> バイクヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法は4通り。気持ちいい方法を見つけよう。 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから
貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイクヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法は4通り。気持ちいい方法を見つけよう。

バイクヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法は4通り。気持ちいい方法を見つけよう。バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!


この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • ヘルメットを捨てたい・・・
  • 廃棄方法がわからない・・・
  • 普通ゴミ?粗大ごみ?売ってしまおうか?


と言う方ではないでしょうか。

ヘルメットの買い方を指南する記事は数多あれど、「処分方法」を解説している記事は少なかったので、この記事ではヘルメットの捨て方を簡単に解説していきます。

この記事は

この記事の流れ
  • そのヘルメットは本当に寿命なのかを確認
  • ヘルメットを捨てる、廃棄する
  • ヘルメットを買い取ってもらう
  • ヘルメットを売る
  • ヘルメットを下取りしてもらってリサイクルする
  • ヘルメットを処分した後のバタフライエフェクトを考える


という流れで解説していきます。

長い間、あなたの命を守り続けてきたヘルメットなので、ご自分の思想に合った捨て方、廃棄方法、処分方法を見つけて頂ければ幸いです。

そのヘルメットは本当に寿命なのかを確認

そのヘルメットは本当に寿命なのかを確認
okoko

購入から3年経ったから買い替えなきゃ・・・

okoko

落としちゃったから買い替えなきゃ・・・


という方は「本当に買い替えが必要なのか?」ということを確認しましょう。


一般的にヘルメットの寿命は

一般的に言われているヘルメットの寿命、耐用年数、交換時期
  • 購入から3年
  • ヘルメットに強い衝撃を与えてしまったら


と言われていますが、

ヘルメットの寿命、交換時期、耐用年数
  • SGマークを気にするなら3年
  • メーカーの国内アナウンスに従うなら3年
  • ヘルメット自体の耐久性を気にするなら5年
  • メーカーの海外アナウンスに従うなら5年


という考え方もあります。また、転倒時以外の衝撃(ヘルメットを着用していないときの衝撃)はヘルメットの買い替えが必要なほど大きなダメージにならないことが多いです。

まずは下の記事を読んで「本当にそのヘルメットは寿命なのか?」ということを確認して下さい。

ヘルメットを捨てる、廃棄する~ヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法~

ヘルメットを捨てる、廃棄する~ヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法~


ヘルメットの捨て方は自治体によって全く変わります。

自治体によって変わるヘルメットの捨て方、ゴミとしての種類
  • 可燃ゴミ(無料)
  • ハーフヘルメットは不燃ゴミ(無料)
  • フルフェイスは粗大ごみ(有料)
  • 普通ゴミ(空き缶などと同じくくり:無料)
  • 粗大ごみ(有料)
  • 最大の幅が30cm以上なら粗大ごみ(有料)
  • 回収していない


など様々です。

また、ゴミの分別は最新情報をもとに動かないといけないので


で検索し、市区町村のHPをクリックして確認するとことから始めましょう。

okomoto

移動先で「ヘルメット」でページ内検索をするとすぐ見つかります。

ヘルメットを買い取ってもらう~ヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法~

ヘルメットを買い取ってもらう~ヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法~


中古ヘルメットの買い取り専門業者に買い取ってもらえばわずかではありますが、現金を手にすることができます。

おすすめというわけではないですが、いくつかの買い取り業者へのリンクを張っておきます。

ヘルメット買取専門ライドオン。国内最高値で買い取ります
ヘルメット買取専門のライドオン。ショウエイやアライなどオートバイのヘルメット買取、無料査定ならバイクヘルメット買取ライドオン。LINE査定で問合せ簡単。日本全国対応。送料、査定すべて無料。バイクウェアやレーシングスーツ・インカムなどのバイク用品も買い取ります
ヘルメット買取|高価買取全国対応の大黒屋。どこにも負けない査定で即現金化
買取業界最大手の大黒屋がヘルメット(バイク用・自転車用)を高価買取!年間買取実績110万件、最短5分で買取金額がわかる超スピード査定。日本全国対応。送料、査定料、キャンセル料は一切無料。中古ヘルメットも大歓迎。

ヘルメットを売る~ヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法~

ヘルメットを売る~ヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法~


専門業者に売るよりも、ヤフオクやメルカリなどで個人売買をした方が手に入る現金は多少多くなると思います。

出品の際は

出品の際の注意点
  • 中古であること
  • 盗品ではないこと
  • 使用年数、使用回数
  • 傷の写真や内容
  • 落下歴の有無
  • 転倒で傷ついたことがあるかどうか


ということを明記してトラブルを防ぎましょう。

ヘルメットを下取りしてもらってリサイクルする~ヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法~

ヘルメットを下取りしてもらってリサイクルする~ヘルメットの捨て方、廃棄方法、処分方法~


バイク用品店で新しいヘルメットを購入する場合は、古いヘルメットを下取りに出すことができます。

下取りにだしたヘルメットは日本ヘルメット工業会が運営の中心になっているリサイクルシステムによって適切にリサイクルされます。

引用元:http://japan-helmet.com/infomation/recicle.html

ヘルメットを処分した後のバタフライエフェクトを考える

ヘルメットを処分した後のバタフライエフェクトを考える


少しでも現金が欲しい方は個人売買で売るのが最もいい選択です。

個人的には、他人が被ったヘルメットを被れる人に今までお世話になった大切なヘルメットを被られるのが精神衛生上良くないのと、中古のヘルメットが流通する世界だとヘルメットの盗難がなくならないと考えているので、環境に優しくリサイクルされ、お得感もある「下取り」が一番好みです。


次のヘルメットをバイク用品店で購入しない場合は多少費用がかかっても自治体にゴミとして出して処分します。


どの方法がいいのかは「金銭」だけでなく「バイクを取り巻く環境(売れるから盗難事件が起こる)」「自分の思想」なども含めて総合的に判断するのがいいかと思います。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ヘルメットの処分方法は

ヘルメットの処分方法
  • ゴミとして処分する
  • 買い取り業者に買い取ってもらう
  • フリマアプリで売る
  • バイク用品店に下取りしてもらう


という4つの処分方法を解説しました。

あなたに合った処分方法が見つかったのであれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました