> バイク用ボディバッグ、ウエストバッグ、ヒップバッグのおすすめと性能 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイク用ボディバッグ、ウエストバッグ、ヒップバッグのおすすめと性能

バイク用ボディバッグ、ウエストバッグ、ヒップバッグのおすすめと性能 バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイク用のウエストバッグ、ボディバッグ探している
  • ツーリング用ヒップバッグのおすすめを知りたい


と言う方ではないでしょうか。

バイク用のツーリングバッグを探しているあなたは

あなたはこんな方?
  • 学生ではない
  • バイク仲間が複数いる
  • ソロツーリングはほとんどしない
  • 高速道路メインのツーリングが多い


こんな方ではないでしょうか?

okoko

なんでバレたの!?

ウエストバッグはこんなアイテム

ウエストバッグ(=ヒップバッグ)、ボディバッグはリュックとは違い、「家にあるものを使う」というアイテムにはなりにくいバッグです。つまり「バイクで使うためにわざわざ購入する必要がある」可能性が高いアイテム。そして自分に最適な方法をソロツーリングで模索している方は選択しないアイテム。つまり、「周りのバイク仲間が使っているから」「周りから勧められたから」という動機で購入するもの。「移動手段」「コミュニケーションの手段」としてではなく、バイクを操作する楽しみを心から感じているバイク乗りは選ばないアイテムです。

メリケン太郎

If you think and choose for yourself, that person is very stupid.

この内容を説明なしで受け入れられる方はこの記事を読む必要はありません。

ツーリングの積載についての答えを探しているあなたに適した記事は


こちらですのでご移動をお願いします。あなたが求めている答えが書いてあります。

何故『「移動手段」「コミュニケーションの手段」としてではなく、バイクを操作する楽しみを心から感じているバイク乗りは選ばないアイテム』なのか知りたい方のみこの先を読んでください。

説明した後に、それでもバイクにウエストバッグ、ヒップバッグを使いたいという方のために「外していないウエストバッグ」を紹介していきます。

メリケン太郎

However, using a waist bag is a mistake.LoL

okomoto

「ボディバッグもウエストバッグもヒップバッグも同じようなもんやで」と言っています。

  1. バイクにウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグを使った場合の性能
  2. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの積載量
  3. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの積載安定性
  4. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの街乗り性能
  5. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグのツーリング性能
    1. 積載量が少ない
    2. 腰が痛くなる
    3. 肩が痛くなる
  6. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグのライディングへの悪影響 邪魔さ加減
  7. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの疲労・疲れる度合い
  8. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの防犯性能
  9. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグはバイクには向いていない
  10. バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグでツーリングしているライダーが多いのは何故なのか?
  11. おすすめのバイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ
    1. バイクにおすすめのウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ①RSタイチ容量10L RSB268
    2. バイクにおすすめのウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ②RSタイチ容量5L  RSB267
    3. バイクにおすすめのウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ③
    4. バイクにおすすめのウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ④KUSHITANI(クシタニ) ユーティリティーエグザリートバッグ
  12. まとめ

バイクにウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグを使った場合の性能

バイクにウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグを使った場合の性能
積載量★★☆☆☆
積載安定性★☆☆☆☆
街乗り★★★☆☆
日帰りツーリング★☆☆☆☆
宿泊ツーリング☆☆☆☆☆
ライディングへの悪影響★★★★★
疲労★★★★☆
防水性性能★★☆☆☆
防犯性能★★★★★


ウエストバッグ、ヒップバッグをバイクに使った場合の性能は上の表の通りです。

それぞれ解説します。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの積載量

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの積載量


ウエストバッグ、ヒップバッグの積載量は他の積載量に比べて非常に少ないです。

「体に積載する方法」であるリュック、レッグバッグと比較するとちょうど中間という立ち位置なので積載量としては「中途半端」、或いは「丁度いい」という存在と言えます。

okomoto

積載方法全体で比べると少ないですが、体にくくりつける中ではちょうど真ん中です。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの積載安定性

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの積載安定性

ウエストバッグ、ヒップバッグの積載安定性は悪いです。

体に引っ掛けているだけなのでブレーキング、加速のたびにズレてきます。斜め掛けしてバッグ自体を背中側に固定したくても自重で下の方にズレてきます。

腰に巻いて例えば体の左側に固定したくてもやはり自重でズレてきます。

okomoto

いくらベルトを締めてもすぐにずれてきます。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの街乗り性能

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグの街乗り性能


ウエストバッグに入る程度の道具で仕事へ行く人、学校へ行く人は少ないと思います。

ちょっとした買い物に行くにしてもパンとペットボトル程度しか入りません。

通勤通学で使用するには容量が小さすぎるので活躍の場がないのです。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグのツーリング性能

ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグのツーリング性能


ツーリングにウエストバッグ、ヒップバッグを使った場合のメリットとデメリットを解説します。

ツーリングにウエストバッグ、ヒップバッグを使うメリット
  • 荷物を出し入れしやすい(料金所)


正直メリットはないのですが、唯一それっぽいメリットを挙げてみました。

ウエストバッグ、ヒップバッグは入れられる荷物の容量が少ないので「少ない中から荷物を探す」という意味では荷物を出し入れしやすいです。サイドポケットがついていたり、メインの収納スペースの中が区切られていたりするので使いやすいです。

しかし、休憩中の荷物の出し入れ能力として考えるとバイク専用に作られたたくさんのサイドポケット、区切りを有するタンクバッグやシートバッグなどと変わりはありません。


ウエストバッグ、ヒップバッグが荷物を出し入れしやすいというイメージは「休憩中ではない場面」での出し入れがしやすい点です。


料金所での支払い


もっと限定して言えば「料金所での支払い」です。

自分の手元にバッグがあるので出し入れがしやすいという理由です。

今どきのバイクはETC車載器を積んでいるのでウエストバッグ、ヒップバッグの優位性はほとんどありません。

僕のバイクにはETC車載器がついていませんが、利き手側のポケットにETCカードと1000札を放り込んでいれば首都高を含むすべての高速道路と有料道路を通ることができます。


ウエストバッグ、ヒップバッグのメリットの「(休憩以外の時に)荷物の出し入れがしやすい」ということはメリットとして挙げられないということです。

ツーリングにウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグを使うデメリット
  • 積載量が少ない
  • 腰が痛くなる
  • 肩が痛くなる
  • 正常なライディングができない

積載量が少ない


ポケットの上位互換程度の積載量しかありません。大型のウエストバッグ、ヒップバッグを使って積載量を改善しようと思うとそれだけそれを抱えるライダーの負担が増えていきます。

腰が痛くなる


腰に巻くとバッグの重さを支える腰が痛くなります。

肩が痛くなる


斜め掛けすると支えている側の肩が疲れます。擦れることによって痛みにかわることもあります。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグのライディングへの悪影響 邪魔さ加減

ライディングへの悪影響


先述の通り、ウエストバッグ、ヒップバッグはバイクではなくライダーの体に積載するものです。

繊細な体重移動で駆け抜けていくワインディングでは体の動きを制限するウエストバッグ、ヒップバッグは邪魔以外のなにものでもありません。左右のバランスも崩れてしまいます。

コーナリングに備えて姿勢移動をしたときに

  • 腰をずらしたいのにウエストバッグが突っかかる・・・
  • シートの後ろに座ってフロントの荷重を抜きたいのにタンデムシートに引っかかって下がれない・・・


ということになります。


バイクの楽しみの根本はバイクを操る操作のはずですが、それを制限するものなのです。バイクを操ることを楽しく感じているバイク乗りはとてもではないですがウエストバッグ、ヒップバッグを使う気にはなれません。

バイクを「趣味のもの」としてとらえず、「なんとなく気持ちがいい移動手段」「コミュニケーションのアイテム」として捉えてる方はウエストバッグ、ヒップバッグが体の動きを制限されるほど動けていないか、それほど自分の体の動きに頓着がないので問題なく使っているのだと思います。




もっと言えば、バイクの操作を楽しんでいるバイク乗りは、ただまっすぐ走るだけの高速道路嫌いますし、自分のペースで走りづらいマスツーリングを嫌います。「嫌々お金で時間を買うところ」「誘われたからなんとなく行ってみるもの」くらいの認識です。

最初に「ウエストバッグはこんなアイテム」で書いた当たりの理由がこの辺りになります。



この辺りの詳細はこちらの記事を読んでみてください。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの疲労・疲れる度合い

ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの疲労・疲れる度合い


リュックの次に疲れる積載方法です。

腰を入れてコーナリングに備えるときなどに引っかかってうまく動けないなどの精神的なストレスも考えると疲れはとても大きなものになります。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの防犯性能

ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグの防犯性能


乗車中も休憩中も常にすべての荷物を身に着けているウエストバッグ、ヒップバッグの防犯性能はとても高いです。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグはバイクには向いていない

バイクには向いていない


同じ「体に積載するタイプ」のリュックは通勤通学・街乗りに最高だったのに対して、ウエストバッグ、ヒップバッグはその積載量の小ささから街乗りにも向いていません。

ツーリングでは体の動きを制限し、走る楽しみをストレスに変えてしまうのでツーリングにも向いていません。

ウエストバッグ、ヒップバッグはそもそもバイクに向いていない積載方法です。

バイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグでツーリングしているライダーが多いのは何故なのか?

ツーリングしているライダーが多いのは何故なのか?


ウエストバッグ、ヒップバッグを使っているベテランは多いです。

何故ベテランの方がこんなものを使うのかがわかりませんが、きっとETCがない時代から連綿と続く「なにがいいのか自分で考えない」という流れが続いているのだと思います。

okomoto

昔から利き手側に現金とカードを入れておけばよかったんですけどね。自分で考えたり、経験を積み上げることが苦手な方が多いのだと思います。こういう方は「ベテラン」と呼ばずに「歴だけ長い」と僕は呼んでいます。

おすすめのバイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ

おすすめのバイク用ウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ


ここからはそれでもウエストバッグ、ヒップバッグを使いたいという初心者の方のために「バイクに使っていても笑われないウエストバッグ、ヒップバッグ」を紹介します。

バイクにおすすめのウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ①RSタイチ容量10L RSB268

ブランドRS TAICHI
サイズ41.91 x 29.69 x 12.6 cm
容量10L
重量758 g


人気のバイクグッズブランド、RS TAICHのヒップバッグです。

防水機能はありませんが、雨の日はツーリングへ行くものではないので問題ないかと思います。
大きく開くメインの収納とたくさんのサイドポケットがあるので機能性は抜群です。

容量が大きいので体の動きを制限する度合いも半端ではありません。

バイクにおすすめのウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ②RSタイチ容量5L  RSB267

ブランドRSタイチ(RSTAICHI)
サイズ27.51 x 19.81 x 10.59 cm
容量5L
重量449 g

上のものよりも容量が小さいRSタイチのモデルです。

僕が通勤用で使っているものでもあります。防水性能はありませんが、充実したサイドポケットと仕切りのおかげで飲み薬やタバコ、VPE、鍵など必要な小物にすぐにアクセスできます。

もちろんこんなものブラ下げてツーリングなんてできないのでこのウエストバッグでツーリングに行ったことは1度もありません。

初心者の時に一度ウエストバッグでツーリングをしてもう凝りました。1度で十分です。


バイクにおすすめのウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ③

ブランドAlpinestars(アルパインスターズ)
サイズ34 x 22.6 x 9.6 cm
容量5L
重量480g


アメリカのレーシングスーツメーカーAlpinestarsのバッグです。

僕はグローブとブーツはAlpinestarsのものを使っているのでそのご縁で紹介です。Alpinestarsを使っていればとりあえず問題はありません。かっこいいです。

サイドにマジックペンを入れられるのでマジックペンを多用する方におすすめです。

バイクにおすすめのウエストバッグ、ヒップバッグ、ボディバッグ④KUSHITANI(クシタニ) ユーティリティーエグザリートバッグ

ブランドクシタニ(Kushitani)
サイズ34.01 x 18.01 x 8 cm
容量不明
重量340 g


バイク用品のハイエンドメーカーのひとつ、クシタニのボディバッグです。機能性を前面に出したバイク用のものが嫌な方はこちらをどうぞ。

一流のバイクグッズメーカーが作る普通のバッグです。さりげないおしゃれです。容量不明ですが、パッと見財布とたばこくらいなら入りそうです。

ポケットにも入りますね。


ここで紹介したバッグを使っていれば「バイク乗ってます」という雰囲気は出せます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

この記事で解説してきたようにウエストバッグ、ヒップバッグはツーリングはおろか、街乗りにもほとんど使えないアイテムです。

体を制限する以上のメリットをご存じの方は「ウエストバッグはここがすごいんだぞ!」という内容をこのブログにコメントせずに身内で共有してください。僕は一生バイク用として使う予定はありませんし、このブログを読んでくれている方々にすすめるつもりもありません。


おとなしくシートバッグを買いましょう。


メリケン太郎

It is sometimes said that the waist bag is not good.That’s a mistake.The thought circuit of “selecting it” is really bad.

コメント

タイトルとURLをコピーしました