> レーサーレプリカとは?バイク乗るなら知っておきたい250cc,400ccの車種 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

レーサーレプリカとは?バイク乗るなら知っておきたい250cc,400ccの車種

バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • レーサーレプリカのバイクに乗ってみたい!
  • レーサーレプリカがどんなジャンルなのか知りたい!


という方ではないでしょうか。

そんなあなたのためにこの記事ではレーサーレプリカバイクを排気量ごとに紹介していきます。

レーサーレプリカタイプのバイクの車種について網羅的に知りたい方はこの記事を読んでみてください。

各排気量の車種の詳細はリンクを貼ってある詳細記事で解説していますので興味がある排気量の記事に移動してください。

レーサーレプリカ【バイクの種類や形、特徴】

VFR400R

川の上のレーサーレプリカ。

レーサーレプリカのバイクの種類としての位置【バイクの種類や形、特徴】

レーサーレプリカのバイクの種類としての位置


オンロードモデルのスポーツ走行を楽しむバイクの中の「レーサーレプリカ」。

80年~90年代のスポーツタイプの車種を指すことが多い。競技車両を模さないスーパースポーツに近いがレーサーレプリカは「競技車両を模したもの」。

「レーレプ」「レプリカ」とも呼ばれる。


先に競技車両が存在し、それを模した市販車がレーサーレプリカ。競技用の車両からの技術のフィードバックによって改良されていく。

「先に競技車両があればレーサーレプリカ」「先に競技車両がなければスーパースポーツ」。スーパースポーツと同じで、乗りこなすには高い技術が求められる。

スポーツタイプのバイクはスーパースポーツといえないこともないですが、設計思想やターゲット層が真逆なため、このブログでは両者を分けて考えています。

250ccのスポーツバイクはスーパースポーツではないのか論の深堀

250ccのスポーツバイクはスーパースポーツではないのか論の深堀


スーパースポーツは「レーサー(競技車両)を模していないハイスペックスポーツバイク」です。

「ハイスペック」という表現は曖昧ですが、少なくとも「レーサーを模していない」という点で250~400ccのスポーツバイクは「スーパースポーツ」と言っても良いジャンルです。

しかし、歴史的にみると

スーパースポーツの歴史
  • 2ストローク250ccバイクを中心にしたレーサーサプリかブームが起きる
  • 2ストロークが規制により絶滅する
  • 2ストローク250ccバイクと同程度のスペックを持つ4ストローク600ccのバイク(ミドルSS)がレーサーレプリカに乗っていた層の受け皿となる
  • レーサーレプリカのスペック史上主義を600cc以上のスーパースポーツが受け継ぐ


という流れがあるので「レーサーレプリカ≒大型スーパースポーツ≠小型スポーツバイク」という図式になるかと思います。

レーサーレプリカや大型SSは楽しく運転をするのに高い技術が必要とされますが、小型スポーツバイクは初心者でも楽しく乗ることができます。


初心者の方がいきなりリッターSSに乗ると楽しくないだけでなく、とても危険です。一方で小排気量のスポーツバイクはむしろバイクの楽しさを教えてくれる初心者向けに設計されているバイクです。



このように「似たようなジャンルだけれど、特性や設計思想が全く違う」のでこのブログでは「400ccまでのスポーツタイプ」をスーパースポーツとして扱わないようにしています。

okomoto

初心者の方にR25は超おすすめできますが、R1は絶対におすすめできないので・・・。「同じでもいいけど、初心者の方に誤解を生まないようにするには分けた方がいい」という感じです。

バイク三郎

排気量の尊卑を言っているわけじゃないから誤解しないでね・・・

レーサーレプリカの特徴【バイクの種類や形、特徴】

レーサーレプリカの特徴【バイクの種類や形、特徴】


スポーツタイプと同排気量帯だがスペックが高い

250cc2ストロークが衰退、絶滅し、大排気量の4ストロークスーパースポーツに移行していったのでスーパースポーツのようにセパハン、バックステップを持つため乗車姿勢が窮屈。

そういった意味ではスーパースポーツの先輩的立場とも言える。

4ストローク車の多くが四気筒。250ccの四気筒も珍しくない。


バイク太郎

現代のスポーツモデルよりもレーサーレプリカの方が思想としては全然SSに近いよ。

okomoto

性能的にはSSの方が全然上です。

昔乗ってたおじいちゃん

最新のスポーツタイプより古いレプリカの方が性能は上じゃよ。すべては排ガス規制がいけないんじゃ!

レーサーレプリカのメリット
  • バブル期に作られているので豪華な装備が多い
  • 「昔乗ってた元お兄さんお姉さん」のナンパされる
  • 回るエンジンで峠をシバキ倒せる
  • 現行車にはない独特の迫力がある
  • バイク好きに見られる
レーサーレプリカのデメリット
  • パーツが少ないので維持が困難
  • バイク詳しくない人からするとただのボロいバイクに乗っている人になる
  • 中古でしか手に入らない

250ccレーサーレプリカの車種

250ccレーサーレプリカの車種
  • NSR250R ホンダ
  • TZR250  ヤマハ
  • RGV 250Γ  スズキ
  • CBR250RR ホンダ
  • FZR250R ヤマハ
  • GSX-R250R スズキ
  • ZXR250 カワサキ


250ccのバイクはそれ以下の排気量のバイク、それ以下の排気量のバイクと比べてメリットが多いので、「バイク趣味を始めよう」と考えている方にもっともおすすめできるバイクです。


「非力」と言われますが、それは「非常識な運転」をする場合に限ってのことです。常識的な運転であれば必要十分。初心者の方にはバイクの楽しさを教え、ベテランの人には操る楽しさを思い出させてくれる良き排気量です。


また、車検がなので維持費が安くなるということだけでなく、車検を意識したカスタムを心がける必要がなく、「カリカリカスタムバイク」に仕上げられます。


okomoto

良いか悪いかは1回置いておいて・・・

バイク太郎

高速道路も乗れるから、125ccよりもツーリングの範囲が何倍にも広がるよ!

400ccレーサーレプリカの車種

400ccレーサーレプリカの車種
  • CBR400RR ホンダ
  • VFR400R ホンダ
  • RVF400 ホンダ
  • FZR400RR ヤマハ
  • GSX-400R スズキ
  • ZXR400 カワサキ


普通自動二輪免許で乗れる最大の排気量クラスが400ccです。

1つ下の排気量帯の250ccクラスとは150ccの差しかありませんが、「体感できる性能差」としては600ccと1000ccの差よりも大きいと思います。

バイク太郎

600ccと1000ccだとどっちも凄すぎるから体感できる性能差は250と400差より少なく感じるよ。

okomoto

これは僕がバイク下手くそなせいであって、上手な人はダイレクトに感じられるんだと思います。



車検があるので維持費は大型バイクとほとんど変わらないので「中途半端」と言われることがありますが、日本の道路事情(起伏に富んだタイトなワインディングが多い)には最もマッチしている排気量だと思います。

日本の免許制度に合わせた独特な排気量ですが、最近は海外のレースカテゴリのおかげで、海外メーカーの車種も増えています。

逆に国内メーカーは車検がない250ccとハイパワーな大型バイクの間の400ccを「中途半端」と考えているのか、各メーカーあまり力を入れていないというのが現状です。

昔乗ってたおじいちゃん

教習所で大型二輪免許を取れるようになる前は「最も身近な最大排気量」だったから昔は一番力を入れていたんじゃがの。

okomoto

現代の400ccクラスはこだわりのあるライダーが「このバイクに乗りたい!」と強く思って乗る排気量帯ですね。

レーサーレプリカバイクの車種まとめ

スポーツバイクの車種まとめ


いかがでしたでしょうか。

簡単にではありますが、「バイク乗るならこの車種くらい知っておいたほうがいいよね」というレーサーレプリカのバイクを紹介してみました。

スペックなどが気になるスポーツバイクがあれば詳細記事で確認してみてください。


バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました