> バイク乗り方手順、降り方手順【バイク免許教習第一段階で覚えたい!】 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイク乗り方手順、降り方手順【バイク免許教習第一段階で覚えたい!】

バイク乗り方手順、降り方手順【バイク免許教習第一段階で覚えたい!】 初心者の方

記事を読むにあたっての注意点

この記事ではバイク教習のコツを解説しますが、「予習した内容よりも教官の教えを優先できる」という方のみ読み進めてください。詳しくは>>>こちらの記事を読んでみてください。

okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!



バイク教習は第1段階と第2段階に別れています。第1段階では主に「バイク操作を体で覚える」という課題が多く、第2段階では「コースの走り方を頭で覚える」という課題がメインになります。

この記事では第1段階の「頭を使って覚えること」である「乗車、発進、停止、降車手順」について流れを書いていきます。

第2段階で頭の容量を圧迫しないように第1段階で覚えておきたい内容になっているので繰り返し読んで流れを理解してください。



まだ教習所に申し込みをしていない方はこの方法を覚えれば第一段階がかなり楽になります。

okomoto

公道での乗車手順は下の詳細記事を読んでみてください

確認用に流れをすべて並べます。ちなみに流れは教習所によって微妙な違いがあります。この記事の内容よりも教習所の教えを優先できる方のみ読み勧めてください。

またこの記事の内容は「単に課題をクリアする」というだけではなく「教官に与える印象を良くし、教習をやしやすくする」ということも目的の1つとしています。

この記事の信頼性

僕は普通自動二輪免許、大型二輪免許の両方を延長なしのストレートで卒業し、且つ、「免許取得をとても楽しめた成人平均身長平均体重よりそれぞれちょっと上の成人男性」です。体格に恵まれない方、苦労して免許を取得した方や女性ライダーが書いている記事のように

okoko

あたし頑張って免許取ったよ!だからあなたも諦めないで!一本橋のコツは遠くを見ることよ!


という共感するための記事を書くことができません。ただ、問題を解決するため、気持ちを切り替えるための記事は書けるかもしれないので興味がある方のみ読んで頂ければと思います。

バイク乗車手順とコツ【バイク乗り方手順】
  • バイクと教官に軽く会釈
  • バイクの左側に立つ
  • バイクの周囲、特に後方を首を振って指差し確認
  • 両手でハンドルを握る
  • 右手でブレーキレバーを握る
  • ハンドルをまっすぐにする
  • サイドスタンドを右足の外側で解除する
  • 後方を目視で安全確認する
  • バイクに跨る
  • 跨る動作のまま右足でブレーキペダルを踏む
  • ブレーキレバーを離す
  • ミラーを調整する(調整不要でも触る)
  • クラッチレバーを握る
  • キーをオンにする
  • ニュートラルランプを確認する
  • セルを回す
バイク発進手順【バイク乗り方手順】
  • ブレーキレバーを握る
  • 左右後方を目視で確認
  • 右足を着く
  • シフトペダルを踏んで1速に入れる
  • 右ウインカーを出す
  • 右のミラーを確認
  • 左右後方を目視で確認
  • 発進
  • ウインカーを消す
バイク降車手順【バイク乗り方手順】
  • ミラーで後方確認
  • 停車位置の30m手前で左ウインカーを出す
  • 前後ブレーキをかけ始める。必ずウインカーのあとにブレーキをかけること。
  • 目視で左後方確認
  • 1速に入れて左に寄る
  • 停止線を踏まないように前後ブレーキを使って左足をついて止まる。エンジンブレーキはなるべく長く使う
  • 後方確認
  • 右足をついてニュートラルに入れる
  • ニュートラルランプを確認
  • 左足を地面につき、右足でブレーキペダルを踏む
  • 右手でキーを回してエンジンを切る
  • フロントブレーキを握ってからクラッチレバーを離す(ここまでクラッチレバーは握りっぱなし)
  • 後方確認
  • バイクを降りる
  • 右足でサイドスタンドをかけてバイクを左に倒す
  • ハンドルを左に目一杯きる
  • フロントブレーキを離す
  • バイクと教官に軽く会釈
okomoto

内容は大して変わりませんが、詳細は下の記事を参照してください。

後方確認はしっかり頭を動かして肩越しに確認【バイク乗り方手順】

後方確認はしっかり頭を動かして肩越しに確認【バイク乗り方手順】


公道における後方確認の目的はあなたが安全を確認できたと認識することです。

教習所においてはそれと同じくらい大きな目的があります。それは「あなたが安全を確認できたことを教官が確認できること」です。

つまり、あなたの視野が草食動物並に広く、それほど頭を後ろに向けなくても後方確認が可能だとしてもそれでは不十分です。

特から見ている教官や検定員が「あの教習生はきちんと安全確認をしている」と認識しなければ減点になります。

肩越しに後方をみるようにしっかり頭を動かしましょう。

バイク三郎

派手なヘルメットだと頭の動きが遠くからでもわかりやすかったりするよ。

複数の動作を同時に行わない【バイク乗り方手順】

複数の動作を同時に行わない【バイク乗り方手順】


例えば

  • 両手でハンドルを握る
  • 右手でブレーキレバーを握る
  • ハンドルをまっすぐにする


という動作は流れで、ほとんど同時に処理することができますし、公道では実際に多くの作業を同時に行います。

しかし、教習所では「その行為をしっかりこなした」ということを教官や検定員が確認する必要があります。

ひとつひとつの動作に区切りを設けるようにこなしていきましょう。

区切って行う所作は教官が確認しやすく印象がいいので特に気をつけましょう。

ブレーキは常にかけておく気持ちで【バイク乗り方手順】

ブレーキは常にかけておく気持ちで【バイク乗り方手順】


バイクにまたがったら発進するまでは常に前後どちらかのブレーキをかけていなくてはいけません。足を入れ替えるとき以外は基本的にリアブレーキをかけておく意識を持っていましょう。

レバーは4本指でしっかり握る【バイク乗り方手順】

レバーは4本指でしっかり握る【バイク乗り方手順】


教習所でのレバーは基本的に4本で握ります。

クラッチレバーは目一杯握らなくてもクラッチは切れていますが、教官によってはしっかり握らないとNGにする方もいるので目一杯握るクセをつけましょう。

安全確認するかどうか迷ったら「左右する」【バイク乗り方手順】

安全確認するかどうか迷ったら「左右する」【バイク乗り方手順】


安全確認を忘れてしまうと減点ですが、やりすぎて減点になることはありません。手順の途中で

okomoto

(あれ?次って安全確認するんだっけ??)



と迷ったら取り合えず安全確認すれば問題ないです。極端な話、全ての動作の前に安全確認したマイナスにはなりません。

そう考えると「この場合は左を確認」「ここでは右を確認」とするよりも「どんな状況でも左右確認」とメニューを統一したほうがより確実で効率的に動作を覚えることもできます。

降りるときはメーターを覗くように【バイク乗り方手順】

跨るときはメーターを覗くように【バイク乗り方手順】


小柄な方はバイを降りるときにバランスを崩してしまうかたもいます。

バイクを降りるときはメーターを覗き込むようにして上半身を倒し、大きく足を上げると足を引っ掛ける心配を減らすことができます。

公道でも使えるテクニックなので試してみましょう。

右足を着く前は必ず後方確認【バイク乗り方手順】

右足を着く前は必ず後方確認【バイク乗り方手順】



日本は左側通行の国なので、路肩にとめたバイクに跨っているときは体の右側を走行車両が通過していきます。

そのため、右足を着くときに右足を踏まれたりしないように(教習所では)後方確認をする必要があります。

「右足を着く前は必ず後方確認」ということインプットしておきましょう。

教習期間中は原付や自転車の乗り降りをバイク降車手順にする【バイク乗り方手順】

教習期間中は原付や自転車の乗り降りをバイク降車手順にする【バイク乗り方手順】


すでに原付や自転車に乗っている方は、教習所に通っている間はバイクの降車手順で降りるようにしましょう。

イメージトレーニングよりも実際に体に覚えされたほうが良いです。
周りの目を気にせず、免許取得のために頑張りましょう。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクの乗車、発進、停止、降車手順の流れを解説しました。

完全に手順をものにするまではこのページのショートカットをホーム画面に貼り付けて、空いている時間に確認できるようにしましょう。



okomoto

他の課題のコツを知りたい方は下の記事からどうぞ

免許取得がこれからの方はチェック!

申込み情報を元に教習所75校、地域、性別、職業、宿泊プランを組み合わせたリアルタイム人気ランキングを公開しているサイトのリンクを張っておきます。チェックしてみてください。

免許合宿の人気ランキングが地域別、職業別、性別、プランごとに見れます

格安、短期間で取得重視の方は下のサイトの方がいいかもです。

合宿免許受付センター
バイク三郎

どっちのサイトも申込をタップすればスマホからでもすぐに申し込めるよ

任意保険がどれくらいかかるのか知りたい方はバイク保険の一括見積サービスを使えばどれくらいの支払いが必要なのが一発でわかります。アクサダイレクト、チューリッヒなど有名ドコロ7社の見積もりが一括、無料で取れます。

インズウェブバイク保険見積りサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました