> フロントフォークオイル漏れの原因と対策!修理代やシリコングリスの使い方も! | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

フロントフォークオイル漏れの原因と対策!修理代やシリコングリスの使い方も!

メンテナンス、バイクの仕組み
たった今オイル漏れに気づいた方へ

ツーリングは中止!フォークにタオルかなにかを巻いてバイク屋さんへGO!!落ち着いたらこの記事を最後まで読んでください。それでは一旦さようなら。

okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • 出先でフロントフォークのオイル漏れに気づいてしまった!
  • フロントフォークのオイル漏れをしたときの対象方法を知りたい!


という方ではないでしょうか。

この記事では

この記事でわかること
  • 先にフロントフォークの正立と倒立の違いを簡単に解説
  • フロントフォークのオイル漏れとは?
  • フロントフォークのオイル漏れの原因
  • フロントフォークのオイル漏れを放っておくと起きてしまうこと
  • フロントフォークのオイル漏れを見つけた時の簡易な対処方法
  • フロントフォークのオイル漏れの修理代
  • フロントフォークのオイル漏れの予防方法


ということについて解説していきます。

  1. 先にフロントフォークの正立と倒立の違いを簡単に解説
    1. 倒立フォーク、倒立サスとは?
    2. 正立フォーク、正立サスとは?
    3. 倒立フォークと正立フォークの性能の性能的な違いなどまとめ
  2. フロントフォークのオイル漏れとは?
  3. フロントフォークのオイル漏れの原因
    1. 経年劣化によるフロントフォークのオイル漏れ
    2. ダストシールの劣化で異物がオイルシールに到達したことによるフロントフォークのオイル漏れ
    3. インナーチューブの錆によるフロントフォークのオイル漏れ
    4. インナーチューブの油分切れによる摩擦でフロントフォークのオイル漏れ
  4. フロントフォークのオイル漏れを放っておくと起きてしまうこと
    1. フロントフォークオイル漏れによる操作感の悪化
    2. フロントフォークオイル漏れによるタイヤの偏摩耗
    3. フロントフォークオイル漏れによるブレーキが効かなくなる
    4. フロントフォークオイル漏れによるタイヤにオイルがついて転倒
  5. 気づきにくいフロントフォークのオイル漏れ
  6. シリコングリスやタオルを使うフロントフォークのオイル漏れを見つけた時の簡易な対処方法
    1. 倒立フォークのフロントフォークのオイル漏れ対策はタオルなどを巻く
    2. 正立フォークのフロントフォークのオイル漏れ対策はオイルシールにシリコングリスを塗る
  7. フロントフォークのオイル漏れの修理代
  8. シリコングリスを使ったフロントフォークのオイル漏れの予防方法
  9. まとめ

先にフロントフォークの正立と倒立の違いを簡単に解説

先にフロントフォークの正立と倒立の違いを簡単に解説


この記事では倒立フォークをメインに解説をします。正立フォークのバイクの方は基本的に図解のイラストをさかさまにしていただければOKです。

当率フォークと正立フォークの違いを知らない方のために、先に2つの違いを簡単に解説します。

倒立フォーク、倒立サスとは?


倒立フォークはアウターチューブが上でインナーチューブが下にあります。
サスが縮むときはインナーチューブをアウターチューブが飲み込みような感じになります。

アウトのチューブにインしていくのでアウターチューブとインナーチューブです。

okomoto

「サス」はサスペンションの略です。

正立フォーク、正立サスとは?

正立フォーク、正立サスとは?


正立フォークはアウターチューブが下でインナーチューブが上にあります。

さすが縮むときはアウターチューブの中にインナーチューブが入っていく感じになります。

okoko

あたしでもすぐに見分けられるわ!

倒立フォークと正立フォークの性能の性能的な違いなどまとめ


2つのフォーク構造の性能の違いなどをまとめると下記の表のようになります。

倒立サス正立サス
アウターチューブ
インナーチューブ
重心
強度
フリクション
バネ下重量
走行性能
メンテナンス性
ねじれ剛性
ストローク
重量
オイル容量
取り回し
旋回性
タイヤの路面追従性
乗り心地
オイル漏れ垂れやすい
気づきやすい
垂れにくい
気づきにくい
事故ダメージが
フレームに及ぶ可能性
インナーチューブに
傷がつき
やすいにくい
製造コスト
フロントフォークオイル漏れ修理代


さらに詳しく知りたい方は下の出記事を読んでみてください。

バイク太郎

オイル漏れに関しては倒立が気づきやすいけどオイルが垂れやすい、正立はオイルが垂れにくいけど気づきにくいという違いがあるよ。

フロントフォークのオイル漏れとは?


フロントフォークの構造はざっくり説明すると

フロントフォークの構造①
フロントフォークの構造
  • アウターチューブの中にインナーチューブが入り込んでいる
  • アウターチューブとインナーチューブのつなぎ目にはダストシールで蓋がされている
okomoto

特殊な技術を駆使してフロントフォークを透かしてみましょう!

フロントフォークの構造②
フロントフォークの構造
  • アウターチューブとインナーチューブの中にはスプリングが入っている
  • スプリングはフォークオイルの中に入っている
  • ダストシールの少し上にはオイルシールがありフォーク内のオイルが漏れてこないように蓋をしている


という感じです。

ポイントは「オイルシールがフォークオイルが漏れてこないように蓋をしている」という点です。オイルシールが何らかの理由で傷ついてしまうとフォークオイルが外にでてきてしまい、オイル漏れが起きます。

okoko

ダストシールはなんのためについているの?

okomoto

オイルシールにゴミ(ダスト)や異物がつかないように守っています。「オイルシールガード用のシール」という感じ!

フロントフォークのオイル漏れの原因

フロントフォークのオイル漏れの原因


フロントフォークのオイル漏れの原因(=オイルシールの損傷)の原因は4つです。

フロントフォークのオイル漏れの原因(=オイルシールの損傷)の原因
  • 経年劣化
  • ダストシールの劣化で異物がオイルシールに到達
  • インナーチューブの錆
  • インナーチューブの油分切れによる摩擦


それぞれ簡単に解説します。

経年劣化によるフロントフォークのオイル漏れ


オイルシールはただのシールなので、物理的に傷つかなくても経年劣化を起こします。一般的に2年に1回の交換が推奨されています。

バイク次郎

車検のときに交換することが多いよ。

ダストシールの劣化で異物がオイルシールに到達したことによるフロントフォークのオイル漏れ

ダストシールの劣化で異物がオイルシールに到達したことによるフロントフォークのオイル漏れ


オイルシールより先にダストシールが経年劣化でダメになり、オイルシールを守れなくなります。
オイルシールを異物が傷つけてしまってオイル漏れに至ります。

インナーチューブの錆によるフロントフォークのオイル漏れ

インナーチューブの錆によるフロントフォークのオイル漏れ


長期間放置されているバイクに多いのがインナーチューブのサビによるオイルシールの破損です。

インナーチューブにサビがある状態で運転すると「オイルシールとダストシールがサビで削られる」のですぐにダメになります。

サビがオイルシールを傷つけてしまうので「久しぶりに乗ったバイク」や「中古車の乗り始め」で起こることが多いです。

中古車を購入する際はインナーチューブにサビがないかきちんと確認して購入するようにしましょう。

okomoto

中古バイク購入時のチェック項目は下の記事を読んでみてください。

インナーチューブの油分切れによる摩擦でフロントフォークのオイル漏れ

日常的にバイクに乗る場合はアウターチューブがインナーチューブに沈み込むことによって、フォークオイルがインナーチューブに付着します。

久しぶりにバイクに乗る場合、何もメンテナンスをしていないとインナーチューブのフォークオイルは完全に乾いてしまい、シール類との摩擦が高くなってしまいます。

この状態で強いブレーキを掛けたりすると摩擦でシール類が傷ついてしまうことがあります。

okomoto

いわゆる「乾いたバイク」になっている状態です。詳しくは下の詳細記事を読んでみてください

フロントフォークのオイル漏れを放っておくと起きてしまうこと

フロントフォークのオイル漏れを放っておくと起きてしまうこと


フロントフォークのオイル漏れを放置しておくと

フロントフォークオイル漏れを放置しておくと起こること
  • 操作感の悪化
  • タイヤの偏摩耗
  • ブレーキが効かなくなる
  • タイヤにオイルがついて転倒


ということが起きる可能性があります。それぞれ簡単に解説します。

フロントフォークオイル漏れによる操作感の悪化

フロントフォークのオイル漏れを起こすと、サスペンションが正常に動かなくなるので操作感、乗り心地が悪くなります。

フロントフォークオイル漏れによるタイヤの偏摩耗


片方のフォークだけオイル漏れを起こすと左右のバランスが崩れるのでタイヤが偏摩耗します。

フロントフォークオイル漏れによるブレーキが効かなくなる


フォークオイルがブレーキパッドに付着すると、パッドとディスクの摩擦力が極端に落ちるのでフロントブレーキが効かなくなります。

フォークオイルはブレーキパッドに染み込むので、一度オイルが付着したパッドは交換する必要があります。

フロントフォークオイル漏れによるタイヤにオイルがついて転倒


フォークオイルがタイヤに付着するとシンプルに滑って転びます。

okoko

フロントフォークのオイル漏れはとっても危険なのね・・・

気づきにくいフロントフォークのオイル漏れ

気づきにくいフロントフォークのオイル漏れ


ツーリングの休憩中に愛車を眺めてうっとりする癖のあるライダーや、出発前に入念にチェックをする方、洗車を頻繁に行う方はオイル漏れに気づきやすいです。

しかし、そういった方でも見落としがちな「気づきにくいオイル漏れ」があります。

それは「ダストシールが無事なのでダストシールがオイルシールの役割をしちゃってる」というパターンです。

万一ダストシールがだめになるともうダダ漏れになるので危険です。

okomoto

コーナリングがしづらくなったり、バイクがまっすぐ走らなかったり、タイヤが偏摩耗するときはこれを疑ってください!

シリコングリスやタオルを使うフロントフォークのオイル漏れを見つけた時の簡易な対処方法

シリコングリスやタオルを使うフロントフォークのオイル漏れを見つけた時の簡易な対処方法


少しでも放置すると重大な事故にもつながるフロントフォークのオイル漏れを、ツーリングなどの出先で見つけてしまったときの対処方法を解説します。

バイク三郎

オイル漏れに気がついたらツーリングはその時点で中止だよ。即帰宅かそのままバイク屋さんに入庫だよ。

フロントフォークのオイル漏れの対処方法
  • 倒立フォークはタオルなどを巻く
  • 正立フォークはオイルシールにシリコングリスを塗る


それぞれ解説します。

倒立フォークのフロントフォークのオイル漏れ対策はタオルなどを巻く

倒立フォークのフロントフォークのオイル漏れ対策はタオルなどを巻く



オイルが下に降りてくると被害が広がるので、コンビニでタオルやバンダナを購入してダストシールの部分にくくりつけます。かなり原始的な方法ですが一時しのぎにはなります。

正立フォークのフロントフォークのオイル漏れ対策はオイルシールにシリコングリスを塗る

正立フォークのフロントフォークのオイル漏れ対策はオイルシールにシリコングリスを塗る


正立フォークにタオルなどを巻いてもいいのですが、フォークオイルが下の方にある正立はシリコングリスで対処することも可能です。

  • ダストシールを外す(マイナス突っ込んで縦に回せばOK)
  • オイルシールにシリコングリスを厚く塗る(指でグリグリする)


シリコングリスでオイルシールの隙間を埋めてあげることでオイル漏れを一時的に止めることができます。

okomoto

小さいチューブのシリコングリスを携行しましょう!

バイク次郎

(ぶっちゃけタオル巻いた方が楽だけどね)

フロントフォークのオイル漏れの修理代

フロントフォークのオイル漏れの修理代


フロントフォークのオイル漏れを起こすと最低でもフロントフォークのオーバーホール(分解清掃シール類の交換)が必要になります。

工賃込のフロントフォークOH代・・・40000円




ブレーキパッドにフォークオイルがつくと交換が必要なので

ブレーキパッド代3000円×必要数+工賃5000円


くらいをみておいたほうがいいでしょう。


okomoto

メンテナンスに興味がない方は工賃を浮かせるために自分でやろうとしない方がいいです。工賃を払ってお願いする価値がある、難易度の高い作業です。

昔乗ってたおじいちゃん

メンテナンスを楽しむ才能がある人は自分でやるのもアリじゃぞい。

バイク太郎

自分でメンテをする、しないで悩んでいる方は下の記事を読んでみてね!

シリコングリスを使ったフロントフォークのオイル漏れの予防方法


気づきにくく、被害が大きい、そして修理代も高額になるフロントフォークのオイル漏れですが、日々のメンテナンスでオイル漏れを予防することができます。

オイルシールは必ず経年劣化をするものですし、フォークオイルも定期的に交換が必要なものですが、メンテナンスをすることで経年劣化を遅らせることが可能です。

フロントフォークのオイル漏れを予防するメンテナンス方法
  • 定期的にインナーチューブをシリコンスプレーで清掃する
  • 定期的にオイルシールにシリコングリスを塗布する


という簡単な作業をするだけです。作業内容の詳細は下の記事を読んでみてください。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • フロントフォークのオイル漏れの原因は4つ
  • フロントフォークのオイル漏れを放っておくとかなり危険。タイヤもったいない
  • 漏れたときはタオル巻いてすぐ修理
  • 修理代は4~5万円
  • シリコンスプレーとグリスで予防


という内容の記事でした。

フロントフォークのオイル漏れに関して漏らしたときに知りたい、漏らす前に知っておきたいことを網羅的に解説しました。

この記事で2つでも多くのオイルシールが長持ちすれば嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました