> 日本で150ccバイク、スクーターに乗るメリット、デメリット、理由は? | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

日本で150ccバイク、スクーターに乗るメリット、デメリット、理由は?

150ccバイク、スクーターに乗るメリット、デメリット、理由バイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 125ccのバイクよりも150ccの方がパワーがあるから優れている
  • 125ccのバイクでは走れない高速道路を走れる150ccのバイクが欲しい
  • 150ccのバイクを購入しようと考えている


という方ではないでしょうか。

バイクは「見た目が気に入ったものを購入するのが最善」です。

他のどんなバイクよりも150ccのバイクの見た目が気に入って、かつその見た目のバイクが125ccや250ccでラインナップがないのであればその150ccのバイクは購入するべきです。

しかし、「他のバイクよりも見た目が気に入った」という理由以外で150ccのバイクの購入を検討している方はこの記事を最後まで読んで頂ければと思います。


誤解されそうな記事なので先にお伝えしておきますが、僕は排気量差別主義者ではありません。




この記事では

この記事でわかること
  • 150ccは原付2種ではなく普通自動二輪
  • 150ccバイク、スクーターのメリット
  • 150ccバイク、スクーターのデメリット
  • 各排気量帯には理由があるが150ccには理由がない
  • 125ccと150ccを同じカテゴリで扱うメディアには要注意


ということについて解説していきます。

150ccは原付2種ではなく普通自動二輪【150ccバイク、スクーター】

150ccは原付2種ではなく普通自動二輪【150ccバイク、スクーター】


まず先に解説したいのが「150ccは原付2種ではなく普通自動二輪」ということです。

125ccと150ccバイク、スクーターの免許の違い【150ccバイク、スクーター】


原付2種は125cc未満の二輪車のこと指し、必要な免許は

原付2種のスクーターに必要なAT小型限定普通二輪免許


という費用と時間で取得することができます。

一方で150ccのバイクは普通自動二輪免許が必要となり、


が必要になります。

費用にして26200円、最短の日数にしてあ8日もの差があります。

バイク三郎

自動車の免許を持っている場合はね。

125ccと150ccバイク、スクーター維持費の違い【150ccバイク、スクーター】

125ccと150ccバイク、スクーター維持費の違い【150ccバイク、スクーター】


原付2種は普通自動二輪に比べて

原付2種の維持費が安い理由
  • 自賠責保険料は原付きと同額
  • 軽自動車税が原付き並に安い
  • 自動車重量税がまさかの非課税
  • ファミバイ特約が使えるので任意保険料が安い


というメリットがあります。

125cc150cc
自賠責保険料7500円8650円(250ccと同額)
軽自動車税2400円3,600円(250ccと同額)
自動車重量税非課税50ccで新車購入時4900円
れ以上の排気量は年間2000円程度
ファミバイ特約年間数千円~若いと年間10数万円~


ファミバイ特約が使える環境であれば年間の維持費に10万円以上の差がでます。


これを踏まえて150ccのバイクについて解説していきます。

150ccバイク、スクーターのメリット

150ccバイク、スクーターのメリット
150ccバイク、スクーターのメリット
  • 125ccと比べてパワーがある
  • 125ccでは乗れない高速道路に乗れる
  • 車体価格が安い
  • 250ccと比べて取り回しが楽


それぞれ解説します。

125ccと比べてパワーがある【150ccバイク、スクーターのメリット】

250ccの方がパワーがあります。

125ccでは乗れない高速道路に乗れる【150ccバイク、スクーターのメリット】

250ccも高速道路に乗れます。

車体価格が安い【150ccバイク、スクーターのメリット】

150ccは東南アジアなどでメインの排気量(日本の125cc的位置)なので車体自体は確かに安いです。安い物は海外モデルで修理のためのパーツ供給が少々不安です。
国内もモデルのものは安くありません。

250ccと比べて取り回しが楽【150ccバイク、スクーターのメリット】

車重が軽い125ccの方が取り回しは楽です。

okomoto

こんな感じで見ていくと「150ccならではのメリット」は車体価格が安いしかないんですよね。

150ccバイク、スクーターのデメリット

150ccバイク、スクーターのデメリット
150ccバイク、スクーターのデメリット
  • 125ccの免許よりも上位免許が必要になる
  • 125ccよりも維持費がかかる


これはすでに解説済みですね。

各排気量帯には理由があるが150ccには理由がない【150ccバイク、スクーター】

各排気量帯には理由があるが150ccには理由がない【150ccバイク、スクーター】


バイクは一定の排気量でカテゴリが分けられています。

50cc原付免許の最大排気量
125cc小型自動二輪免許の最大排気量
250cc車検がない最大排気量
400cc普通自動二輪免許の最大排気量


という具合にそれぞれのカテゴリの間には免許の壁や費用の壁があります。

150ccにはそれがないと僕は思います。

okoko

600ccも同じってことになっちゃうじゃん!1000ccでいいじゃんって話になっちゃうじゃん!

okomoto

600ccと1000ccはどちらも車検が必要で、税金や保険料も変わらず、必要な免許も同じなんですよ

okoko

・・・あ・・・

125ccと150ccを同じカテゴリで扱うメディアには要注意【150ccバイク、スクーター】

125ccと150ccを同じカテゴリで扱うメディアには要注意【150ccバイク、スクーター】


ここまで解説してきたように、125ccと150ccはまったくの別物で、150ccと250ccは排気量以外は同じものです。

バイクとしてのカテゴリーが全く同じ「250ccと150ccを比較している」というメディアであれば問題ないですが、「125ccと150ccを比較している」というメディアの情報は鵜呑みにしない方が良いともいます。

バイク太郎

「250ccと150ccを比較している」というのは免許や維持費に差がない「600ccと1000ccを比較している」のと同じです。こちらはパワーがあるけどこちらは軽くてコーナリングが楽しい・・・とか。

バイク次郎

「125ccと150ccを比較している」というのは免許も維持費も違う「125ccと250ccを比較している」「400ccと600ccを比較している」と同じ。そもそも必要な免許が違うからねと。

150ccバイク、スクーターまとめ

150ccバイク、スクーターまとめ


いかがでしたでしょうか。

150ccのバイクを125ccと比較して「125ccサゲ150ccアゲ」の記事がたくさんネット上にあったので125ccと150ccを同じ検討のテーブルに上げないために注意喚起として記事にしました。

この記事で伝えたいことは

この記事で伝えたいこと
  • 「125ccと違って高速に乗れる」なら250ccで良くない?
  • 「125ccよりパワーがある」なら250ccで良くない?
  • 「250ccより小回りが効く!」なら125ccで良くない?
  • 250ccのパワーは必要ないけど125cc並の小回りが効くバイクが欲しいのなら150ccがおすすめ!
バイク三郎

「125ccよりパワーがある」って時点でパワーを求めちゃってるんだよね。そこが600と1000を比較するときの違いでもあるよね。

バイク次郎

600選ぶ人は「モアパワー」じゃないからなぁ。「モアライト」「モアタイト」だからなぁ。


最初にもお伝えしましたが、見た目が気に入って150ccのバイクを選ぶのは最善ですし、この記事で解説したように250ccと比べて150ccを選ぶのは理にかなっています。

ただ、125ccと比べるのは悪手だと僕は思います。



150ccは東南アジアの国ではベストな選択の1つなのでしょうが、日本ではそうではないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました