> 125cc~ネオクラシックバイクスペック比較と4種のランキング | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

125cc~ネオクラシックバイクスペック比較と4種のランキング

125cc~ネオクラシックバイクスペック比較と4種のランキングバイク車種解説
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!




ネオクラシックは定義付けが特に曖昧で人によって解釈が変わりやすいジャンルです。この記事では

ネオクラシックとは

丸目1灯で性能が高いネイキッドバイク



ということを定義とし、そこにクラシックバイクを足して「ネオクラシックっぽい車種群」を紹介していきます。

okomoto

ちなみにこの記事で紹介する車種のことは僕個人としては全くネオクラシックだとは思っていませんこの定義に至る過程は下の記事を読んでみてください。


この記事では

125cc~ネオクラシックバイクの車種
  • CB125R ホンダ
  • モンキー125 ホンダ
  • CB190SS ホンダ
  • W175 カワサキ
  • XSR155 ヤマハ


について

125cc~ネオクラシックバイク8種のランキング
  • 最高速ランキング
  • 価格が安いランキング
  • 燃費ランキング
  • 1回の給油で走れる距離、満タンから無給油で走れる距離
  • パワーウエイトレシオランキング
  • トルクウエイトレシオランキング
  • 足つきがいい、シート高が低いランキング
  • パワー円レシオランキング


というランキングを作成して解説しています。

okoko

125~250ccの排気量帯もあるけど・・・

okomoto

このサイトでは150ccクラスはおすすめしていませんが、車種が少なすぎたので載せています。無視して下さい。

okomoto

古い車種もちゃんと見極めれば格安で手に入るかも・・・


125ccのバイクを全て比較した記事も併せて読んでみて下さい。



先にランキングから解説していきます。

125cc~ネオクラシックバイク価格が安いランキング

125cc~ネオクラシックバイク価格が安いランキング
125cc~ネオクラシックバイク価格が安いランキング
  • 298000円
    W175
  • 325000円
    CB190SS
  • 363000円
    XSR155
  • 407000円
    モンキー125
  • 456500円
    CB125R


海外モデルが多数あるので超参考程度にして下さい。定価があるわけではないので輸入販売店によって大きく変わります。

125cc~ネオクラシックバイクパワーウエイトレシオランキング

125cc~ネオクラシックバイクパワーウエイトレシオランキング
125cc~ネオクラシックバイクパワーウエイトレシオランキング
  • 6.87kg/ps
    XSR155
  • 9.18kg/ps
    CB190SS
  • 9.69kg/ps
    W175
  • 9.76kg/ps
    CB125R
  • 11.1kg/ps
    モンキー125


最大排気量ではありませんがXSR155が1位です。比較的気軽に手に入る国内モデルは下位にランクインしています。モンキー125の数字をみるとつくづく「ネオクラではないな・・・」と思いますね。

125cc~ネオクラシックバイクトルクウエイトレシオランキング

125cc~ネオクラシックバイクトルクウエイトレシオランキング
125cc~ネオクラシックバイクトルクウエイトレシオランキング
  • 89.3kg/kgf・m
    XSR155
  • 95.4kg/kgf・m
    モンキー125/CB190SS
  • 96.9kg/kgf・m
    W175
  • 127kg/kgf・m
    CB125R


CB125Rの数字を見る限りつくづく「ネオクラではないな・・・」と思いますね。

125cc~ネオクラシックバイクパワー円レシオランキング

125cc~ネオクラシックバイクパワー円レシオランキング
125cc~ネオクラシックバイクパワー円レシオランキング
  • 18,615円/PS
    XSR155
  • 20,440円/PS
    CB190SS
  • 22,923円/PS
    W175
  • 35,115円/PS
    CB125R
  • 43,297円/PS
    モンキー125


モンキーのパワー円レシオはかなり悪いです。海外のクラシックバイクの最高峰ノートンのバイクくらい悪いです。

125cc~ネオクラシックバイク性能早見表

125cc~ネオクラシックバイク性能早見表
価格エンジン排気量車両重量最大出力最大トルク変速機形式ホイールベースキャスター角全長×全幅×全高(mm)シート高燃料タンク容量カタログ燃費実燃費実燃費での航続可能距離最高速パワーウエイトレシオトルクウエイトレシオパワー円レシオ
CB125R456500円単気筒124cc127kg13PS1.0kgf・m6速リターン1345mm24°12 ‘2040×820×1055815mm10ℓ53km/ℓ46km/ℓ460km115km/h9.76kg/ps127kg/kgf・m35,115円/PS
モンキー125407000円単気筒124cc105kg9.4PS1.1kgf・m4速リターン1155mm25°00‘1710×755×1030775mm5.6ℓ71km/ℓ56km/ℓ313.6km107km/h11.1kg/ps95.4kg/kgf・m43,297円/PS
CB190SS325000円空冷単気筒184cc146kg15.9PS1.53kgf・m不明1360mm不明2025×760×1090不明15.3L不明不明不明不明9.18kg/ps95.4kg/kgf・m20,440円/PS
W175298000円空冷単気筒177cc126kg13PS1.3kgf・m5速1275mm不明1940×765×1045775mm13.5L不明不明不明不明9.69kg/ps96.9kg/kgf・m22,923円/PS
XSR155363000円水冷単気筒155cc134kg19.5PS1.5kgf・m6速1330mm25.7°2000×805×1080810mm10L不明不明不明不明6.87kg/ps89.3kg/kgf・m18,615円/PS



それえぞれの車種の詳細一覧はご覧の表の通りです。

価格新車価格です。昔の車種もあるので税込み税別はかなりアバウトです
排気量大きければ大きいほどエンジンが出せるパワーは大きくなります。
車両重量乾燥重量ではなくオイル類を入れた状態の車両重量です
始動方法セルはボタンで簡単始動、キックはペダルを踏む手間がかかる始動です。キックがあるとバッテリーが上がっても始動できます。
最大出力動いているものをさらに動かす力。主に加速力に関係します。
最大トルク止まっているものを動かす力。主に走り出しに緩解します。トルクがあった方がエンストはしにくいです。
変速機形式ギアチェンジの段階です。市販車の多くは1→N(ニュートラル)→2→3→4→5→6です。スポーツモデルではないバイクは5速までもことが多いです。
ホイールベース前輪の中心と後輪の中心の「車軸間距離」です。長ければ直進安定性が増し、短ければ旋回性が良くなります。ライディングを頼むのであれば短い方がいいかと思います。
キャスター角小さいほど旋回性た高く、大きいほど直進安定性が高くなります。ライディングを頼むのであれば小さい方がいいかと思います。
全長×全幅×全高(mm)全長:多くの場合、フロントタイヤからリアフェンダーやナンバープレートステーの先端です。
全幅:多くの場合、ハンドルの幅です。
全高:ミラー以外で最も高い部分の地面からの高さです。足つきには関係ありません。
シート高シートの一番低いところから地面までも距離です。足つきに直接関係します。
燃料タンク容量リザーブタンクも含めたタンク容量です。
燃料の種類バイクの燃料はガソリンです。レギュラーとハイオクの2種類があります。ハイオクの方が少し高価です。海外ではオクタン価が低い日本のレギュラーガソリン相当のガソリンは流通していないので、メーカーから特にアナウンスがなくても海外メーカーの燃料の種類はハイオクにしています。
カタログスペック燃費メーカーが発表しているガソリン1ℓで進める距離です。燃費は運転方法によって大きく変わるのでメーター発表の燃費と実際の燃費は大きくことなります。
実燃費実際のオーナーさんが発信している燃費の平均値を出したものです。実際の燃費に近い数字です。
実燃費での航続可能距離「タンク量量×実燃費」で「1回の給油で走れる現実的な距離」です。
最高速ネットで調べた最高速です。最高速を気にするのは初心者の方だけですが、ブログにアクセスを集めるために記載します。
パワーウエイトレシオ車両重量÷出力。1馬力で何kgを動かしているかという数字です。小さければ小さいほど
・加速などの運動性能が良い
・ブレーキ制動距離が短い
・燃費が良い
・タイヤが減りづらい
などというメリットがあります。
トルクウエイトレシオ車両重量÷トルク。パワーウエイトレシオと似ていますが、特に停止状態からのスタートやエンストのしずらさに関係します。
パワ円レシオ本体価格÷馬力で計算しています。1馬力を出すのに何円かかるバイクかを示します。「メーカーさん開発頑張ってくれたよね」的なノリで記載している数字です。低い方がコスパよく馬力を出せています。このサイトオリジナルの数字なのでバイク用語として使わないようにしてください。
バイクの全長全幅全高シート高ホイールベースキャスター角の図解

CB125R ホンダ【おすすめの125ccネオクラシックっぽいバイク】


キャリパーは国産のこのクラスでは唯一のラジアルマウントで対向4ピストンでABSもついているという豪華なブレーキングシステムを備えています。

ヘッドライトはLED、倒立フォークを履いて、極めつけはタイヤがラジアルタイヤです。


しかも排気量帯が1つ上のCB250Rよりも車高が高く、ギアインジケーターがついているなど、よりスポーティーに走らせることができます。

okomoto

豪華装備が魅力!

価格456500円
エンジン単気筒
排気量124cc
車両重量127kg
始動方法セル
最大出力13PS
最大トルク1.0kgf・m
変速機形式6速リターン
ホイールベース1345mm
キャスター角24°12 ‘
全長×全幅×全高(mm)2040×820×1055
シート高815mm
燃料タンク容量10ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費53km/ℓ国土交通省届出値
実燃費46km/ℓ
実燃費での航続可能距離460km
最高速115km/h
パワーウエイトレシオ9.76kg/ps
トルクウエイトレシオ127kg/kgf・m
パワー円レシオ35,115円/PS

モンキー125 ホンダ【おすすめの125ccネオクラシックっぽいバイク】


1967年に最初のモンキーが発売され50年にわたって「かわいいバイク」の第一線で活躍してきたホンダのモンキーです。

途中でインジェクションになったり、中国のコピー製品に押されたりしましたが2017年に生産中止になるまで多くの人の支持を集め続けました。


最後の限定モデルは限定500台のところに応募が殺到して、購入できる倍率は90倍だったと言われています。


2017年に惜しまれつつ幕を下ろしたモンキー50ですが、2018年にグロムをベースにして125ccのバイクとして生まれ変わりました。

GROMやZ125と比べると柔らかでおしゃれな見た目で東南アジアではバイク屋ではなく、アパレルのお店やカフェで販売されているそうです。ファッションアイテムとしてその地位を確立しているんですね。


僕の中で「甘いコーヒーとストロベリーソースのパンケーキが似合うバイクランキング1位」のバイクです。


バイク次郎

かっこかわいい代表

価格407000円
エンジン単気筒
排気量124cc
車両重量105kg
始動方法セル
最大出力9.4PS
最大トルク1.1kgf・m
変速機形式4速リターン
ホイールベース1155mm
キャスター角25°00‘
全長×全幅×全高(mm)1710×755×1030
シート高775mm
燃料タンク容量5.6ℓ
燃料の種類レギュラー
カタログスペック燃費71km/ℓ
実燃費56km/ℓ
実燃費での航続可能距離313.6km
最高速107km/h
パワーウエイトレシオ11.1kg/ps
トルクウエイトレシオ95.4kg/kgf・m
パワー円レシオ43,297円/PS

CB190SS ホンダ【おすすめではない半端な排気量のネオクラシックっぽいバイク】


中国ホンダのバイクです。国内仕様はありません。なんだかヌルっとしたデザインですね。うまく言えないけど。

okomoto

こういう入手困難なバイクを引き合いにだして「今小型ネオクラが熱い!」とか書いている記事がありますが正気を疑います。普通におすすめしませんし、熱くもありません。

価格325000~円
エンジン空冷単気筒
排気量184cc
車両重量146kg
最大出力15.9PS
最大トルク1.53kgf・m
変速機形式不明
ホイールベース1360mm
キャスター角不明
全長×全幅×全高(mm)2025×760×1090
シート高不明
燃料タンク容量15.3L
燃料の種類不明
カタログスペック燃費不明
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ9.18kg/ps
トルクウエイトレシオ95.4kg/kgf・m
パワー円レシオ20,440円/PS

W175 カワサキ【おすすめではない半端な排気量のネオクラシックっぽいバイク】


クラシックバイクとしてかなりかっこいいですね。インドネシア向けのバイクです。

価格298000~円
エンジン空冷単気筒
排気量177cc
車両重量126kg
最大出力13PS
最大トルク1.3kgf・m
変速機形式5速
ホイールベース1275mm
キャスター角不明
全長×全幅×全高(mm)1940×765×1045
シート高775mm
燃料タンク容量13.5L
燃料の種類不明
カタログスペック燃費不明
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ9.69kg/ps
トルクウエイトレシオ96.9kg/kgf・m
パワー円レシオ22,923円/PS

XSR155 ヤマハ【おすすめではない半端な排気量のネオクラシックっぽいバイク】


海外モデルですが日本で乗っている方もそこそこいるようです。

価格363000円
エンジン水冷単気筒
排気量155cc
車両重量134kg
最大出力19.5PS
最大トルク1.5kgf・m
変速機形式6速
ホイールベース1330mm
キャスター角25.7°
全長×全幅×全高(mm)2000×805×1080
シート高810mm
燃料タンク容量10L
燃料の種類不明
カタログスペック燃費不明
実燃費不明
実燃費での航続可能距離不明
最高速不明
パワーウエイトレシオ6.87kg/ps
トルクウエイトレシオ89.3kg/kgf・m
パワー円レシオ18,615円/PS

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ネオクラというジャンル自体が曖昧なので記事にも気持ちが入らず曖昧な感じになりました。

もちろんバイクの性能や魅力はスペックだけで判断できるものではありませんが、「数字」という目に見えるものは大きな指標の1つになります。

この記事であなたのバイク選びが少しでも前進したのであれば嬉しく思います。

okomoto

バイク購入までの流れはこちらの記事からどうぞ。この記事のランキングに追加したい車種があればコメントから教えてください。

バイク三郎

他の車種について知りたいときは「バイク車種解説」のカテゴリをチェックしてみてね!

バイク車種解説
バイクの車種や種類について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました