> 400ccモタードのDR-Z400SMとXR400モタードはどっちがいい? | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

400ccモタードのDR-Z400SMとXR400モタードはどっちがいい?

400ccモタードのDR-Z400SMとXR400モタードはどっちがいい? バイク車種解説

DR-Z400SMとXR400モタードに興味のない方は読まないでください。特に得るものはありません。DR-Z400SMとXR400モタードに興味のある方は「Z400SMとXR400モタードはどっちがいい?の結論」とい段落の性能比較の表を読めば十分です。それ以上は読む必要はありません。モタードに興味がる方は下の記事に移動してください。

okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 400ccモタードの購入を検討している
  • Z400SMとXR400モタードはどちらがスペック上で優れているのか知りたい


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • 他の排気量、他のタイプと比較したときの400ccモタードの19項目の特徴や性能
  • 400ccモタードの主要車種、スペック比較一覧表
  • Z400SMとXR400モタードの比較


ということを解説します。

この記事で紹介する車種は

おすすめの400ccモタードの車種一覧
  • HONDA XR400モタード
  • SUZUKI DR-Z400SM
  • Husqvarna SM 400R


という車種で、それぞれの・・・

価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量をです
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワ円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。


ということを知ることができます。

少々長い記事になりますので、お急ぎの方は目次を開き、タップをして欲しい情報のみご覧ください。

Z400SMとXR400モタードはどっちがいい?の結論


XR400モタード
DR-Z400SM
価格600000円628000
排気量397cc398cc
車両重量145kg133kg
最大出力30PS40PS
最大トルク3.4kgf・m4.0kgf・m
変速機形式5速リターン5速リターン
ホイールベース1450mm1460mm
キャスター角26°50´26°15′
全長×全幅×全高(mm)2140×810×11402225×850×1185
シート高855mm870mm
燃料タンク容量9.7ℓ10ℓ
燃料の種類レギュラーレギュラー
カタログスペック燃費36km/ℓ40km/ℓ
実燃費28km/ℓ24km/ℓ
実燃費での航続可能距離271.6km240km
最高速141km/h150km/h
パワーウエイトレシオ4.83kg/ps3.325kg/ps
トルクウエイトレシオ42.6kg/kgf・m33.25kg/kgf・m
パワー円レシオ20,000円/PS15,700円/PS


スペックを比較するとわかる通り、DR-Z400SMの方がいいです。

400ccモタードとは?

400ccモタードとは?


モタードとは、未舗装路を走破するためのオフロードバイクにオンロードタイヤを履かせたバイク

つまりモタードはオンロードバイク。オフロードバイクは凸凹を走るためにブロックタイヤという凸凹したタイヤパターンのタイヤを履いているのに対して、モタードは通常のオンロードバイクと同じオンロード用のタイヤを履いています。

モタードがオフロードバイクから引き継いでいる特徴
  • アップマフラー(川を渡るため)
  • 頑丈で転倒に強い(オフロード走行には転倒がつきもの)
  • 車高が高い(障害物を乗り越えるため)
  • サスペンションが柔らかくまたがるとよく沈む(オフロード走行時の路面追従性を良くするため)
  • 視界が高いので見える景色が格別
  • 立ち乗りがしやすい(オフロードではスタンディングが基本のため)


という特徴があります。


エンジン自体の重さが出てくるせいか、この排気量では車種が少なくなります。

日本の車検制度では車検が必要な排気量なので250ccの方が人気です。

とはいえ400ccの単気筒エンジンは「ビッグシングル」と言っても良いエンジンなので250ccとは違った楽しさを味わえます。

コーナーの倒し込みよりもトルクを使ったコーナーを立ち上がる感覚が好きな方には400ccモタードが合っています。

多くの250ccモタードがバイアスタイアを履いているのとは違い、このクラスの標準タイヤはラジアルタイヤが多いもの特徴です。これもコーナー出口を気持ちよく立ち上がるためだと思っています。



ちまみにXR400モタードはフロントがバイアスでリアがラジアルです。コーナーの立ち上がりでトルクを路面に伝えるためにリアのみラジアルになっているのかなと思います。

バイク太郎

どんな車種か詳しく知りたい方、他にはどんな車種があるか知りたい方は下の記事を読んでみてね。

400ccモタードに乗るのに必要な免許

400ccモタードに乗るのに必要な免許


400ccモタードはクラッチ操作が必要なMTバイクの400ccですので、最低でも普通自動二輪免許(~400cc)が必要になります。


普通自動二輪免許は最低でも教習所に通った場合は約160000の費用と、最短で12の日数が必要で、合宿の場合は約90000の費用と最短で8泊9の日数が必要になります。

okomoto

免許についての詳細は下の記事を読んでみてください。

他の排気量、他のタイプと比較したときの400ccモタードの維持費などの19項目の諸性能【おすすめの400ccモタード】

400ccモタードの性能
車体価格安★★★高
維持費安★★高
街乗り難★★★★★易
タンデム難★易
ツーリング難★★★★★易
ロングツーリング難★★易
低速コーナー苦★★★★★楽
高速コーナー苦★★★楽
常識内の高速道路苦★★★★★楽
常識外の高速道路苦★★楽
未舗装路難★★★★易
主要エンジン単気筒(シングル)
出力小★★大
トルク小★★★★大
燃費悪★★★★良
積載性能低★高
初心者おすすめ度低★★★★高
立ちゴケ心配度低★★★★高
ヤエーされやすい度低★★★★★高


それぞれの項目を解説します。

okomoto

なんとなくのイメージです。全体をふわっと掴みたい方は参考にしてみてください。

400ccモタードの車体価格

400ccモタードの車体価格


400ccモタードはカウルがなかったり、コスパに優れるシングルエンジンを搭載しているので比較的安価かと思いきや車種自体が少ないので同排気量帯の他のバイクに比べて特に安いわけではなかったりします。普通です。

400ccモタードの維持費

400ccモタードの維持費

基本的に単気筒エンジンなので燃費も良く、パーツ自体もそれほど高くありません。同じ排気量帯のバイクと比べると同等か少し安いくらいの維持費かと思います。

400ccモタードで街乗り

400ccモタードで街乗り

トルクがある単気筒エンジンでシグナルダッシュも、コンビニなどでの取り回しもすり抜けも楽々です。

ハンドルの幅が若干広めなのですり抜けには少々注意が必要ですが、低速でもコントロールしやすいので総合的には他の車種よりもすり抜けはしやすいです。

400ccモタードでタンデム

400ccモタードでタンデム

車体がスリムで決して座り心地がいいと言えないシートなのでタンデムは快適とは言えません。

okomoto

タンデムは基本的におすすめしません。詳しくは下の詳細記事で説明しています。

400ccモタードでツーリング

400ccモタードでツーリング

日帰りで下道トコトコツーリングをする分には問題なくツーリングへ行けます。未舗装路も苦手ではないので排気量が大きいオンロードバイクでは入っていけない道にも入って行くことができます。
特にタイトな峠道で最高の体験ができるでしょう。

バイク三郎

どんなバイクでも楽しくツーリングできるけどね。敢えて言うとこんな感じ。

400ccモタードでロングツーリング

400ccモタードでロングツーリング


アメリカンやツアラーなどのバイクと比べると、シートが細いのでロングツーリングは少々大変かもしれません。

座る位置を微妙に変えながら走ることでお尻の疲れを分散することができます。座り方の工夫をすればロングツーリングも問題はありません。

400ccモタードの低速コーナー

400ccモタードの低速コーナー

軽い車体でひらひらと曲がり、コーナーの立ち上がりでトルクを掛けて立ち上がっていくライディングを楽しむことができます。

峠の下りではリッターSSよりも速く走らせることも可能です。

バイク次郎

日本の道は低速コーナーが多いからこの項目は結構大事。60km/h未満くらいで抜けていくコーナーのことだよ。

400ccモタードの高速コーナー

400ccモタードの高速コーナー

大型バイクと比べると剛性が低く、出力も少ないので高速コーナーは苦手です。もともとのオフロードバイクがスピードを出すバイクではないので仕方ありません。

バイク太郎

スピード出し過ぎ注意。60km/h以上で抜けていくコーナーのことだよ。もちろんサーキットの話だよ。うむうむ。

400ccモタードで常識内の高速道路走行

400ccモタードで常識内の高速道路走行


制限速度、常識の範囲内で走っている分には何の問題もありません。バイクの高速道路走行性のはカウルにしか依存しないので他の多くのネイキッドバイクと同じです。

バイク三郎

速度制限を守った高速道路走行のことだよ。

400ccモタードで常識外の高速道路走行

400ccモタードで常識外の高速道路走行


400cc以上のフルカウルバイクが非常識な速で走り始めるとついていくのがつらいです。

これは他の400cccネイキッドバイクと同様です。高速走行を切り捨てる代わりに、非常に高い運動性能を獲得しているバイクなので何の問題もありません。

走っていてつまらない高速道路よりも日本の楽しい道に最適化されたのが400ccのモタードです。

バイク次郎

120km/h巡行するような高速道路の話だよ。第二東名の一部区間の話だよ・・・。うむうむ。

400ccモタードの未舗装路走破性

400ccモタードの未舗装路走破性

元々の車体がオフロードバイクなので、モタードはオンロードバイクの中で最も未舗装路を走れるバイクです。モタードのレースにはがっつりオフロードコースがあります。

バイク三郎

ツーリング先にたまにある、砂利道などの舗装されていない道路のことだよ。本格的なオフロードのことではないよ。

400ccモタードのエンジン

400ccモタードのエンジン


250ccモタードはトルクと燃費、整備性に優れた単気筒エンジン(シングルエンジン)を積んでいます。このエンジンと軽い車体が合わさることひらひら曲がって、かつリアタイやを路面に降りつけて立ち上がる奇跡的なコーナリングを実現しています。

400ccモタードの出力

400ccモタードの出力


小排気量で単気筒エンジンなので、動いているものを動かす力「出力(馬力)」は高くありません。
高速走行を捨てているモタードにとって出力は重要ではありません。

400ccモタードのトルク

400ccモタードのトルク

排気量は大きくありませんが、単気筒エンジンなのでトルクは十分です。コーナーの出口を気持ちよく抜けていくには必要十分なトルクを持っています。

400ccモタードの燃費

400ccモタードの燃費

趣味バイクの燃費を気にすることは不粋ですが、単気筒エンジン×軽量×MTなので燃費はかなりいい方です。

400ccモタードの積載性能

400ccモタードの積載性能

趣味バイクなのでシート下の積載スペースもありません。趣味バイクなのでむしろない方がいいです。もしモタードのシート下に積載スペースがあったらコンクリートで埋めます。気持ちよくコーナーを抜けるためのバイクにそんなものは必要ないのです。

バイク三郎

わかったからコンクリートはやめてね。重くなるから。

okomoto

バイクに積載性を求めるのは間違っています。シートバッグを使えばスクーター以外積載性は変わりません。

400ccモタードの初心者おすすめ度

400ccモタードの初心者おすすめ度

足つき、重量、取り回しのしやすさなど、どれをとっても初心者の方におすすめできます。というか初心者さんにもっとも向いている車種といってもいいです。

昔乗ってたおじいちゃん

最初に大型バイクなんかに乗ったら一生「本当のバイクの楽しさ」を感じられない体になってしまうから気を付けるのだぞ・・・

バイク三郎

しかも本人は「本当のバイクの楽しさに気付いていないことに気付かない」って状態になるからね・・・

400ccモタードの立ちゴケ心配度

400ccモタードの立ちゴケ心配度

車体もシートも補足跨るとサスが良く沈むので、数字で見るシート高さよりも実際の足つきはいいです。とはいえシート高が高い車種であることは事実なのでアメリカンなど車高が低い車種より足つきは良くありません。

しかし、高い車高はそれだけ運動性能が高いことを示しているので車高は高くて構いません。むしろ車高が低いモタードがあったら下駄を履かせます。それくらいどうでもいいことです。


万一倒してしまっても簡単に起こすことができるでしょう。

バイク三郎

わかったから下駄はやめてね。タイヤが回らなくなるよ

400ccモタードのヤエーされやすい度

ピースサイン


モタードやオフロードバイクは「バイクが好きな人」しか乗らないので、ヤエーされやすいです。

実際にツーリングをしていてもモタード、オフロードバイクに乗っている方のヤエー返答率はとても高いです。

おすすめの400ccモタードの車種3選と主要スペックの詳細解説

おすすめの400ccモタード
おすすめの400ccモタードの車種一覧
  • HONDA XR400モタード
  • SUZUKI DR-Z400SM
  • Husqvarna SM 400R


それぞれの車種を解説していきますが先に項目の見方を簡単に説明しておきます。

バイクの全長全幅全高シート高ホイールベースキャスター角の図解
価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量をです
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワー円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。

400ccモタード車種別性能早見表

400ccモタード車種別性能早見表

先に一覧表を貼っておきます。


XR400モタード
DR-Z400SM
価格600000円628000
排気量397cc398cc
車両重量145kg133kg
最大出力30PS40PS
最大トルク3.4kgf・m4.0kgf・m
変速機形式5速リターン5速リターン
ホイールベース1450mm1460mm
キャスター角26°50´26°15′
全長×全幅×全高(mm)2140×810×11402225×850×1185
シート高855mm870mm
燃料タンク容量9.7ℓ10ℓ
燃料の種類レギュラーレギュラー
カタログスペック燃費36km/ℓ40km/ℓ
実燃費28km/ℓ24km/ℓ
実燃費での航続可能距離271.6km240km
最高速141km/h150km/h
パワーウエイトレシオ4.83kg/ps3.325kg/ps
トルクウエイトレシオ42.6kg/kgf・m33.25kg/kgf・m
パワー円レシオ20,000円/PS15,700円/PS

HONDA XR400モタード

価格600000円
排気量397cc
車両重量145kg
始動方法セル
最大出力30PS
最大トルク3.4kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1450mm
キャスター角26°50´
全長×全幅×全高(mm)2140×810×1140
シート高855mm
燃料タンク容量9.7ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費36km/ℓ
実燃費28km/ℓ
実燃費での航続可能距離271.6km
最高速141km/h
パワーウエイトレシオ4.83kg/ps
トルクウエイトレシオ42.6kg/kgf・m
パワー円レシオ20,000円/PS


海外モデルだったXR400をベースにしたモタードです。

SUZUKI DR-Z400SM

価格628000円
排気量398cc
車両重量133kg
始動方法セル
最大出力40PS
最大トルク4.0kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1460mm
キャスター角26°15′
全長×全幅×全高(mm)2225×850×1185
シート高870mm
燃料タンク容量10ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費40km/ℓ
実燃費24km/ℓ
実燃費での航続可能距離240km
最高速150km/h
パワーウエイトレシオ3.325kg/ps
トルクウエイトレシオ33.25kg/kgf・m
パワー円レシオ15,700円/PS


DR-Z400Sをベースにしたモタードです。

各数字がかなり圧倒的です。とてもいいです。乗ってみたいです。

Husqvarna SM 400R

価格980000円
排気量399.53cc
車両重量122kg
始動方法セル
最大出力PS
最大トルクkgf・m
変速機形式速リターン
ホイールベースmm
キャスター角°
全長×全幅×全高(mm)××
シート高mm
燃料タンク容量8ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費km/ℓ
実燃費での航続可能距離477km
最高速km/h
パワーウエイトレシオkg/ps
トルクウエイトレシオkg/kgf・m
パワー円レシオ円/PS


SM450Rがベースで、日本の免許制度のためにハスクバーナが作ってくれたありがたみしかないモタード。もろもろ詳細不明です。



400ccのバイクすべてのランキングを確認したい方は下の記事を読んでみて下さい。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

400ccモタードは車種が極端に少ないのでDR-Z400SMとXR400モタードの比較記事になってしまいました。

他の記事に期待してください・・・。

バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました