> 400ccバイクおすすめの車種48選!スペック比較と8種のランキング | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

400ccバイクおすすめの車種48選!スペック比較と8種のランキング

400ccバイクおすすめの車種48選!スペック比較と8種のランキング まとめ記事
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事はオコモトがインスタのリンク切れを管理する目的で作成しています。ランキングはおまけのようなものです。ユーザー様におかれましては、眠れない夜にランキングを読んでいると「燃費ランキング」あたりで眠くなるので入眠用にお使い下さい。

okoko

ランキングを流し読みしていると新たな発見があって楽しいわよ!いつの間にか寝てるけど!

バイク三郎

「スクーターに性能で負けてどーすんだよ!」とかね。一人ツッコミしちゃうよね・・・



この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 400ccバイクの購入を検討している
  • 現在手に入る400ccバイクの性能ランキングを見たい


と言う方ではないでしょうか。

この記事は現在手に入る400㏄のバイクの性能をバイクのジャンルにとらわれずに比較ランキングを作成したものです。

まだジャンルと絞り切れていない方や「排気量は決まっているけれどどんなバイクがいいのかわからない」という方は参考にしていただければと思います。

先にランキングを掲載し、その後性能を一覧で比較し、記事後半で画像とちょっとした解説を入れているので興味がある部分だけ読んで頂ければと思います。

バイクの種類ごとのランキングを見たい方は下の記事を読んでみて下さい。


400ccバイクの車種
  • CB400SFスーパーフォア / CB400SBスーパーボルドール ホンダ
  • CB400F ホンダ
  • MT-03 ABS ヤマハ
  • XJR400R ヤマハ
  • Z400 カワサキ
  • ZEPHER χ カワサキ
  • ZRX400 カワサキ
  • GLADIUS400 スズキ
  • GOOSE350 スズキ
  • GSR400 スズキ
  • SV400 スズキ
  • Scrambler Sixty2 スクランブラー シックスティー2 ドカティ
  • G310R BMW
  • DUKE390 KTM
  • VITPILEN 401/SVARTPILEN 401ハスクバーナ Husqvarna
  • HONDA XR400モタード
  • SUZUKI DR-Z400SM
  • シャドウ400
  • スティード400
  • ドラッグスター400
  • イントルーダークラシック
  • ブルーバード400
  • バルカンクラシック
  • CBR400R ホンダ
  • YZF-R3 ヤマハ
  • Ninja400R カワサキ
  • Ninja400 カワサキ
  • RC390 KTM
  • CBR400RR ホンダ
  • VFR400R ホンダ
  • RVF400 ホンダ
  • FZR400RR ヤマハ
  • GSX-400R スズキ
  • ZXR400 カワサキ
  • ZZR400 カワサキ
  • シルバーウィング ホンダ
  • グランドマジェスティ400ヤマハ
  • トリシティ300 ヤマハ
  • バーグマン400 スズキ
  • スカイウェイブ400 スズキ
  • GB350 ホンダ
  • CB400SS ホンダ
  • SR400 ヤマハ
  • W400 カワサキ
  • スクランブラーSixty2 ドカティ
  • 400X ホンダ
  • G310GS BMW
  • 390アドベンチャー KTM


について

8種のランキング
  • 最高速ランキング
  • 価格が安いランキング
  • 燃費ランキング
  • 1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • パワーウエイトレシオランキング
  • トルクウエイトレシオランキング
  • 足つきがいい、シート高が低いランキング
  • パワー円レシオランキング


というランキングを作成して解説しています。

okomoto

古い車種もちゃんと見極めれば格安で手に入るかも・・・

  1. 400ccバイクに乗るために必要なバイク免許
  2. 400ccバイク最高速ランキング
  3. 400ccバイク価格が安いランキング
  4. 400ccバイク燃費ランキング
  5. 400ccバイク1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  6. 400ccバイクパワーウエイトレシオランキング
  7. 400ccバイクトルクウエイトレシオランキング
  8. 400ccバイク足つきがいい、シート高が低いランキング
  9. 400ccバイクパワー円レシオランキング
  10. 400ccバイク性能早見表
  11. CB400SFスーパーフォア / CB400SBスーパーボルドール ホンダ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  12. CB400F ホンダ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  13. MT-03 ABS ヤマハ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  14. XJR400R ヤマハ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  15. Z400 カワサキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  16. ER-4n カワサキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  17. ZEPHER χ カワサキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  18. ZRX400 カワサキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  19. GLADIUS400 スズキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  20. GOOSE350 スズキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  21. GSR400 スズキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  22. SV400 スズキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  23. Scrambler Sixty2 スクランブラー シックスティー2 ドカティ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  24. G310R BMW【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  25. DUKE390 KTM【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  26. VITPILEN 401(ヴィットピレン401) / SVARTPILEN 401ハスクバーナ | Husqvarna【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】
  27. HONDA XR400モタード
  28. SUZUKI DR-Z400SM
  29. シャドウ400
    1. シャドウ400
    2. シャドウスラッシャー400
    3. シャドウ400クラシック
    4. シャドウ400カスタム
  30. スティード400
  31. ドラッグスター400
  32. イントルーダークラシック
  33. ブルーバード400
  34. バルカンクラシック
  35. CBR400R ホンダ【おすすめの400ccスポーツバイク】
  36. YZF-R3 ヤマハ【おすすめの400ccスポーツバイク】
  37. Ninja400R カワサキ【おすすめの400ccスポーツバイク】
  38. Ninja400 カワサキ【おすすめの400ccスポーツバイク】
  39. RC390 KTM【おすすめの400ccスポーツバイク】
  40. CBR400RR ホンダ【400ccレーサーレプリカ】
  41. VFR400R ホンダ【400ccレーサーレプリカ】
  42. RVF400 ホンダ【400ccレーサーレプリカ】
  43. FZR400RR ヤマハ【400ccレーサーレプリカ】
  44. GSX-400R スズキ【400ccレーサーレプリカ】
  45. ZXR400 カワサキ【400ccレーサーレプリカ】
  46. ZZR400 カワサキ【おすすめの400ccツアラーバイク】
  47. シルバーウィングGT400 ホンダ【おすすめの400ccビッグスクーター】
  48. グランドマジェスティ400 ヤマハ 【おすすめの400ccビッグスクーター】
  49. トリシティ300 ヤマハ【おすすめの400ccビッグスクーター】
  50. バーグマン400 スズキ【おすすめの400ccビッグスクーター】
  51. スカイウェイブ400 スズキ【おすすめの400ccビッグスクーター】
  52. GB350 ホンダ【400ccクラシックバイクのおすすめ】
  53. CB400SS ホンダ【400ccクラシックバイクのおすすめ】
  54. SR400 ヤマハ【400ccクラシックバイクのおすすめ】
  55. W400 カワサキ【400ccクラシックバイクのおすすめ】
  56. Scrambler Sixty2 スクランブラー シックスティー2 ドカティ【400ccクラシックバイクのおすすめ】
  57. 400X ホンダ【400ccアドベンチャーバイクおすすめの車種】
  58. G310GS BMW【400ccアドベンチャーバイクおすすめの車種】
  59. 390アドベンチャー KTM【400ccアドベンチャーバイクおすすめの車種】
  60. 400ccバイクまとめ

400ccバイクに乗るために必要なバイク免許

400ccバイクに乗るために必要なバイク免許


この記事で紹介している400ccバイクに乗るためには普通自動二輪免許が必要となり、取得期間や費用はざっくり・・・

免許なしで教習所160,000円最短11日
免許ありで教習所100,000円最短11日
免許ありで一発試験18,100円最短1日
(免許なしで一発)(22,300円)(最短1日)
合宿(免許なし)90000円8泊9日


という感じです。


詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください。



先にランキングから解説していきます。

400ccバイク最高速ランキング

400ccバイク最高速ランキング
400ccバイク最高速ランキング
  • 210km/h
    ZXR400
  • 206km/h
    CBR400RR
  • 205km/h
    FZR400RR
  • 204km/h
    RVF400
  • 202km/h
    VFR400R
  • 198km/h
    GLADIUS400
  • 195km/h
    GSR400
  • 190km/h
    ZEPHER χ
  • 185km/h
    SV400
  • 184km/h
    GSX-400R
  • 183km/h
    XJR400R
    ZRX400
  • 181km/h
    ZZR400
  • 180km/h
    CB400SF
  • 176km/h
    CB400F
    400X
  • 172km/h
    RC390
  • 171km/h
    Z400
  • 170km/h
    MT-03
    YZF-R3
  • 167km/h
    ER-4n
    DUKE390
    VITPILEN 401
    CBR400R
    Ninja400R
    Ninja400
  • 166km/h
    W400
  • 164km/h
    バルカンクラシック
  • 162km/h
    イントルーダークラシック
    ブルーバード400
  • 160km/h
    Scrambler Sixty2
    G310R
    シャドウ400
    390アドベンチャー
  • 154km/h
    スティード400
  • 150km/h
    GOOSE350
    DR-Z400SM
    ドラッグスター400
    シルバーウィングGT400
  • 148km/h
    SR400
  • 143km/h
    G310GS
  • 142km/h
    CB400SS
  • 141km/h
    XR400モタード
  • 138km/h
    トリシティ300
  • 136km/h
    グランドマジェスティ400
  • 135km/h
    バーグマン400
  • 131km/h
    スカイウェイブ400

多くのバイク乗りが理解しているように、最高速はまったく重要なものではありませんが気にされる方もいると思うのでランキングを作りました。ネット検索でヒットしたものを載せているだけなので信ぴょう性は低いので参考程度にとどめてください。

昔乗ってたおじいちゃん

最高速を気にするのは初心者の証拠じゃぞ・・・

400ccバイク価格が安いランキング

400ccバイク価格が安いランキング
400ccバイクおすすめ車種価格が安いランキング
  • 513450円
    CB400SS
  • 550000円
    GB350
  • 559000円
    SV400
    スカイウェイブ400
  • 569000円
    GOOSE350
  • 599,000円
    スティード400
  • 600000円
    XR400モタード
  • 605000円
    SR400
  • 609000円
    ZRX400
  • 620000円
    DUKE390
  • 623000円
    G310R
  • 628000円
    DR-Z400SM
  • 628950円
    W400
  • 629000円
    ER-4n
    シャドウ400
  • 630000円
    グランドマジェスティ400
  • 649000円
    Ninja400R
  • 654500円
    MT-03
  • 655000円
    ZEPHER χ
  • 659,000円
    イントルーダークラシック
    ZZR400
  • 662550円
    XJR400R
  • 667440円
    CB400F
  • 679000円
    RC390
  • 682000円
    Z400
  • 687500円
    YZF-R3
  • 695000円
    G310GS
  • 699,000円
    ブルーバード400
    CBR400RR
  • 726000円
    Ninja400
  • 739000円
    ZXR400
    GSX-400R
    FZR400RR
  • 749000円
    VFR400R
  • 777000円
    VITPILEN 401
  • 779000円
    390アドベンチャー
  • 780000円
    RVF400
  • 799200円
    シルバーウィングGT400
  • 814000円
    バーグマン400
  • 831600円
    GLADIUS400
  • 826100円
    400X
  • 884400円
    CB400SF
  • 885600円
    GSR400
  • 898500円
    CBR400R
  • 920000円
    Scrambler Sixty2
  • 957000円
    トリシティ300

400ccバイク燃費ランキング

400ccバイク燃費ランキング
400ccバイクおすすめ車種燃費ランキング
  • 32km/L
    トリシティ300
  • 31km/L
    400X
  • 30km/L
    G310GS
  • 29km/L
    CBR400R
  • 28km/ℓ
    GLADIUS400
    G310R
    XR400モタード
    YZF-R3
    RC390
  • 27km/ℓ
    DUKE390
    VITPILEN 401
    390アドベンチャー
  • 26km/ℓ
    MT-03
    SR400
  • 25km/ℓ
    ER-4n
    Scrambler Sixty2
    Ninja400
    スカイウェイブ400
  • 24km/ℓ
    CB400F
    Z400
    DR-Z400SM
    グランドマジェスティ400
  • 23km/ℓ
    SV400
    ドラッグスター400
    イントルーダークラシック
    ブルーバード400
    Ninja400R
    シルバーウィングGT400
    CB400SS
    W400
  • 22km/ℓ
    GOOSE350
    スティード400
    シャドウ400
    バーグマン400
  • 21km/ℓ
    GSR400
  • 20km/ℓ
    CB400SF
    バルカンクラシック
  • 19km/ℓ
    XJR400R
    VFR400R
    ZXR400
  • 18km/ℓ
    ZEPHER χ
    ZRX400
    CBR400RR
  • 17km/L
    FZR400RR
    ZZR400
  • 16km/L
    RVF400
  • 15km/L
    GSX-400R


趣味のものの燃費を気にしないほうがいいとは思いますがランキングにしました。

400ccバイク1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離

400ccバイク1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
400ccバイク1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • 527km
    400X
  • 493km
    CBR400R
  • 416km
    トリシティ300
  • 392km
    GLADIUS400
    YZF-R3
  • 391.5km
    390アドベンチャー
  • 375km
    ER-4n
  • 368km
    SV400
    シルバーウィングGT400
  • 364.5km
    DUKE390
  • 364km
    MT-03
  • 360km
    CB400SF
    CB400F
  • 350km
    Scrambler Sixty2
    Ninja400
  • 345km
    ドラッグスター400
    イントルーダークラシック
    ブルーバード400
    Ninja400R
  • 342km
    XJR400R
  • 336km
    Z400
    GSR400
    グランドマジェスティ400
  • 330km
    GOOSE350
    G310GS
  • 325km
    スカイウェイブ400
  • 322km
    W400
  • 312km
    SR400
  • 308km
    G310R
  • 306km
    ZZR400
  • 304km
    ZXR400
  • 300km
    バルカンクラシック
  • 286km
    バーグマン400
  • 285km
    VFR400R
  • 271.6km
    XR400モタード
  • 270 km
    ZEPHER χ
    ZRX400
    CBR400RR
  • 266km
    RC390
  • 256.5km
    VITPILEN 401
  • 255km
    FZR400RR
  • 253km
    CB400SS
  • 240km
    DR-Z400SM
    RVF400
    GSX-400R
  • 231km
    スティード400


個人的にはガソリンがなくなったら入れるだけなのでタンクの大きさはどうでもいいのですが、一応1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離のランキングも作りました。

400ccバイクパワーウエイトレシオランキング

400ccバイクパワーウエイトレシオランキング
400ccバイクおすすめ車種パワーウエイトレシオランキング
  • 3.13kg/ps
    VFR400R
  • 3.325kg/ps
    DR-Z400SM
  • 3.38kg/ps
    DUKE390
  • 3.39kg/ps
    CBR400RR
  • 3.45kg/ps
    VITPILEN 401
    Z400
    ZXR400
    RVF400
  • 3.47kg/ps
    SV400
    Ninja400
  • 3.49kg/ps
    FZR400RR
  • 3.5kg/ps
    ZEPHER χ
  • 3.52kg/ps
    GSR400
    ZRX400
  • 3.58kg/ps
    CB400SF
    GSX-400R
  • 3.59kg/ps
    RC390
  • 3.65kg/ps
    390アドベンチャー
  • 3.74kg/ps
    GLADIUS400
  • 3.75kg/ps
    XJR400R
  • 4.02kg/ps
    MT-03
  • 4.04kg/ps
    YZF-R3
  • 4.13kg/ps
    CB400F
  • 4.17kg/ps
    CBR400R
  • 4.18kg/ps
    ZZR400
  • 4.26kg/ps
    400X
  • 4.57kg/ps
    Scrambler Sixty2
  • 4.61kg/ps
    ER-4n
    Ninja400R
  • 4.67kg/ps
    G310R
  • 4.83kg/ps
    XR400モタード
  • 4.84kg/ps
    GOOSE350
  • 4.98kg/ps
    G310GS
  • 5.48kg/ps
    CB400SS
  • 6.46kg/ps
    シルバーウィングGT400
  • 6.65kg/ps
    W400
  • 6.93kg/ps
    スティード400
    バーグマン400
  • 7.09kg/ps
    バルカンクラシック
  • 7.12kg/ps
    グランドマジェスティ400
  • 7.29kg/ps
    SR400
  • 7.32kg/ps
    スカイウェイブ400
  • 7.51kg/ps
    シャドウ400
  • 7.8kg/ps
    ドラッグスター400
  • 8.09kg/ps
    ブルーバード400
  • 8.17kg/ps
    トリシティ300
  • 8.61kg/ps
    GB350
  • 8.33kg/ps
    イントルーダークラシック

400ccバイクトルクウエイトレシオランキング

400ccバイクトルクウエイトレシオランキング
400ccバイクおすすめ車種トルクウエイトレシオランキング
  • 33.25kg/kgf・m
    DR-Z400SM
  • 39.5kg/kgf・m
    CB400F
  • 40.2kg/kgf・m
    DUKE390
  • 41.0kg/kgf・m
    VITPILEN 401
  • 42.5kg/kgf・m
    Z400
  • 42.6kg/kgf・m
    XR400モタード
  • 42.7kg/kgf・m
    390アドベンチャー
  • 42.8kg/kgf・m
    Ninja400
  • 43.8kg/kgf・m
    SV400
  • 44.2kg/kgf・m
    RC390
  • 46.2kg/kgf・m
    VFR400R
  • 48.4kg/kgf・m
    GOOSE350
  • 49.2kg/kgf・m
    ZRX400
    CBR400R
  • 49.4kg/kgf・m
    RVF400
  • 49.6kg
    CB400SS
  • 50.0kg/kgf・m
    FZR400RR
    GSX-400R
    CBR400RR
  • 50.2kg/kgf・m
    GLADIUS400
    CB400SF
    400X
  • 50.8kg/kgf・m
    ZXR400
  • 51.6kg/kgf・m
    ZEPHER χ
  • 52.2kg/kgf・m
    Scrambler Sixty2
  • 53.4kg/kgf・m
    ER-4n
    Ninja400R
  • 53.7kg/kgf・m
    GSR400
  • 55.2kg/kgf・m
    XJR400R
  • 56.3kg/kgf・m
    MT-03
  • 56.6kg/kgf・m
    YZF-R3
  • 56.7kg/kgf・m
    G310R
  • 58.1kg/kgf・m
    バーグマン400
  • 58.4kg/kgf・m
    ZZR400
  • 59.1kg
    GB350
  • 59.2kg/kgf・m
    G310GS
  • 60.3kg
    SR400
  • 64.3kg
    W400
  • 65.0kg/kgf・m
    グランドマジェスティ400
  • 65.1kg/kgf・m
    スティード400
  • 66.3kg/kgf・m
    シルバーウィングGT400
  • 66.7kg/kgf・m
    スカイウェイブ400
  • 70.8kg/kgf・m
    シャドウ400
  • 70.9kg/kgf・m
    バルカンクラシック
  • 73.1kg/kgf・m
    ドラッグスター400
  • 78.5kg/kgf・m
    ブルーバード400
  • 79.0kg/kgf・m
    トリシティ300
  • 80.8kg/kgf・m
    イントルーダークラシック

400ccバイク足つきがいい、シート高が低いランキング

400ccバイク足つきがいい、シート高が低いランキング
400ccバイクおすすめ車種足つきがいい、シート高が低いランキング
  • 660mm
    ドラッグスター400
  • 670mm
    スティード400
  • 675mm
    シャドウ400
  • 700mm
    イントルーダークラシック ブルーバード400
  • 705mm
    バルカンクラシック
  • 710mm
    スカイウェイブ400
  • 730mm
    シルバーウィングGT400
  • 750mm
    GSX-400R
    CBR400RR
  • 755mm
    CB400SF
    VFR400R
    バーグマン400
  • 760mm
    XJR400R
    ZXR400
    FZR400RR
    グランドマジェスティ400
  • 765mm
    RVF400
    W400
  • 770mm
    Scrambler Sixty2
    GOOSE350
    ZRX400
  • 775mm
    ZEPHER χ
  • 780mm
    MT-03
    YZF-R3
    ZZR400
  • 785mm
    G310R
    SV400
    GSR400
    GLADIUS400
    ER-4n
    Z400
    CB400F
    Ninja400
    CBR400R
  • 790mm
    Ninja400R
    SR400
    CB400SS
  • 795mm
    トリシティ300
  • 800mm
    GB350
    400X
  • 820mm
    RC390
  • 830mm
    DUKE390
  • 835mm
    VITPILEN 401
    G310GS
  • 855mm
    XR400モタード
    390アドベンチャー
  • 870mm
    DR-Z400SM


「シート高が低い=足つきが良い」ということにはなりませんが、気にする方が多いので一応ひとつの指針としてランキング化しました。

400ccバイクパワー円レシオランキング

400ccバイクパワー円レシオランキング
400ccバイクおすすめ車種パワー円レシオランキング
  • 10547円/PS
    SV400
  • 11490円/PS
    ZRX400
  • 12358円/PS
    ZEPHER χ
  • 12433円/PS
    ZZR400
  • 12500円/PS
    XJR400R
  • 12,694円/PS
    VFR400R
  • 13,188円/PS
    CBR400RR
  • 13,943円/PS
    ZXR400
    GSX-400R
    FZR400RR
  • 14090円/PS
    DUKE390
  • 14208円/PS
    Z400
  • 14295円/PS
    ER-4n
  • 14509円/PS
    CB400F
  • 14518円/PS
    GSR400
  • 14,716円/PS
    RVF400
  • 14750円/PS
    Ninja400R
  • 15120円/PS
    GLADIUS400
  • 15125円/PS
    Ninja400
  • 15431円/PS
    RC390
  • 15583円/PS
    MT-03
  • 15,700円/PS
    DR-Z400SM
  • 15792円/PS
    CB400SF
  • 16369円/PS
    YZF-R3
  • 17242円/PS
    GOOSE350
  • 17659円/PS
    VITPILEN 401
  • 17,704円/PS
    390アドベンチャー
  • 17705円/PS
    CB400SS
  • 17,958円/PS
    400X
  • 18323円/PS
    G310R
  • 19,060円/PS
    シャドウ400
  • 19,322円/PS
    スティード400
    スカイウェイブ400
  • 19532円/PS
    CBR400R
  • 19,969円/PS
    イントルーダークラシック
  • 20,000円/PS
    XR400モタード
  • 20,322円/PS
    グランドマジェスティ400
  • 20,441円/PS
    G310GS
  • 20,492円/PS
    シルバーウィングGT400
  • 21,181円/PS
    ブルーバード400
  • 21,633円/PS
    ドラッグスター400
  • 21687円/PS
    W400
  • 23000円/PS
    Scrambler Sixty2
  • 25208円/PS
    SR400
  • 26190円/PS
    GB350
  • 26,258円/PS
    バーグマン400
  • 33,000円/PS
    トリシティ300

400ccバイク性能早見表

400ccバイク性能早見表
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
CB400SF884400円水冷直列4気筒399cc201kg56PS4.0kgf・m6速1410mm25°5‘2080×745×1080755mm18ℓ31km/ℓ20km/ℓ360km180km3.58kg/ps50.2kg/kgf・m
15,792円/PS
CB400F667440円水冷並列2気筒399cc190kg46PS4.8kgf・m6速1410mm25°30 ‘2075×780×1060785mm15ℓ39.7km/ℓ24km/ℓ360km176km/h4.13kg/ps39.5kg/kgf・m14,509円/PS
MT-03654500円水冷並列2気筒320cc169kg42PS3.0kgf・m6速1380mm25°00′2090×755×1070780mm14ℓ41.3km/ℓ26km/ℓ364km170km/h4.02kg/ps56.3kg/kgf・m15,583円/PS
XJR400R662550円空冷直列4気筒399cc199kg53PS3.6kgf・m6速1435mm26°2025×735×1090760mm18ℓ31km/ℓ19km/ℓ342km183km/h3.75kg/ps55.2kg/kgf・m12,500円/PS
Z400682000円水冷並列2気筒398cc166kg48PS3.9kgf・m6速1370mm24.5°1990×800×1055785mm14ℓ32km/ℓ24km/ℓ336km171km/h3.45kg/ps42.5kg/kgf・m14,208円/PS
ER-4n629,000円水冷並列2気筒399cc203kg44PS3.8kgf・m6速1405mm24.3°2100×760×1100785mm
15ℓ
37km/ℓ25km/ℓ375km167km/h4.61kg/ps53.4kg/kgf・m14,295円/PS
ZEPHER χ655000円空冷直列4気筒399cc186kg53PS3.6kgf・m6速1440mm27°2085×745×1100775mm15ℓ40km/ℓ
18km/ℓ
270km190km/h3.50kg/ps51.6kg/kgf・m12,358円/PS
ZRX400609000円水冷直列4気筒399cc187kg53PS3.8kgf・m6速1450mm27°00 ‘2075×745×1135770mm15ℓ36.5km/ℓ18km/ℓ270km183km/h3.52kg/ps49.2kg/kgf・m11,490円/PS
GLADIUS400831600円水冷V型2気筒399cc206kg55PS4.1kgf・m6速1455mm25°00‘2130×760×1090785mm14ℓ40km/ℓ28km/ℓ392km198km/h3.74kg/ps50.2kg/kgf・m15,120円/PS
GOOSE350569000円空冷単気筒348cc160kg33PS3.3kgf・m6速1350mm25°1995×710×1055770mm15ℓ不明22km/ℓ330km150km/h4.84kg/ps48.4kg/kgf・m17,242円/PS
GSR400885600円水冷直列4気筒398cc215kg61PS4kgf・m6速1435mm25°15 ‘2090×795×1075785mm16ℓ32km/ℓ21km/ℓ336km195km/h3.52kg/ps53.7kg/kgf・m14,518円/PS
SV400559000円水冷V型2気筒399cc184kg53PS4.2kgf・m6速1430mm25°00 ‘2070×750×1060785mm16ℓ37km/ℓ23km/ℓ368km185km/h3.47kg/ps43.8kg/kgf・m10,547円/PS
Scrambler Sixty2 
スクランブラー
シックスティー2
920000円空冷L型2気筒399cc183kg40PS3.5kgf・m6速1460mm24°2150×850×1165770mm14ℓ不明25km/ℓ350km160km/h4.57kg/ps52.2kg/kgf・m23,000円/PS
G310R623000円水冷単気筒313cc159kg34PS2.8kgf・m6速1380mm25.1°2000×820×1070785mm11ℓ30km/ℓ28km/ℓ308km160km/h4.67kg/ps56.7kg/kgf・m18,323円/PS
DUKE390620000円水冷単気筒373.2cc149kg44PS
3.7kgf・m
6速
1357mm
25°2029×1267×836830mm13.5ℓ記載なし27km/ℓ364.5km167km/h3.38kg/ps40.2kg/kgf・m14,090円/PS
VITPILEN
401
777000円水冷単気筒373cc152kg44PS3.7kgf・m6速1357mm25°不明835mm9.5ℓ記載なし
27km/ℓ(DUKEから)
256.5km167km/h(DUKEから)3.45kg/ps41.0kg/kgf・m17,659円/PS
400ccネイキッドバイク

XR400モタード
DR-Z400SM
価格600000円628000
排気量397cc398cc
車両重量145kg133kg
最大出力30PS40PS
最大トルク3.4kgf・m4.0kgf・m
変速機形式5速リターン5速リターン
ホイールベース1450mm1460mm
キャスター角26°50´26°15′
全長×全幅×全高(mm)2140×810×11402225×850×1185
シート高855mm870mm
燃料タンク容量9.7ℓ10ℓ
燃料の種類レギュラーレギュラー
カタログスペック燃費36km/ℓ40km/ℓ
実燃費28km/ℓ24km/ℓ
実燃費での航続可能距離271.6km240km
最高速141km/h150km/h
パワーウエイトレシオ4.83kg/ps3.325kg/ps
トルクウエイトレシオ42.6kg/kgf・m33.25kg/kgf・m
パワー円レシオ20,000円/PS15,700円/PS
400ccモタード
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
シャドウ400629,000円水冷V型2気筒398cc248kg33PS3.5kgf・m5速リターン1620mm34°2450×925×1085675mm14ℓ34km/ℓ21km/ℓ294km160km/h7.51kg/ps70.8kg/kgf・m19,060円/PS
スティード400599000円水冷V型2気筒398cc215kg31PS3.3kgf・m5速リターン1600mm35°2310×890×1120670mm11ℓ36km/ℓ21km/ℓ231km154km/h6.93kg/ps65.1kg/kgf・m19,322円/PS
ドラッグスター400649000円空冷V型2気筒399cc234kg30PS3.2kgf・m5速リターン1610mm35°2340×840×1065660mm15ℓ39km/ℓ23km/ℓ345km150km/h7.8kg/ps73.1kg/kgf・m21,633円/PS
イントルーダークラシック659,000円水冷V型2気筒399cc275kg33PS3.4kgf・m5速リターン1655mm33°20’2500×955×1110700mm15ℓ33km/ℓ23km/ℓ345km162km/h8.33kg/ps80.8kg/kgf・m19,969円/PS
ブルーバード
699,000円水冷V型2気筒399cc267kg33PS3.4kgf・m5速リターン1655mm33°20’2420×890×1105700mm15ℓ33km/ℓ23km/ℓ345km162km/h8.09kg/ps78.5kg/kgf・m21,181円/PS
バルカンクラシック不明水冷V型2気筒399cc234kg33PS3.3kgf・m5速リターン1605mm32°2375×930×1130705mm15ℓ42km/ℓ20km/ℓ300km164km/h7.09kg/ps70.9kg/kgf・m不明
400ccアメリカン
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
CBR400R 898500円水冷並列2気筒399cc192kg46PS3.9kgf・m6速1410mm25°30′2080×755×1145785mm17L41.0km/L29km/L493km167km/h4.17kg/ps49.2kg/kgf・m19,532円/PS
YZF-R3687500円水冷並列2気筒320cc170kg42PS3kgf・m6速1380mm25°00′2090×730×1140780mm14L41.3km/L28km/L392km170km/h4.04kg/ps56.6kg/kgf・m16,369円/PS
Ninja400R649000円水冷並列2気筒399cc203kg44PS3.8kgf・m6速1410mm252100×760×1200790mm15L37.0km/L23km/L345km167km/h4.61kg/ps53.4kg/kgf・m14,750円/PS
Ninja400726000円水冷並列2気筒398cc167kg48PS3.9kgf・m6速1370mm24°70′1990×710×1120785mm14L32.0km/L25km/L350km167km/h3.47kg/ps42.8kg/kgf・m15,125円/PS
RC390679000円水冷単気筒373.2cc158kg44PS3.57kgf・m6速1355mm66.5°1995×705×1099820mm9.5L不明28km/L266km172km/h3.59kg/ps44.2kg/kgf・m15,431円/PS
400ccスポーツタイプ
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
CBR400RR699000円水冷直列4気筒399cc180kg53PS3.6kgf・m6速1365mm24°30′1990×670×1080750mm15L32.0km/L18km/L270km206km/h3.39kg/ps50kg/kgf・m13,188円/PS
VFR400R749000円水冷V型4気筒399cc185kg59PS4kgf・m6速1345mm25°20′1985×705×1075755mm15L37.0km/L19km/L285km202km/h3.13kg/ps46.2kg/kgf・m12,694円/PS
RVF400780000円水冷V型4気筒399cc183kg53PS3.7kgf・m6速1335mm25°00′1985×685×1065765mm15L30.0km/L16km/L240km204km/h3.45kg/ps49.4kg/kgf・m14,716円/PS
FZR400RR739000円水冷直列4気筒399cc185kg53PS3.7kgf・m6速1365mm24°00′1975×705×1090760mm15L不明17km/L255km205km/h3.49kg/ps50kg/kgf・m13,943円/PS
GSX-400R739000円水冷直列4気筒398cc190kg53PS3.8kgf・m6速1375mm25°00′1995×710×1060750mm16L不明15km/L240km184km/h3.58kg/ps50kg/kgf・m13,943円/PS
ZXR400739000円水冷直列4気筒398cc183kg(概算)53PS3.6kgf・m6速1385mm23°30′1995×710×1080760mm16L不明19km/L304km210km/h3.45kg/ps50.8kg/kgf・m13,943円/PS
400ccレーサーレプリカ
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
ZZR400659000円水冷直列4気筒399cc222kg53PS3.8kgf・m6速1430mm24°30′2070×695×1175780mm18L35.0km/L17km/L306km181km/h4.18kg/ps58.4kg/kgf・m12,433円/PS
CBR400R 898500円水冷並列2気筒399cc192kg46PS3.9kgf・m6速1410mm25°30′2080×755×1145785mm17L41.0km/L29km/L493km167km/h4.17kg/ps49.2kg/kgf・m19,532円/PS
YZF-R3687500円水冷並列2気筒320cc170kg42PS3kgf・m6速1380mm25°00′2090×730×1140780mm14L41.3km/L28km/L392km170km/h4.04kg/ps56.6kg/kgf・m16,369円/PS
Ninja400R649000円水冷並列2気筒399cc203kg44PS3.8kgf・m6速1410mm252100×760×1200790mm15L37.0km/L23km/L345km167km/h4.61kg/ps53.4kg/kgf・m14,750円/PS
Ninja400726000円水冷並列2気筒398cc167kg48PS3.9kgf・m6速1370mm24°70′1990×710×1120785mm14L32.0km/L25km/L350km167km/h3.47kg/ps42.8kg/kgf・m15,125円/PS
400ccツアラーバイク
価格メットイン容量エンジン排気量車両重量最大出力最大トルクホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
シルバーウィングGT400799200円55ℓ水冷並列2気筒398cc252kg39PS3.8kgf・m1600mm28°30´2285×770×1430730mm16L32.0km/L23km/L368km150km/h6.46kg/ps66.3kg/kgf・m20,492円/PS
グランドマジェスティ400630000円60ℓ水冷単気筒394cc221kg31PS3.4kgf・m1565mm27°00′2230×780×1380760mm14L32.0km/L24km/L336km136km/h7.12kg/ps65kg/kgf・m20,322円/PS
トリシティ300957000円45ℓ水冷単気筒292cc237kg29PS3kgf・m1595mm20°00′2250×815×1470795mm13L38.4km/L32km/L416km138km/h8.17kg/ps79kg/kgf・m33,000円/PS
バーグマン400814000円42ℓ水冷単気筒399cc215kg31PS3.7kgf・m1580mm25°00′2235×765×1350755mm13L26.5km/L22km/L286km135km/h6.93kg/ps58.1kg/kgf・m26,258円/PS
スカイウェイブ400599000円63ℓ水冷単気筒399cc227kg31PS3.4kgf・m1585mm25°20’2270×825×1385710mm13L32.0km/L25km/L325km131km/h7.32kg/ps66.7kg/kgf・m19,322円/PS
400ccビッグスクーター
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
GB350550000円(予想値)空冷単気筒348.3cc181kg21.0PS3.06kgf・m5速1441mm27°05′2163×800×1107800mm15L不明不明不明不明8.61kg/ps59.1kg/kgf・m26,190円/PS
CB400SS513450円空冷単気筒397cc159kg29PS3.2kgf・m5速1405mm28°00′2165×780×1125790mm11L39km/L23km/L253km142km/h5.48kg/ps49.6kg/kgf・m17,705円/PS
SR400605000円空冷単気筒399cc175kg24PS2.9kgf・m5速1410mm27°40′2085×750×1110790mm12L40.7km/L26km/L312km148km/h7.29kg/ps60.3kg/kgf・m25,208円/PS
W400628950円バーチカルツイン399cc193kg29PS3kgf・m5速1460mm27°2175×855×1115765mm14L35.km/L23km/L322km166km/h6.65kg/ps64.3kg/kgf・m21,687円/PS
Scrambler Sixty2920000円空冷L型2気筒399cc183kg40PS3.5kgf・m6速1460mm24°2150×850×1165770mm14ℓ不明25km/ℓ350km160km/h4.57kg/ps52.2kg/kgf・m23,000円/PS
400ccクラシックバイク
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
400X
826100円
水冷並列2気筒399cc196kg46PS3.9kgf・m6速1435mm27°30′2140×825×1380800mm17L41.0km/L31km/L527km176km/h4.26kg/ps50.2kg/kgf・m17,958円/PS
G310GS695000円水冷単気筒313cc169.5kg34PS2.86kgf・m6速1420mm63.3°2075×880×不明835mm11L不明30km/L330km143km/h4.98kg/ps59.2kg/kgf・m20,441円/PS
390アドベンチャー779000円水冷単気筒373.2cc161kg44PS3.77kgf・m6速1430mm63.5 °不明855mm14.5L不明27km/L391.5km160km/h3.65kg/ps42.7kg/kgf・m17,704円/PS
400ccアドベンチャーバイク



それえぞれの車種の詳細一覧はご覧の表の通りです。

価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量です
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワ円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。
バイクの全長全幅全高シート高ホイールベースキャスター角の図解

CB400SFスーパーフォア / CB400SBスーパーボルドール ホンダ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


CB400にはCB400SF(スーパーフォア:スーフォア)とCB400SB(スーパーボルドール)の2種類があります。

SBにはハーフカウルがついいており、高速走行性が高くなっています。

広く教習車に採用されている車種なので、その運転のしやすさ、取り回しのしやすさ、パワーの出方などはいい意味でバイクの平均なのだと思います。

実際教習所でCB400を気に入って購入する方もたくさんいます。

価格884400円
エンジン水冷直列4気筒
排気量399cc
車両重量201kg
始動方法セル
最大出力56PS
最大トルク4.0kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1410mm
キャスター角25°5‘
全長×全幅×全高(mm)2080×745×1080
シート高755mm
燃料タンク容量18ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離360km
最高速180km
パワーウエイトレシオ3.58kg/ps
トルクウエイトレシオ50.2kg/kgf・m
パワー円レシオ15,792円/PS
CB400SFスーパーフォア

CB400F ホンダ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】

CB400F

引用元:https://www.honda.co.jp/CB400F/


ネイキッドタイプCB400FはスポーツタイプのCBR400R、アドベンチャータイプの400Xと同じ車体を使っています。

これを開発費節約のためと捉えるのか、よくできた車体だからと捉えるかは人それぞれです。

ランキングではとてもいい成績を残していたので後者だとおもいたいですね。

価格667440円
エンジン水冷並列2気筒
排気量399cc
車両重量190kg
始動方法セル
最大出力46PS
最大トルク4.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1410mm
キャスター角25°30 ‘
全長×全幅×全高(mm)2075×780×1060
シート高785mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費39.7km/ℓ
実燃費24km/ℓ
実燃費での航続可能距離360km
最高速176km/h
パワーウエイトレシオ4.13kg/ps
トルクウエイトレシオ39.5kg/kgf・m
パワー円レシオ14,509円/PS

MT-03 ABS ヤマハ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


YZF-R3のカウルなしバージョン、MT25の排気量多めバージョンがMT-03です。

R3に合わせて倒立フォーク、ギアポジション表示付きのメーター、LEDヘッドライトなど豪華装備を持っています。


価格654500円
エンジン水冷並列2気筒
排気量320cc
車両重量169kg
始動方法セル
最大出力42PS
最大トルク3.0kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1380mm
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)2090×755×1070
シート高780mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費41.3km/ℓ
実燃費26km/ℓ
実燃費での航続可能距離364km
最高速170km/h
パワーウエイトレシオ4.02kg/ps
トルクウエイトレシオ56.3kg/kgf・m
パワー円レシオ15,583円/PS

XJR400R ヤマハ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


ホンダCB400SFのライバル車でいかにもネイキッドらしいネイキッドです。CBは水冷ですが、XJR400Rは空冷と差別化ができています。

おしゃれなバイクのイメージがあるヤマハが出した、珍しく無骨ばバイクです。


価格662550円
エンジン空冷直列4気筒
排気量399cc
車両重量199kg
始動方法セル
最大出力53PS
最大トルク3.6kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1435mm
キャスター角26°
全長×全幅×全高(mm)2025×735×1090
シート高760mm
燃料タンク容量18ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費31km/ℓ
実燃費19km/ℓ
実燃費での航続可能距離342km
最高速183km/h
パワーウエイトレシオ3.75kg/ps
トルクウエイトレシオ55.2kg/kgf・m
パワー円レシオ12,500円/PS

Z400 カワサキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


ニンジャ400のカウルなしバージョンで車体はZ250と共通になっています。コンパクトな車体のパワフルなエンジンを積んでいるので運動性のも高く走りを楽しめるバイクです。

並列2気筒の軽さを生かして4気筒モデルに食らいついているランキングになっています。

価格682000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量398cc
車両重量166kg
始動方法セル
最大出力48PS
最大トルク3.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1370mm
キャスター角24.5°
全長×全幅×全高(mm)1990×800×1055
シート高785mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32km/ℓ
実燃費24km/ℓ
実燃費での航続可能距離336km
最高速171km/h
パワーウエイトレシオ3.45kg/ps
トルクウエイトレシオ42.5kg/kgf・m
パワー円レシオ14,208円/PS

ER-4n カワサキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


モデルチェンジ前のニンジャ400Rのカウルなしバージョン。ヨーロッパで流行っていたストリートファイターのスタイルを感じさせるスタイリッシュなデザイン。

兄弟車のニンジャ400Rはモデルチェンジしたにも関わらず、ER-4nはモデルチェンジせずにそのまま引退となりました。

かなり珍しい他の人と被るのが嫌な方にはおすすめです。

価格629,000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量399cc
車両重量203kg
始動方法セル
最大出力44PS
最大トルク3.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1405mm
キャスター角24.3°
全長×全幅×全高(mm)2100×760×1100
シート高785mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37km/ℓ
実燃費25km/ℓ
実燃費での航続可能距離375km
最高速167km/h
パワーウエイトレシオ4.61kg/ps
トルクウエイトレシオ53.4kg/kgf・m
パワー円レシオ14,295円/PS

ZEPHER χ カワサキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


ZEPHERの意味は「風」。1989年の発売当初は見向きもされなかったバイクですが、実質的にそれまで大流行していたレーサーレプリカブームに終止符を打った1台になりました。バイク業界の新しい風を吹き起こしたということですね。

最近のバイクは排気量の大きいものから順にダウンサイズされていく流れですが、ZEPHERは最初に400が発売され、その後750、1100と続いていきました。今では考えられませんね。

古い車種ではありますが、歴史を変えたと言ってもいい名車なので興味のある方は検討してもいて下さい。

価格655000円
エンジン空冷直列4気筒
排気量399cc
車両重量186kg
始動方法セル
最大出力53PS
最大トルク3.6kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1440mm
キャスター角27°
全長×全幅×全高(mm)2085×745×1100
シート高775mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40km/ℓ
実燃費18km/ℓ
実燃費での航続可能距離270km
最高速190km/h
パワーウエイトレシオ3.50kg/ps
トルクウエイトレシオ51.6kg/kgf・m
パワー円レシオ12,358円/PS

ZRX400 カワサキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


ZEPHERで成功を収めたカワサキがZZR400のエンジンを使って出したネイキッドバイクがZRX400。

ビキニカウルがあるので通常のネイキッドよりも高速道路が特異です。

こちらも古いバイクですが人気車種だったので良いものがまだ残っていることがあります。

価格609000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量399cc
車両重量187kg
始動方法セル
最大出力53PS
最大トルク3.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1450mm
キャスター角27°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2075×745×1135
シート高770mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費36.5km/ℓ
実燃費18km/ℓ
実燃費での航続可能距離270km
最高速183km/h
パワーウエイトレシオ3.52kg/ps
トルクウエイトレシオ49.2kg/kgf・m
パワー円レシオ11,490円/PS

GLADIUS400 スズキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


キャッチコピーは「美しさの中に宿る、鼓動。」

少し丸みを帯びたかっこよくも可愛らしいデザインは女性にも人気です。

開発費が安い並列2気筒のネイキッドはたくさんあり、ありふれていますがGLADIUS400はVツイン。ちょっと変わった400に乗りたい方にはおすすめです。

価格831600円
エンジン水冷V型2気筒
排気量399cc
車両重量206kg
始動方法セル
最大出力55PS
最大トルク4.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1455mm
キャスター角25°00‘
全長×全幅×全高(mm)2130×760×1090
シート高785mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40km/ℓ
実燃費28km/ℓ
実燃費での航続可能距離392km
最高速198km/h
パワーウエイトレシオ3.74kg/ps
トルクウエイトレシオ50.2kg/kgf・m
パワー円レシオ15,120円/PS

GOOSE350 スズキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】



これは完全に僕の趣味で載せているので無視してもらってかまいません。このバイク好きです。

キャッチコピーは「直線は退屈だ」です。

価格569000円
エンジン空冷単気筒
排気量348cc
車両重量160kg
始動方法セル
最大出力33PS
最大トルク3.3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1350mm
キャスター角25°
全長×全幅×全高(mm)1995×710×1055
シート高770mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費不明
実燃費22km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km
最高速150km/h
パワーウエイトレシオ4.84kg/ps
トルクウエイトレシオ48.4kg/kgf・m
パワー円レシオ17,242円/PS

GSR400 スズキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】



GSR400の最大の魅力は他の追随をゆるさないほどの馬力の高さです。

すべての400ccバイク史上最強の馬力を誇ります。4気筒なのに現行の2気筒や単気筒よりもトルクがあります。

価格885600円
エンジン水冷直列4気筒
排気量398cc
車両重量215kg
始動方法セル
最大出力61PS
最大トルク4kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1435mm
キャスター角25°15 ‘
全長×全幅×全高(mm)2090×795×1075
シート高785mm
燃料タンク容量16ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32km/ℓ
実燃費21km/ℓ
実燃費での航続可能距離336km
最高速195km/h
パワーウエイトレシオ3.52kg/ps
トルクウエイトレシオ53.7kg/kgf・m
パワー円レシオ14,518円/PS

SV400 スズキ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


SV400はアルミトラスフレーム&アルミスイングアームという豪華装備のお陰で超軽量ネイキッドになっています。更に数少ないVツインですので運動性能はかなりのもの。

V2ツイン、トラスフレームなのでホンダのVTRに似ていますね。VTRと違って乗っている人は少ないので人とかぶることが嫌な方にもいいかもしれません。

価格559000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量399cc
車両重量184kg
始動方法セル
最大出力53PS
最大トルク4.2kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1430mm
キャスター角25°00 ‘
全長×全幅×全高(mm)2070×750×1060
シート高785mm
燃料タンク容量16ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37km/ℓ
実燃費23km/ℓ
実燃費での航続可能距離368
最高速185km/h
パワーウエイトレシオ3.47kg/ps
トルクウエイトレシオ43.8kg/kgf・m
パワー円レシオ10,547円/PS

Scrambler Sixty2 スクランブラー シックスティー2 ドカティ【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


スクランブラーとは簡単に言うと「昔のオフロード車」です。ドカティが初めてスクランブラータイプのバイクを発表したのが1962年でしたので、それにちなんでSixty2という車名になっています。

普通自動二輪免許で乗ることができるドカティは僕の知る限り400SSとモンスター400と合わせて3台だけなのでとても希少な400ドカティです。

価格920000円
エンジン空冷L型2気筒
排気量399cc
車両重量183kg
始動方法セル
最大出力40PS
最大トルク3.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角24°
全長×全幅×全高(mm)
2150×850×1165
シート高770mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費25km/ℓ
実燃費での航続可能距離350km
最高速160km/h
パワーウエイトレシオ4.57kg/ps
トルクウエイトレシオ52.2kg/kgf・m
パワー円レシオ23,000円/PS

G310R BMW【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


普通自動二輪免許で乗れるBMWはこのバイクが出るタイミングまではスクータータイプのみだったので画期的なモデルです。

BMWらしさがない単気筒エンジンではありますが、BMWは高級な大型バイクを作っているというイメージを覆す意欲作であることに違いはありません。「BMWに乗りたいから乗る」のではなく「面白いバイクを探していたらたまたまBMW」だっとという感じのテンションで乗るとすっごくいいような感じがします。

価格623000円
エンジン水冷単気筒
排気量313cc
車両重量159kg
始動方法セル
最大出力34PS
最大トルク2.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1380mm
キャスター角25.1°
全長×全幅×全高(mm)2000×820×1070
シート高785mm
燃料タンク容量11ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費30km/ℓ
実燃費28km/ℓ
実燃費での航続可能距離308km
最高速160km/h
パワーウエイトレシオ4.67kg/ps
トルクウエイトレシオ56.7kg/kgf・m
パワー円レシオ18,323円/PS

DUKE390 KTM【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


125から390までの「スモールDUKEシリーズ」は共通の車体を使っているのですが、さすがに125ccも使われている車体に390cc(正確には373.2cc)のエンジンを積むにはかなり無理があったようで・・・。かなり無理矢理積んでいます。125から始まったスモールDUKEシリーズなので、うん、フレームと干渉するエキパイをへこませて無理やり積んでいます。フレームをへこませるほうじゃなくてよかったです・・・。

ということで、このサイズの車体に詰めるエンジンを超えているバイクなので「軽さ」「コンパクトさ」はこれ以上ないでしょう。

ネイキッドというよりもむしろモタード的な走り方が得意そうな印象で、海外勢の400クラスネイキッドの中では最も完成度が高いと思います。


価格620000円
エンジン水冷単気筒
排気量373.2cc
車両重量149kg
始動方法セル
最大出力44PS
最大トルク3.7kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1357mm
キャスター角25°
全長×全幅×全高(mm)2029×1267×836
シート高830mm
燃料タンク容量13.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費記載なし
実燃費27km/ℓ
実燃費での航続可能距離364.5km
最高速167km/h
パワーウエイトレシオ3.38kg/ps
トルクウエイトレシオ40.2kg/kgf・m
パワー円レシオ14,090円/PS

VITPILEN 401(ヴィットピレン401) / SVARTPILEN 401ハスクバーナ | Husqvarna【400ccネイキッドバイクおすすめの車種】


エンジンはDUKE390と同じものですがタンク容量が極端に小さいなどの違いがあります。

オフロードバイクで有名なハスクバーナは現在KTM傘下ですが、BMW傘下になったときにNUDAというBMW F800をベースにしたオンロードモデルを作っていました。

KTMの傘下になってDUKEシリーズで同じことを行ったということかと思います。

VARTPILEN(スヴァルトピレン)はスウェーデン語で「黒い矢」という意味で、世の中黒がいれば白があるわけで、「白い矢」がVITPILEN(ヴィットピレン)と言います。


「黒い矢」のSVARTPILEN(スヴァルトピレン)はバーハンドルでオフロードタイヤを履いています。「白い矢」のVITPILEN(ヴィットピレン)はセパハンでオンロードタイヤを履いています。


この記事では日本でデビューしているSVARTPILEN401について掲載しています。

価格777000円
エンジン水冷単気筒
排気量373cc
車両重量152kg
始動方法セル
最大出力44PS
最大トルク3.7kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1357mm
キャスター角25°
全長×全幅×全高(mm)不明
シート高835mm
燃料タンク容量9.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費記載なし
実燃費27km/ℓ(DUKEから)
実燃費での航続可能距離256.5km
最高速167km/h(DUKEから)
パワーウエイトレシオ3.45kg/ps
トルクウエイトレシオ41.0kg/kgf・m
パワー円レシオ17,659円/PS

HONDA XR400モタード

価格600000円
排気量397cc
車両重量145kg
始動方法セル
最大出力30PS
最大トルク3.4kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1450mm
キャスター角26°50´
全長×全幅×全高(mm)2140×810×1140
シート高855mm
燃料タンク容量9.7ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費36km/ℓ
実燃費28km/ℓ
実燃費での航続可能距離271.6km
最高速141km/h
パワーウエイトレシオ4.83kg/ps
トルクウエイトレシオ42.6kg/kgf・m
パワー円レシオ20,000円/PS


海外モデルだったXR400をベースにしたモタードです。

SUZUKI DR-Z400SM

価格628000円
排気量398cc
車両重量133kg
始動方法セル
最大出力40PS
最大トルク4.0kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1460mm
キャスター角26°15′
全長×全幅×全高(mm)2225×850×1185
シート高870mm
燃料タンク容量10ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40km/ℓ
実燃費24km/ℓ
実燃費での航続可能距離240km
最高速150km/h
パワーウエイトレシオ3.325kg/ps
トルクウエイトレシオ33.25kg/kgf・m
パワー円レシオ15,700円/PS


DR-Z400Sをベースにしたモタードです。

各数字がかなり圧倒的です。とてもいいです。乗ってみたいです。

シャドウ400

価格629,000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量398cc
車両重量248kg
始動方法セル
最大出力33PS
最大トルク3.5kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1620mm
キャスター角34°
全長×全幅×全高(mm)2450×925×1085
シート高675mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費34km/ℓ
実燃費21km/ℓ
実燃費での航続可能距離294km
最高速160km/h
パワーウエイトレシオ7.51kg/ps
トルクウエイトレシオ70.8kg/kgf・m
パワー円レシオ19,060円/PS
数字はシャドウ400

シャドウ400は後述するスティード400の後継機種です。

ライバル車種のドラッグスターやイントルーダーがリジット風サスであったのに対してシャドウはツインサスであったためかイマイチ人気が出ないモデルでした。とはいえそれまではなかったクラシックタイプのアメリカンですので人気車種ではあります。

キャブとインジェクション、それぞれでクラシックライプとそうでないタイプを選べるので同じ車種でも選択肢が多いバイクです。

そんなシャドウ400は派生モデルがたくさんあり少し分かりづらいので簡単にまとめます。

シャドウ400

1997年
スティード400の後継車種として発売されたクラシックアメリカンバイクで、スティードに使用されていたリジット風のサスを廃止して、より重厚感を演出できるツインサスを採用しました。それまでのアメリカンバイクよりもフェンダー類を大きくすることで迫力を出しました。その後国産のアメリカンバイクはクラシックタイプが主流になっていったような気がします。ある意味アメリカンバイクの舵をきった車種と言えます。

シャドウスラッシャー400

2000年
前輪が19インチ化し、クラシックだったデザインが一転して軽い感じのデザインになりました。モデルチェンジではなく、あくまでもシャドウ400と併売されました。

シャドウ400クラシック

2008年
排ガス規制をクリアするためにインジェクションになったのがシャドウクラシックです。名前の通りクラシックタイプなので初代シャドウ400のインジェクションバージョンと言う感じです。

シャドウ400カスタム

2008年
シャドウクラシックと同じく、シャドウスラッシャーのインジェクションバージョンという位置づけのバイクです。

スティード400

価格599000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量398cc
車両重量215kg
始動方法セル
最大出力31PS
最大トルク3.3kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1600mm
キャスター角35°
全長×全幅×全高(mm)2310×890×1120
シート高670mm
燃料タンク容量11ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費36km/ℓ
実燃費21km/ℓ
実燃費での航続可能距離231km
最高速154km/h
パワーウエイトレシオ6.93kg/ps
トルクウエイトレシオ65.1kg/kgf・m
パワー円レシオ19,322円/PS


1988年発売のスティードはアメリカの会社と共同制作された、日本製なんだけどアメリカの設計思想が多く入っているアメリカンらしいアメリカンです。日本の刀鍛冶が打った日本刀みたいな感じでここらへんが他の日本製アメリカンとの差別化を図れる部分かなと思います。

さすが本場の思想が入っているだけあって、日本車で初めてリジット風のサスが導入されて多くの支持を受けました。このリジット風のサスは次の世代のアメリカンである他メーカーのドラッグスターやイントルーダーには取り入れられましたがSTEEDの後継者種であるシャドウには採用されず、そのせいかシャドウは他の車種より人気が出ないというモデルになってしまいました。

それだけリジット風のサスが当時はマストパーツだったのでしょう。


人気が出た理由はもう一つあって、それは「カスタムベースとして優れていた」ということです。カスタムする余白を残したようなデザインですのでユーザーのカスタム熱をいい感じに刺激したおかげで街にはカリカリにカスタムされたSTEEDが多く走っていました。


「なんだあの原型とどめてないアメリカンは?」と思うとだいたいSTEEDでした。現在中古で流通しているものの多くがカリカリにカスタムされたものなので考え方によってはコスパがいいです。カスタム車両は販売価格が安いことが多いですしね。


16年間も販売されていた息の長い車種です。古い車種ではありますが、予算が限られているけどカスタム車両に乗りたいという方におすすめかもしれません。

ドラッグスター400

価格649000円
エンジン空冷V型2気筒
排気量399cc
車両重量234kg
始動方法セル
最大出力30PS
最大トルク3.2kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1610mm
キャスター角35°
全長×全幅×全高(mm)2340×840×1065
シート高660mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類
レギュラー
カタログスペック燃費39km/ℓ国土交通省届出値
実燃費23km/ℓ
実燃費での航続可能距離345km
最高速150km/h
パワーウエイトレシオ7.8kg/ps
トルクウエイトレシオ73.1kg/kgf・m
パワー円レシオ21,633円/PS

レーサーレプリカブーム終焉後、ネイキッドブームと並行して起こっていたアメリカンブームの中心車種といってもいいかもしれません。ブームの中で最も売れたのがドラッグスター400です。現在でもクラシックアメリカンのド定番として人気があります。

アメリカンの伝統的なスタイルを守りつつ当時の走行性能を付与しているのでそういった意味では最もバランス取れているのかもしれません。


シャドウ同様、クラシックタイプとそうではないタイプの2種類の展開があります。

ベースモデルがシンプルでカスタムベースとしての余白を残しているのに対してクラシックモデルは

  • 大型のフェンダー
  • 大型のウインカー
  • 大型のヘッドライト
  • メッキパーツの追加
  • 太いフロントタイヤ
  • 幅が広いハンドル
  • フットボード


を装着してよりファットに大きさを演出して、そのままカスタムなしで乗り出しても良い仕様にしたてられています。


キビキビ走りたい方はベースモデル、ゆったり走りたい方はクラシックモデルがおすすめかもしれません。

チェーン駆動ではなくシャフトドライブ駆動なのでメンテナンスフリーなのもとてもありがたいです。人気の車種なので中古車価格も高めですが、これに乗っておけば間違いないという安定した車種でもあります。生産中止になったのが2017年と割と最近なので維持のためのパーツは安心できます。

イントルーダークラシック

価格659,000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量399cc
車両重量275kg
始動方法セル
最大出力33PS
最大トルク3.4kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1655mm
キャスター角33°20’
全長×全幅×全高(mm)2500×955×1110
シート高700mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費33km/ℓ
実燃費23km/ℓ
実燃費での航続可能距離345km
最高速162km/h
パワーウエイトレシオ8.33kg/ps
トルクウエイトレシオ80.8kg/kgf・m
パワー円レシオ19,969円/PS

ドラッグスター対抗馬としてスズキが発売したクラシックタイプの車種です。

  • クラシックデザイン
  • 水冷
  • シャフトドライブ


という点はドラグスターと同じです。シートに鋲が打ってあり、よりクラシック感を演出しています。ヤマハがシンプルなドラッグスターとクラシカルはドラッグスタークラシックと分けたのに対して、スズキはクラシカルなイントルーダーと都会的なブルーバード400という選択ができる展開にしていました。

唯一ドラッグスターが持っていないパーツといってもいい「リジット風のサス」を備えているので通なユーザーに好まれました。重厚感やクラシックアメリカン感ではドラッグスターよりも上回っていると思います。完成度でいえば400クラストップだと思いますが何故かドラッグスターほどの人気は出ませんでした。というか比較的マイナー車種の部類に入ってしまうバイクです。たぶんスズキだからです。

生産終了が2016年と割と最近なので有力な現実的な候補となると思います。

ブルーバード400

価格699,000円
エンジン水冷V型2気筒
排気量399cc
車両重量267kg
始動方法セル
最大出力33PS
最大トルク3.4kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1655mm
キャスター角33°20’
全長×全幅×全高(mm)2420×890×1105
シート高700mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費33km/ℓ
実燃費23km/ℓ
実燃費での航続可能距離345km
最高速162km/h
パワーウエイトレシオ80.9kg/ps
トルクウエイトレシオ78.5kg/kgf・m
パワー円レシオ21,181円/PS

いかにもスズキのアメリカンと言う風貌のバイクです。

  • 倒立フォーク
  • ビキニカウル
  • シングルシートカウルカバー


など他のアメリカンにはない、スズキらしさ全開の感じがとても好印象です。この独創的なスタイルは「ハーレーを頂点としたアメリカン像」をもったユーザーには受け入れられず不人気車になってしまいました。ごく一部のスズキファンやハーレーを頂点としないアメリカン像をもったユーザーからは絶大な支持を受けています。

他のアメリカンよりもカスタムパーツは少ないですがカスタムをして見た目を変える必要が無い車種なので問題ないかと思います。マフラー音も控えめで社外マフラーも非常に限られているので上品に乗るアメリカンなんだと思います。

唯一無二のスタイルが気に入った方にはおすすめかもしれません。

バルカンクラシック

価格不明
エンジン水冷V型2気筒
排気量399cc
車両重量234kg
始動方法セル
最大出力33PS
最大トルク3.3kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1605mm
キャスター角32°
全長×全幅×全高(mm)2375×930×1130
シート高705mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費42km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離300km
最高速164km/h
パワーウエイトレシオ7.09kg/ps
トルクウエイトレシオ70.9kg/kgf・m
パワー円レシオ不明

カワサキから出ていたクラシックタイプのアメリカンです。
車体は800CCのバルカンと共通なのでとても大きく感じます。リジット風のサスではありますが、駆動がチェーンですので、ドラッグスターとの比較では「サスか駆動形式か」という部分になってくると思います。イントルーダーには機能性能の部分では劣るのかなぁと思ってしまいます。

CBR400R ホンダ【おすすめの400ccスポーツバイク】


ネイキッドのCB400F、アドベンチャーの400Xと中身は同じです。厳密にはCBR400Rが最初にで出たので2台の中身がCBR400Rと同じです。

レーサーレプリカブームのときにもCBR400Rというバイクが存在しましたが、そのバイクとは全くの別物です。

価格898500円
エンジン水冷並列2気筒
排気量399cc
車両重量192kg
最大出力46PS
最大トルク3.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1410mm
キャスター角25°30′
全長×全幅×全高(mm)2080×755×1145
シート高785mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費41.0km/L
実燃費29km/L
実燃費での航続可能距離493km
最高速167km/h
パワーウエイトレシオ4.17kg/ps
トルクウエイトレシオ49.2kg/kgf・m
パワー円レシオ19,532円/PS

YZF-R3 ヤマハ【おすすめの400ccスポーツバイク】


YZF-R3はR25の後に発売されたバイクで、R25が日本の車検制度に合わせた日本向けのバイクである一方でR3はヨーロッパの免許制度を意識したグローバルモデル。


単純にR25のエンジンをボアアップしたので排気量に対する車重が軽くなりR25よりも運動性能は高いと言えます。


価格687500円
エンジン水冷r並列2気筒
排気量320cc
車両重量170kg
最大出力42PS
最大トルク3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1380mm
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)2090×730×1140
シート高780mm
燃料タンク容量14L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費41.3km/L
実燃費28km/L
実燃費での航続可能距離392km
最高速170km/h
パワーウエイトレシオ4.04kg/ps
トルクウエイトレシオ56.6kg/kgf・m
パワー円レシオ16,369円/PS

Ninja400R カワサキ【おすすめの400ccスポーツバイク】


現在のスポーツバイクブーム(レーサーレプリかブームから完全に衰退したスポーツバイクカテゴリのある程度の復活)のきっかけになったNinja250Rの400cc版。

R25とR3の関係のように「エンジンだけを大きくした」というわけではなく、海外モデルのER-6fというバイクを400cc版でした。

ER-4fという名前で販売するよりもNinja250Rの上位モデルと思わせるネーミングの方が販売台数が見込めたのだと思います。

価格649000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量399cc
車両重量203kg
最大出力44PS
最大トルク3.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1410mm
キャスター角25
全長×全幅×全高(mm)2100×760×1200
シート高790mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37.0km/L
実燃費23km/L
実燃費での航続可能距離345km
最高速167km/h
パワーウエイトレシオ4.61kg/ps
トルクウエイトレシオ53.4kg/kgf・m
パワー円レシオ14,750円/PS

Ninja400 カワサキ【おすすめの400ccスポーツバイク】


Ninja400Rの後継モデル。


価格726000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量398cc
車両重量167kg
最大出力48PS
最大トルク3.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1370mm
キャスター角24°70′
全長×全幅×全高(mm)1990×710×1120
シート高785mm
燃料タンク容量14L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32.0km/L
実燃費25km/L
実燃費での航続可能距離350km
最高速167km/h
パワーウエイトレシオ3.47kg/ps
トルクウエイトレシオ42.8kg/kgf・m
パワー円レシオ15,125円/PS

RC390 KTM【おすすめの400ccスポーツバイク】



クラス唯一の単気筒エンジンを持つRC390はmoto3マシンRC250Rのレーサーレプリカともいえるバイク。

RC125と同じ車体に373.2ccのエンジンを積んでいるので車体が軽く扱いやすい。エンジンは大人気モデルDUKE390と共通ながらポジションなどはスポーツ走行向けになっているので、サーキット走行やワインディングをより楽しみたい方はDUKEよりもRCの方が向いていると言えます。


価格679000円
エンジン水冷単気筒
排気量373.2cc
車両重量158kg
最大出力44PS
最大トルク3.57kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1355mm
キャスター角66.5°
全長×全幅×全高(mm)1995×705×1099
シート高820mm
燃料タンク容量9.5L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費28km/L
実燃費での航続可能距離266km
最高速172km/h
パワーウエイトレシオ3.59kg/ps
トルクウエイトレシオ44.2kg/kgf・m
パワー円レシオ15,431円/PS

CBR400RR ホンダ【400ccレーサーレプリカ】


レーサーレプリカブームは2ストローク250ccと4ストロークの400ccを中心に動いていましたが、400ccの中心にであり続けたのがCBR400RRです。

V4エンジンを積んだ本格的なレーサーレプリカVFR400Rと併売されていたためCBR400RRは比較的ストーリト、ツーリング寄りの作りになっており、幅広い層に受け入れられました。

バイク太郎

「比較的」と言っても現在のバイクと比べたら比較にならないくらいの性能を持っているよ。

価格699000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量399cc
車両重量180kg
最大出力53PS
最大トルク3.6kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1365mm
キャスター角24°30′
全長×全幅×全高(mm)1990×670×1080
シート高750mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32.0km/L
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離270km
最高速206km/h
パワーウエイトレシオ3.39kg/ps
トルクウエイトレシオ50kg/kgf・m
パワー円レシオ13,188円/PS

VFR400R ホンダ【400ccレーサーレプリカ】


レーサーレプリカブーム、バブル経済だったから作ることができたV型4気筒の400cc。

バックトルクリミッター、アルミフレーム、プロアーム、1速で100km/hまで引っ張れるなどエンジン以外にも見どころ満載。

僕にとっては走る曲がる止まる転ぶを教えてくれた師匠的なバイクでもあります。

価格749000円
エンジン水冷V型4気筒
排気量399cc
車両重量185kg
最大出力59PS
最大トルク4kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1345mm
キャスター角25°20′
全長×全幅×全高(mm)1985×705×1075
シート高755mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費37.0km/L
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離285km
最高速202km/h
パワーウエイトレシオ3.13kg/ps
トルクウエイトレシオ46.2kg/kgf・m
パワー円レシオ12,694円/PS

RVF400 ホンダ【400ccレーサーレプリカ】


VFR400Rの後継車種。コーナリング性能がより上がったともっぱらの噂。

中排気量最後のV4エンジンを積んだバイクです。


価格780000円
エンジン水冷V型4気筒
排気量399cc
車両重量183kg
最大出力53PS
最大トルク3.7kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1335mm
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)1985×685×1065
シート高765mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費30.0km/L
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離240km
最高速204km/h
パワーウエイトレシオ3.45kg/ps
トルクウエイトレシオ49.4kg/kgf・m
パワー円レシオ14,716円/PS

FZR400RR ヤマハ【400ccレーサーレプリカ】


YZF400のレプリカ。レーサー直径のバイクで上位車種にFZR400RR SPというモデルもありました。

価格739000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量399cc
車両重量185kg
最大出力53PS
最大トルク3.7kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1365mm
キャスター角24°00′
全長×全幅×全高(mm)1975×705×1090
シート高760mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離255km
最高速205km/h
パワーウエイトレシオ3.49kg/ps
トルクウエイトレシオ50kg/kgf・m
パワー円レシオ13,943円/PS

GSX-400R スズキ【400ccレーサーレプリカ】


ポジションがすごくきつくて魅力的なバイク。他の車種の人気がすごすぎてちょっと存在感がないですが、もっとも「レーサー」を意識したレーレプらしいバイクという噂もあります。

価格739000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量398cc
車両重量190kg
最大出力53PS
最大トルク3.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1375mm
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)1995×710×1060
シート高750mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費不明
実燃費15km/L
実燃費での航続可能距離240km
最高速184km/h
パワーウエイトレシオ3.58kg/ps
トルクウエイトレシオ50kg/kgf・m
パワー円レシオ13,943円/PS

ZXR400 カワサキ【400ccレーサーレプリカ】


日本では馬力規制のせいで53馬力でしたが、海外では65馬力で販売されていました。この記事内では最高速度で最速になっています。

価格739000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量398cc
車両重量183kg(概算)
最大出力53PS
最大トルク3.6kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1385mm
キャスター角23°30′
全長×全幅×全高(mm)1995×710×1080
シート高760mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費不明
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離304km
最高速210km/h
パワーウエイトレシオ3.45kg/ps
トルクウエイトレシオ50.8kg/kgf・m
パワー円レシオ13,943円/PS

ZZR400 カワサキ【おすすめの400ccツアラーバイク】


車体は海外モデルのZZR600と共通なのでホイールベースが長く、車重も重いまさに「ツアラー」の特徴を持っています。

荷掛けフックや小物入れなどもついていて、最初からロングツーリングに便利な仕様になっています。

400ccでツアラーと呼べる車種はあとにもさきにもこの1台。

価格659000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量399cc
車両重量222kg
最大出力53PS
最大トルク3.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1430mm
キャスター角24°30′
全長×全幅×全高(mm)2070×695×1175
シート高780mm
燃料タンク容量18L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費35.0km/L
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離306km
最高速181km/h
パワーウエイトレシオ4.18kg/ps
トルクウエイトレシオ58.4kg/kgf・m
パワー円レシオ12,433円/PS

シルバーウィングGT400 ホンダ【おすすめの400ccビッグスクーター】


シルバーウイング400の排ガス規制をクリアさせるついでに「GT」にモデルチェンジした。併売されていたシルバーウイング600もシルバーウイングGT600として再出発をしました。

価格799200円
メットイン容量55ℓ
エンジン水冷並列2気筒
排気量398cc
車両重量252kg
最大出力39PS
最大トルク3.8kgf・m
ホイールベース1600mm
キャスター角28°30´
全長×全幅×全高(mm)2285×770×1430
シート高730mm
燃料タンク容量16L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32.0km/L
実燃費23km/L
実燃費での航続可能距離368km
最高速150km/h
パワーウエイトレシオ6.46kg/ps
トルクウエイトレシオ66.3kg/kgf・m
パワー円レシオ20,492円/PS

グランドマジェスティ400 ヤマハ 【おすすめの400ccビッグスクーター】


ビッグスクターブームの中心にいたマジェスティCでユーザーの低年齢化が進んだので平均年齢を上げるために投入された(と僕は思っている)グランドマイェスティ250の400cc版。

ヤマハの狙い通り、ビッグスクーターブームに熱狂していたハナタレどもはちょっと大人な雰囲気のグランドマジェスティを「ちょっと何か違うもの」と認識して相変わらず5連メーターのマジェスティCに乗っていました。


価格630000円
メットイン容量60ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量394cc
車両重量221kg
最大出力31PS
最大トルク3.4kgf・m
ホイールベース1565mm
キャスター角27°00′
全長×全幅×全高(mm)2230×780×1380
シート高760mm
燃料タンク容量14L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32.0km/L
実燃費24km/L
実燃費での航続可能距離336km
最高速136km/h
パワーウエイトレシオ7.12kg/ps
トルクウエイトレシオ65kg/kgf・m
パワー円レシオ20,322円/PS

トリシティ300 ヤマハ【おすすめの400ccビッグスクーター】


ヨーロッパ向けのXMAX300のエンジンをベースにしている三輪バイク。停車時に使う「スタンディングアシスト」という機能がついていますが、あくまでもアシストであって、立ちゴケしないわけではないのでご注意を。

トリシティシリーズもナイケンもそうですが三輪バイクは本当に迫力がありますね。

キャスターがめちゃくちゃ立っているのは三輪の特徴ですね。

価格957000円
メットイン容量45ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量292cc
車両重量237kg
最大出力29PS
最大トルク3kgf・m
ホイールベース1595mm
キャスター角20°00′
全長×全幅×全高(mm)2250×815×1470
シート高795mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費38.4km/L
実燃費32km/L
実燃費での航続可能距離416km
最高速138km/h
パワーウエイトレシオ8.17kg/ps
トルクウエイトレシオ79kg/kgf・m
パワー円レシオ33,000円/PS

バーグマン400 スズキ【おすすめの400ccビッグスクーター】


海外モデルのスカイウエイブの名前「バーグマン」の名前を付けたスカイウエイブのモデルチェンジ版。一郎が海外に言ってichiroになり、帰国後もichiroを名乗っている感じ。感じ?

シートやリア周りにイチロー時代の名残がありますね。

価格814000円
メットイン容量42ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量399cc
車両重量215kg
最大出力31PS
最大トルク3.7kgf・m
ホイールベース1580mm
キャスター角25°00′
全長×全幅×全高(mm)2235×765×1350
シート高755mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費26.5km/L
実燃費22km/L
実燃費での航続可能距離286km
最高速135km/h
パワーウエイトレシオ6.93kg/ps
トルクウエイトレシオ58.1kg/kgf・m
パワー円レシオ26,258円/PS

スカイウェイブ400 スズキ【おすすめの400ccビッグスクーター】


ビッグスクーターブーム時もバリバリにラインナップされていましたが、ユーザーは車検代をケチってカスタム代にバイト代をつぎ込む様な連中だったので400ccクラスは割と無事でした。

okomoto

僕もそんな「連中」の1人だったのでこんな書き方をしています。


ただでさえ人気のないスカイウエイブでしたので、その400ccであれば余計に無事でした。

okomoto

僕はスカイウエイブ250に乗っていたのでこんな書き方をしています。

価格599000円
メットイン容量63ℓ
エンジン水冷単気筒
排気量399cc
車両重量227kg
最大出力31PS
最大トルク3.4kgf・m
ホイールベース1585mm
キャスター角25°20’
全長×全幅×全高(mm)2270×825×1385
シート高710mm
燃料タンク容量13L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費32.0km/L
実燃費25km/L
実燃費での航続可能距離325km
最高速131km/h
パワーウエイトレシオ7.32kg/ps
トルクウエイトレシオ66.7kg/kgf・m
パワー円レシオ19,322円/PS

GB350 ホンダ【400ccクラシックバイクのおすすめ】


インドで先行販売されていたハイネス350というバイクが名前を変え「GB350」となって販売されました。

長らく空白だった250ccクラシックカテゴリに待望の新車種投入です。

しばらくスポーツタイプの人気が続いていた250クラスですが、レブル250のヒットにより「スポーツタイプ以外の需要半端ないかも」とメーカーが気づいてくれたのだと思います。


諸元はハイネス350のものを記載しています。詳しい諸元が発表されたら更新します。多分忘れるのでコメントから「発表されてるよ。忘れてるよ。」とお声がけ頂けると嬉しいです。

価格550000円(予想値)
エンジン空冷単気筒
排気量348.3cc
車両重量181kg
最大出力21.0PS
最大トルク3.06kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1441mm
キャスター角27°05′
全長×全幅×全高(mm)2163×800×1107
シート高800mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類レギュラー(のはず)
カタログスペック燃費不明
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ8.61kg/ps
トルクウエイトレシオ59.1kg/kgf・m
パワー円レシオ26,190円/PS
数字はハイネス350

CB400SS ホンダ【400ccクラシックバイクのおすすめ】


SSはスーパースポーツではなく、スタンダード・シングル。

いかにも「バイク」というデザイン・・・というかSR的なデザイン。終いには「セルつきのSR」などと言われていました。

性能的にはSRよりも軽いので操作性は良さそうですが、このタイプのバイクを好む方は「カスタムパーツが超豊富なSR」を選んでいたと思います。

CB400SSは単気筒ですが、4バルブなのでエンジンからエキパイが2本出ています。パッと見並列2気筒に見えます。

価格513450円
エンジン空冷単気筒
排気量397cc
車両重量159kg
最大出力29PS
最大トルク3.2kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1405mm
キャスター角28°00′
全長×全幅×全高(mm)2165×780×1125
シート高790mm
燃料タンク容量11L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費39km/L
実燃費23km/L
実燃費での航続可能距離253km
最高速142km/h
パワーウエイトレシオ5.48kg/ps
トルクウエイトレシオ49.6kg/kgf・m
パワー円レシオ17,705円/PS

SR400 ヤマハ【400ccクラシックバイクのおすすめ】


言わず知れた中型クラシックタイプ地球代表。とは言え、もともとはトラッカー、スクランブラー的な立ち位置でデビューしたバイクです。

クラシックのまま乗っても良し、アメリカン、トラッカー、カフェレーサーなど色んなバイクに変身できるバイクです。

カスタムパーツ点数でいうと一番?日本でもっともカスタムされた車両ではないかと思っています。

ライバル車はCB400SSですが、「カスタムしたい人はSR」「そのままかライトカスタムで乗る人はCB400SS」という感じで住み分けていたような気がします。

SRの方が圧倒的に人気でしたが・・・。

価格605000円
エンジン空冷単気筒
排気量399cc
車両重量175kg
最大出力24PS
最大トルク2.9kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1410mm
キャスター角27°40′
全長×全幅×全高(mm)2085×750×1110
シート高790mm
燃料タンク容量12L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40.7km/L
実燃費26km/L
実燃費での航続可能距離312km
最高速148km/h
パワーウエイトレシオ7.29kg/ps
トルクウエイトレシオ60.3kg/kgf・m
パワー円レシオ25,208円/PS

W400 カワサキ【400ccクラシックバイクのおすすめ】


W650と同じが意見を持っているW400はシート高を低くし、女性ユーザー獲得した人気のモデルです。

SRのようにカスタムベースにはなりにくく、ノーマルでしっとり乗るような使い方をしている方が多かったように思います。

ある意味クラシックバイクにふさわしいともいえるバーチカルツインエンジンを積んでいます。

価格628950円
エンジンバーチカルツイン
排気量399cc
車両重量193kg
最大出力29PS
最大トルク3kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1460mm
キャスター角27°
全長×全幅×全高(mm)2175×855×1115
シート高765mm
燃料タンク容量14L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費35.km/L
実燃費23km/L
実燃費での航続可能距離322km
最高速166km/h
パワーウエイトレシオ6.65kg/ps
トルクウエイトレシオ64.3kg/kgf・m
パワー円レシオ21,687円/PS

Scrambler Sixty2 スクランブラー シックスティー2 ドカティ【400ccクラシックバイクのおすすめ】


スクランブラーとは簡単に言うと「昔のオフロード車」です。ドカティが初めてスクランブラータイプのバイクを発表したのが1962年でしたので、それにちなんでSixty2という車名になっています。

普通自動二輪免許で乗ることができるドカティは僕の知る限り400SSとモンスター400と合わせて3台だけなのでとても希少な400ドカティです。

これはクラシックとは違う気もしますがせっかくなのでこの記事に入れてみました。

価格920000円
エンジン空冷L型2気筒
排気量399cc
車両重量183kg
始動方法セル
最大出力40PS
最大トルク3.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1460mm
キャスター角24°
全長×全幅×全高(mm)
2150×850×1165
シート高770mm
燃料タンク容量14ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費25km/ℓ
実燃費での航続可能距離350km
最高速160km/h
パワーウエイトレシオ4.57kg/ps
トルクウエイトレシオ52.2kg/kgf・m
パワー円レシオ23,000円/PS

400X ホンダ【400ccアドベンチャーバイクおすすめの車種】


ベースはCBR400RとCB400Fです。この3車種はエンジンもフレームも同じです。

にもかかわらずそれが価格に反映されていないことが大変残念です。とはいえ、400ccは最もマイナーな排気量帯になりつつあるので仕方ないことなのかもしれません。

大型二輪免許が教習所で取得できるようになる前までは「もっとも身近な最大排気量」だったのですが。

かっこいいからまぁいいか!

価格826100円
エンジン水冷並列2気筒
排気量399cc
車両重量196kg
最大出力46PS
最大トルク3.9kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1435mm
キャスター角27°30′
全長×全幅×全高(mm)2140×825×1380
シート高800mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費41.0km/L
実燃費31km/L
実燃費での航続可能距離527km
最高速176km/h
パワーウエイトレシオ4.26kg/ps
トルクウエイトレシオ50.2kg/kgf・m
パワー円レシオ17,958円/PS

G310GS BMW【400ccアドベンチャーバイクおすすめの車種】


BMWのアドベンチャーシリーズ「GSシリーズ」の最小排気量のバイク。

ベースはネイキッドのG310R。

いい意味でも悪い意味でも見た目は「小さいGS」です。

価格695000円
エンジン水冷単気筒
排気量313cc
車両重量169.5kg
最大出力34PS
最大トルク2.86kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1420mm
キャスター角63.3°
全長×全幅×全高(mm)2075×880×不明
シート高835mm
燃料タンク容量11L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費30km/L
実燃費での航続可能距離330km
最高速143km/h
パワーウエイトレシオ4.98kg/ps
トルクウエイトレシオ59.2kg/kgf・m
パワー円レシオ20,441円/PS

390アドベンチャー KTM【400ccアドベンチャーバイクおすすめの車種】


ベースエンジンはDUKE390などに使われているエンジンです。

外見は790アドベンチャーに似ています。キャストホイールながらオフロードバイク並に立ったキャスターはオフロードの走破性の高さを誇示しています。

価格779000円
エンジン水冷単気筒
排気量373.2cc
車両重量161kg
最大出力44PS
最大トルク3.77kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1430mm
キャスター角63.5 °
全長×全幅×全高(mm)不明
シート高855mm
燃料タンク容量14.5L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費27km/L※
実燃費での航続可能距離391.5km
最高速160km/h
パワーウエイトレシオ3.65kg/ps
トルクウエイトレシオ42.7kg/kgf・m
パワー円レシオ17,704円/PS
※DUKE390より引用




400ccバイクまとめ


いかがでしたでしょうか。

400ccバイクについて網羅的に解説しました。

もちろんバイクの性能や魅力はスペックだけで判断できるものではありませんが、「数字」という目に見えるものは大きな指標の1つになります。

この記事であなたのバイク選びが少しでも前進したのであれば嬉しく思います。

okomoto

バイク購入までの流れはこちらの記事からどうぞ。この記事のランキングに追加したい車種があればコメントから教えてください。

バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました