> バイクシフトペダル・チェンジペダルの調整方法と、公道走行ベスト位置 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクシフトペダル・チェンジペダルの調整方法と、公道走行ベスト位置

バイクシフトペダル・チェンジペダルの調整方法と、公道走行ベスト位置 メンテナンス、バイクの仕組み
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • もうすぐバイクに乗り始めるので色々勉強している
  • バイクに上手く乗れていない気がするので各部自分用に調整しようと調べている
  • シフトペダル・チェンジペダル調整の具体的なやり方を知りたい


と言う方ではないでしょうか。

初期状態のバイクは「メーカーが考える万人仕様」になっているので、自分の手元に着たら「あなた仕様」のバイクに調整する必要があります。

シフトペダル・チェンジペダル調整方法解説
okoko

なんだかドキドキするわね!



それはカスタムで合ったり、サスセッティング空気圧の調整だったりするのですが「納車された当日にできること」もたくさんあります。

それらはすべて「すごく小さなことで大きな効果を得ることができる」というものです。今まで「あなた仕様」にしてこなかった方もこの記事を読めば

この記事に期待していいいこと
  • ライディングがスムーズになる
  • バイクに乗るのが疲れにくくなる


という効果を得られるかもしれません。

この記事ではシフトペダル・チェンジペダルについて解説していきます。



この記事では

この記事でわかること
  • シフトペダル・チェンジペダル調整の目的と考え方
  • シフトペダル・チェンジペダル調整の方法


ということについて解説していきます。

必要な物

専門的なサイトでは「10mmのメガネレンチを使って」などと解説していますが、車種によって使用する工具は違ってきますし、一つ一つ揃えるのは面倒なので

こんな工具セットを用意してください。必要なものは大体入っています。何故この工具セットなのか知りたい方は下の記事を参照してみてください。


では解説を始めます。

バイク屋さん

使用する工具やバイクの作りは車種によって違うけど、この記事の内容を応用すればだいたいどんなバイクでも調整することができるよ。

関連記事

この記事を興味を持って読む方には読んでおいてほしい記事を張って起きます。この記事を読み終えたら是非読んでみて下さい。

シフトペダル・チェンジペダル調整の目的と考え方

シフトペダル・チェンジペダル調整の目的と考え方
シフトペダル・チェンジペダル調整の目的
  • スムーズにシフトダウンし、いつでも必要なエンジンパワーを取り出せるようにする

というも目的を果たすために調整を行っていきます。

okomoto

ちなみにこれは「公道走行」に限った話です。サーキット走行をする方は参考になりません。

バイク太郎

サーキット走る人はこの記事を読まないと思うけどね・・・

シフトペダル・チェンジペダル調整の考え方
  • ステップに置いてある足を自然に前に出したときにペダルがつま先の下にくる高さに調整する
okoko

シフトダウンに重きを置いているのね?なんでなの?シフトアップはどうなるの?

okomoto

公道ではシフトアップよりダウンの方が重要なんです。異論は認めますが解説をします。


なぜこの考え方をするのかということを解説します。それは

公道ではシフトダウンの方が大事な理由
  • 足はペダルの上に置かず、ステップに乗せておく
  • とっさのシフトチェンジは圧倒的にダウンが多い

足はペダルの上に置かず、ステップに乗せておく


公道で楽しくバイクに乗るときはくるぶしをヒールガードに押し付けながら「くるぶしグリップ」をしながらライディングします。

教習所では「ステップには土踏まずを乗せて、足はペダルの上に浮かせておく」という内容で教わりますが公道でこのやり方をするとヒールガードにくるぶしが当たらないのでくるぶしグリップを行うことができません。公道ではつま先をステップに乗せ、くるぶしをヒールガードに押し付けながらライディングをすることになります。

ですのでシフトチェンジの際は、走行中ステップの上にあるつま先をシフトペダルの上か下に移動するという動作が必要になります。

とっさのシフトチェンジは圧倒的にダウンが多い

とっさのシフトチェンジは圧倒的にダウンが多い


シフトアップとダウンでは

シフトアップつま先(ペダル)を上げる
シフトダウンつま先(ペダル)を下げる


という全く別のアクションを行うことになります。

ですのでシフトペダルの位置としては

ライター

アップもダウンのしやすいバランスのいいところに調整しよう!


と言われることが多いです。

図解すると以下のような感じになります。


シフトアップのときは足をペダルの下潜り込ませる動作が必要で、シフトダウンのときはペダルを乗り越えるように足を前に出す必要があります。

乱暴に言うと

シフトアップそこそこの労力が必要
シフトダウンそこそこの労力が必要


という感じ。


反射的に行うシフトチェンジは圧倒的にシフトダウンが多い

反射的に行うシフトチェンジは圧倒的にシフトダウンが多い


これは僕の考えですが、公道走行中に反射的にシフトチェンジする機会は圧倒的にシフトダウンの方が多いです。

しかも「安全に関わること」が多いのです。

反射的にシフトダウンする局面
  • 下り坂で速度を抑えたいとき
  • 先行車のブレーキランプが光ったとき
  • 道を譲ってもらって一瞬で追い越しを完了させたいとき


こんな局面ではブリッピングシフトダウンを使って一瞬でシフトダウンし、エンジンのパワーを取り出します。そのエンジンのパワーは「エンジンブレーキ」だったり「加速のためのパワー」だったりします。



特に先行車が急ブレーキをかけたという局面では反射的にシフトダウンできるかどうかということで制動距離が大きく変わってきます。

okoko

公道では安全のためにも速やかなシフトダウンが必要なのね!シフトアップは?


シフトダウンが「自分の意思以外の要素」で作られるきっかけが多いのに対して、シフトアップは僕が知る限り「すべて自分の意思」で行われます。

okoko

確かに「今シフトアップしなきゃ!!」って局面てないわね・・・

okomoto

速度が上がってきたらそれに合わせてシフトアップしていくだけですからね


ですのでこの記事では

シフトアップ結構労力が必要
シフトダウン楽にできる!


という方向性でのシフトペダルの調整を推奨します。

バイク三郎

あなたが誰の考えを参考にするかは自由だよ。

okomoto

僕は困らないので別の方の意見を取り入れてもらっても全く構いません。調整方法は同じなので続きをお読みください。

シフトペダル・チェンジペダル調整の方法

シフトペダル・チェンジペダル調整の方法


シフトペダルの調整は上の写真の赤く囲んだ部分「シフトロッド」を回すことで調整します。
車種によってシフトロッドのつき方や長さは様々ですので「シフトペダルの延長にある棒」を探してください。すぐに見つかります。


シフトロッドの上下(シフトロッドの付き方によっては左右)のロックナットを緩めます。

シフトペダル・チェンジペダル調整の方法シフトロッドを回す。


ロックナットを緩めたらシフトロッドを手で回すとシフトペダルが上下します。

実際にバイクに跨ってみて、ステップに置いてある足を自然に前に出したときにペダルがつま先の下にくる高さ(シフトダウンがしやすい高さ)に調整したらロックナットを締めて作業は完了です。

バイク屋さん

ロックナットでシフトロッドを挟むようにするんだよ。

ダイレクトタイプの調整方法


シフトロッドを回すタイプではなく、シフトペダルを一度外して、角度を変えて再度取り付けるシンプルな方法「ダイレクト式」は下記の手順を参考にしてください。

okomoto

手順等ほどでもなかったですね。シフトペダルをとめているボルトを外して、角度を変えてもとに戻すだけです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

バイクのシフトペダル・チェンジペダル調整について、調整方法だけではなく調整の方向性、根拠についても解説しました。

バイクは感覚に依る部分が多い乗り物なのでこの記事に囚われすぎす、自分が操作しやすいところを見つけて頂ければと思います。

この記事が初心者の方が「このバイクはこんなに操作しやすかったんだ!」「バイクって操作するのが楽しいんだなぁ!」と感じる手助けが少しでもできたのであれば嬉しく思います。

バイク次郎

今までの高さが合っていなかった人は劇的に乗りやすくなるよ。

okomoto

シフトペダルの使い方は下の詳細記事を読んでみてください

okoko

と言いつつその記事は鋭意執筆中!!書き終えたらリンク張る感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました