> バイクで峠はギア何速で走る?入れてはいけないギアと適正ギアの見つけ方 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクで峠はギア何速で走る?入れてはいけないギアと適正ギアの見つけ方

バイクで峠はギア何速で走る?入れてはいけないギアと適正ギアの見つけ方ライテク
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 最近バイクの勉強を始めた
  • 峠を気持ちよく走りたい
  • 今は上手く走れない
  • 峠を走るときは何速のギアで走ればいいのかわからない


という方ではないでしょうか。

ライター

ワインディングでは適切なギアに入れて走ろう!


とざっくりな説明が多い「峠でのギア問題」ですが、この記事では少し深堀して解説していこうと思います。

先にこの記事の結論をお伝えすると、この記事は

ほとんどの場合どんな車種、排気量でもコーナリング中は最初から最後まで2速推奨。直線区間は速度に合わせていつも通り。


という結論に向かって進んでいきます。

この記事では

この記事でわかること
  • 峠のコーナリングでバイクのギアを調整する目的はエンブレによる減速ではない
  • 進入速度から適正ギアを見つける
  • パワーバンドから適正ギアを見つける
  • 結局大体2速に落ち着く
  • 峠のバイクでやってはいけないこと
  • ブリッピングシフトダウンは絶対に必要なスキル


ということについて解説します。

峠のコーナリングでバイクのギアを調整する目的はエンブレによる減速ではない

峠のコーナリングでバイクのギアを調整する目的はエンブレによる減速ではない


まず最初に大事なことです。

初心者の方は「適切なギア=適切なエンジンブレーキがかかるギア」と思いがちです。つまり、シフトダウンは減速のために行うものと思うことが多いです。


確かに減速目的でもありますが、それと同じくらい、もしくはそれ以上の目的は「コーナー終わりの立ち上がりのため」です。つまり、減速ではなく、加速のためにシフトダウンを行って適切なギアにしておくのです。

バイク太郎

加速に適切なギアに入れておけばエンジンブレーキもちょうどいいくらいかかるギアになるよ。



立ち上がりのときにはアクセルをあけて、タイヤを路面に押し付けて(「トラクションをかける」と言います。)グイグイ加速する必要があります。

この時のギアの選択を間違えると

ギア悪影響
低いとスロットルをラフに開けると、強烈なエンジンパワーでタイヤが滑ってしまう。
高いとスロットルを大きく開けてもトラクションがかからず上手く曲がれない。ノッキングを起こす。


ということが起こります。

okoko

加速のためにちょうどいいギアって何速なのよ。そのときのスピードやコーナーのキツさによって変わってくるでしょ。


まずは加速のためにちょうどいいギアをみつけていきましょう。

パワーバンドからバイクで峠を走るときの適正ギアを見つける

パワーバンドからバイクで峠を走るときの適正ギアを見つける


「加速のためにちょうどいいギア」を見つけるにはパワーバンドというものを参考にする必要があります。

パワーバンドとは

パワーバンドとは


パワーバンドとは「バイクの加速性能を最大限発揮できるエンジン回転数の範囲」です。

バイク次郎

ちょっと格好をつけると「最大トルク発生回転数と最大出力(馬力)発生回転数の間の回転数」だよ。



例えば

車種パワーバンド
レブル2507750rpm~9500rpm
CB400SF9500rpm~11000rpm
ハヤブサ7000rpm~9700rpm


という感じです。

バイク上手太郎

昔の走り屋さんはパワーバンドに入れ続けることに情熱を燃やしていたよ!


上の検索窓に車種名を入れてGoogle検索すればパワーバンドを知ることができます。

バイク三郎

バイクによってはパワーバンドがタコメーターに入っているのもあるよ

パワーバンドがタコメーターに入っている

エンジンパワーを使い切るようなギア

エンジンパワーを使い切るようなギア


コーナーから立ち上がっている最中にパワーバンドに入っていて、完全にコーナーを脱出した瞬間レッドゾーン(エンジン的に限界の回転数)に入るギアが「エンジンパワーを使い切っている」という意味ではもっとも速く走れるギアです。

バイクで峠を楽しくスムーズに走れるギア

バイクで峠を楽しくスムーズに走れるギア



しかし、立ち上がっている最中にパワーバンドに入っていると、少しスロットルを開けただけで強烈なエンジンパワーがタイヤに伝わり、そのパワーをタイヤが受け止めきれなければタイヤが滑って転倒・・・・ということになります。

ですので「速く走る」ということを第一の目的にしていない、我々のようなハッピーツーリンガーは立ち上がっている最中にパワーバンに入るまで(最大トルク発生回転数)2/3以上の回転数になるギアを選択するのが良いです。

先ほどの三車種で例えると

車種理想的な立ち上がりエンジン回転数
レブル2505000(≒5166)rpm以上
CB400SF6000(≒6333)rpm以上
ハヤブサ4500(≒4666)rpm以上


という感じでキリのいい回転数を目指すようにすればおのずと適切なギアがわかります。

okomoto

よほどの高速コーナーではない限りどの車種もだいたい2速なんですけどね・・・

峠でのバイクのギアは結局大体2速に落ち着く

結局大体2速に落ち着く


この方法で峠を走ってみると、どんな車種や排気量でもだいたい2速になります。

僕の場合250cc直列4気筒でも、400ccV型4気筒でも、984ccV型2気筒でも全てのバイクでコーナー進入時のギアはだいたい2速になります。

80km/hでコーナーに進入するときなどは流石に3速に入れますが基本的に2速。4速で高速コーナーを曲がるときはツーリングのペースで流しながら通過するときくらいです。

okomoto

高速コーナーは怖いから飛ばさないの・・・楽しむのは低速コーナーなの・・・

バイク三郎

オコモトは高速コーナーで転んで集中治療室入ってるからね。


排気量の小さなバイクで登りのコーナーを上がっていると、十分なトルクを得られなくなり、1速に落としたくなります。1速に入れると事故につながる可能性があるので僕は大型バイクに乗り換えました。

okomoto

「大型バイクは実用的ではない!無駄を楽しむもの!」って言う人がいますが、登りのコーナーでは超実用的ですよ。


okoko

峠で1速に入れるとなぜ事故につながるの??

峠のバイクでやってはいけないギアのこと

峠のバイクでやってはいけないこと


峠のバイク操作でやってはいけないことをシフトチェンジ関係のことを簡単に解説します。

峠のバイクでやってはいけないこと
  • 1速に入れない
  • コーナリング中にシフトチェンジしない


それぞれ解説します。

1速に入れない

1速に入れない


1速と2速はギア比の間隔が大きいので2速から1速に落としたときに強烈なエンジンブレーキがかかってコーナリングがぎくしゃくしてしまいます。コーナーの立ち上がりでも不必要なくらいのパワーを発生させることがほとんどで、コーナリングでは非常に使いづらいギアです。

大きすぎるシフトショックはタイヤをロックさせてしまいます。コーナー進入時にタイヤをロックさせてしまうと多くの場合、そのままコーナーの外に直行します。

もっとも危険なのが、コーナー進入のためにシフトダウンをしているときに間違えてニュートラルに入ってしまうこと。

減速のために当てにしていたエンジンブレーキがまったくなくなってしまうとそこから急制動をしなければなりません。多くの場合、そのままコーナーの外に直行します。

街乗りをしているときもそうですが、「1速は発進のためのギア」と割り切った方が安全運転、楽しい運転に繋がります。

コーナリング中にシフトチェンジしない

コーナリング中にシフトチェンジしない


コーナリング中にシフトチェンジをすると、その瞬間リアタイヤにかかっていたトラクションが抜けてしまいます。

トラクションが抜けた状態ではスムーズにバイクを曲げることは不可能なのでコーナリング中にシフトチェンジをしてはいけません。


ただし、思ったよりも絶好調にコーナリングができたときの立ち上がりで回転数が上がりすぎ、レッドゾーンに入ってしまうようであればシフトアップするのは問題ありません。

バイクはほとんど起きていますし、そのままレッドゾーンに当てながら走るよりも楽しくコーナーを脱出できます。

ブリッピングシフトダウンは絶対に必要なスキル

ブリッピングシフトダウンは絶対に必要なスキル


もしもあなたが半クラッチを使ってシフトダウンしているのであれば、この記事の内容を反映させた走りをすることはできません。

まずはブリッピングシフトダウンを覚えてからこの記事の走り方を試してみてください。

バイクのシフトダウン、ブリッピングのやり方
  • クラッチレバーを握る
  • スロットルを煽る
  • シフトダウンする
  • クラッチレバーを離す


詳しくは下の記事を読んでみてください。

まとめ



いかがでしたでしょうか。

まずは低速コーナーを2速で走ることろから始めましょう。速度やコーナーに合わせて使っても3速まで。4速を使うコーナーは流した方がいいです。危ないので・・・。

この記事では

この記事で知ってほしいこと
  • 2速でコーナリングすればだいたいうまくいく
  • 1速は使わない方が安全


ということを知って頂ければ記事を書いた甲斐があります。次のツーリングで是非試してみてください。

okoko

2速だとスピードが落ち過ぎちゃうわ・・・

と言う方は下の記事を読んでコーナー全体を組み立てる走りをしてみてください。バイクはもっともっと楽しくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました