> バイクでマウントしてくる排気量マウントおじさんやその亜種は知見が狭い矮小な人間 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクでマウントしてくる排気量マウントおじさんやその亜種は知見が狭い矮小な人間

バイクでマウントしてくる排気量マウントおじさんやその亜種は知見が狭い矮小な人間 オコモト論
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は


こんな方向けの記事です
  • 大型バイク乗りに「そんな小さなバイクおもちゃだよ」
  • ブログ名が「大型バイクに乗ってこそ本当のライダーだ」
  • V4乗りに「単気筒なんて面白くないよ」
  • ハーレー乗りに「ハーレーはいいぞぅ」
okoko

って言われた・・・


もしくは

こんな方だったら別記事へ・・・
  • バイクにスマホをマウントする方法を検索してたら変なサイトに来ちゃった・・・


という方ではないでしょうか。後者の場合はあなたにぴったりの別記事に移動してください。転倒時にバイクをなくさずに、真夏のスマホ熱暴走を完全に防げる奇跡のスマホマウントホルダーを紹介しています。



この記事では

この記事でわかること
  • バイクでマウントを取ってくるライダーの心理
  • 排気量の違いによるバイクの楽しみ方の違い
  • バイクは100%好みで乗るもの
  • 排気量マウントおじさんへのパンチライン
  • 気筒数マウントおじさんへのパンチライン
  • ハーレーはいいぞおじさんへのパンチライン
  • そんな僕は「そんなのダメだぞおじさん」


ということを解説していきます。

バイクでマウントを取ってくるライダーの心理

バイクでマウントを取ってくるライダーの心理
バイクでマウントを取ってくる人はこんな人
  • 全てのことには序列があると信じている
  • 二極化思想が強い
  • 承認欲求が強い
  • 競争に負け続けてきた、もしくは逃げた
  • 自分に自信がない
  • 人生が上手くいっていない


それぞれ簡単に解説していきます。

全てのことには序列があると信じている【バイクの排気量マウントおじさんの心理】

全てのことには序列があると信じている【バイクの排気量マウントおじさんの心理】


「全ての物事には序列が存在し、人はその序列を気にしていて常に優位に立つように行動している」と考えています。

学歴、年収、車、家・・・果てはラーメンの食べ方まで、様々な分野で常に架空のランキングを作り、そのランキング上位を目指している方。「スクールカースト」という言葉を違和感なく受け入れられる種類の方です。

okomoto

「スクールカースト」という言葉を聞いたときは衝撃でしたね。そんなカースト抜ければいいのにね・・・

二極化思想が強い【バイクの排気量マウントおじさんの心理】

二極化思想が強い【バイクの排気量マウントおじさんの心理】


序列をつけるのとほとんど同じですが、物事を「勝ち」「負け」や「上」「下」と極端にランク分けしようとします。

バイク三郎

「すり合わせていい結論を出す」ではなく「言い負かす」ために議論する人いるよね。

承認欲求が強い【バイクの排気量マウントおじさんの心理】

承認欲求が強い【バイクの排気量マウントおじさんの心理】


限られた分野において、自分の中で個別にランク付けするのは自然なことです。例えば「ラーメンは大勝軒より二郎が好き」ということも「自分の中のランク付け」です。

しかし、マウントを取ってくる方々はそれを他者に押し付けます。

「このランキングだとあなたより僕の方が上位でしょ。」ということにして、あなたや周りのライダーに認められたいという欲求があります。

バイク太郎

こういう人は「好きな人ランキング」の一位が自分ではない人だよ。

自分に自信がない【バイクの排気量マウントおじさんの心理】

自分に自信がない【バイクの排気量マウントおじさんの心理】


「承認欲求が強い」ということは「承認されないと自分を確認できない」「自分自身で自分の価値を判断できない」ということです。

つまり「自分に自信がないので(どんな手段を使ってでも)周りに認めてもらって、それを自分の価値だと思いこむ」ということです。

バイク三郎

自分を測る物差しくらい自分で用意しろよな

競争に負け続けてきた、もしくは逃げた【バイクの排気量マウントおじさんの心理】

競争に負け続けてきた、もしくは逃げた【バイクの排気量マウントおじさんの心理】


部活、テスト、受験、就活、出世・・・などなど様々な競争に勝ってきた人にマウントを取りたがる人は少ないです。

何故ならば彼らは「自分の実力で競争に勝ってきた」という自負と自信と実績があるからです。わざわざそれをひけらかして周囲に認めてもらう必要がありません。自分のことは自分で認めています。

一方で部活、テスト、受験、就活、出世・・・などなど様々な競争に負け続けてきた方、あるいは逃げた方にはマウントを取りたがる人が多いです。

何故ならば彼らは「真正面から競争しても勝てない・・・」と考えているので「同じスタートを切っている状態」では絶対に競争しません。自分が圧倒的優位に立っている状況でなければ競争をしません。

何十年前から働いている中卒の社員が新入社員やアルバイトさんに「そんなこともできないの?!」「こんなの当たり前!!」などと言うのがその典型です。

例えば排気量マウントの場合、「少々高いお金で買った免許とバイク」で「少々安いお金で買った免許とバイク」が目の前にあるのですぐにマウントを取ろうとしてきます。

バイク太郎

「勝負が怖いから逃げた」んなら逃げ続けろ。

価値基準の多様性を知らない【バイクの排気量マウントおじさんの心理】

価値基準の多様性を知らない【バイクの排気量マウントおじさんの心理】

「大型バイクに乗ってこそ本当のライダーだ」「四気筒こそ本当のバイクだ」と信じている人は「人類の多様性」という人類が地球の覇権を握れた最大の利点を理解していません。

人類の多様性
  • 木の上で木の実を食べる人もいれば地上に降りて石で木の実を割るを使う人もいる
  • お寿司よりラーメンが好きな人がいる
  • 醬油ラーメンより塩ラーメンが好きな人がいる
  • サーキット走行が好きな人よりもトコトコツーリングが好きな人もいる
  • 高速道路ですり抜けるよりも峠のワインディングが好きな人もいる
  • コーナーの倒し込みより立ち上がりの感覚が好きな人もいる


という、価値基準は無限に存在することを知りません。

バイクの排気量に関しては単に「バイクは大型バイクが偉い」という狭い価値基準しかもっていない木の上の人なのです。

バイク次郎

色んな人がいるから人類はここまで発展したことを知らないんだよ。

人生が上手くいっていない【バイクの排気量マウントおじさんの心理】

人生が上手くいっていない【バイクの排気量マウントおじさんの心理】


ここまで解説してきた「マウントを取りたがる人」とあなたを比べて、どちらの人生が上手くいっているように感じますか?或いはどちらの方が生きにくいと思いますか?

序列や上下を他人の目を気にしながら生き、自分の価値を自分で理解できず、競争から逃げ続けてきた上に塩ラーメンが好き・・・そんな人はあなたよりきっと生きづらいのだと思います。

排気量の違いによるバイクの楽しみ方の違い【バイクの排気量マウントおじさん】

排気量の違いによるバイクの楽しみ方の違い【バイクの排気量マウントおじさん】


価値基準の多様性はほとんど無限なので「排気量の違いによるバイクの楽しみ方の違い」という価値基準のひとつについて解説します。

排気量楽しみ方・得意な領域
50cc近所の買い物
安くとことんカスタム
125cc街乗り全般
トコトコツーリング
安くとことんカスタム
下りのコーナリング
250cc軽さを活かしたコーナーの倒し込み
下りのコーナリング
400cc高速道路を含めたツーリング
600ccサーキット全開走行
軽さとパワーを活かした倒し込みから立ち上がりまでのコーナリング
750ccメンテナンスや所有欲(旧車の場合)
1000ccサーキット走行
トルクと体重をタイヤに乗せるコーナーの立ち上がり
1000cc以上悠々と走る
※個人の考えの一部です。


大排気量のバイクでは街乗りや安くとことんカスタム、軽さを活かしたコーナリングなどは難しいですし、小排気量であればトルクと体重をタイヤに乗せるコーナーの立ち上がりや悠々と走ることは難しいです。


それぞれにそれぞれのメリットやデメリットがあるます。

「排気量が大きいのがいい」と考えている方はこういった排気量ごとの楽しみ方を知らない知見の狭い矮小な人間です。

バイクは100%好みで乗るもの

バイクは100%好みで乗るもの


異性のタイプやラーメンのタイプがひとそれぞれであるように、バイクの好みも様々です。

見た目はもちろん、排気量も気筒数もなにもかも好みで選べばいいです。それを否定してくる方に対して、あなたが相手のバイクを貶めるようなことをしなければ、あなたの方がバイク乗りとしての知見が広いということになるので「あなたの方がバイク乗りとして格上」ということになります。

okoko

格付けしちゃってんじゃん

okomoto

相手から挑んできた勝負なので相手の土俵で相撲を取ってやりました

排気量マウントはマウントされている方が排気量コンプレックスを抱えていることが多い

排気量マウントはマウントされている方が排気量コンプレックスを抱えていることが多い


1980年代の250ccレーサーレプリカに乗っていた方や、乗っている方は排気量に対して全くと言っていいほど頓着がありません。

彼らは「どんなバイクに乗れば自分にとって一番幸せか」ということにのみ頓着しています。

ですので他の誰かが何に乗ろうが、排気量マウントおじさんが話しかけてこようが全く気にしません。


okoko

排気量マウント取られたー!頭にくるー!悲しいー!

と感じる人は「排気量が大きいのはいいことだ、しかし自分は技量のや経済的な問題で大排気量のバイクに乗れていない」と思っています。

排気量毎の楽しさやメリット・デメリット、「自分にとって楽しいバイクとは何か」ということを知っていればそんな気持ちにはならないのです。

つまり

okoko

排気量マウント取られたー!頭にくるー!悲しいー!

と感じる人は「排気量マウントおじさん」と同類、同じ穴の貉、どっこいどっこい、知見の狭い矮小な人間ということです。


「大型みたいな250cc!」という表現は排気量差別主義者の代表格

雑誌などで踊る「大型みたいな250cc!」「中型に見えない」というのは排気量差別主義のど真ん中の表現です。小排気量の利点を無視し、見た目だけ大型バイクを模倣したもの、あるいはそう感じさせるものをもてはやす短絡的な二輪情報誌の表現が「大型はいいぞおじさん」を生み出しています。

okomoto

いや知らんけど

バイクのマウントに対するパンチライン例

バイクのマウントに対するパンチライン例


ここからはマウントを取られたときに返すパンチラインを

バイクでマウント取られたときの返し
  • 万能型
  • 相手の土俵に立たない
  • 相手の土俵に立ってあげる


という3パターンの例を挙げていきます。このパターンを参考に、あなたらしいオリジナルのパンチラインを考えてみてください。

排気量マウントおじさんへのパンチライン

排気量マウントおじさんへのパンチライン
大型はいいぞおじさん

大型バイクはいいぞ~

万能型

あれ?生きにくい人っすか?

土俵に立たない

下りコーナーの倒し込みが好きなんで小さいの乗ってます!

土俵に立ってあげる

そん使い切れないもん乗ってもしょーがねーだろ

気筒数でバイクマウントおじさんへのパンチライン

気筒数でバイクマウントおじさんへのパンチライン
四気筒はいいぞおじさん

ヨンパツはいいぞ~

万能型

あれ?人生うまくいってらっしゃらない方?

土俵に立たない

コーナーの立ち上がりに粘るし軽いんで好きなんですよね!

土俵に立ってあげる

フォンフォン音が気持ち悪いんだよ

ハーレーはいいぞおじさんへのパンチライン

ハーレーはいいぞおじさん

ハーレーはいいぞ~

土俵に立ってあげる

平日リーマン、休日ヘルズエンジェルかな?週末アイドルみたいなもん?

土俵に立ってあげる

インディアンのパクリに乗ってるのに性能が高い国産アメリカンはダメなの?

土俵に立ってあげる

一生SAで駄弁ってろ

土俵に立ってあげる

たばこは喫煙所で吸えよ

土俵に立ってあげる

ちゃんとバイクのスペースに停めろよ下手くそ

土俵に立ってあげる

そのバイクの馬力いくつ?非公表?

土俵に立ってあげる

自分の苦手なものを隠すのがかっこいいんか?

土俵に立ってあげる

フルフェイス被る知能を身に着けたらまた話しかけて

土俵に立ってあげる

1人で走れないの?

土俵に立ってあげる

その革ジャン、何年も新品のままだね

土俵に立ってあげる

いっしょにツーリング?250のネイキッドについてこれるわけねーじゃん。

土俵に立ってあげる

高速メイン?市街地しか走らない?車で行くわ!

土俵に立ってあげる

もうちょっと静かに話せます?周りの迷惑になるんで

土俵に立ってあげる

駐車場はみなし公道なんでノーヘルだめですよ

土俵に立ってあげる

バイクの王様?販売台数世界1のカブのこと?

土俵に立ってあげる

ハーレーをタダでくれる?やったー!売ったお金で焼肉だ!

土俵に立たない

ハーレーも素敵ですよね。(色々勘違いしていなければね)

そんな僕も○○はダメだぞおじさん


という記事を書いている僕自身

そんな僕も○○はダメだぞおじさん


などと考えている〇〇ダメだぞおじさんです。

ただ、それをネタにマウントを取ろうとは思っていませんし、取れる気もしません。

わざわざSAで「軽装で乗ったらダメだぞう」とは言いません。それをわざわざ人に話そうとは思いませんのでマウントおじさんとは一線を画した「ただのダメだと思っているおじさん」です。

okoko

ブログでそんなことわざわざ書いていたじゃん!

okomoto

(しーーーーまったーーーー!!)

急に真顔okomoto

排気量マウントおじさんに「何故排気量が大きいのがいいのか」、最初のバイクが大型はだめだぞおじさんに「何故最初のバイクが大型はだめなのか」、しっかり話を聞いて、あなたに合っていればそれを採用するようにしましょう。(モタードはいいぞう・・・)

まとめ


いかがでしたでしょうか。

書き散らかしたので無理やりまとめると

この記事のまとめ
  • 楽しみ方は排気量によって異なる
  • 排気量が大きいバイクも小さいバイクもそれぞれの魅力があって素晴らしい
  • 排気量マウントおじさんに反応する人はおじさんと同類


という感じ?でした。

ちなみに以前ホーネット250に乗っていを買った時、当時のバイク仲間に

世間のライダー

そんなバイクおもちゃじゃん!!

と笑われましたが、

okomoto

バイクっておもちゃじゃないの?男と男の子の違い知ってる?持ってるおもちゃの金額だよ。お前のそれはあれかい、移動手段かい?


と言っておきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました