> 600ccスーパースポーツ!ミドルSSおすすめ車種6選!スペック比較と8種のランキング | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

600ccスーパースポーツ!ミドルSSおすすめ車種6選!スペック比較と8種のランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSSおすすめ車種6選!スペック比較と8種のランキング バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • ミドルSSのスペック比較を見てみたい
  • どの600SSがどんな分野で優れているのか確認したい


と言う方ではないでしょうか。

一般的に排気量が小さい方が扱いやすいとされているバイクですが、SSというジャンルにおいてはそうでもありません。

リッターSSはトルクを使って公道を走れるのに対して、ミドルクラスは常にエンジンを回し、ピーキーに走る必要があるのでむしろミドルの方が玄人向きと考えることもできるのです。



この記事ではそんな上級者向けのミドルSSの

600ccスーパースポーツ!ミドルSSの車種
  • CBR600RR ホンダ
  • YZF-R6 ヤマハ
  • ZX-6R カワサキ
  • GSX-R600 スズキ
  • GSX-R750 スズキ
  • DAYTONA 675R トライアンフ


という車種について

600ccスーパースポーツ!ミドルSS8種のランキング
  • 最高速ランキング
  • 価格が安いランキング
  • 燃費ランキング
  • 1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • パワーウエイトレシオランキング
  • トルクウエイトレシオランキング
  • 足つきがいい、シート高が低いランキング
  • パワー円レシオランキング


というランキングを作成して解説しています。

okomoto

古い車種もちゃんと見極めれば格安で手に入るかも・・・

600ccスーパースポーツ!ミドルSSに乗るために必要なバイク免許

600ccスーパースポーツ!ミドルSSに乗るために必要なバイク免許


この記事で紹介している600ccスーパースポーツ!ミドルSSに乗るためには大型二輪免許が必要となり、取得期間や費用はざっくり・・・

免許なしで教習所260,000円最短16日
普通免許ありで教習所150,000円15日?
普通自動二輪ありで
教習所
100,000円7日?
免許ありで一発試験18,100円最短1日
(免許なしで一発)(22,300円)(最短1日)
合宿(免許なし)270,000円15泊16日


という感じです。


詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください。




先にランキングから解説していきます。

600ccスーパースポーツ!ミドルSS最高速ランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSS最高速ランキング
600ccスーパースポーツ!ミドルSS最高速ランキング
  • 299km/h
    GSX-R750
  • 280km/h
    GSX-R600
  • 279km/h
    DAYTONA 675
  • 257km/h
    YZF-R6
  • 227km/h
    ZX-6R
  • 224km/h
    CBR600RR
  • 不明
    RS660


多くのバイク乗りが理解しているように、最高速はまったく重要なものではありませんが気にされる方もいると思うのでランキングを作りました。ネット検索でヒットしたものを載せているだけなので信ぴょう性は低いので参考程度にとどめてください。

排気量に言わせてGSX-R750が1位になった感がありますが、636ccの6Rを抑えて2番手にGSX-R600がランクインしています。

これはスズキの技術の高さを表しているのかも知れません。

昔乗ってたおじいちゃん

最高速を気にするのは初心者の証拠じゃぞ・・・

600ccスーパースポーツ!ミドルSS価格が安いランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSS価格が安いランキング
600ccスーパースポーツ!ミドルSS価格が安いランキング
  • 1260000円
    DAYTONA 675
  • 1353000円
    ZX-6R
  • 1397000円
    RS660
  • 1425600円
    GSX-R600
  • 1544400円
    GSX-R750
  • 1606000円
    CBR600RR
  • 1672000円
    YZF-R6


意外や意外海外メーカーのDAYTONA 675が1位です。

とはいえミドルSSの多くが国内メーカーでも海外モデルなので実質海外のバイクなのでなんとなく納得です。

CBR600RRは復活する前は2/3の価格でしたからね。少し前にこのランキングを作っていればCBR600RRがぶっちぎりの1位だったはず。

600ccスーパースポーツ!ミドルSS燃費ランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSS燃費ランキング
600ccスーパースポーツ!ミドルSS燃費ランキング
  • 19km/L
    CBR600RR
    GSX-R750
  • 18km/L
    ZX-6R
  • 17km/L
    YZF-R6
    GSX-R600
  • 16km/L
    DAYTONA 675
  • 不明
    RS660


趣味のものの燃費を気にしないほうがいいとは思いますがランキングにしました。


どれも同じくらいです。エンジンの形もデイトナ以外水冷直列4気筒ですし差がつきにくいのでしょう。

で、なぜか3気筒のデイトナが最下位という・・・。

SSは燃費なんて気にしない乗り物なので問題にはなりませんね。

600ccスーパースポーツ!ミドルSS1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離

600ccスーパースポーツ!ミドルSS1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • 342km
    CBR600RR
  • 323km
    GSX-R750
  • 306km
    ZX-6R
  • 289km
    YZF-R6
    GSX-R600
  • 278.4km
    DAYTONA 675
  • 不明
    RS660


個人的にはガソリンがなくなったら入れるだけなのでタンクの大きさはどうでもいいのですが、一応1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離のランキングも作りました。

ツーリング性能なんてどうでもいいのですが、下手なネイキッドよりも全然走りますね。タンクが17L級なので頼もしいです。

600ccスーパースポーツ!ミドルSSパワーウエイトレシオランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSSパワーウエイトレシオランキンググ
600ccスーパースポーツ!ミドルSSパワーウエイトレシオランキング
  • 1.27kg/ps
    GSX-R750
  • 1.48kg/ps
    GSX-R600
  • 1.49kg/ps
    ZX-6R
  • 1.56kg/ps
    DAYTONA 675
  • 1.60kg/ps
    YZF-R6
    CBR600RR
  • 1.83kg/ps
    RS660 


最高速のときもそうでしたがGSX-Rが上位に来ています。スズキすごい。

RS660は2気筒モデルなので仕方ありません。というかそもそもスーパースポーツのカテゴリに入れてしまって良いものかという疑問はありましたが、RS660にはTUONO 660というスポーツモデルっぽい姉妹モデルがあるのでスーパースポーツのカテゴリに入れた経緯があります。


600ccスーパースポーツ!ミドルSSトルクウエイトレシオランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSSトルクウエイトレシオランキング
600ccスーパースポーツ!ミドルSSトルクウエイトレシオランキング
  • 21.5kg
    GSX-R750
  • 26.3kg
    GSX-R600
  • 26.4kg
    DAYTONA 675
  • 26.7kg/kgf・m
    RS660
  • 27.7kg
    ZX-6R
  • 29.8kg
    CBR600RR
  • 30.1kg
    YZF-R6


トルクもスズキがすごいですね。なんだか鈴菌に感染しそう・・・。

600ccスーパースポーツ!ミドルSS足つきがいい、シート高が低いランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSS足つきがいい、シート高が低いランキング
600ccスーパースポーツ!ミドルSS足つきがいい、シート高が低いランキング
  • 810mm
    GSX-R750
    GSX-R600
  • 820mm
    CBR600RR/RS660
  • 830mm
    DAYTONA 675
    ZX-6R
  • 850mm
    YZF-R6


「シート高が低い=足つきが良い」ということにはなりませんが、気にする方が多いので一応ひとつの指針としてランキング化しました。

サーキット走行に性能を全振りしているYZF-R6がもっとも足つきが悪いです。SSのランキングだと「足つきが悪いほうが良い」と考えてしまう脳内逆転現象が起きています。

600ccスーパースポーツ!ミドルSSパワー円レシオランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSSパワー円レシオランキング

600ccスーパースポーツ!ミドルSSパワー円レシオランキング
  • 9843円/PS
    DAYTONA 675
  • 10250円/PS
    ZX-6R
  • 10365円/PS
    GSX-R750
  • 11332円/PS
    GSX-R600
  • 13272円/PS
    CBR600RR
  • 13983円/PS
    RS660
  • 14121円/PS
    YZF-R6



まさかの海外メーカー、トライアンフのDAYTONA 675がもっともコスパが良いという結果になりました。先述しましたがほとんどのバイクが海外のものなので仕方ありません。

どのバイクも極端に性能が高いので全体的にコスパはかなり高いです。

軽くてパワーがあるので当然といえば当然ですが・・・。価格を上回る性能を有しているということですね。

ちなみにパワー円レシオがもっとも悪いバイクは43297円/PSのモンキー125です。デイトナはモンキーよりも4倍以上コスパがいいです。

バイク太郎

何言ってるかよくわかんないけどなんとなくわかる・・・

600ccスーパースポーツ!ミドルSS性能早見表

600ccスーパースポーツ!ミドルSS性能早見表
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
CBR600RR1606000円水冷直列4気筒599cc194kg121PS6.5kgf・m6速1375mm24°062030×685×1140820mm18L23.5km/L19km/L342km224km/h1.60kg/ps29.8kg/kgf・m13,272円/PS
YZF-R61672000円水冷直列4気筒599cc190kg118.4PS6.3kgf・m6速1375mm24°2040×695×1150850mm17L不明17km/L289km257km/h1.60kg/ps30.1kg/kgf・m14,121円/PS
ZX-6R1353000円水冷直列4気筒636cc197kg132PS7.1kgf・m6速1400mm23.5°2025×710×1100830mm17L26.0km/L18km/L306km227km/h1.49kg/ps27.7kg/kgf・m10,250円/PS
GSX-R6001425600円水冷直列4気筒599cc187kg125.8PS7.09kgf・m6速1385mm23゚45′2030×710×1135810mm17L不明17km/L289km280km/h1.48kg/ps26.3kg/kgf・m11,332円/PS
GSX-R7501544400円水冷直列4気筒749cc190kg149PS8.8kgf・m6速1390mm23゚45′2030×710×1135810mm17L不明19km/L323km299km/h(メーター限界)1.27kg/ps21.5kg/kgf・m10,365円/PS
DAYTONA 6751260000円水冷並列3気筒675cc200kg128PS7.55kgf・m6速1395mm22.9°2020×710×1105830mm17.4L不明16km/L278.4km279km/h1.56kg/ps26.4kg/kgf・m9,843円/PS
RS6601397000円水冷並列2気筒659cc183kg99.9PS6.83kgf・m6速1370mm24.1°1995×745×不明820mm15L不明不明不明不明1.83kg/ps26.7kg/kgf・m13,983円/PS



それえぞれの車種の詳細一覧はご覧の表の通りです。

価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量です
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワ円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。
バイクの全長全幅全高シート高ホイールベースキャスター角の図解

CBR600RR ホンダ【おすすめの600ccスーパースポーツミドルSS】


2003年にデビューしたが国内仕様は大幅な自主規制が行われ、欧州仕様に比べて出力が極端に押さえられていました。

このため「牙の抜かれた狼」などと揶揄されていましたが、2020年の新型からは自主規制を撤廃しマックス出力となりました。

価格1606000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量599cc
車両重量194kg
最大出力121PS
最大トルク6.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1375mm
キャスター角24°06′
全長×全幅×全高(mm)2030×685×1140
シート高820mm
燃料タンク容量18L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費23.5km/L
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離342km
最高速224km/h
パワーウエイトレシオ1.60kg/ps
トルクウエイトレシオ29.8kg/kgf・m
パワー円レシオ13,272円/PS

YZF-R6 ヤマハ【おすすめの600ccスーパースポーツミドルSS】


公道ではほとんど見ないけど、サーキットではたくさんみるバイクです。

バイクは排気量が小さいほど扱いやすいとされていますが、SSというカテゴリにおいてはそうではないようです。

リッターSSは公道でもトルクを使って走れるのに対して、ミドルクラスはエンジンを回してピーキーに走る必要があるので一般的には(ちゃんとバイクに乗ると)ミドルSSの方が公道では扱いにくいとされています。


そんな中でも特にサーキットに特化しているのがR6。特に上級者向けのバイクかと思います。

価格1672000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量599cc
車両重量190kg
最大出力118.4PS
最大トルク6.3kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1375mm
キャスター角24°
全長×全幅×全高(mm)2040×695×1150
シート高850mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離289km
最高速257km/h
パワーウエイトレシオ1.60kg/ps
トルクウエイトレシオ30.1kg/kgf・m
パワー円レシオ14,121円/PS

ZX-6R カワサキ【おすすめの600ccスーパースポーツミドルSS】


YZF-R6がどんどんレースに特化していったのに対して、それでもまだ公道で乗れるミドルSSがZX-6Rです。足つきを良くするために絞られた車体や、サスペンションが柔らか目になっていること、ETCやアクセサリー電源やガソリンメーターの存在からも公道を意識していることがわかります。

ツーリングも楽しめて、本気の走りにも対応できる、そんなバランスの取れたバイクです。


とはいえ中身はレーサーのようなものなので上級者向けであることに変わりはありません。

価格1353000円
エンジン水冷直列4気筒
排気量636cc
車両重量197kg
最大出力132PS
最大トルク7.1kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1400mm
キャスター角23.5°
全長×全幅×全高(mm)2025×710×1100
シート高830mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費26.0km/L
実燃費18km/L
実燃費での航続可能距離306km
最高速227km/h
パワーウエイトレシオ1.49kg/ps
トルクウエイトレシオ27.7kg/kgf・m
パワー円レシオ10,250円/PS

GSX-R600 スズキ【おすすめの600ccスーパースポーツミドルSS】


年式によってはGSX-R1000をベース車両にしていることもありますが、基本的にはGSX-R750をベースにしています。

GSX-R600は海外モデルなので北米で特に人気です。

価格1425600円
エンジン水冷直列4気筒
排気量599cc
車両重量187kg
最大出力125.8PS
最大トルク7.09kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1385mm
キャスター角23゚45′
全長×全幅×全高(mm)2030×710×1135
シート高810mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費17km/L
実燃費での航続可能距離289km
最高速280km/h
パワーウエイトレシオ1.48kg/ps
トルクウエイトレシオ26.3kg/kgf・m
パワー円レシオ11,332円/PS

GSX-R750 スズキ【おすすめの600ccスーパースポーツミドルSS】


初代発売は1985年と古く、様々なモデルチェンジを経て現在に至ります。これは比較的入れ替わりの激しいスズキの車種の中で、最も長く続いているモデルになります。

GSX-Rシリーズはさまざまな排気量で展開されていますが、750が、ナナハンがその中心になっています。

価格1544400円
エンジン水冷直列4気筒
排気量749cc
車両重量190kg
最大出力149PS
最大トルク8.8kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1390mm
キャスター角23゚45′
全長×全幅×全高(mm)2030×710×1135
シート高810mm
燃料タンク容量17L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明
実燃費19km/L
実燃費での航続可能距離323km
最高速299km/h(メーター限界)
パワーウエイトレシオ1.27kg/ps
トルクウエイトレシオ21.5kg/kgf・m
パワー円レシオ10,365円/PS

DAYTONA 675 トライアンフ【おすすめの600ccスーパースポーツミドルSS】


もともとは600ccで4気筒エンジンを積んでいましたが、675になったときにトライアンフのアイコン的エンジン、トリプルになり更に人気が出ました。

DAYTONA 675自体はトライアンフのラインナップから消えましたが、2020年、1530台限定でDAYTONA Moto2 765(765cc)が販売されています。

生産台数は排気量の倍の数字にしたと思われます。

価格1260000円
エンジン水冷並列3気筒
排気量675cc
車両重量200kg
最大出力128PS
最大トルク7.55kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1395mm
キャスター角22.9°
全長×全幅×全高(mm)2020×710×1105
シート高830mm
燃料タンク容量17.4L
燃料の種類ハイオク
カタログスペック燃費不明L
実燃費16km/L
実燃費での航続可能距離278.4km
最高速279km/h
パワーウエイトレシオ1.56kg/ps
トルクウエイトレシオ26.4kg/kgf・m
パワー円レシオ9,843円/PS

RS660 aprilia【おすすめの600ccスーパースポーツミドルSS】

価格1397000円
エンジン水冷並列2気筒
排気量659cc
車両重量183kg
最大出力99.9PS
最大トルク6.83kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1370mm
キャスター角24.1°
全長×全幅×全高(mm)1995×745×不明
シート高820mm
燃料タンク容量15L
燃料の種類不明
カタログスペック燃費不明
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ1.83kg/ps
トルクウエイトレシオ26.7kg/kgf・m
パワー円レシオ13,983円/PS

600ccスーパースポーツ!ミドルSSまとめ

600ccスーパースポーツ!ミドルSSまとめ


いかがでしたでしょうか。

600ccスーパースポーツ!ミドルSSバイクについて網羅的に解説しました。

もちろんバイクの性能や魅力はスペックだけで判断できるものではありませんが、「数字」という目に見えるものは大きな指標の1つになります。

この記事であなたのバイク選びが少しでも前進したのであれば嬉しく思います。

okomoto

バイク購入までの流れはこちらの記事からどうぞ。追加したい車種があればコメントから教えてください。

バイク三郎

こんな感じのランキング記事が気に入ったなら「バイク車種紹介」のカテゴリに移動してみてね。他にもたくさん書いているよ。

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。


大型バイクについて網羅的に比較、ランキングを確認したい方は下の記事を読んでみて下さい。すぐ眠れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました