> え!?250ccでカフェレーサーを!?クラブマン以外でもできらぁ!!おすすめのベース車とカスタムポイント | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

え!?250ccでカフェレーサーを!?クラブマン以外でもできらぁ!!おすすめのベース車とカスタムポイント

え!?250ccでカフェレーサーを!?クラブマン以外でもできらぁ!!おすすめのベース車とカスタムポイント バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!




この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • カフェレーサーがかっこよくて仕方がない
  • 250ccのバイクでゴリゴリのカフェレーサーを作りたい
  • クラブマンは古すぎるので違うベース車両を知りたい


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • カフェレーサーとは?
  • カフェレーサーカスタムのポイントや定番パーツ
  • カフェレーサーを250ccバイクで作るメリット
  • 250ccカフェレーサーベース車両におすすめのバイク
  • 排気量帯を1つ上げるだけでレジェンドSR400がいるという事実
  • タイプ別、カフェレーサーにおすすめの服装


ということについて解説していきます。


カフェレーサーとは?

カフェレーサーとは?エースカフェロンドンの写真
今でもバイク乗りが集うエースカフェロンドン

カフェレーサーとはバイクのカスタムジャンルの1つ。都会的でモダンなスタイルが特徴です。

カフェレーサーの発祥は古く、1960年代のイギリスに遡ります。
イギリスのロック好きのライダーたちがACE CAFEに集まり、バイク談義や公道レースを楽しんでいたところからカフェレーサーの文化はスタートします。

「カフェに集まってレースをしていたからカフェレーサー」ということ。

1960年代は現代のスーパースポーツ的なポジションでしたが、1970年代に入り本格的なレーサーレプリカが登場したことによってカフェレーサーの「レーサー」の部分は実としてのカフェレーサーから切り離され、現代のスーパースポーツに引き継がれています。

カフェレーサー自体は文化やファッションとして残り、現在もとても人気の高いカスタムジャンルとして君臨しています。

カフェレーサーカスタムの代表的なものに

カフェレーサーの定番カスタム
  • 低いハンドル(コンチネンタル、スワロー、セパレートなど)
  • シングルシート
  • ロケットカウル
  • フェンダーレス

などがあります。もう少しマニアックにあると長いガソリンタンク、エアクリナーのないキャブレーター、スミスのメーターなどがあります。

okomoto

カフェレーサーについて詳しくは下の記事で深堀りしています。

okoko

と言いつつその記事は鋭意執筆中!!書き終えたらリンク張る感じです。

カフェレーサーカスタムのポイント

カフェレーサーカスタムのポイント


バイクのカスタムは自由に行うものですが、カフェレーサーというくくりの中で行う場合は

カフェレーサーカスタムのポイント
  • より低く
  • より水平に
  • より軽量に
  • より速く


という4つのポイントを抑えるとうまくいくことが多いです。

それぞれ簡単に解説します。

①より低く

より低いほうがカフェ「レーサー」感を演出できます。高い位置にあるハンドルやミラーを変更することで低さを表現します。セパハン、バックステップを使うことによって、乗車時のライダーも低くすることができます。

高さの低いタンクを使用することも有効な方法です。タンク容量を稼ぎ、着座位置を工法にしてライダーの低さを出すために「低く長いタンク」を選ぶことも多いです。

②より水平に

タンクの下面とフレームのラインや、ヘッドライトとテールランプを結んだラインが水平になるように意識するとシンプルですっきりした見た目になります。

ただし、マフラーの角度はバンク角を稼ぐ必要があるので水平にこだわる必要はありません。

③より軽量に


ウインカーやライト類などを小さくし、シート下のスペースをすかすかにするなどして車体をより軽く見せるのがポイント。

余計なものを削ぎ落としていく・・・という方向に考えると良いです。

④より速く


先述の通り、カフェレーサーは「文化」として息づいているものなので実際に速いかどうかはそれほど問題ではありません。その路線はスーパースポーツに引き継がれています。

カスタムとしてのカフェレーサーは「速そうに見える」というだけで十分です。セパハン、バッグステップ、軽さなどで速さを演出する他、シートをシングルシートなど一人乗り用に変えることも有効な手段です。
レーサーはタンデムをしたり荷物を積んだりしないためです。

okoko

ロケットカウルをつけるのも「速さ」を演出するためなのね!?


ちなみにロケットカウルをつけることをカフェレーサーの定義としている方もいますが、公道レースで使われていたということを考えると「高速域での空気抵抗」よりも「軽量化による低速域の扱いやすさ」の方が重要視されていたはずなのでロケットカウルは必ずしも必要ではないと思います。

とはいえ、ロケットカウルを付けたほうが速そうに感じたり、見た目が気に入っているのであればつけるようにしましょう。

okomoto

個人的にカウルはないほうが好きです。

カフェレーサーを250ccバイクで作るメリット

カフェレーサーを250ccバイクで作るメリット


一般的に大型バイクで行われることが多いカフェレーサーカスタムですが、ここまでの解説でわかる通り、カフェレーサーカスタムは「車検に通るか難しくなるカスタム」を行うことが多いです。

その点250ccは車検がないので車検のことを気にせずにカスタムを行うことができます。

昔乗ってたおじいちゃん

車検適合方向でカスタムするのは当然じゃが、「通るだろうけど実際に通るかちょっと不安」という心配をしなくて済むということじゃよ。

バイク次郎

車検が必要なバイクをカフェ化している人は「車検のときだけノーマルに戻す」なんて人も多いからね・・・

okomoto

車検がないとはいえ、整備不良でお巡りさんに捕まることがあるので車検適合のパーツを使って合法カスタムを楽しみましょう!


車検代もかからず、パーツ代も比較的安いので浮いた費用をカスタム代に回す・・・という解釈をすればカスタムを加速することもできるかもしれません。

250ccカフェレーサーベース車両におすすめのバイク

250ccカフェレーサーベース車両におすすめのバイク


250ccバイクの中でカフェレーサーカスタムに向いているもの、実際にカフェレーサーカスタムをされているものを紹介していきます。

カフェレーサーのベース車に向いている250ccのバイク
  • CB250R ホンダ
  • VTR250 ホンダ
  • GB250クラブマン ホンダ
  • SRV250 ヤマハ
  • ルネッサ ヤマハ
  • エストレア カワサキ
  • 250TR カワサキ
  • ST250  スズキ
  • ボルティ スズキ

CB250R ホンダ【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】


フレームとタンク形状から水平を意識することは難しいですが、かなりかっこいいネオレトロなカフェレーサーに仕上げることができます。

  • CBR600RRに使われたフロントフォーク改良した倒立フォーク
  • ラジアルマウント対向4POTキャリパー
  • スイングアームはまさかのガルアーム
  • シート下に吸気系を持ってくるなど、常識を覆す思い切ったマスの集中化
  • CB150Rベースなので超軽量な142kgの車体に搭載された単気筒エンジン
  • ラジアルタイヤ


という仕様からコーナリング性能の高さが伺えます。

個人的にはCBR250RRよりもコーナリング性能は優れていると思っています。ホンダの現行250クラスではもっとも面白いバイクです。

価格564300円
エンジン水冷単気筒
排気量249cc
車両重量144kg
始動方法セル
最大出力27PS
最大トルク2.3kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1355mm
キャスター角24°44 ‘
全長×全幅×全高(mm)2020×805×1045
シート高795mm
燃料タンク容量10ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費44.5km/ℓ国土交通省届出値
実燃費33km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km
最高速145km/h
パワーウエイトレシオ5.33kg/ps
トルクウエイトレシオ62.6kg/kgf・m
パワー円レシオ20,900円/PS

VTR250 ホンダ 【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】


VTRもフレームとタンクの形状から水平を作ることはできませんがカフェレーサーのカスタムベースとして人気です。


1982年に発売されたVT250Fをご先祖にもつバイク。1997年にVTRという名前になり、マイナーチェンジを繰り返して20年後の2017年生産終了になりました。

  • 取り回しのしやすさ
  • 振動が少なく疲れにくい
  • 燃費がいい
  • 維持費が高くない
  • 最低限の整備で30万km走る丈夫さ


という特徴を持ち、トルクもあるホンダの成熟したV2エンジンは特に初心者の方におすすめできます。

価格598320円
エンジン水冷V型2気筒
排気量249cc
車両重量160kg
始動方法セル
最大出力30PS
最大トルク2.2kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1405mm
キャスター角25°30 ‘
全長×全幅×全高(mm)2080×725×1055
シート高755mm
燃料タンク容量12ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40km /ℓ
実燃費28km /ℓ
実燃費での航続可能距離336km
最高速156km/h
パワーウエイトレシオ5.3kg/ps
トルクウエイトレシオ72.7kg/kgf・m
パワー円レシオ19,944円/PS

GB250クラブマン ホンダ【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】



400ccカフェレーサーは間違いなくSR400ですが、250ccカフェレーサーといえばGB250クラブマン。

かなり古い車種ですが、人気が高いので紹介します。

クラブマンとは「アマチュアレーサー」という意味でレース車両のことを指しています。

レーサーレプリカ全盛の1983年に発売されましたが、当然、当時のバイク乗り全員がレーサーレプリカに熱狂していたわけではないので「それ以外のライダー」の熱い支持を受け13年間も販売される車種になりました。

クラシックバイクにも関わらず、馬力は現代のスポーツバイクよりも高い場合もあるエンジンを積んでいます。

価格448000円
エンジン空冷単気筒
排気量249cc
車両重量146kg
最大出力30PS
最大トルク2.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1355mm
キャスター角27°00′
全長×全幅×全高(mm)2090×685×1035
シート高755mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費52.2km/L
実燃費31km/L
実燃費での航続可能距離465km
最高速145km/h
パワーウエイトレシオ4.86kg/ps
トルクウエイトレシオ58.4kg/kgf・m
パワー円レシオ14,933円/PS

SRV250 ヤマハ【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】


こちらも昔のバイクですが「250ccVツインのSR」っぽいので紹介します。

ヤマハの250ccアメリカン「ビラーゴ」と共通のエンジンを載せていて、ヤマハはSRV250の方が売れると考えていたようですがビラーゴの方が売れました。

ルネッサの前のモデルです。


価格449000円
エンジン空冷V型2気筒
排気量248cc
車両重量156kg
最大出力27PS
最大トルク2.5kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1390mm
キャスター角24°25′
全長×全幅×全高(mm)2095×720×1105
シート高770mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費56.0km/L
実燃費29km/L
実燃費での航続可能距離377km
最高速140km/h
パワーウエイトレシオ5.77kg/ps
トルクウエイトレシオ62.4kg/kgf・m
パワー円レシオ16,629円/PS

ルネッサ ヤマハ【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】


SRV250の後継車種ですがそれでもかなり古いバイクです。

SRV250と設計の基本思想は変わりませんが、少々高級感を削いで価格を抑えています。当時はVツインスポーツが敬遠されていたのかこちらもそれほど人気が出ずに終わりました。

今250ccクラスに投入すれば間違いなく人気車種になれると思います。

価格399000円
エンジン空冷V型2気筒
排気量248cc
車両重量152kg
最大出力27PS
最大トルク2.5kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1390mm
キャスター角24°25′
全長×全幅×全高(mm)2060×685×1050
シート高770mm
燃料タンク容量11L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費56.0km/L
実燃費36km/L
実燃費での航続可能距離396km
最高速130km/h
パワーウエイトレシオ5.62kg/ps
トルクウエイトレシオ60.8kg/kgf・m
パワー円レシオ14,777円/PS

エストレア カワサキ【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】


クラシック中型バイクは400ccのSR、250ccのエストレアと考える方も多いと思います。

1950年発売のメグロジュニアシリーズのオマージュなので「クラシックタイプど真ん中」と考えることもできます。

そのスタイルと足つきの良さから女性ライダーに特に人気です。ちなみに海外で販売されるときは「W250」という名前です。日本で売るときもこの名前だったらもっと人気が出たのでは?

ちなみに ESTRELLAはスペイン語で「星」という意味です。なんのこっちゃ?

価格518700円
エンジン空冷単気筒
排気量249cc
車両重量161kg
最大出力18PS
最大トルク1.8kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1410mm
キャスター角27°00′
全長×全幅×全高(mm)2075×755×1055
シート高735mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費39.0km/L
実燃費29km/L
実燃費での航続可能距離377km
最高速126km/h
パワーウエイトレシオ8.94kg/ps
トルクウエイトレシオ89.4kg/kgf・m
パワー円レシオ28,816円/PS

250TR カワサキ【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】


スクランブラーやトラッカーのようでもありますし(というか名前がトラッカー)、僕はFTRやTWのようなストリート系という認識が強いですがここでエストレアと同じエンジンを積んでいるのでここで紹介します。

1970年に発売された250TRバイソンというカワサキのバイクを模しています。このバイクは2ストロークでバリバリ走れるデュアルパーパスモデルでした。

価格388000円
エンジン空冷単気筒
排気量249cc
車両重量146kg
最大出力19PS
最大トルク1.84kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1420mm
キャスター角28°
全長×全幅×全高(mm)2100×870×1095
シート高775mm
燃料タンク容量6.6L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費41.0km/L
実燃費28km/L
実燃費での航続可能距離184.8km
最高速131km/h
パワーウエイトレシオ7.68kg/ps
トルクウエイトレシオ79.3kg/kgf・m
パワー円レシオ20,421円/PS

ボルティ スズキ【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】


本体価格が異常に安いだけでなく、価格とは相反する質感とカスタムベースとしての優秀さ、そして車両重量が軽く扱いやすいということで人気がでました。

「安価」「カスタムベース」「軽さ」という3つを備えているということは買いやすくて、カスタムの楽しさも味わいやすく、操作する楽しみも味わえるということなので、初心者の方が最初に乗るには最高のバイクだと思います。

価格298000円
エンジン空冷単気筒
排気量249cc
車両重量139kg
最大出力20PS
最大トルク2.1kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1325mm
キャスター角28°25′
全長×全幅×全高(mm)2005×770×1075
シート高750mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費54.5km/L
実燃費30km/L
実燃費での航続可能距離360km
最高速122km/h
パワーウエイトレシオ6.95kg/ps
トルクウエイトレシオ66.1kg/kgf・m
パワー円レシオ14,900円/PS

ST250  スズキ【カフェレーサーベースにおすすめの250ccバイク】


ボルティの後継車種。

価格349000円
エンジン空冷単気筒
排気量249cc
車両重量146kg
最大出力19PS
最大トルク2.1kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1375mm
キャスター角25°55′
全長×全幅×全高(mm)2070×750×1075
シート高770mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費48.0km/L
実燃費32km/L
実燃費での航続可能距離384km
最高速122km/h
パワーウエイトレシオ7.68kg/ps
トルクウエイトレシオ69.5kg/kgf・m
パワー円レシオ18,368円/PS

排気量帯を1つ上げるだけでレジェンドSR400がいるという事実

排気量帯を1つ上げるだけでレジェンドSR400がいるという事実


ここまで解説してきて大変恐縮ですが、フレーム形状などまで含めると伝統的なカフェレーサーらしいカフェレーサーを作れるバイクはGB250クラブマンだけです。

しかしGB250クラブマン1997年に生産終了になったモデル。これから乗るには少々古すぎます。

もしも250ccという排気量に特別こだわりがないのであれば排気量帯を1つ上げてレジェンドSR400でゴリゴリのカフェレーサーを作ることも視野にいれると良いです。

「車検にお金をかけたくない」という方は、車検代に対し新しい解釈を与えてあげるとうまくいくと思います。新しい解釈は下の記事を読んでみて下さい。

タイプ別、カフェレーサーにおすすめの服装

カフェレーサーに似合うおすすめの服装で仕上げ!


カフェレーサーカスタムを行う方はおしゃれな方が多いと思うので、余計なお世話かもしれませんがおすすめの服装も紹介しておきます。

まだ服装のことを考えていなかった方は参考にしてみて下さい。


かっこいいカフェレーサーが完成したらバイクに合う装備を揃える必要があります。

あなたのバイクライフスタイルに合わせて

カフェレーサースタイル
  • 「カフェ」レーサー
  • カフェ「レーサー」
  • ツーリンガー


それぞれのスタイルに応じた装備を解説します。

カフェ寄りのカフェレーサー乗りのおすすめの服装

カフェ寄りのカフェレーサー乗りのおすすめの服装


カフェレーサーにはジェットヘルメットも似合いますが、安全性を考えればフルフェイスがおすすめです。ショウエイのEX-ZEROはカフェレーサーの雰囲気を崩さずに安全性を手に入れることができるヘルメットとしてとてもおすすめです。




カフェレーサーはロック好きのバイク乗りが起源なのでサイドにベルトがあるライダースジャケット「ロンジャン」が正装になるかと思います。

Lewis Leathers、666 Leather Wear、JAMES GROSEあたりのロンジャンを着て適当なカフェに行けばそこはもうエースカフェ。


パンツはもちろんPepe Jeans LONDONですよね。


安全のためにインナープロテクターの装着を推奨します。詳しくは下の記事でを参考にしてください。


グローブポール・スミスのレザーグローブです。パンチングレザーもあるので快適に使用することができますね。


ブーツルイスレザーのエンジニアブーツがいいかと思います。エンジニアブーツの起源は馬に乗るためのブーツなのでライディングブーツのご先祖様を解釈することができます。

209 ATLANTIC BOOTS辺りが最高に洒落ていますがネット通販では買えないようなので探してみてください。

okoko

ばっちりキマってるけど、絶対にコーヒーこぼせないナイスな装備ばかりね・・・

okomoto

バイクにおしゃれを持ち込む方はこれくらいのこだわりがないとね!!!

okomoto

カフェレーサーの服装について詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

okoko

と言いつつその記事は鋭意執筆中!!書き終えたらリンク張る感じです。

レーサー寄りのカフェレーサー乗りのおすすめの服装

レーサー寄りのカフェレーサー乗りのおすすめの服装


レーサー寄りでカフェレーサーを楽しむのであれば

レーサーとしてカフェレーサーを楽しむ装備
  • フルフェイスヘルメット
  • レザースーツ
  • レーシンググローブ
  • レーシングブーツ


の4点セット、一般的なバイク装備ですね。

バイク次郎

いやいやこの装備にする人はそもそもSS乗るよね・・・

ツーリングメインのカフェレーサー乗りのおすすめの服装

ツーリングメインのカフェレーサー乗りのおすすめの服装


ツーリング先のカフェをエースカフェにできる装備がこちらです。もっとも一般的な「ツーリングでカフェレーサー乗ってるよね」的な装備かと思います。

メリケン太郎

What a safe equipment! wonderful!

まとめ


いかがでしたでしょうか。

みんな大好きカフェレーサーについて250ccバイクの中でカスタムベースとして優れているものを解説しました。

ゴリゴリのカフェレーサーを作るには不向きな車種が多いですが、そこをなんとかするのがカスタムの醍醐味であり、なんともできてしまうのが250ccという排気量の強みでもあります。

この記事があなたの車種選びのなにかの参考になったのであれば嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました