> 大型モタードスペック比較 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

大型モタードスペック比較

大型モタードスペック比較 バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • 大型モタードの購入を検討している
  • 大型モタードの主要車種の主要スペック一覧をみたい


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • 他の排気量、他のタイプと比較したときの大型モタードの19項目の特徴や性能
  • 大型モタードの主要車種、スペック比較一覧表


ということを解説します。

この記事で紹介する車種は

ミドルクラスのモタード
  • YAMAHA XT660X
  • KTM 690 SMC R
  • Husqvarna SMR 450
  • Husqvarna 701スーパーモト
  • aprilia ドルソデューロ750
  • DUCATI ハイパーモタード
  • KTM 950スーパーモトR


という車種で、それぞれの・・・

価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量をです
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワ円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。


ということを知ることができます。

少々長い記事になりますので、お急ぎの方は目次を開き、タップをして欲しい情報のみご覧ください。

記事内容は定期的に更新していますが、誤りやスペック変更により記事修正の必要がある場合はコメントから教えて頂けると初心者さんに正確な情報を届けることができます。ご協力頂けると嬉しいです。

  1. おすすめの大型モタードの主要スペック
  2. 大型モタード車種別性能早見表
  3. YAMAHA XT660X
  4. KTM 690 SMC R
  5. Husqvarna SMR 450
  6. Husqvarna 701スーパーモト
  7. aprilia ドルソデューロ750
  8. DUCATI ハイパーモタード950
  9. KTM 950スーパーモトR
  10. 大型モタード最高速ランキング
  11. 大型モタード価格が安いランキング
  12. 大型モタード燃費ランキング
  13. 大型モタード1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  14. 大型モタードパワーウエイトレシオランキング
  15. 大型モタードトルクウエイトレシオランキング
  16. 大型モタード足つきがいい、シート高が低いランキング
  17. 大型モタードパワー円レシオランキング
  18. 大型モタードとは?
  19. 大型モタードに乗るのに必要な免許
  20. 他の排気量、他のタイプと比較したときの大型モタードの維持費などの19項目の諸性能【おすすめの大型モタード】
    1. 大型モタードの車体価格
    2. 大型モタードの維持費
    3. 大型モタードで街乗り
    4. 大型モタードでタンデム
    5. 大型モタードでツーリング
    6. 大型モタードでロングツーリング
    7. 大型モタードの低速コーナー
    8. 大型モタードの高速コーナー
    9. 大型モタードで常識内の高速道路走行
    10. 大型モタードで常識外の高速道路走行
    11. 大型モタードの未舗装路走破性
    12. 大型モタードのエンジン
    13. 大型モタードの出力
    14. 大型モタードのトルク
    15. 大型モタードの燃費
    16. 大型モタードの積載性能
    17. 大型モタードの初心者おすすめ度
    18. 大型モタードの立ちゴケ心配度
    19. 大型モタードのヤエーされやすい度
  21. まとめ

おすすめの大型モタードの主要スペック

おすすめの大型モタードの主要スペック
ミドルクラスのモタード
  • YAMAHA XT660X
  • KTM 690 SMC R
  • Husqvarna SMR 450
  • Husqvarna 701スーパーモト
  • aprilia ドルソデューロ750
  • DUCATI ハイパーモタード
  • KTM 950スーパーモトR


それぞれの車種を解説していきますが先に項目の見方を簡単に説明しておきます。

バイクの全長全幅全高シート高ホイールベースキャスター角の図解
価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量をです
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワー円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。

大型モタード車種別性能早見表

大型モタード車種別性能早見表

先に一覧表を貼っておきます。

海外メーカーのバイクがほとんどなのでかなりの虫食いになっています。申し訳ないです。

XT660XKTM 690 SMC RHusqvarna SMR 450Husqvarna 701スーパーモトaprilia ドルソデューロ750DUCATI ハイパーモタード950KTM 950スーパーモトR
価格1420000円1210000円1450000円1198000円1800000円
排気量660cc692.7cc449cc692.7cc750cc931cc999cc
車両重量177kg(乾燥)147kg(乾燥)135kg151kg196kg178kg189kg
エンジン水冷単気筒水冷単気筒水冷単気筒水冷単気筒水冷V型2気筒水冷L型2気筒水冷V型2気筒
最大出力48PS75PS75PS91.1PS114PS85PS
最大トルク6.1kgf・m7.49kgf・m7.24kgf・m8.7kgf・m9.8kgf・m9.89kgf・m
変速機形式5速リターン6速リターン6速リターン6速リターン6速リターン6速リターン
ホイールベース1490mm1480mm1445mm1485mm1505mm1493mm
キャスター角63°63°
全長×全幅×全高(mm)2175×860×11702210×905×11852135×900×1210
シート高875mm892mm920mm815mm870mm870mm
燃料タンク容量15ℓ13.5ℓ7.2ℓ13ℓ12ℓ14.5ℓ15ℓ
燃料の種類ハイオクハイオクハイオクハイオクハイオクハイオクハイオク
実燃費22km/ℓ24km/ℓ24km/ℓ20km/ℓ20km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km324km312km240km290km
最高速170km/h190km/h190km/h180km/h
パワーウエイトレシオ3.6875kg/ps1.96kg/ps2.01kg/ps2.15kg/ps1.56kg/ps2.22kg/ps
トルクウエイトレシオ29kg/kgf・m19.62kg/kgf・m20.8kg/kgf・m22.5kg/kgf・m18.16kg/kgf・m19.11kg/kgf・m
パワー円レシオ18,933円/PS19333円/PS13,150円/PS15,789円/PS

YAMAHA XT660X

価格
排気量660cc
車両重量177kg(乾燥)
始動方法セル
エンジン水冷単気筒
最大出力48PS
最大トルク6.1kgf・m
変速機形式5速リターン
ホイールベース1490mm
キャスター角°
全長×全幅×全高(mm)2175×860×1170
シート高875mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費22km/ℓ
実燃費での航続可能距離330km
最高速170km/h
パワーウエイトレシオ3.6875kg/ps
トルクウエイトレシオ29kg/kgf・m
パワー円レシオ円/PS


海外モデルのヤマハのバイク。ベース車両はXT660R。ヤマハビッグオフXTシリーズのモタードなので間違いない1台なのでしょうが、個人的にはエキパイの取り回しが「オフロード感」が損なわれていて嫌いです。モタードなので下からの取り回しでも問題ないという設計かと思いきやXT660Rも下から取り回していてちょっと残念。障害物が当たったらスタッドボルトが折れてしまいそう・・・。

okoko

そんな凸凹道走らないからいいんだけどね・・・

KTM 690 SMC R

価格1420000円
排気量692.7cc
車両重量147kg(乾燥)
始動方法セル
エンジン水冷単気筒
最大出力75PS
最大トルク7.49kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1480mm
キャスター角63°
全長×全幅×全高(mm)××
シート高892mm
燃料タンク容量13.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費24km/ℓ
実燃費での航続可能距離324km
最高速190km/h
パワーウエイトレシオ1.96kg/ps
トルクウエイトレシオ19.62kg/kgf・m
パワー円レシオ18,933円/PS


690エンデューロをベースにしたモデルです。高い馬力と軽い車体で、乾燥重量ベースとは言え、パワーウエイトレシオは1kg台に乗っています。

大型モタードのポテンシャルがわかりやすいスペックになっています。

Husqvarna SMR 450

価格1210000円
排気量449cc
車両重量135kg
始動方法セル
エンジン水冷単気筒
最大出力PS
最大トルクkgf・m
変速機形式速リターン
ホイールベース1445mm
キャスター角°
全長×全幅×全高(mm)××
シート高920mm
燃料タンク容量7.2ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費km/ℓ
実燃費での航続可能距離km
最高速km/h
パワーウエイトレシオkg/ps
トルクウエイトレシオkg/kgf・m
パワー円レシオ円/PS


450ccという中途半端な排気量がとっても好きです。バイアスタイヤなのでタイヤ代は安いですが「リアタイヤをぐりぐり潰してコーナー立ち上がるぞ」という方は注意が必要です。と言うかレーサーに保安部品をつけたようなイケイケなバイクなので維持費自体は高くなると思います。

ツーリングごとにエンジンオイル継ぎ足し、10000kmごとにエンジンのOHが必要という情報もあります。まるっきりレーサーですね・・・。サーキットで楽しむためのバイクです。

Husqvarna 701スーパーモト

価格1450000円
排気量692.7cc
車両重量151kg
始動方法セル
エンジン水冷単気筒
最大出力75PS
最大トルク7.24kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1485mm
キャスター角63°
全長×全幅×全高(mm)××
シート高815mm
燃料タンク容量13ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費24km/ℓ
実燃費での航続可能距離312km
最高速190km/h
パワーウエイトレシオ2.01kg/ps
トルクウエイトレシオ20.8kg/kgf・m
パワー円レシオ19333円/PS


KTMの690エンジンを使ったモタードです。車種名は701ですが排気量は692cc。実際の排気量よりも大きな数字を車種名に入れるのは日本のメーカーで多く行われている手法で、海外メーカーは排気量よりも小さな数字を車種名に入れることが多いですが、このバイクは例外です。

ベース車両としてではなく、姉妹モデルとしてエンデューロモデルも存在します。

692ccの単気筒は月まで飛んでいってしまうような振動が発生しそうですが、実際は結構マイルドなようです。

okomoto

月まで飛ばされたい!!

aprilia ドルソデューロ750

価格1198000円
排気量750cc
車両重量196kg
始動方法セル
エンジン水冷V型2気筒
最大出力91.1PS
最大トルク8.7kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1505mm
キャスター角°
全長×全幅×全高(mm)2210×905×1185
シート高870mm
燃料タンク容量12ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離240km
最高速180km/h
パワーウエイトレシオ2.15kg/ps
トルクウエイトレシオ22.5kg/kgf・m
パワー円レシオ13,150円/PS



Vツインエンジンだし、ベース車両はないしで果たしてモタードなのか・・・。疑問は付きませんがこのバイクをネイキッドとして紹介するわけにもいきませんし、ドカティのハイパーモタードも紹介するのでまぁいいかという感じです。かっこいいので問題なし。

車体はモタードしては重量級ですが、馬力が大きいのでパワーウエイトレオは2kg/ps前半とかなりいい数字です。


DUCATI ハイパーモタード950

DUCATI ハイパーモタード950
価格1800000円
排気量931cc
車両重量178kg
始動方法セル
エンジンL型2気筒
最大出力114PS
最大トルク9.8kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1493mm
キャスター角°
全長×全幅×全高(mm)2135×900×1210
シート高870mm
燃料タンク容量14.5ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費20km/ℓ
実燃費での航続可能距離290km
最高速km/h
パワーウエイトレシオ1.56kg/ps
トルクウエイトレシオ18.16kg/kgf・m
パワー円レシオ15,789円/PS


ドカティ伝統のL型エンジンを搭載し、モタードなのにまさかの100馬力オーバー。
ハイパーモタードは末尾の数字がどんどん変わるのでたくさんのモデルがあるように感じますが、共通してしているのは「めちゃかっこいい」なのでどれを選んでも間違いないです。

KTM 950スーパーモトR

価格
排気量999cc
車両重量189kg
始動方法セル
エンジン水冷V型2気筒
最大出力85PS
最大トルク9.89kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベースmm
キャスター角°
全長×全幅×全高(mm)××
シート高mm
燃料タンク容量15ℓ
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費km/ℓ
実燃費km/ℓ
実燃費での航続可能距離km
最高速km/h
パワーウエイトレシオ2.22kg/ps
トルクウエイトレシオ19.11kg/kgf・m
パワー円レシオ円/PS


モタードの中では最大排気量です。タイヤがバイアスな点が少々気になります。スペックだけを考えると950SMRに乗るのであれば他のビッグモタードを洗濯してしまうと思います。KTMには690もありますし・・・。


大型モタード最高速ランキング

大型モタード最高速ランキング
大型モタード最高速ランキング
  • 190km/h
    KTM 690 SMC R
    Husqvarna 701スーパーモト
  • 180km/h
    aprilia ドルソデューロ750
  • 170km/h
    XT660X

多くのバイク乗りが理解しているように、最高速はまったく重要なものではありませんが気にされる方もいると思うのでランキングを作りました。ネット検索でヒットしたものを載せているだけなので信ぴょう性は低いので参考程度にとどめてください。

モタードは最高速を求める車種ではないので情報が全然ありませんでした。

昔乗ってたおじいちゃん

最高速を気にするのは初心者の証拠じゃぞ・・・

大型モタード価格が安いランキング

大型モタード価格が安いランキング
大型モタード価格が安いランキング
  • 1198000円
    aprilia ドルソデューロ750
  • 1210000円
    Husqvarna SMR 450
  • 1420000円
    KTM 690 SMC R
  • 1450000円
    Husqvarna 701スーパーモト
  • 1800000
    DUCATI ハイパーモタード950

大型モタード燃費ランキング

大型モタード燃費ランキング
大型モタード燃費ランキング
  • 24km/ℓ
    KTM 690 SMC R
    Husqvarna 701スーパーモト
  • 22km/ℓ
    XT660X
  • 20km/ℓ
    aprilia ドルソデューロ750
    DUCATI ハイパーモタード950


趣味のものの燃費を気にしないほうがいいとは思いますがランキングにしました。

大型モタード1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離

大型モタード1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
大型モタード1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • 330km
    XT660X
  • 324km
    KTM 690 SMC R
  • 312km
    Husqvarna 701スーパーモト
  • 290km
    DUCATI ハイパーモタード950
  • 240km
    aprilia ドルソデューロ750


個人的にはガソリンがなくなったら入れるだけなのでタンクの大きさはどうでもいいのですが、一応1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離のランキングも作りました。

大型モタードパワーウエイトレシオランキング

大型モタードパワーウエイトレシオランキング
大型モタードパワーウエイトレシオランキング
  • 1.56kg/ps
    DUCATI ハイパーモタード950
  • 1.96kg/ps
    KTM 690 SMC R
  • 2.01kg/ps
    Husqvarna 701スーパーモト
  • 2.15kg/ps
    aprilia ドルソデューロ750
  • 2.22kg/ps
    KTM 950スーパーモトR
  • 3.68kg/ps
    XT660X

大型モタードトルクウエイトレシオランキング

大型モタードトルクウエイトレシオランキング
大型モタードトルクウエイトレシオランキング
  • 18.16kg/kgf・m
    DUCATI ハイパーモタード950
  • 19.11kg/kgf・m
    KTM 950スーパーモトR
  • 19.62kg/kgf・m
    KTM 690 SMC R
  • 20.8kg/kgf・m
    Husqvarna 701スーパーモト
  • 22.5kg/kgf・m
    aprilia ドルソデューロ750
  • 29kg/kgf・m
    XT660X

大型モタード足つきがいい、シート高が低いランキング

大型モタード足つきがいい、シート高が低いランキング
大型モタード足つきがいい、シート高が低いランキング
  • 815mm
    Husqvarna 701スーパーモト
  • 870mm
    DUCATI ハイパーモタード950
    aprilia ドルソデューロ750
  • 875mm
    XT660X
  • 892mm
    KTM 690 SMC R
  • 920mm
    Husqvarna SMR 450


「シート高が低い=足つきが良い」ということにはなりませんが、気にする方が多いので一応ひとつの指針としてランキング化しました。

大型モタードパワー円レシオランキング

大型モタードパワー円レシオランキング
大型モタードパワー円レシオランキング
  • 13150円/PS
    aprilia ドルソデューロ750
  • 15789円/PS
    DUCATI ハイパーモタード950
  • 18933円/PS
    KTM 690 SMC R
  • 19333円/PS
    Husqvarna 701スーパーモト

ここまでも大して役に立たなかったこの記事ですが、この後は初心者さん向けの話になります。初心者の方以外はここで読み終えて頂いても結構です。

大型モタードとは?

大型モタードとは?


未舗装路を走破するためのオフロードバイクにオンロードタイヤを履かせたバイク

つまりモタードはオンロードバイク。オフロードバイクは凸凹を走るためにブロックタイヤという凸凹したタイヤパターンのタイヤを履いているのに対して、モタードは通常のオンロードバイクと同じオンロード用のタイヤを履いています。

オフロードバイクよりもタイヤの径が小さいのも特徴の1つ。タイヤを小径にすることで

オフロードよりモタードのタイヤが小さい理由
  • ジャイロ効果の影響を小さくするため
  • タイヤを太くしても重くならないようにするため
  • 前輪荷重をかけやすくするため
  • ディスクを相対的に小さくしてブレーキ性能を上げるため


という理由があります。これはモタードに限らず、オンロードタイヤがオフロードタイヤよりも小径である理由です。

モタードがオフロードバイクから引き継いでいる特徴
  • アップマフラー(川を渡るため)
  • 頑丈で転倒に強い(オフロード走行には転倒がつきもの)
  • 車高が高い(障害物を乗り越えるため)
  • サスペンションが柔らかくまたがるとよく沈む(オフロード走行時の路面追従性を良くするため)
  • 視界が高いので見える景色が格別
  • 立ち乗りがしやすい(オフロードではスタンディングが基本のため)


モタードにはオフロードバイクの特徴を引き継いだこのような特徴があります。

大型免許が必要なモタードになるとほとんどが海外メーカーになります。というか唯一の国内メーカーYAMAHAのXT660Xも海外向けのモデルです。

単気筒エンジンとしてはマックスの排気量帯なので一度でいいので登りのタイトコーナーで味わってみたいというのがバイク乗りの性ではないでしょうか?

毎日乗るにはハードすぎるかもですけどね・・・。


バイク太郎

どんな車種か詳しく知りたい方、他にはどんな車種があるか知りたい方は下の記事を読んでみてね。

大型モタードに乗るのに必要な免許

大型モタードに乗るのに必要な免許
okomoto

免許についての詳細は下の記事を読んでみてください。


大型モタードはクラッチ操作が必要なMT大型バイクなので、排気量無制限、二輪免許の最上位免許である大型二輪免許が必要日なります。最低でも、教習所に通った場合は約260000の費用と、最短で16の日数が必要で、合宿の場合は約270,000の費用と最短で15泊16日の日数が必要になります。

okomoto

免許についての詳細は下の記事を読んでみてください。

他の排気量、他のタイプと比較したときの大型モタードの維持費などの19項目の諸性能【おすすめの大型モタード】

大型モタードの性能
車体価格安★★★★★高
維持費安★★★★★高
街乗り難★★★★★易
タンデム難★易
ツーリング難★★★★★易
ロングツーリング難★★★易
低速コーナー苦★★★★★楽
高速コーナー苦★★★★★楽
常識内の高速道路苦★★★★★楽
常識外の高速道路苦★★楽
未舗装路難★★★★易
主要エンジン単気筒(シングル)
出力小★★★大
トルク小★★★★★大
燃費悪★★★良
積載性能低★
初心者おすすめ度低★高
立ちゴケ心配度低★★★★★高
ヤエーされやすい度低★★★★★高


それぞれの項目を解説します。

okomoto

なんとなくのイメージです。全体をふわっと掴みたい方は参考にしてみてください。

大型モタードの車体価格

大型モタードの車体価格


海外メーカーのものがほとんどなので車体価格は高いです。

大型モタードの維持費

大型モタードの維持費

ガソリンはハイオクですし、車検もあります。さらに海外メーカーのバイク故、パーツ1つ1つが高いです。国内メーカーの大型バイクと比べて維持費は高めになります。

ただ、ほとんどの大型モタードが単気筒エンジンなので若干燃費だけはいいです。

大型モタードで街乗り

大型モタードで街乗り


トルクがある大排気量の単気筒エンジンを搭載していて、大型バイクの中では車体コンパクト
なのでシグナルダッシュも、コンビニなどでの取り回しもすり抜けも楽々です。

ハンドルの幅が若干広めなのですり抜けには少々注意が必要ですが、低速でもコントロールしやすいので総合的には他の車種よりもすり抜けはしやすいです。

大型モタードでタンデム

大型モタードでタンデム


車体がスリムで決して座り心地がいいと言えないシートなのでタンデムは快適とは言えません。

okomoto

タンデムは基本的におすすめしません。詳しくは下の詳細記事で説明しています。

大型モタードでツーリング

大型モタードでツーリング

未舗装路も苦手ではないので排気量が大きいオンロードバイクでは入っていけない道にも入って行くことができます。
特にタイトな峠道で最高の体験ができるでしょう。

バイク三郎

どんなバイクでも楽しくツーリングできるけどね。敢えて言うとこんな感じ。

大型モタードでロングツーリング

大型モタードでロングツーリング

アメリカンやツアラーなどのバイクと比べると、シートが細いのでロングツーリングは少々大変かもしれません。

座る位置を微妙に変えながら走ることでお尻の疲れを分散することができます。座り方の工夫をすればロングツーリングも問題はありません。

大型モタードの低速コーナー

大型モタードの低速コーナー

軽い車体でひらひらと曲がり、コーナーの立ち上がりでモリモリのトルクをラジアルタイヤに掛けてグイグイ立ち上がっていくライディングを楽しむことができます。想像しただけで楽しいです。

余程の高速コーナーでなければリッターSSよりも速いと思います。上手な人だとリアスライドさせて遊んでいる人もいます。

バイク次郎

日本の道は低速コーナーが多いからこの項目は結構大事。60km/h未満くらいで抜けていくコーナーのことだよ。

大型モタードの高速コーナー

大型モタードの高速コーナー


強烈はエンジンパワーを受け止めるために車体の剛性も十分ですので高速コーナーも不安なく駆け抜けることができます。

バイク太郎

スピード出し過ぎ注意。60km/h以上で抜けていくコーナーのことだよ。もちろんサーキットの話だよ。うむうむ。

大型モタードで常識内の高速道路走行

大型モタードで常識内の高速道路走行

制限速度、常識の範囲内で走っている分には何の問題もありません。バイクの高速道路走行性のはカウルにしか依存しないので他の多くのネイキッドバイクと同じです。

バイク三郎

速度制限を守った高速道路走行のことだよ。

大型モタードで常識外の高速道路走行

大型モタードで常識外の高速道路走行


非常識な速度での一瞬の追い越しは問題ないですが、カウルがなく、上体が起きるライディングポジションなのでフルカウルバイクで巡行したときと比べると疲れやすいです。

バイク次郎

120km/h巡行するような高速道路の話だよ。第二東名の一部区間の話だよ・・・。うむうむ。

大型モタードの未舗装路走破性

大型モタードの未舗装路走破性


モタードレースにはゴリゴリのオフロード区間があるので未舗装路でもガンガン入っていくことができます。

ただし、車重とパワー、足つきの関係で未舗装路での操作性は250ccのモタードよりは劣ります。

バイク三郎

ツーリング先にたまにある、砂利道などの舗装されていない道路のことだよ。本格的なオフロードのことではないよ。

大型モタードのエンジン

大型モタードのエンジン

大型モタードはトルクと燃費、整備性に優れた単気筒エンジン(シングルエンジン)を積んでいます。このエンジンと軽い車体が合わさることひらひら曲がって、かつリアタイやを路面に降りつけて立ち上がる奇跡的なコーナリングを実現しています。

大型モタードの出力

大型モタードの出力

大排気量でも単気筒エンジンを積んでいるので他の大型バイクに比べて出力は高くありません。

大型モタードのトルク

大型モタードのトルク

対排気量の単気筒エンジンなので、トルクだけを見れば全てのバイクの中でもトップクラスのトルクを誇ります。

大型モタードの燃費

大型モタードの燃費

趣味バイクの燃費を気にすることは不粋ですが、小排気量×単気筒エンジン×軽量×MTなので燃費は大型バイクの中では良い方です。

大型モタードの積載性能

大型モタードの積載性能

趣味バイクなのでシート下の積載スペースもありません。趣味バイクなのでむしろない方がいいです。もしモタードのシート下に積載スペースがあったらコンクリートで埋めます。気持ちよくコーナーを抜けるためのバイクにそんなものは必要ないのです。

okomoto

バイクに積載性を求めるのは間違っています。シートバッグを使えばスクーター以外積載性は変わりません。

大型モタードの初心者おすすめ度

大型モタードの初心者おすすめ度


初めてのバイクが大型バイクというのは絶対におすすめしませんが、「中型バイクに乗っていて大型バイクに乗り買える」という場合であればおすすめです。

ただし、車高が高いので信号待ちで両足をついている方にはおすすめしません。腰をずらして左足だけで安定して信号待ちができるようになってから乗り換えましょう。

昔乗ってたおじいちゃん

最初に大型バイクなんかに乗ったら一生「本当のバイクの楽しさ」を感じられない体になってしまうから気を付けるのだぞ・・・

バイク三郎

しかも本人は「本当のバイクの楽しさに気付いていないことに気付かない」って状態になるからね・・・

大型モタードの立ちゴケ心配度

大型モタードの立ちゴケ心配度


モタードは車高を高くすることと引き換えに高い運動性のを得ています。特に大型のモタードは
海外メーカーから販売されているものになるので、特に車高は高いです。

全てのオンロードバイクの中でも車高はかなり高い方です。

大型モタードのヤエーされやすい度

ピースサイン

モタードやオフロードバイクは「バイクが好きな人」しか乗らないので、ヤエーされやすいです。

実際にツーリングをしていてもモタード、オフロードバイクに乗っている方のヤエー返答率はとても高いです。

まとめ


海外メーカーのものがほとんどなので、諸々のスペックを拾いきれませんでした。内容の薄い記事になってしまいましたが、別の記事で本気出します。

バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。


大型バイクについて網羅的に比較、ランキングを確認したい方は下の記事を読んでみて下さい。すぐ眠れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました