> バイクとシリコンスプレーの相性の良さは異常【チェーンは?】 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクとシリコンスプレーの相性の良さは異常【チェーンは?】

バイクとシリコンスプレーの相性の良さは異常【チェーンは?】 メンテナンス、バイクの仕組み
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です


と言う方ではないでしょうか。

本格的なバイクメンテナンスをする方であれば

バイクメンテにはたくさんのグリスを使うらしい・・・
  • ウレアグリス
  • シリコングリス
  • モリブデングリス
  • リチウムグリス
  • カルシウムグリス
  • カッパーグリス
  • ナトリウムグリス
  • 二酸化モリブデン
  • 銅グリース
  • 酸化カルシウムグリース


なんてわけのわからないグリスを使うのでしょうが、僕のくらいの

okomoto

趣味はバイクメンテではなく、バイクに乗ること。メンテは基本ショップ任せ。手間対効果が高い簡単なメンテだけ自分でやる


という方であればシリコンスプレーさえあればメンテナンスは完了します。



この記事では

この記事でわかること
  • バイクにシリコンスプレーの効果
  • バイク使うべきシリコンスプレーの種類
  • シリコンスプレーでメンテナンスするバイクの場所


という内容について簡単に解説していきます。

ちなみに、556は広く知られた潤滑剤なのでバイクメンテナンスに使ってしまいそうになりますがそれは間違いです。ごくごく限られた局面でしか使えません。詳しくは別記事にまとめています。

バイクにシリコンスプレーの効果

バイクにシリコンスプレーの効果
バイクにシリコンスプレーの効果
  • 潤滑
  • ツヤ出し
  • 劣化防止


シリコンスプレーは他の油脂類と同様、パーツとパーツの間に入っていって動きを滑らかにする「潤滑作用」と「ツヤ出し作用」があります。

シリコンスプレーの最も特筆すべき点は「劣化防止作用」です。

他の油脂類の多くがゴムや樹脂パーツに対して攻撃性を持っているのに対し、シリコンスプレーはむしろそういったパーツを紫外線などから保護し、劣化を防止してくれます。

多くの樹脂パーツやゴムパーツを使っているバイクに使うのに物凄く向いているケミカルなのです。

バイク使うべきシリコンスプレーの種類

バイク使うべきシリコンスプレーの種類



シリコンスプレーには「無溶剤タイプ」「石油系溶剤タイプ」があります。「シリコンスプレーは攻撃性がない」と書きましたが、石油系だとゴムやプラスチックヘの攻撃性があるので使用できません。

シリコンスプレーをバイクメンテナンスに使う際は必ず無溶剤タイプを使用しましょう。

バイク太郎

どんなメーカーの無溶剤シリコンスプレーでも構わないけれど、どうせ安いものだから『クレ』のものを使うのがおすすめ。

シリコンスプレーでメンテナンスするバイクの場所

シリコンスプレーでメンテナンスするバイクの場所


では具体的にバイクのどんな場所に使うのかという解説をしていきます。

潤滑目的でバイクにシリコンスプレーを使う場所

潤滑目的でバイクにシリコンスプレーを使う場所
  • ギアボックスとシフトペダルの接続部分
  • シフトペダルの可動部
  • 左右のステップの根本
  • ブレーキペダル根本
  • サイドスタンド根本
  • ステムベアリング(上下)
  • ホイールベアリング(前後左右)
  • レバーの根本
  • インナーチューブ(前後左右)


僕が潤滑目的でシリコンスプレーを拭いている場所は画像と一覧の通りです。

詳しくは別記事で解説しているのでそちらを御覧ください。



ちなみに、ゴミが溜まりやすくなってしまうのでバイクの鍵穴の潤滑にシリコンスプレーは向いていません。パウダー式の専用品を使いましょう。

シリコンスプレーはバイクチェーンに使うことができるのか?

シリコンスプレーはバイクチェーンに使うことができるのか?


シール類を傷つけないのでもちろんバイクのチェーンにも使うことはできます。

しかし、揮発性が高いので効果が持続しません。ロングツーリングでは途中で油分を失ってしまう可能性もあるのでおすすめしません。

チェーンは専用のグリスを使うのが無難です。

センタースタンドがついているバイクで、「いつでも気軽に、ツーリングの休憩中でもチェーンに注油できる」という状況の方はシリコンスプレーでも良いかもしれません。

ツヤ出し目的でバイクにシリコンスプレーを使う場所

ツヤ出し目的でバイクにシリコンスプレーを使う場所
ツヤ出し目的でバイクにシリコンスプレーを使う場所
  • カウル
  • タンク
  • エンジン
  • ヘルメット
  • ホース類など


タイヤとシート以外の全ての箇所に使うことができます。ヘルメットに塗布することでヌルヌルにすることができます。

バイク次郎

シートに塗布すると滑ってライディングに支障がでるよ

okomoto

ヘルメットメンテナンスはたくさんの代用品があります。下の詳細記事で解説しています。

劣化防止目的でバイクにシリコンスプレーを使う場所

劣化防止目的でバイクにシリコンスプレーを使う場所
劣化防止目的でバイクにシリコンスプレーを使う場所
  • ダストシール
  • オイルシール
  • 樹脂パーツ
  • プラスチックパーツ
  • ホース類


つや出しで塗布する部分とほとんど同じです。タイヤとシート以外です。

タイヤはゴムの塊なのでスプレーしたくなるかもしれませんが、塗ったら大転倒します。タイヤサイドであれば問題ないように思うかもしれませんが、わざわざ危険を犯す必要は全くありません。

なにより、ゴムとしてのタイヤの劣化よりも摩耗による交換サイクルが早くやってきます。もしも劣化の方が早く訪れるようなバイクの乗り方をしているのであればそのバイクは手放してドライブにでかけたほうがいいでしょう。



ちなみに潤滑のところで挙げた⑨インナーチューブは潤滑と劣化防止を兼ねてシリコンスプレーとシリコングリスを塗布します。

汚れ落としとしても使えるシリコンスプレー

汚れ落としとしても使えるシリコンスプレー


油性ペンが油で落ちるように、油汚れは油によって落とすことができます。

カウルに着いた虫や、飛び散ってスイングアームやホイールについてしまったチェーンルブの汚れはシリコンスプレーで拭き上げることできれいに落とすことができます。

シリコンスプレーを使うときの注意点

シリコンスプレーを使うときの注意点


シリコンスプレーが残ってしまうと汚れを拾いやすくなってしまうので、一度使い捨てのウエスに吹きかけてから吹き上げるようにしましょう。

考えなしに直接スプレーをすると、そのときは良くても後々汚れがひどくなってしまいます。

okomoto

僕が使っている使い捨てのウエスです。厚手で破けにくくとてもいい感じです。洗車のときにホイールを磨いたりもします。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

シリコンスプレーがいかにバイクメンテナンスに向いているかを解説しました。

様々なメンテナンスサイトを覗いているなんだかバイクに乗るのが嫌になってくるかもしれませんが、お店にメンテナンスを任せていれば使う油脂類はかなり限定的です。


もしもあなたがバイクメンテナンスに不安を感じているのであれば下の記事も読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました