他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

ソロバイクツーリングにおすすめのインカムは?選び方のコツを解説

ソロバイクツーリングにおすすめのインカムは?選び方のコツを解説 バイク用品
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いたあなたは、

こんな方向けの記事です
  • 基本ソロツーリングしかしない
  • ツーリングは自分とバイクと向き合うのが本質だと思っている
  • ヘルメットの中は自分だけのプライベート空間だ

という僕のような方ではないでしょうか。僕もあなたと同じようにヘルメットを被ってまで人と話したくないですし、あなたと同じようにマスツーリングのときは休憩中は楽しく話して、走っているときの意思疎通はハンドサインで行っています。

こんな思想のバイク乗りにとってもインカムは必要ですよね?僕もあなたと同じ動機でインカムをヘルメットにつけています。それはもちろんナビの音声案内を聞くため、音楽を楽しむため、つまらない高速道路を走るときにYouTubeを聴きながら学習をするため…ですよね。

そんなあなたのためにこの記事では、

この記事でわかること
  • バイクソロツーリングにもインカムが必要な理由
  • ソロメインのバイク乗りには必要ないインカムの機能
  • ソロメインのバイク乗りが選ぶべきインカムの機能
  • ソロバイクにおすすめのインカムはたったの3つ!

ということについて解説していきます。

バイクソロツーリングにもインカムが必要な理由

バイクソロツーリングにもインカムが必要な理由

この記事を読んでくれているあなたには今更必要ないかもしれませんが、

オココ
オココ

最近バイク趣味を始めたのよね。バイク仲間はいないけど、音声案内くらい聞きたいわ。

というバイク初心者の方のために「ソロライダーがソロ用インカムを使うとできること」について紹介します。

ナビの音声案内が聞ける

バイクのナビは「画面の案内」+「音声案内」で完成すると思っています。
頻繁に視線を画面に落とすわけには行きませんし、音声だけではよほど優秀なナビでなければ曲がるポイントや分岐を完璧に案内することは不可能。

スマホナビ
スマホナビ

500m先、右折です。

オコモト
オコモト

(お、そろそろ画面チラ見しようかー)

こんな感じで2つのナビがうまいこと連携を取ってツーリングは進みます。

音楽を楽しめる

いわずもがな、ドライブ×音楽は鉄板。インカムがあればツーリング×音楽が実現できます。
慣れてくると音ハメでブリッピングシフトダウンをしたりしてツーリングを楽しむようになります。

オココ
オココ

音楽を聞きながらバイクに乗るって危なくないの?違法じゃないの?

と思うかもしれませんが、外部の音が聴こえる程度の音であればライディングに支障はないと思っています。

よく考えてみて下さい。窓を閉め切った車に乗っているときって言うほど外の音って聞こえませんよね?もっというと車に乗っているときに「音」が知らせてくれる危険というのはどんなものがありますか?なにも思いつかなくないですか?

オコモト
オコモト

乱暴に言うと「緊急車両のサイレンが問題なく聞こえる」くらいのボリュームなら安全性に問題ないと思いますよ。

バイク乗車中に音楽を聴くことは道路交通法にも違反しませんが、根拠が気になる方は下の記事を読んでみて下さいね。

音声学習ができる

インカムがあれば、つまらない道(主に高速道路)を走ることが確定している場合や通勤通学の時間を学習の時間に変えることができます。とても便利な時代になりました。
特に通勤通学の方はその時間を学習の時間にするとかなり捗りますよ。

オコモト
オコモト

僕はブログ運営、SEO対策、SNS運用、株式投資、マーケティングなどの学習をしています。あなたは何を学ぶ??

ヘルメットを外さずに通話ができる(マイクがあるもの)

マイク付きのインカムであればヘルメットを被ったまま電話で話すことができます。音質はインカム通話には劣りますが、LINE通話で会話することもできますし、着信を受けることもできます。
後述するBluetoothレシーバーは走行中の会話は難しいですが、停まっていればヘルメットを被ったまま通話することは可能なのでバイクを停車させて気になる電話にすぐでることができたりします。

オコモト
オコモト

とはいえ「着信に気付いてしまう」ということをデメリットに感じる方も多いかも?

ソロメインのバイク乗りがソロ用のインカムを選ぶメリット

オココ
オココ

インカム通話ができるやつとソロメインのやつって「インカム通話機能」くらいしか違わないでしょ?せっかくならインカム通話できたほうがいいんじゃないの?

とおもうかもしれませんが、ソロメインのものは、

  • 価格が安い
    →インカム通話ができるものは数万円しますが、ソロメインなら数千円~1万円前後で購入可能
  • コンパクト
    →インカム通話ができるものがヘルメットについているのを見たことがありますか?めちゃくちゃでかいです。ソロ用はコンパクト。風切り音や風のひっかかりも少ないので快適にライディング可能。

という大きなメリットがあります。

バイク太郎
バイク太郎

後々インカム通話が必要になったら新しいものを買って、マスとソロで使い分けたりもできるね!現在バイク仲間がいないならソロ用の方がメリットが大きいね!

バイク三郎
バイク三郎

今高いやつを買っても誰とも繋げずに終わるかもしれないしな

バイク次郎
バイク次郎

お前そういう事言うなよ。まぁ「まだ見ぬ誰か」のために数万円払うのかい?ってことだわなー

ソロメインのバイク乗りが選ぶべきインカムの機能

ソロ用のバイク用インカムを選ぶときに気にする機能は下記の通り。

ソロ用インカムはこう選ぶ!
  • 充電は絶対にUSB-typeC
  • 再生時間
  • FMラジオ
  • 音質が良いもの
  • 小さくて軽いもの

それぞれ簡単に解説します。

充電は絶対にUSB-typeC

充電スピードの問題ではありません。これからインカムを導入する方は絶対に汎用性が高いtypeCにするべき。今後ガジェットの充電端子はtypeCに統一されます。今は良くても後々ストレスを感じるようになる。「インカムのためだけにmicroUSBを持っていく」というのは状態として非常に美しくないです。

再生時間

ツーリング途中での充電はストレスになるのでバッテリーの持ちは長ければ長いほど良い。

FMラジオ

マスツーリングでラジオを聞きながら会話する方はいないと思いますが、ドライブのときにラジオを聞いている方はラジオが受信できるモデルがおすすめ。とはいえ、ラジオアプリを入れればラジオを聞けるので本当はどうでもよかったりする。

音質が良いもの

ソロ用インカムに限った話ではないけど音質が良いにこしたことはない。とはいえ今のインカムはどれも音質が良いし、インカムの音質というよりかはヘルメットの密着性の方が大事だったする(隙間の空いた状態でヘッドホンをすると音質とかのレベルではないのと同じ)のでそこまでシビアに考える必要はなかったりする。

ソロバイクにおすすめのインカムはたったの2つ!

チャップスとは

信頼性が高くいメーカーに絞ると、インカム通話機能が排除されているソロバイク用インカムはたったの2種類しかありません。

B+COM PLAY

B+COM PLAY
価格12980円
通話時間
音楽再生時間
12時間
メッシュ通話時間非対応
メッシュ同時通話人数非対応
通話距離
他社インカム接続
(ユニバーサル通話)
非対応
ラジオなし
重量22g
充電時間約2時間
特徴Bluetooth 5.1
USB Type-C
スマホ音声認識
ハンズフリー通話
おすすめの人通勤通学ライダー
インカム会話しない方

インカムで会話機能を排除したインカム。無料通話アプリなどを使えば会話をすることも可能だが、音質は良くないので音楽を楽しむことをメインとして使用するべきモデル。バッテリーの持ちも含めてBluetoothレシーバーの上位互換。

DT-KIKUDAKE

DT-KIKUDAKE
価格17,050円
通話時間最大10時間
通話人数
通話距離
他社インカム接続
(ユニバーサル通話)
ラジオ
重量32g(乾電池含まず)
充電時間
特徴Bluetooth 4.0
乾電池式
おすすめの人ソロライダー

一昔前なら「うっかり充電を忘れても大丈夫!」と言えたのですが、急速充電に対応したモデルが出ている現在では乾電池は重くて煩わしいものでしかないのかもしれません。機能の割に価格はそこそこするのでおすすめはしません。

オコモト
オコモト

どう考えてもビーコムプレイ一択です。

大きさが気にならないのであれば安いインカムもおすすめ

「有名メーカーでソロ用」と考えると上記2モデルになりますが、メーカーや大きさにこだわらなければインカム通話可能で、有名ではない海外メーカーのものもおすすめ。とにかく安いです。口コミが良好なものを集めたので参考にしてみて下さい。

オココ
オココ

将来のマスツーやタンデムツーに備える意味でもいいかもー!

【安くておすすめのインカム】FODSPORTS バイク インカム BT-S2

  • 1対1同時通話
  • 最大通信距離は1000m
  • FMラジオ
  • インカム通話では約7時間
  • ‎USB Type C

インカム使った事ない人の入門用としては低価格ですしとても良いと思います。

引用元:Amazon

冬用グローブをしてても操作は簡単に出来ました。とても満足しています。

引用元:Amazon

アマゾンのメッセージを通してのやりとりでしたが、その日のうちに返信頂けたり本当に迅速な対応をして貰えましたし、どこぞのメーカーのように連絡が遅かったり変な日本語を使われたりという事もなく、最後まで親切で丁寧な対応をして頂けました。

引用元:Amazon

【安くておすすめのインカム】ニコマク バイク用 インカム

  • 2人同時通話可能
  • 通信距離:約1500m
  • 使用可能時間:約30時間
  • Bluetooth5.1
  • Type-C接続

インカムとしては申し分のない性能です。Bluetooth、ユニバーサルのどちらも接続が早いです。音楽、ナビ音声、電話の通話、インカム同士の会話どれも良好です。特にBluetooth接続の音楽は手持ちの国産を含めたどのインカムよりも音質がいい。

引用元:Amazon

丸一日ツーリングで音楽を鳴らし続けてもバッテリー残量100%のアナウンスがあります。真偽の程はわかりませんがバッテリーはかなり余力があると思います。操作性はボタンが押しやすく、グローブのままでも誤操作がなかった。買って悔やむ要素はないだろうと思います。

引用元:Amazon

音量も大きくちょうど良いですよ。これならみんなに薦められます。

引用元:Amazon

ソロだからこそ安く使えるインカムの代用品Bluetoothレシーバー

ソロライダー限定の技ですが、インカムを使わずにスマホの音声をBluetoothレシーバーを使ってヘルメット内で再生するという方法もあります。
音楽を聴くことに特化しているものなので音質は間違いないです。
防水機能はないので雨の日には使えませんが、雨の日はバイクに乗らないので問題なし。という割り切った使い方にができる方限定の方法です。詳しくは下の記事を読んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • ソロバイク用インカムはビーコムプレイ一択
  • 価格が安い無名インカムもコスト面ではアリ
  • Bluetoothレシーバーを使う方法もある

という内容の記事でした。

「ソロ用にもおすすめ!」とインカム通話ができる数万円もするモデルを紹介する方もいますが、この記事ではソロ用&ソロ用の価格に近いものを紹介しました。正直ビーコムプレイ一択ではありますが、あなたのお好みのものが見つかったのであれば嬉しく思います。

僕は長年Bluetoothレシーバーを愛用してきましたが、今のものが壊れたらそろそろ意地を張らずにビーコムプレイに乗り換えようかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました