆に考えると平均的な性能を備えた良いバイクと解釈することもできます。

Diversionとは「気晴らし、娯楽、転換」という意味なので気軽に気晴らしに出かけられるバイクということでしょうね。

価格758000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量599cc
車両重量220kg
最大出力77.5PS
最大トルク6.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1440mm
キャスター角26°00′
全長×全幅×全高(mm)2120×770×1185
シート高785mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費不明
実燃費23km/L
実燃費での航続可能距離391km
最高速193km/h
パワーウエイトレシオ2.83kg/ps
トルクウエイトレシオ36.0kg/kgf・m
パワー円レシオ9,780円/PS

【日本のメーカー】FAZER 8 FZ8S【ヤマハのかっこいい大型バイク】


ハーフカウルモデルですがスポーツタイプという位置づけで問題ない場合はミドルスポーツ最強のバイク。各ランキングで上位をキープしています。

価格860000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量779cc
車両重量220kg
最大出力106.2PS
最大トルク8.4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)2140×770×1225
シート高815mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離289km
最高速248km/h
パワーウエイトレシオ2.07kg/ps
トルクウエイトレシオ26.1kg/kgf・m
パワー円レシオ8,097円/PS

【日本のメーカー】FZ1 FAZER【ヤマハのかっこいい大型バイク】


ハーフカウルモデルで1000ccですがこのカテゴリで紹介しました。ミドルクラスでは敵なしの性能を誇っていたFZ8ですが、FZ1をこのカテゴリに入れると他車との排気量差があるのでそんなに目立たない感じになりますが、性能はとても高いです。

価格935000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量225kg
最大出力94PS
最大トルク8.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)2140×770×1205
シート高815mm
燃料タンク容量18L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費21.0km/L
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離288km
最高速272km/h
パワーウエイトレシオ2.39kg/ps
トルクウエイトレシオ27.4kg/kgf・m
パワー円レシオ9,946円/PS

【日本のメーカー】FJR1300 ヤマハ【ヤマハのかっこいい大型バイク】


スポーツツアラーと名乗っているのでこのカテゴリでも紹介しました。ヨーロッパやアメリカで主にタンデムロングツーリングを楽しむために開発されたツアラーです。白バイのも採用されています。

価格1870000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1297cc
車両重量296kg
最大出力147PS
最大トルク14.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1545mm
キャスター角26°00′
全長×全幅×全高(mm)2230×750×1325
シート高805mm
燃料タンク容量25L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費24.6km/L
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離450km
最高速267km/h
パワーウエイトレシオ2.01kg/ps
トルクウエイトレシオ20.9kg/kgf・m
パワー円レシオ12,721円/PS

【日本のメーカー】TMAX560【ヤマハのかっこいい大型バイク】


「スポーツできるスクーター」として発売されたTMAXはビッグスクーターブームの中で一線を画した存在でした。

シルバーウイングやスカイウエイブはカスタムの対象として捉えられませんでしたが、TMAXの容姿は連中の好みどストライクたっだのでビッグスクーターブームの最上位の車種として君臨していたように思います。

250ccにはない重低音を出しながら走る様は鼻水垂らした子供たち(少年okomoto含む)の羨望の眼差しを集めていました。子供たち(少年okomoto含む)はカスタムにアルバイト代をつぎこんで、大型二輪免許取得どころではなかったためです。

500cc→530cc→560ccと徐々に排気量を上げてきています。

価格1276000円
メットイン容量30ℓ
エンジン水冷並列2気筒
排気量561cc
車両重量220kg
最大出力48PS
最大トルク5.7kgf・m
ホイールベース1575mm
キャスター角26°00′
全長×全幅×全高(mm)2200×765×1420
シート高800mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費31.7km/L
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離285km
最高速150km/h
パワーウエイトレシオ4.58kg/ps
トルクウエイトレシオ38.5kg/kgf・m
パワー円レシオ26,583円/PS

【日本のメーカー】BOLT【ヤマハのかっこいい大型バイク】

2013年に発売されたヤマハのボバースタイルアメリカンです。

ボバースタイルとは余計なものを削ぎ落としたようなシンプルなスタイルのことで2013年頃はアメリカで流行り始めていたものです。

SRに代わるカスタムベース車両という目的もあったようですがその目的が果たされなかったようです。このバイクが発売された当時は久しぶりの新型アメリカンだったので様々な雑誌でもてはやされていましたが、この記事を書くまで存在を忘れていました。

SRに乗る層は大型バイクに乗らずにSRに乗り続けるか、大型二輪に乗ったとしてもXSRに乗るだろうし、アメリカンが好きな方はだいたいハーレーに乗るのでどちらのターゲットも取り込めなかったのではないかと思います。


と、なんだかこのバイクが売れなかった前提で書いてしまっていますがよくわかりません。ロゴが子供ぽいから売れていないと思います。

兄弟車にSCR950というそれこそSRに代われる可能性を秘めたクラシックタイプネイキッドがありますが、XSRがあるのでまぁ・・・という感じです。

新車価格961200円
エンジンV型2気筒
排気量941cc
車両重量252kg
始動方法セル
最大出力54PS
最大トルク8.2kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1570mm
キャスター角29°
全長×全幅×全高(mm)2290×830×1120
シート高(mm)690mm
燃料タンク容量13ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費30.7km/ℓ国土交通省届出値
実燃費25km/ℓ
実燃費での航続可能距離325km
最高速165km/h
パワーウエイトレシオ4.66kg/ps
トルクウエイトレシオ30.7kg/kgf・m
パワー円レシオ17,800円/PS

【日本のメーカー】ドラッグスター1100 【ヤマハのかっこいい大型バイク】

ビラーゴ1100の後継モデルで、ドラッグスターシリーズのフラッグシップモデルです。

ドラッグスターは中型排気量の250、400のイメージが強いですが1100は10年にわたって生産されたロングセラーモデルです。ハーレーという圧倒的存在がいる中でかなり頑張ったモデルかと思います。

400モデルだとハーレーと競合しませんが、ハーレーを強く意識した400のデザインを受け継いだためバッチバチにハーレーと競合してしまいました。他の国産アメリカンと違い、クラシックモデルだったのでハーレーと真正面からぶつからなければなりませんでした。

他の国産アメリカンと違ってハーレーと差別化できている部分が少ないのでドラッグスター1100を選ぶのであればバイク乗りの憧れハーレーを購入したほうが良いような気がします。


新車価格860000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量1063cc
車両重量278kg
始動方法セル
最大出力60PS
最大トルク8.3kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1640mm
キャスター角33°
全長×全幅×全高(mm)2405×895×1095
シート高(mm)685mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32km/ℓ
実燃費16km/ℓ
実燃費での航続可能距離272km
最高速174km/h
パワーウエイトレシオ4.63kg/ps
トルクウエイトレシオ33.4kg/kgf・m
パワー円レシオ14,333円/PS

【日本のメーカー】テネレ700【ヤマハのかっこいい大型バイク】


ベースエンジンはMT07、XSR700のもので、ビッグシングルで販売されてきた以前のテネレシリーズとは大きくことなる2気筒エンジンを積んでいます。

もともとは海外モデルでしたが、日本国内でのアドベンチャー人気が高まったせいか、国内モデルも販売されました。

誤解を恐れずにいうとKTMっぽいイケメンです。

価格1265000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量688cc
車両重量205kg
最大出力72PS
最大トルク6.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1595mm
キャスター角27°00′
全長×全幅×全高(mm)2370×905×1455
シート高875mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費35.0km/L
実燃費26km/L
実燃費での航続可能距離416km
最高速214㎞/h※
パワーウエイトレシオ2.84kg/ps
トルクウエイトレシオ30.1kg/kgf・m
パワー円レシオ17,569円/PS
※ベース車両から引用

【日本のメーカー】トレーサー700【ヤマハのかっこいい大型バイク】


テネレ700と同じくMT07、XSR700をベースにしたモデル。テネレよりもアドベンチャー感は薄れ、その名の通りオンロードでのスポーツ走行も可能なトレーサー仕様になっています。
どこかR1を彷彿とさせる、テネレとはまた違ったイケメンです。

海外モデルなので情報は少ないです。



こっちはドカティっぽいかも?

価格不明
エンジン水冷並列2気筒
排気量689cc
車両重量196kg
最大出力73.4PS
最大トルク6.83kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角24.8°
全長×全幅×全高(mm)2140×840×1290
シート高835mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費26km/L※
実燃費での航続可能距離442km
最高速214㎞/h※
パワーウエイトレシオ2.67kg/ps
トルクウエイトレシオ28.6kg/kgf・m
パワー円レシオ不明
※ベース車両から引用

【日本のメーカー】トレーサー9【ヤマハのかっこいい大型バイク】


MT09をベースにしたトレーサーです。厳密にはアドベンチャーとトレーサーは違うものですがトレーサーがまだまだ「バイクの種類」というほどその立場をメジャーなものにしていないので一緒に紹介しています。

MT09のロングツーリング版のような存在です。元々の名前は「MT09トレーサー」という「MT09の特別モデル」という感じでしたが、改名したことで独立した車種になりました。

アドベンチャーよりもオンロード寄りなのがトレーサーという認識でいいかと思います。

価格1133000円
エンジン水冷並列3気筒
排気量889cc
車両重量220kg
最大出力119PS
最大トルク9.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1500mm
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)2175×885×1430
シート高810mm
燃料タンク容量19L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費20km/L
実燃費での航続可能距離380km
最高速242km/h
パワーウエイトレシオ1.84kg/ps
トルクウエイトレシオ23.1kg/kgf・m
パワー円レシオ9,521円/PS

【日本のメーカー】XT1200Zスーパーテネレ【ヤマハのかっこいい大型バイク】


ヤマハの最大排気量のアドベンチャーバイク。

チェーンではなくシャフトドライブ駆動なのでメンテナンスフリーなの嬉しかったりします。何日もかけてツーリングするような局面ではシャフトドライブはとてもいいです。

国内仕様はオンロードよりな感じがしますが、海外ではゴリゴリのブロックタイヤを履かせたモデルも販売されています。これが超かっこいいんです。

価格1530000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量1199cc
車両重量257kg
最大出力112PS
最大トルク11.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1540mm
キャスター角28°
全長×全幅×全高(mm)2250×980×1470
シート高845mm-870mm
燃料タンク容量23L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離391km
最高速216km/h
パワーウエイトレシオ2.29kg/ps
トルクウエイトレシオ21.5kg/kgf・m
パワー円レシオ13,660円/PS

おすすめ!カワサキのかっこいい大型バイク【日本メーカーの大型バイク】


以前は「漢カワサキ」と言われるほど無骨なイメージが強かったカワサキですが、最近は250ccクラス活性化のの火付け役にやったり、世界最速の市販車を販売したりと日本、世界のバイク業界に刺激を与え続けるメーカーになっています。


【日本のメーカー】Z650 【カワサキのかっこいい大型バイク】


カワサキのsugomiデザインです。

価格847000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量649cc
車両重量189kg
始動方法セル
最大出力68PS
最大トルク6.4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1410
キャスター角24°00′
全長×全幅×全高(mm)2055×
765×1065
シート高790mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費23.6km/L
実燃費21km/L
実燃費での航続可能距離315km
最高速172km/h
パワーウエイトレシオ2.77kg/ps
トルクウエイトレシオ29.5kg/kgf・m
パワー円レシオ12,455円/PS

【日本のメーカー】W650 【カワサキのかっこいい大型バイク】


どこか懐かしい、古めかしいデザインのジャンルですね。エストレアとかSRなどと同じジャンルに属するかと思います。Wシリーズは、カワサキが吸収したメグロという会社のバイクまで遡ります。1960年のバイクの基本的なデザインをずっと継承しているモデルです。 

1992年にエストレヤがメグロのデザインをオマージュした感じで発表され、これがヒットしたのでW650、W400、W800という順番で車種が増えていきました。 

価格686000円
エンジン空冷並列2気筒:バーチカルツイン
排気量675cc
車両重量211kg
始動方法セル
最大出力48PS
最大トルク5.5kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1465mm
キャスター角27°
全長×全幅×全高(mm)2180×780×1075
シート高800mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37km/ℓ
実燃費22km/ℓ
実燃費での航続可能距離308km
最高速194km/h
パワーウエイトレシオ4.39kg/ps
トルクウエイトレシオ38.3kg/kgf・m
パワー円レシオ14,291円/PS

【日本のメーカー】ZEPHYR750 カワサキ【カワサキのかっこいい大型バイク】


カワサキのネイキッドらしいネイキッド。

ゼファー400の成功を受けて1990年に発売されたゼファー750はカワサキのバイク部門の経営を救ったZ1のオマージュです。


生産はさせていませんが、まだまだ現役の車種なので紹介しました。750RSというスポークホイールを履いたモデルもあります。

価格659000円
エンジン空冷直列4気筒
排気量738cc
車両重量206kg
始動方法セル
最大出力68PS
最大トルク5.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角28°
全長×全幅×全高(mm)2105×770×1095
シート高780mm
燃料タンク容量16ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費34km/ℓ
実燃費19km/ℓ
実燃費での航続可能距離304km
最高速211km/h
パワーウエイトレシオ3.02kg/ps
トルクウエイトレシオ37.4kg/kgf・m
パワー円レシオ9,691円/PS

【日本のメーカー】Z900RS 【カワサキのかっこいい大型バイク】


昔のデザインのバイクを最新技術で作る「ネオクラシック」というジャンルが最近ブームですが、まさに「日本のクラシックをネオにした、日本のネオクラ代表」と言えるでしょう。

往年の名車Z1をオマージュしたようなデザインですが、実際は

  • 水冷
  • モノサス
  • キャストホイール
  • 倒立フォーク
  • ラジアルマウントキャリパー
  • ウインカーが極小
  • フェンダーが現代風


などデザインに関わる多くの点でZ1などとは異なっています。「Z1に似せよう」というのではなく「カワサキのネオクラを作ろう」というベクトルで開発が進んだのではないかと思います。

売れ行きからみても歴史に名を残す名車であることは間違いありません。

ベース車両はZ900。

価格1353000円
エンジン水冷直列4気筒直列
排気量948cc
車両重量215kg
始動方法セル
最大出力111PS
最大トルク10kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1470mm
キャスター角25°
全長×全幅×全高(mm)2100×865×1150
シート高800mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費28.5km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離340km
最高速229km/h
パワーウエイトレシオ1.93kg/ps
トルクウエイトレシオ21.5kg/kgf・m
パワー円レシオ12,189円/PS

【日本のメーカー】Z900 【カワサキのかっこいい大型バイク】


元々海外モデルでしたが、日本でも販売されるようになりました。

Z900RSのベース車両です。

価格1045000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量948cc
車両重量213kg
始動方法セル
最大出力125PS
最大トルク10kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1455mm
キャスター角24.9°
全長×全幅×全高(mm)2070×825×1080
シート高800mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費24.0
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離306km
最高速229km/h
パワーウエイトレシオ1.70kg/ps
トルクウエイトレシオ21.3kg/kgf・m
パワー円レシオ8,360円/PS

【日本のメーカー】Z1000 【カワサキのかっこいい大型バイク】


ネイキッドというかスーパーマッスルなストリートファイターですね。

他の1000ccバイクの排気量が1000ccに達していない中、Z1000は1043ccと車名の排気量よりも上のエンジンを搭載しています。

小さなことですが、個人的に「下の方に四捨五入している」という意味で好感を持ったりしています。

価格1171500円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1043cc
車両重量221kg
始動方法セル
最大出力141PS
最大トルク11.3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1440mm
キャスター角24.5°
全長×全幅×全高(mm)2050×790×1055
シート高815mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費23km/ℓ
実燃費17km/ℓ
実燃費での航続可能距離289km
最高速238km/h
パワーウエイトレシオ1.56kg/ps
トルクウエイトレシオ19.5kg/kgf・m
パワー円レシオ8,308円/PS

【日本のメーカー】ZEPHYR1100【カワサキのかっこいい大型バイク】


ZEPHYRシリーズの中で最後発になった1100です。後発の利を生かして400(1989年)と750(1990年)をミックスさせたデザインでZEPHYRシリーズ集大成といえるモデル。

価格849000円
エンジン空冷直列4気筒
排気量1062cc
車両重量265kg
始動方法セル
最大出力86PS
最大トルク8.5kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1495mm
キャスター角27°
全長×全幅×全高(mm)2165×780×1115
シート高795mm
燃料タンク容量18ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費24km/ℓ
実燃費15km/ℓ
実燃費での航続可能距離270km
最高速180km/hリミッター
パワーウエイトレシオ3.08kg/ps
トルクウエイトレシオ31.1kg/kgf・m
パワー円レシオ9,872円/PS

【日本のメーカー】ZRX1200 DAEG ダエグ 【カワサキのかっこいい大型バイク】


カワサキの水冷の方のネイキッドらしいネイキッドです。前述のZEPHYRは空冷です。ZEPHYRは5速、ダエグは6速。
ツーリングバイクのGPZ1100をベースにしたエンジンで馬力アップ、トルクアップ、軽量化を施して発売されましたが人気がでた一番の理由はZ1000R風のカラーリングではないかと思います。

価格1120000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1164cc
車両重量246kg
始動方法セル
最大出力110PS
最大トルク10.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1470mm
キャスター角24.5°
全長×全幅×全高(mm)2150×770×1155
シート高790mm
燃料タンク容量18ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費25.8km/ℓ
実燃費18km/ℓ
実燃費での航続可能距離324km
最高速261km/h
パワーウエイトレシオ2.23kg/ps
トルクウエイトレシオ22.5kg/kgf・m
パワー円レシオ10,181円/PS

【日本のメーカー】ZX-6R【カワサキのかっこいい大型バイク】


YZF-R6がどんどんレースに特化していったのに対して、それでもまだ公道で乗れるミドルSSがZX-6Rです。足つきを良くするために絞られた車体や、サスペンションが柔らか目になっていること、ETCやアクセサリー電源やガソリンメーターの存在からも公道を意識していることがわかります。

ツーリングも楽しめて、本気の走りにも対応できる、そんなバランスの取れたバイクです。


とはいえ中身はレーサーのようなものなので上級者向けであることに変わりはありません。

価格1353000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量636cc
車両重量197kg
最大出力132PS
最大トルク7.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1400mm
キャスター角23.5°
全長×全幅×全高(mm)2025×710×1100
シート高830mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費26.0km/L
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離306km
最高速227km/h
パワーウエイトレシオ1.49kg/ps
トルクウエイトレシオ27.7kg/kgf・m
パワー円レシオ10,250円/PS

【日本のメーカー】ZX-10R【カワサキのかっこいい大型バイク】


市販車として初めてパワーウエイトレシオが1kg/psを切るように設計されたハイスペックバイクです。

ちなみに自動車でもっともパワーウエイトが小さい車の「one」はちょうど1kg/psでお値段3億円。



価格2101000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量207kg
最大出力213PS
最大トルク11.7kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1440mm
キャスター角25.0
全長×全幅×全高(mm)2085×740×
1185
シート高835mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離272km
最高速293km/h
パワーウエイトレシオ0.97kg/ps
トルクウエイトレシオ17.6kg/kgf・m
パワー円レシオ9,863円/PS

【日本のメーカー】ZX-10RR【カワサキのかっこいい大型バイク】


カワサキも「R」を増やしてきました。

CBR1000RRとは違い、スペックからは大きな差を読み取ることができません。

世界限定500台の生産で、日本には70台程度しか入ってきていません。

価格2981000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量207kg
最大出力214PS
最大トルク11.4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1450mm
キャスター角25.0°
全長×全幅×全高(mm)2085×740×1185
シート高835mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費21.0km/L
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ0.96kg/ps
トルクウエイトレシオ18.1kg/kgf・m
パワー円レシオ13,929円/PS

【日本のメーカー】Ninja H2 Carbon【カワサキのかっこいい大型バイク】


往年の名車750SSマッハ「H2」、カワサキのフラッグシップモデルに与えられる「NINJA」の両方を与えられたNinja H2。

発売前から「これは名車として歴史に名を刻むことが確定しているバイクだなぁ」と思っていましたが実際に世界最速記録(337km/h)を樹立したりと名実共に歴史に名を刻んだバイクです。

市販車に初めて搭載された、フロントに強烈なダウンフォースを生む「ウイング」は最先端の流体解析技術を有する航空宇宙カンパニーの空力専門家と二輪設計者の共同設計によるもの。



サーキット専用車両のH2Rは310PSという途方も無い馬力を誇っています。

トム・クルーズも映画の中で乗っています。

価格3630000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量238kg
最大出力242PS
最大トルク14.4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1455mm
キャスター角24°50′
全長×全幅×全高(mm)2085×770×1125
シート高825mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費20.5km/L
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離272km
最高速337km/h(H2R)
パワーウエイトレシオ0.98kg/ps
トルクウエイトレシオ16.5kg/kgf・m
パワー円レシオ15,000円/PS

【日本のメーカー】Ninja 650【カワサキのかっこいい大型バイク】


ヤマハのフルカウルの中でもR6からは程遠く、NINJA250 に近いスポーツタイプのバイク。2気筒なので燃費もよく、まったりツーリングに向いています。


価格902000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量649cc
車両重量194kg
最大出力68PS
最大トルク6.4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1410mm
キャスター角24°00′
全長×全幅×全高(mm)2055×740×1145
シート高790mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32.1km/L
実燃費26km/L
実燃費での航続可能距離390km
最高速172km/h
パワーウエイトレシオ2.85kg/ps
トルクウエイトレシオ30.3kg/kgf・m
パワー円レシオ13,264円/PS

【日本のメーカー】1400GTR【カワサキのかっこいい大型バイク】


ヨーロッパ大陸横断用のバイクでベースはZZR1400。カワサキはZZR1400、ZX-14、ZX-14Rの区別が面倒なので簡単に書いていきます。すぐ忍し。マジ面倒くさい。マジ面倒くさい。

価格1596000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1352cc
車両重量305kg
最大出力155PS
最大トルク13.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1520mm
キャスター角26.1°
全長×全幅×全高(mm)2230×790×1345
シート高815mm
燃料タンク容量22L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離396km
最高速不明
パワーウエイトレシオ1.96kg/ps
トルクウエイトレシオ21.9kg/kgf・m
パワー円レシオ10,296円/PS

【日本のメーカー】Ninja ZX-14R【カワサキのかっこいい大型バイク】


ハヤブサと並んでメガツアラーの代名詞。

価格1925000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1441cc
車両重量269kg
最大出力210PS
最大トルク16.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1480mm
キャスター角23°
全長×全幅×全高(mm)2170×780×1170
シート高800mm
燃料タンク容量22L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費14km/L
実燃費での航続可能距離308km
最高速298km/h(300km/h規制)
パワーウエイトレシオ1.28kg/ps
トルクウエイトレシオ16.7kg/kgf・m
パワー円レシオ9,166円/PS

【日本のメーカー】Ninja 1000 SX【カワサキのかっこいい大型バイク】


NINJA1000の後継モデル。なんでもかんでもニンジャリバンバン。


価格1485000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1043cc
車両重量236kg
最大出力141PS
最大トルク11.3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1440mm
キャスター角24°
全長×全幅×全高(mm)2100×830×1190
シート高820mm
燃料タンク容量19L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費23.0km/L
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離323km
最高速230km/h
パワーウエイトレシオ1.67kg/ps
トルクウエイトレシオ20.8kg/kgf・m
パワー円レシオ10,531円/PS

【日本のメーカー】GS1200SS【カワサキのかっこいい大型バイク】


どのジャンルに属するのか、メガスポーツでもネオクラでもクラシックでもSSでもネイキッドでもないような気がするのでここで紹介しておきます。

個人的に大好きなバイクです。GOOSE350も好きだし、GS1200SSも好きなのに所有したことはないのでぎりぎり鈴菌には感染していないと思っています。スズキで所有したことがあるのは唯一スカイウエーブだけという平和っぷり。

1980年代にレースで大活躍したGS1000Rを模したバイク。しかし発売はまさかの2001年。20年前のレーサーレプリカを突如発売してしまったスズキ。しかもしっかり油冷。

当時はR1がSSブームに火を付けていたときだったので当然売れず、わずか3年で生産終了。もちろん後継車種も作られず完全なるジ・エンド。

僕が初めての大型バイクを購入するときに

オコモト
オコモト

GS1200SS超かっこいいし、超不人気だから安く買えるでしょ!


と探し始めたらマニアに人気が出たらしく、価格が高騰していて

オコモト
オコモト

ここまでの金額出して乗るもんじゃねーわな



と購入を見送ったバイクでもあります。

タンデムシートが超絶ダサく、全体の造形美を台無しにするのはスズキのお家芸。むしろダサいタンデムシート込みでの造形美。

マニアの方が飽きて、また超絶不人気車になったら乗っておこうと思います。

価格900000円
エンジン油冷直列4気筒
排気量1156cc
車両重量231kg
最大出力100PS
最大トルク9.6kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1460mm
キャスター角25°30′
全長×全幅×全高(mm)2115×765×1220
シート高770mm
燃料タンク容量18L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費28.0km/L
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離306km
最高速245km/h
パワーウエイトレシオ2.31kg/ps
トルクウエイトレシオ24.0kg/kgf・m
パワー円レシオ9,000円/PS

【日本のメーカー】ZZR-1400【カワサキのかっこいい大型バイク】


海外モデルはZX-14。

ハヤブサとともにスポーツツアラー、メガスポーツ、メガツアラーの代名詞になっています。上のGTR1400のベース車両です。


価格1600000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1441cc
車両重量269kg
最大出力210PS
最大トルク16.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1480mm
キャスター角23°
全長×全幅×全高(mm)2170×780×1170
シート高800mm
燃料タンク容量22L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費15km/L
実燃費での航続可能距離330km
最高速298km/h
パワーウエイトレシオ1.28kg/ps
トルクウエイトレシオ16.7kg/kgf・m
パワー円レシオ7,619円/PS

【日本のメーカー】ZZR1100【カワサキのかっこいい大型バイク】


海外モデルで、北米ではninja ZX-11という名前で販売されていました。販売から6年にもわたって世界最速であり続けた名車です。

価格は人気が高く、新車価格が高かったときの価格を表記しています。

価格1800000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1052cc
車両重量233kg(乾燥)
最大出力147PS
最大トルク11.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1495mm
キャスター角26° 
全長×全幅×全高(mm)2165×730×1205
シート高780mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類レギュラー可
カタログスペック燃費不明
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離288km
最高速281km/h
パワーウエイトレシオ1.58kg/ps
トルクウエイトレシオ20.8kg/kgf・m
パワー円レシオ12,244円/PS

【日本のメーカー】ZZR1200【カワサキのかっこいい大型バイク】



ZZR1100の後継車で、ヘッドライトはメルセデスベンツを参考にしたと言われています。この「4灯ヘッドライト」はZZR1400,ZX-14にも引き継がれました。

ZX-12Rのツアラーバージョンです。

1100とは違って乗っている方はあまりみません。

価格1150000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1164cc
車両重量236kg
最大出力152PS
最大トルク12.6kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1505mm
キャスター角25°
全長×全幅×全高(mm)2160×755×1245
シート高800mm
燃料タンク容量23L
燃料の種類レギュラー可
カタログスペック燃費不明
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離414km
最高速不明
パワーウエイトレシオ1.55kg/ps
トルクウエイトレシオ18.7kg/kgf・m
パワー円レシオ7,565円/PS

【日本のメーカー】メグロK3【カワサキのかっこいい大型バイク】


W800をベースにしたクラシックバイク。

第二次大戦後、航空機を作ることを禁止された日本の優秀な技術者たちは自動車や二輪業界に身をおき、それらの業界を飛躍的に進化させました。

現在の国内バイクメーカーは4社ですが、当時は300社あまりのバイクメーカーが文字通り乱立していました。その中でもトップメーカーだったのが「メグロ」です。

メグロはカワサキに吸収されますが「500スタミナK1」というメグロのバイクをカワサキは「Wシリーズ(W1、W3、W650、W400、W800)」としてずっと残してきました。

最新のWシリーズW800をベースにして、Wシリーズの原点である「K」の名を復刻させたのがメグロK3です。

例えるならゆで卵が生卵に戻ったということ。例えるなら藤岡弘、が藤岡弘に戻ったということです。多分違います。

価格1276000円
エンジン空冷バーチカルツイン
排気量773cc
車両重量227kg
最大出力52PS
最大トルク6.3kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1465mm
キャスター角27°
全長×全幅×全高(mm)2190×925×1130
シート高790mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費30.0km/L
実燃費22km/L※
実燃費での航続可能距離330km
最高速185km/h※
パワーウエイトレシオ4.36kg/ps
トルクウエイトレシオ36.0kg/kgf・m
パワー円レシオ24,538円/PS
※ベース車両のW800から引用

【日本のメーカー】W650【カワサキのかっこいい大型バイク】


先述のWシリーズ。250ccのエストレアのヒットを受け「エストレアユーザーの次の乗り換え大型バイク」的な役割も兼ねて販売されました。

エストレアは海外で販売されるときはW250という名前で販売されます。エストレアの前にW650がヒットしていたらきっとエストレアは国内でもW250という名前で販売され、「Wシリーズ」の一員になっていたのだともいます。

逆にエストレア650という名前ではなくて良かったですね。メグロK3までのきれいな流れが変な流れになってしまうところでした。


個人的には675ccなのに650と名乗るところに奥ゆかしさを感じて好印象です。

価格686000円
エンジン空冷バーチカルツイン
排気量675cc
車両重量210kg
最大出力48PS
最大トルク5.5kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1465mm
キャスター角27°00′
全長×全幅×全高(mm)2180×780×1075
シート高800mm
燃料タンク容量14L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37.0km/L
実燃費22km/L
実燃費での航続可能距離308km
最高速194km/h
パワーウエイトレシオ4.37kg/ps
トルクウエイトレシオ38.1kg/kgf・m
パワー円レシオ14,291円/PS

【日本のメーカー】W800【カワサキのかっこいい大型バイク】



W650の排気量を大きくしたモデル。

スポーツバイクの多くは大排気量のものが先にあって、それを模した小排気量モデルが販売されることがほとんどですが、Wの場合は最初にエストレア→W650→W800と徐々に排気量を上げています。

メグロK3のベース車両。

価格850000円
エンジン空冷バーチカルツイン
排気量773cc
車両重量221kg
最大出力52PS
最大トルク6.3kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1465mm
キャスター角26°
全長×全幅×全高(mm)2135×925×1120
シート高770mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費30.0km/L
実燃費22km/L
実燃費での航続可能距離330km
最高速185km/h
パワーウエイトレシオ4.25kg/ps
トルクウエイトレシオ35.0kg/kgf・m
パワー円レシオ16,346円/PS

【日本のメーカー】シャドウ750 カワサキ【カワサキのかっこいい大型バイク】



ホンダのバイクですので「優等生」と表現されることが多いアメリカンです。排気音は他のアメリカンと比べると控えめですが、車重が軽く取り回しがしやすいのが特徴です。

ハーレーは苦手だけれどアメリカンのスタイルが好きな方に好まれそうなバイクで日本人向けのハンドル形状になっているのでハーレーよりも運転が楽かもしれません。
初代モデルは2001年に一度生産中止になり、二代目は2004年に復活して2012年に生産中止になっているので比較的新しい車種です。もともと初代はシャドウ400と車体が同じなので軽量アメリカンになっています。二代目はシャフトドライブを採用し、車体が長くなってシート高も下げられたのでより入門的な色が濃くなったと思います。




400では少し物足りなく、ハーレーではちょっと大きすぎると感じる方におすすめかもしれません。

新車価格814000円
エンジンV型2気筒
排気量745cc
車両重量263kg
始動方法セル
最大出力44PS
最大トルク6.3kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1640mm
キャスター角34°
全長×全幅×全高(mm)2510×920×1125
シート高(mm)660mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離280km
最高速162km/h
パワーウエイトレシオ5.97kg/ps
トルクウエイトレシオ41.7kg/kgf・m
パワー円レシオ18,500円/PS

【日本のメーカー】バルカンS【カワサキのかっこいい大型バイク】


ニンジャ650のエンジンを積んだアメリカンです。この排気量帯のアメリカンはなかなか売れないのでエンジンを他のバイクからもってくることでコストカットを狙っています。多くのアメリカンとは違いエンジンはVツインではなくパラツインです。伝統的なスタイルのアメリカンではないため、パラツインでも違和感なく収まっています。


タンデムシートは脱着が容易ですぐに外すことができるので一瞬でシュッとしたシングルシート仕様に変更することができます。なんだかんだバイクはシングルシートがよく似合います。マフラーも腹下に収められたショートタイプを採用しているのでシュッとした感がより強くなってます。

メーターパネルはタンク上ではなく、ハンドルにマウントされています。やはり視認性ではこの位置のほうがよいです。いかにこのバイクが既存のアメリカン像にとらわれていないかがわかります。


ハーレーの真似をしていないちょっと変わったアメリカンに乗りたい方にはおすすめかもしれません。

新車価格780000円
エンジン並列2気筒
排気量649cc
車両重量229kg
始動方法セル
最大出力61PS
最大トルク6.4kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1575mm
キャスター角31°
全長×全幅×全高(mm)2310×855×1090
シート高(mm)705mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32km/ℓ国土交通省届出値
実燃費23km/ℓ
実燃費での航続可能距離322km
最高速161km/h
パワーウエイトレシオ3.75kg/ps
トルクウエイトレシオ35.7kg/kgf・m
パワー円レシオ12,786円/PS

【日本のメーカー】バルカン2000【カワサキのかっこいい大型バイク】


1気筒約1000ccのバケモノ。海外仕様です。

新車価格不明
エンジンV型2気筒
排気量2053cc
車両重量371kg
始動方法セル
最大出力103PS
最大トルク18kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1735mm
キャスター角32°00′°
全長×全幅×全高(mm)2535×1025×1155
シート高(mm)680mm
燃料タンク容量21ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/ℓ
実燃費での航続可能距離357km
最高速不明
パワーウエイトレシオ3.60kg/ps
トルクウエイトレシオ20.6kg/kgf・m
パワー円レシオ不明

【日本のメーカー】ヴェルシス650【カワサキのかっこいい大型バイク】


ヴェルシスは「テッペン目指して突っ走るぞ!」的な意味の造語。

開発コンセプトは「ストリートサーフィン」で、街中をスイスイ波乗りするように走ることをイメージしていました。モタードみたいな感じ?

開発コンセプトやタイヤやホイールをみるとアドベンチャーというよりもトレーサーよりのバイクですね。

こちらも海外モデルです。

価格939600円
エンジン水冷並列2気筒
排気量649cc
車両重量217kg
最大出力69PS
最大トルク6.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1415mm
キャスター角25°
全長×全幅×全高(mm)2165×840×1400
シート高840mm
燃料タンク容量21L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費20km/L
実燃費での航続可能距離420km
最高速183km/h
パワーウエイトレシオ3.14kg/ps
トルクウエイトレシオ33.3kg/kgf・m
パワー円レシオ13,617円/PS

【日本のメーカー】ヴェルシス1000 【カワサキのかっこいい大型バイク】


エンジンベースがNINJA1000なので4気筒エンジンを積んでいます。そう言われるとお顔が最近のNINJAのそれに似ていますね。

4気筒でアドベンチャーってどうなんですかね。オフロードも入っていってしまえるんでしょうか・・・。かっこいいから別にいいんですが。アドベンチャーというかトレーサー?というかツアラー?

ツアラーが1番しっくりくるまもですね。オンロードを快適にツーリングするにはもってこいのバイクです。

価格1903000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1043cc
車両重量257kg
最大出力120PS
最大トルク10.4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1520mm
キャスター角27°
全長×全幅×全高(mm)2270×950×1490
シート高840mm
燃料タンク容量21L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費25.0km/L
実燃費21km/L
実燃費での航続可能距離441km
最高速239km/h
パワーウエイトレシオ2.14kg/ps
トルクウエイトレシオ24.7kg/kgf・m
パワー円レシオ15,858円/PS

おすすめ!スズキのかっこいい大型バイク【日本メーカーの大型バイク】


「スズキは変態」と言われるほど独特の世界観をもっています。
流行や常識に因われないスタイルは天才肌。

その世界観に魅せられたライダーを「鈴菌感染者」ともいいます。

実はスズキのバイクは本体価格が抑えられているにもかかわらず、エンジンパワーが高いバイクが多いです。

【日本のメーカー】GSX-S750 【スズキのかっこいい大型バイク】


GSX-R750nのネイキッドバージョンです。最新のSSと設計が同じですので性能的には申し分なし、むしろ公道を楽しむという部分にフォーカスするとSSよりも楽しめると思います。低速時のエンストを防ぐ「ローRPMアシスト」がついているので低速時のエンストを防いでくれるので初心者の方にも安心です。

価格987800円
エンジン水冷直列4気筒
排気量749cc
車両重量212kg
始動方法セル
最大出力112PS
最大トルク8.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1455mm
キャスター角25°00’
全長×全幅×全高(mm)2125×785×1055
シート高820mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費29.3km/L
実燃費22 km/L
実燃費での航続可能距離352
最高速231km
パワーウエイトレシオ1.89kg/ps
トルクウエイトレシオ25.8kg/kgf・m
パワー円レシオ8,819円/PS

【日本のメーカー】GSR750 スズキ【スズキのかっこいい大型バイク】


スズキが誇るSS、GSX-R750のエンジンの中低速向けに変更しています。ですので性能は申し分なし。

ABSは標準装備なので万が一のときも安心です。

とはいいつつ次世代のスズキの4気筒ネイキッドの主役にになれなかったバイクです。とりたてて紹介する部分がありません。

逆に考えると珍しいけれど無難なバイクなのかなと思います。

価格898000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量749cc
車両重量213kg
始動方法セル
最大出力106PS
最大トルク8.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1450mm
キャスター角25°20 ‘
全長×全幅×全高(mm)2115×785×1060
シート高815mm
燃料タンク容量17.5ℓ
燃料の種類ハイオク(レギュラー可)
カタログスペック燃費不明
実燃費18km/ℓ
実燃費での航続可能距離315km
最高速219km/h
パワーウエイトレシオ2.00kg/ps
トルクウエイトレシオ25.9kg/kgf・m
パワー円レシオ8,471円/PS

【日本のメーカー】GSX-S1000 【スズキのかっこいい大型バイク】



スズキのフラッグップスーパースポーツGSX-R1000のネイキッドバージョン。

こういったバイクの定石通り、中低速向けにギア比やエンジン特性を見直したものですが、フレームは新設計です。
そのままのフレームだとストリートを走るには剛性が高すぎたため、敢えて剛性を低くして扱いやすくしています。

価格1152800円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量209kg
始動方法セル
最大出力148PS
最大トルク10.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角25°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2115×795×1080
シート高810mm
燃料タンク容量17ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費25.3km/ℓ
実燃費17km/ℓ
実燃費での航続可能距離289km
最高速230km/h
パワーウエイトレシオ1.41kg/ps
トルクウエイトレシオ19.1kg/kgf・m
パワー円レシオ7,789円/PS

【日本のメーカー】KATANA カタナ【スズキのかっこいい大型バイク】

スズキは新型カタナを出すつもりはなかったようですが、

  • イタリアスズキ
  • イタリアのデザイナー
  • イタリアのバイク誌
  • イタリアのカスタムビルダー

が2017年のモーターショーに出品したKATANA3.0という車両があまりにも良かったのでスズキが市販化したという流れです。

ベース車両は先述のGSX-S1000で、先にカタナの造詣を作ってからそこにGSX-S1000を詰めていくという「見た目先行」で作られた珍しいバイクです。

価格1540000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量215kg
始動方法セル
最大出力148PS
最大トルク10.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角25°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2130×835×1110
シート高825mm
燃料タンク容量12ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費23.8km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離240km
最高速230km/h
パワーウエイトレシオ1.45kg/ps
トルクウエイトレシオ19.7kg/kgf・m
パワー円レシオ10,405円/PS

【日本のメーカー】B-KING スズキ【スズキのかっこいい大型バイク】


ベース車両がハヤブサなので最高速はハヤブサの最高速からもってきていますが、実際はB-KINGでは空気抵抗諸々あるのでこんなにでません。ハヤブサリスペクトでこの数字にしています。



価格1580000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1340cc
車両重量239kg
始動方法セル
最大出力183PS
最大トルク13.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1525mm
キャスター角25°30 ‘
全長×全幅×全高(mm)2245×800×1085
シート高805mm
燃料タンク容量16.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費15km/ℓ
実燃費での航続可能距離247.5km
最高速312km/h
パワーウエイトレシオ1.30kg/ps
トルクウエイトレシオ17.7kg/kgf・m
パワー円レシオ8,633円/PS

【日本のメーカー】BANDIT1200【スズキのかっこいい大型バイク】


エンジンの冷却フィンが細かいのがカッコいいのでBANDIT1200をみかけた際はエンジンに注目してみてください。珍しい油冷のバイクです。

価格828000円
エンジン油冷直列4気筒
排気量1156cc
車両重量238kg
始動方法セル
最大出力100PS
最大トルク7.4kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1480mm
キャスター角25°20 ‘
全長×全幅×全高(mm)2130×790×1095
シート高770mm
燃料タンク容量20ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費26.5km/ℓ
実燃費16km/ℓ
実燃費での航続可能距離320km
最高速258km/h
パワーウエイトレシオ2.38kg/ps
トルクウエイトレシオ32.1kg/kgf・m
パワー円レシオ8,280円/PS

【日本のメーカー】GSX1400【スズキのかっこいい大型バイク】


バンディッド1200の後継がGSX1400です。最後の油冷です。なんだか寂しいですが最後の油冷。最大排気量で出したネイキッドが売れなかったので油冷終了になりました。

最強ネイキッドの呼び声も高いです。

価格998000円
エンジン油冷直列4気筒
排気量1401cc
車両重量253kg
始動方法セル
最大出力100PS
最大トルク12.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1520mm
キャスター角26°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2160×810×1140
シート高775mm
燃料タンク容量22ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費28km/ℓ
実燃費15km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km
最高速222km/h
パワーウエイトレシオ2.53kg/ps
トルクウエイトレシオ19.7kg/kgf・m
パワー円レシオ9,980円/PS

【日本のメーカー】GSX-R600【スズキのかっこいい大型バイク】


年式によってはGSX-R1000をベース車両にしていることもありますが、基本的にはGSX-R750をベースにしています。

GSX-R600は海外モデルなので北米で特に人気です。

価格1425600円
エンジン水冷直列4気筒
排気量599cc
車両重量187kg
最大出力125.8PS
最大トルク7.09kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1385mm
キャスター角23゚45′
全長×全幅×全高(mm)2030×710×1135
シート高810mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離289km
最高速280km/h
パワーウエイトレシオ1.48kg/ps
トルクウエイトレシオ26.3kg/kgf・m
パワー円レシオ11,332円/PS

【日本のメーカー】GSX-R750【スズキのかっこいい大型バイク】


初代発売は1985年と古く、様々なモデルチェンジを経て現在に至ります。これは比較的入れ替わりの激しいスズキの車種の中で、最も長く続いているモデルになります。

GSX-Rシリーズはさまざまな排気量で展開されていますが、750が、ナナハンがその中心になっています。

価格1544400円
エンジン水冷直列4気筒
排気量749cc
車両重量190kg
最大出力149PS
最大トルク8.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1390mm
キャスター角23゚45′
全長×全幅×全高(mm)2030×710×1135
シート高810mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離323km
最高速299km/h(メーター限界)
パワーウエイトレシオ1.27kg/ps
トルクウエイトレシオ21.5kg/kgf・m
パワー円レシオ10,365円/PS

【日本のメーカー】GSX-R1000【スズキのかっこいい大型バイク】


スズキのバイクの中で最も長く続いているGSX-R750、その技術の蓄積を、ノウハウを注ぎ込んで開発されたGSX-R1000は発売当初から「サーキットで速いバイク」でした。

ロングストロークのエンジンのため、CBR1000RR同様、比較的ツーリングでも使いやすい特性を持っています。


価格2156000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量999cc
車両重量203kg
最大出力197PS
最大トルク11.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1420mm
キャスター角23°20′
全長×全幅×全高(mm)2075×705×
1145
シート高825mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費22.1km/L
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離256km
最高速287km/h
パワーウエイトレシオ1.03kg/ps
トルクウエイトレシオ17.0kg/kgf・m
パワー円レシオ10,944円/PS

【日本のメーカー】GSX-S1000F【スズキのかっこいい大型バイク】


GSX-R1000をベースにしているので性能はとても高いです。

GSX-R1000をツーリングユースに調整したような仕様なのでツーリンガーには超絶おすすめ。

「SSをネイキッド化しました!」という車種は「風圧に耐えきれないだろ・・・」と思いますが、カウルがついていて、ポジションはネイキッドに近いGSX-S1000Fのようなバイクはツーリング趣味バイクとしては最上位に位置するくらいおすすめです。性能が高くて軽く、防風性能(=高速道路走行性能)がとても高いという意味で。


価格1207800円
エンジン水冷直列4気筒
排気量998cc
車両重量214kg
最大出力148PS
最大トルク10.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角25°00’
全長×全幅×全高(mm)2115×795×1180
シート高810mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費23.8km/L
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離323km
最高速230km/h
パワーウエイトレシオ1.44kg/ps
トルクウエイトレシオ19.6kg/kgf・m
パワー円レシオ8,160円/PS

【日本のメーカー】ハヤブサ【スズキのかっこいい大型バイク】


説明不要ですね。ZX-14Rとメガスポーツの二大巨塔です。ZX-14Rとは違ってZZRたらRやら気にしなくていいのが良いです。

ハヤブサに乗った人は「エンジンかけないとめちゃ重いけど、エンジンかけて走り出すとめちゃ軽い」と言います。

ネーミングの由来は300km/hで飛行するハヤブサから。ハヤブサと同じ速度で走れるハヤブサより、ハヤブサと同じ速度で飛べるハヤブサの方がすごい感じがしますね・・・。

価格1540000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1340cc
車両重量266kg
最大出力197PS
最大トルク15.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1480mm
キャスター角23°25′
全長×全幅×全高(mm)2190×735×1165
シート高805mm
燃料タンク容量21L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離357km
最高速311km/h)
パワーウエイトレシオ1.35kg/ps
トルクウエイトレシオ16.8kg/kgf・m
パワー円レシオ7,817円/PS

【日本のメーカー】BANDIT1250F【スズキのかっこいい大型バイク】


BANDIT1250のフルカウルバージョンがBANDIT1250Fです。もともとネイキッドとして乗りやすいことで定評のあったバイクから派生したもでるなのでツアラーとしても優秀。

価格1070000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量1254cc
車両重量256kg
最大出力100PS
最大トルク10.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1480mm
キャスター角25°20’
全長×全幅×全高(mm)2130×790×1245
シート高790mm
燃料タンク容量19L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費27.0km/L
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離342km
最高速238km/h
パワーウエイトレシオ2.56kg/ps
トルクウエイトレシオ23.4kg/kgf・m
パワー円レシオ10,700円/PS

【日本のメーカー】スカイウェイブ650【スズキのかっこいい大型バイク】


発売当時は世界最大のスクーターで、AT限定大型二輪免許の「650ccまで」という排気量制限の根拠になったバイクです。現在ではもっと大きな排気量のATバイクが発売されているので排気量制限はなくなり、「無制限」になっています。

スクーター界のゴールドウイングのような立ち位置の堂々としたバイクです。

価格1144800円
メットイン容量50ℓ
エンジン水冷並列2気筒
排気量638cc
車両重量281kg
最大出力53PS
最大トルク5.9kgf・m
ホイールベース1585mm
キャスター角25°25
全長×全幅×全高(mm)2265×810×1420
シート高760mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費28.7km/L
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離285km
最高速187km/h
パワーウエイトレシオ5.30kg/ps
トルクウエイトレシオ47.6kg/kgf・m
パワー円レシオ21,600円/PS

【日本のメーカー】ブルーバードM109R【スズキのかっこいい大型バイク】



海外向けのクルーザーですがカッコいいので紹介します。

Vツインで排気量1783CCとお前どうした大丈夫か仕様です。当時ガソリンエンジンのバイクでは世界最大排気量を誇っていました。跨っただけでお尻がふっとんでいきそうな振動を感じられることうけあいです。

倒立フォークを履いていたり、ラジアルマウントキャリパーだったりとクルーザーとは思えない足回りをもっていました。

前からは目つきの悪いヘッドライトが睨みを効かせ、サイドからは巨大なエンジンが丸みえ、後ろは極太タイヤと全方位モンスターバイクの楽しい車種です。


海外でハーレーとは全く別の進化を遂げたアメリカン、というよりもクルーザーバイクはハーレーでも道を開けるレベルのモンスターっぷりです。


たまに頭おかしくなるスズキのいい面が全面にでたとても興味深いクルーザーです。希少車なので見かけたら買っておいてください。

新車価格1825200円
エンジンV型2気筒
排気量1783cc
車両重量347kg
始動方法セル
最大出力125PS
最大トルク16.3kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1710mm
キャスター角31゚15’°
全長×全幅×全高(mm)2480×875×1130
シート高(mm)705mm
燃料タンク容量19.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費記載なし
実燃費17km/ℓ
実燃費での航続可能距離331km
最高速不明
パワーウエイトレシオ2.77kg/ps
トルクウエイトレシオ21.2kg/kgf・m
パワー円レシオ14,601円/PS

【日本のメーカー】Vストローム650【スズキのかっこいい大型バイク】


ベースエンジンはSV650なのでVツインエンジンを積んでいます。

元々は海外モデルでしたが日本でもアドベンチャー人気に合わせて日本国内でも販売されるようになりました。

こちらもトレーサー色が強く、アドベンチャーとしてオンもオフも・・・というよりはオンロードロングツーリングに適したツアラー的立ち位置のバイクです。

スズキらしいお顔が素敵です。

価格924000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量645cc
車両重量212kg
最大出力69PS
最大トルク6.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1560mm
キャスター角26°00′
全長×全幅×全高(mm)2275×835×1405
シート高835mm
燃料タンク容量20L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費35.5km/L
実燃費26km/L
実燃費での航続可能距離520km
最高速204km/h
パワーウエイトレシオ3.07kg/ps
トルクウエイトレシオ34.1kg/kgf・m
パワー円レシオ13,391円/PS

【日本のメーカー】Vストローム1000【スズキのかっこいい大型バイク】


これもトレーサーですね。ここまでくるとトレーサー用の記事を書いたほうがいいような気もしますが、最近車種紹介の記事ばかり書いていてうんざりしているのでこのままアドベンチャーの記事にねじ込んでいきます。

250、650ときて1000ccで完結するVストロームシリーズの長兄です。実際は650のあとに1000がでて最後に250なので次男です。

販売直後は誰もが(?)「風」を意味する「Vストーム」だと思っていました。「Vツインの風」で素敵ですよね。

実際はSTROMはドイツ語で「流れ」「電流」「大河」という意味で、「V」はまさかの「Versatile(英語)」で「多目的」という意味。つまり「多目的な流れ」的な意味です。造語です。キラキラネームです。違うか。

価格1404000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量1036cc
車両重量232kg
最大出力99PS
最大トルク10.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1555mm
キャスター角25°30′
全長×全幅×全高(mm)2280×930×1470
シート高850mm
燃料タンク容量20L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費32.1km/L
実燃費23km/L
実燃費での航続可能距離460km
最高速219km/h
パワーウエイトレシオ2.34kg/ps
トルクウエイトレシオ22.7kg/kgf・m
パワー円レシオ14,181円/PS

【日本のメーカー】Vストローム1050 スズキ【スズキのかっこいい大型バイク】


Vストローム1000の後継です。1050表記ですが排気量は同じ1036です。切り捨てか四捨五入。五入しているのに目が四角。

Vストローム1050XTというモデルにはセンタースタンドや電源ソケットなどが装備されています。

価格1430000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量1036cc
車両重量236kg
最大出力106PS
最大トルク10.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1555mm
キャスター角25°40′
全長×全幅×全高(mm)2265×870×1515
シート高855mm
燃料タンク容量20L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費29.2km/L
実燃費20km/L
※WMTCモード値より
実燃費での航続可能距離400km
最高速不明
パワーウエイトレシオ2.22kg/ps
トルクウエイトレシオ23.3kg/kgf・m
パワー円レシオ13,490円/PS

まとめ


いかがでしたでしょうか。

途中で気がついた方も多いと思いますが、実は現在現実的に手に入れられる日本メーカーの大型バイクをすべて紹介しました。

僕はすべてのバイクをかっこいいと思っているので「僕の主観でかっこいいバイクを選びました!」ということができません。

バイク太郎
バイク太郎

(綺麗事言ってはるわぁ・・・)


僕が世界で1番かっこいいと思っているのは現在の愛車ですし、あなたの将来の愛車は世界一かっこいいバイクです。

自分の感覚を信じて、最高の1台を見つけてくださいね!
以上、自分のためにバイクに乗っているオコモトでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました