> バイクチェーン清掃8ステップ!初心者でも簡単に楽してチェーン掃除する方法 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクチェーン清掃8ステップ!初心者でも簡単に楽してチェーン掃除する方法

バイクチェーン清掃 メンテナンス、バイクの仕組み
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • バイクチェーンのメンテナンスができるか不安だ
  • バイクチェーンの清掃方法を知りたい


という方ではないでしょうか。

この記事では過去に僕も行っていて、もっとも一般的な「バイクチェーン清掃方法」について解説していきます。

使用しているバイクチェーンオイルごとにクリーナーを選んだり、怪我をしないコツ、メンテナンスで疲れにくくするコツも解説するので特にバイク初心者の方は是非最後まで読んでいってみて下さい。

okomoto

僕が行っているチェーンメンテナンス方法だとチェーンの清掃は行いませんが、汚れがひどくなった方や僕の方法を採用しない方のためにバイクチェーンの清掃方法を解説しておきます。


この記事で解説するチェーン清掃方法は


バイクチェーンの清掃方法
  • リアタイアを浮かせる
  • チェーンの下とチェーンの後ろを養生する
  • 汚れによって、使っているチェーンオイルによってクリーナーを選ぶ
  • チェーンクリーナーを全体に塗布する
  • 10分程度待ち、汚れを浮かせる
  • ブラッシングで汚れを落とす
  • 再度チェーンクリーナーを塗布して汚れを落とす
  • チェーンクリーナーを拭きとる



という流れになります。

早速それぞれを解説していきます。

この記事で解説するのはチェーン清掃までです。清掃のあとは必ずチェーンオイルを注油してください。注油方法の記事は記事の最後にリンクを張ってあります。

リアタイアを浮かせる【バイクチェーン清掃】

リアタイアを浮かせる【バイクチェーン清掃】


バイクを少しずつ移動させても作業は可能ですが、タイヤをその場で回転させることができれば作業効率は信じられないくらい上がります。

okomoto

バイクを少しずつ移動させてチェーンメンテナンスをすると一発でメンテナンスが嫌いになります。必ず後輪を回せる環境を整えてから作業を始めましょう。



チェーンメンテナンスをするときはタイヤを回せる環境を作ることがもっとも大切と言ってもいいです。

おすすめはローラースタンドかスイングアームスタンドです。


詳しくは下の記事を読んでみてください。

チェーンの下とチェーンの後ろを養生する【バイクチェーン清掃】


チェーン清掃をするとクリーナーや汚れが飛び散ってタイヤ、ホイール、スイングアームなどが汚れます。

また下に落ちた汚れで地面も盛大に汚れるので

チェーン清掃に大切な養生
  • チェーンの後ろに段ボールやクリアファイルを当てて汚れが飛び散らないようにする
  • バイクの下に新聞紙やビニールシートを敷く


など養生をしっかりするようにしましょう。

汚れによって、使っているチェーンオイルによってクリーナーを選ぶ【バイクチェーン清掃】

汚れによって、使っているチェーンオイルによってクリーナーを選ぶ【バイクチェーン清掃】


バイクの油汚れを落とすのに大活躍するパーツクリーナーですが、シールチェーンに使用するとグリスを封入してあるシール部分にダメージを与えるので絶対に使用してはいけません。

また、チェーン専用のクリーナーであっても洗浄力の強いクリーナーはシールを傷つける可能性があります。

汚れに合った適切なクリーナーを使用することが大切です。

バイク太郎

ひどい汚れには強力なクリーナー、それほどではない汚れにはそれほどではないクリーナーを使おうということ。

低粘度のチェーンオイルを使用している場合のチェーンクリーナー【バイクチェーン清掃】


透明なチェーンオイル、いわゆる「低粘度、ウエットタイプ」のチェーンオイルを使用している場合は汚れがひどくならないので、比較的洗浄力が弱くシールを傷める可能性が低い水溶性チェーンクリーナーが良いです。反面、頑固な汚れや高粘度ドライタイプのチェーンルブは全く落とせません。

バイク次郎

低粘度チェーンオイルは汚れにくいから水溶性のクリーナーを使う


水溶性なので隅々まで水で洗い流せるのがメリットですが、注油する際はしっかり水気をなくしてから注油するか「水置換性のあるチェーンオイル」をしようしなければいけません。


アルマイト加工されたパーツには強い攻撃性があるのでアルマイト仕上げのホイールやそれらのパーツがチェーンの近くにあるバイクには絶対にしようしないようにしましょう。

okomoto

水置換性のあるチェーンオイルで間違いないのがワコーズのCHL チェーンルブです。詳しくは下の記事を読んでみて下さい。

汚れがひどい、または高粘度のチェーンルブを使用している場合のチェーンクリーナー【バイクチェーン清掃】


チェーンが白くなる、いわゆる「高粘度、ドライタイプ」のチェーンルブを使用している場合は汚れがひどいことになるので、スプレー式で洗浄力が強いチェーンクリーナーが必要です。

このグリスは先述のチェーンディグリーザーで落とすことはできません。

okomoto

バイクチェーンオイルの種類については下の記事を読んでみてください。

チェーンクリーナーを全体に塗布する【バイクチェーン清掃】

チェーンクリーナーを全体に塗布する【バイクチェーン清掃】


ホイールを回しながらクリーナーをチェーン全体に塗布します。

タイヤを回す際は手を挟まない方向にチェーンが回るようにしてください。万一の時に大けがをしてしまいます。

チェーンメンテンナンスで怪我をするチェーンの回し方
チェーンメンテンナンスで怪我をしないチェーンの回し方


スプロケット側で作業をするとチェーンの裏に当てた養生が機能せず、タイヤやホイール、スイングアームを汚してしまうのでチェーンの中間あたりで作業することをおすすめします。

チェーン清掃や注油はチェーンの真ん中で行う

10分程度待ち、汚れを浮かせる【バイクチェーン清掃】

10分程度待ち、汚れを浮かせる【バイクチェーン清掃】


十分に汚れを浮かせてから次の作業に入ります。

ブラッシングで汚れを落とす【バイクチェーン清掃】


汚れが浮いたらブラシで直接汚れを落としていきます。

あまりゴシゴシやるとシールを傷めてしまうのでほどほどにしたほうがいいです。三面ブラシがあると時間と手間を短縮できます。

錆を真鍮ブラシで落とす方法もありますが、真鍮ブラシだとシールを傷つける可能性が高いですし、そもそもそこまで錆びてしまったチェーンは交換した方がいいと思います。

再度チェーンクリーナーを塗布して汚れを落とす【バイクチェーン清掃】

再度チェーンクリーナーを塗布して汚れを落とす【バイクチェーン清掃】


この段階で拭きとってもいいのですが、汚れが頑固な場合はもう一度クリーナーを塗布して拭きあげる準備をします。

汚れを浮かすのではなく、汚れを洗い流すイメージです。

チェーンクリーナーを拭きとる【バイクチェーン清掃】


クリーナーに水溶性のチェーンディグリーザーを使っている場合はクリーナーを水で流して水を拭き取ります。

缶スプレー式の強いクリーナーを使っている場合はウエスでクリーナーを拭きとります。

布のウエスを使うと一発で再起不能になってしまうので、使い捨ての紙のウエスを使うと良いです。ペーパータオルですね。

リンクを張っているのもは厚手で丈夫でバイク周りにとても使いやすいです。

okomoto

ケチって他のペーパータオルにしたこともありましたがすぐに破けて逆にコスパが悪かったのですぐに買い直しました。このペーパータオルは本当おすすめ。


チェーンが乾いたらチェーンオイルをチェーンに注油します。

バイクチェーン清掃まとめ

バイクチェーン清掃まとめ


いかがでしたでしょうか。

僕はバイクを極力濡らしたくない人ですし、低粘度のチェーンオイルをしようしているのでチェーン清掃はほとんど行いませんが、以前行っていた方法を記事にしました。

ちなみにバイク屋さんによってはチェーンの注油はやってくれますが、清掃はやってくれないところもあります。

okomoto

「面倒だから」ではなく「必要ないから」だと思います。いや、面倒だからかな?



あなたが水を使った洗車をする方で、チェーン清掃もしっかり行いたい方であればお役に立てたかと思います。

現在僕が行っている簡単なチェーンメンテナンス方法は下の詳細記事を読んで頂ければと思います。注油方法と一緒に解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました