> リーンアウトとは?峠で使える?滑りやすい?メリット・デメリット | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

リーンアウトとは?峠で使える?滑りやすい?メリット・デメリット

リーンアウトとは?峠で使える?滑りやすい?メリット・デメリットライテク
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • バイクの勉強中
  • リーンアウトにはどんな特徴があるのか知りたい

という方ではないでしょうか。

多くのスポーツと同じで、バイクに乗るのも、先に「型」を覚えてそれをトレースし、慣れてきたら型を崩して自分のものにする・・・というのが効率の良い上達方法です。


この記事では

4つのライディングフォーム
  • リーンイン
  • リーンアウト
  • リーンインウィズ
  • ハングオフ

というバイクの4つの型のうち、リーンアウトについて深掘して解説していく記事です。

他の型も気になる方は下の記事も読んでみてください。


この記事では

この記事でわかること
  • リーンアウトとは?リーンアウトの意味
  • リーンアウトのフォームの作り方
  • リーンアウトの体重と車重の掛かり方のイメージ
  • リーンアウトを体感する方法
  • リーンアウトのメリット
  • リーンアウトのデメリット
  • リーンアウトを使う局面
  • バイク初心者におすすめしない理由


ということについて解説していきます。

リーンアウトとは?リーンアウトの意味

リーンアウトとは?リーンアウトの意味


バイクの傾きよりもライダーの傾きのほうが大きいのがリーンアウトです。

「バイクの傾き(リーン)よりもライダーが外側(アウト)にくるライディングフォーム」という意味です。

リーンアウトのフォームの作り方

リーンアウトのフォームの作り方
リーンアウトのフォームの作り方
  • ニーグリップをしっかりし、下半身で上半身を支える
  • 内側の肘をまっすぐ伸ばす
  • 外側の肘を曲げる
  • 外足で抑えつけるようにバイクを倒し
  • 上半身は路面に対して垂直にする


内肘を伸ばしてバイクを倒すことを意識すればフォームを作れます。バイクが大きく傾きますが、頭の位置は変わらないのでバイクを倒し過ぎないようにしましょう。

リーンアウトの体重と車重の掛かり方のイメージ

リーンアウトの体重と車重の掛かり方のイメージ


リーンアウトのフォームにライダーとバイクの傾きの線を入れてみるとバイクの方がよく傾いているのがわかります。

リーンアウトを体感する方法

リーンアウトを体感する方法
リーンアウトを体感する方法
  • コーナーの前で減速中に軽くリーンアウトの姿勢を作る
  • ブレーキリリースと同時に更にバイクを寝かせ、上半身を起こす


フロントブレーキをかけている間はバイクは直進しようとするので、中将はコーナリングの為の姿勢を完璧に作ってしまいますが、リーンアウトは大きくバイクを傾けるのでリリース前は軽めのフォームにして、リリースと同時にきちんとしたフォームに移行した方が上手くいくと思います。

リーンアウトのメリット

リーンアウトのメリット
リーンアウトのメリット
  • 視線が高いので危険察知に優れる
  • コンパクトに曲がれる
  • Uターンなどの極低速でバランスと取りやすい
  • 姿勢変化が少ないので比較的疲れにくい
  • 切り替えしが速い

視点が高いので危険察知に優れる


頭がコーナーの内側から離れ、視点も高くなるので広い範囲を見渡すことができます。コーナーの先の情報をいち早く知ることができるので落下物などの危険を早めに察知して回避行動をとることができます。

コンパクトに曲がれる


バイクを大きく倒すのでバイクを小さく、コンパクトに曲げることができます。

Uターンなどの極低速でバランスと取りやすい


コンパクトに曲げることができるのでUターンやヘアピンなど極低速では曲がりやすいです。

ライダーとバイクで「V字バランス」ができるため、低速でのバランスがとりやすいのです。

姿勢変化が少ないので比較的疲れにくい


ライダーは直立状態を保ち、大きな動きをするのはバイクになるのでコーナーが連続しても疲れにくいフォームと言えます。

切り替えしが速い


カーブが連続する局面では上半身の移動が少なく、股の下でバイクを左右に倒すだけなので速い切り替えしを行うことができます。

リーンアウトのデメリット

リーンアウトのデメリット
リーンアウトのデメリット
  • 傾きほど旋回性は高くない
  • セルフステアを使いにくい
  • 高速域では前輪が滑りやすい
  • バイクを深く倒していることに気づきにくい
  • タイヤのグリップ力に頼った走りになる
  • 高速域ではリアタイヤが滑りやすい
  • 必要な恐怖心を感じづらくなる

傾きほど旋回性は高くない

リアタイヤに荷重をかけづらいので、「アクセルを開けるてリアを中心に曲がっていく」ということをしづらいです。

セルフステアを使いにくい

傾いているステアリングにライダーの体重が乗るのでセルフステアを抑えつけてしまいます。能動的にハンドルを切って行かないと曲がりづらいです。

高速域では前輪が滑りやすい

ライダーの体重は傾いているバイクの前輪にも乗るので他のフォームに比べ、高速域では前輪が滑りやすいです。

バイクを深く倒していることに気づきにくい

ライダーの目線は変わりませんがバイクは大きく倒すのでバイクを倒している感覚を掴みづらく倒し過ぎて転倒してしまうこともあります。

タイヤのグリップ力に頼った走りになる

ライダーの重心線がバイクの重心線の外側にあるので、荷重によってタイヤのグリップ力を引き出したりするコントロールをしづらいのでタイヤのグリップ力に頼った走りになってしまいます。

リアタイヤが滑りやすい

ライダーの重心線とバイクの重心線がずれているのでリアタイヤにしっかり荷重をかけづらく、バイクを大きく倒すのでリアタイヤが滑りやすいです。

必要な恐怖心を感じづらくなる

コーナリング中でも頭の位置が変化しないので、恐怖心をかんじづらくなり、タイヤのグリップ力を超えた危険な角度までバイクを倒してしまうこともあります。

リーンアウトを使う局面

リーンアウトを使う局面
リーンアウトを使う局面
  • Uターン
  • ヘアピンコーナー
  • ブラインドコーナー


デメリットで解説した内容は「高速域」で発現することがほとんどです。極低速域ではむしろ「コンパクトに曲がれる」というメリット、見通しの悪いカーブでは「支点の高さ」をメリットを活かすことができます。

ハッピーツーリンガーにリーンアウトをおすすめしない理由

ハッピーツーリンガーにリーンアウトをおすすめしない理由


僕の様なただのハッピーツーリンガーには積極的にリーンアウトを使うことは基本的におすすめしません。

ハッピーツーリンガーにリーンアウトをおすすめしない理由
  • Uターンなどの極低速時以外はデメリットが多い
  • コーナリングフォームは2つに特化するべき


それぞれ簡単に解説します。

Uターンなどの極低速時以外はデメリットが多い


Uターンやきれいに曲がり切れない「捨てるヘアピン」などでは有効なリーンアウトですが、普通にツーリングをして楽しくワインディングを走る局面、特に高速コーナーなどではデメリットの方が多いです。

Uターンはバイクを降りて押すのが最善

リーンアウトでかっこよくUターンをするのは格好いいですが、そもそも論としてハッピーツーリンガーにとって最善のUターン方法は「バイクを降りて押す」です。

コーナリングフォームは2つに特化するべき


大きく分けて4つあるコーナリングフォームですが、初心者の方は特に、全てのコーナリングフォームを完全に自分の物にするよりも自分に合ったコーナリングフォームに特化して体に染み込ませることが上達への近道です。

全てのコーナリングフォームを完璧にマスターしようとすると習得効率が悪くなってしまいます。

okoko

でもどのフォームも良さそうでどれに特化すればいいのかわからないわ・・・


という方がほとんどだと思いますが、正直普通にツーリングをして、普通に峠を気持ちよく走るには「リーンウィズ」「ハングオフ」だけです。もっといえはリーンウィズだけでもハッピーツーリングができます。

okoko

いずれ他のフォームも覚えなきゃいけないんでしょ??



では他のリーンイン/アウトとはどのように付き合うかというと「こうすればこう曲がるのか・・・」と一度だけそのフォームを体感するだけで正直十分です。

数年に一度そのフォームが必要な局面が来たら精度の低いそのフォームを引っ張り出してきてその局面をクリアすれば良いですし、そのフォームを使わずにその局面を乗り切る方法はいくらでもあります。


バイク三郎

リーンイン/アウトは「知識」としてやり方を知って、それをやってみて「経験」にできれば十分ってこと

バイク次郎

リーンウィズ/ハングオフは「知識」→「経験」→「経験の積み重ね」というステップが必要ということ

意識していないのにリーンアウトになってしまう方


意識してリーンアウトをしているわけではないのに、マスツーに行ったときなどに「リーンアウトスタイルなんですね」などと言われたら、あなたはバイクを倒すことに恐怖を感じています。

視点を下げ、コーナーの内側に入れることを無意識に嫌がってバイクだけ倒している状態なのでもっと荷重を意識して体をイン側に倒せる練習をしましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

リーンアウトについて月並みなことを並べてみました。


「コーナリングフォームは2つに特化するべき」というのはあくまでも僕の個人的な考えですので無視していただいても構いません。

僕自身、バイクの勉強を始めたときに様々なフォームを試していたので過去の自分に向けて余計なことを書きました。

バイク初心者のあなたが次にバイクに乗ったときに

okoko

ほうほう、これがリーンアウトの曲がり方か!次(のフォーム)いってみよう!


となったのであれば記事を書いた甲斐があったのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました