他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

排気量、支払い方法、年齢、学生によって違う!バイク原付購入時に必要なもの

排気量、支払い方法、年齢、学生によって違う!バイク原付購入時に必要なもの 免許未取得者や初心者の方
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は、

こんな方向けの記事です
  • バイクを買うのって大変そう・・・
  • バイク、原付購入時に必要なものが知りたい

という方ではないでしょうか。そんなあなたに僕は声を大にして言いたい・・・
結局は「バイクショップに持ってきてと言われたもの」を持っていくことになるのでショップに問い合わせてください。

バイク屋さん
バイク屋さん

チッ!免許証しか持ってきてないのー?免許証なんていらないんだよ!それくらい知っててくださいよ!

なんて言われませんので安心してください。聞かなくても事前に教えてくれます。とはいえ、それでは記事にならないので「事前にどんなものが必要そうなのか知っておきたい」という石橋を叩いて渡る方のために解説していきます。

オコモト
オコモト

ちなみに僕は石橋を叩きすぎて橋を壊す系の人です。

先に結論を伝えると、バイクを契約するのはとても簡単です。極端な話、住民票があれば契約はできます。契約後、実際に購入するときには車両の排気量、購入方法、年齢、などで若干の違いはありますが、

バイク契約時、原付を購入するときに必要なもの
  • 発行から3ヶ月以内の住民票(原付の場合は住所がわかるもので可)
  • 現金(必要な場合)
  • 金融機関届出印
  • 口座番号のわかるもの(通帳)

などが必要なものになってきます。この記事ではもう少し強めに石橋を叩いて、

この記事でわかること
  • 原付購入で必要なもの
  • バイク購入で必要なもの

ということについて解説していきます。

原付購入で必要なもの

125cc以下の原付を購入する5パターンについて解説します。

成人が一括払いで購入する場合

125cc以下の原付を成人が現金で契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】
住所がわかるもの免許証など
認印シャチハタ不可
現金振り込みで支払う場合は不要

なんの問題もないです。住所がわかるものであれば免許証である必要はないのでショップに確認しましょう。
印鑑はシャチハタでなければ問題ないです。任意保険の契約もする場合は金融機関に届けている届出印も必要になるかと思います。

成人した社会人がローン購入する場合

125cc以下の原付を成人した社会人がローンで契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】
住所がわかるもの免許証など
勤務先情報会社名
住所
電話番号
本人名義の通帳支店名などが必要なため
届け出印金融機関に届けている印鑑
現金頭金を支払う場合

諸々の書類に印鑑を捺すことになりますが、届出印で捺せば問題ないです。

成人した学生がローンで購入する場合

125cc以下の原付を成人した学生がローンで契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】
住所がわかるもの免許証など
学生証
本人名義の通帳支店名などが必要なため
届け出印金融機関に届けている印鑑
現金頭金を支払う場合

学生であっても成人していればローンは通ると思います。通らなければ学生ローンを利用するか、保護者から借りましょう。

未成年が一括購入する場合

125cc以下の原付を未成年が現金で契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】
住所がわかるもの免許証など
認印シャチハタ不可
現金振り込みで支払う場合は不要
保護者の同意店によって変わるが、任意保険の契約では必須

保護者の同意を取らないショップもありますし、同意書を求めたり電話で確認したりと様々です。
任意保険の契約もする場合は金融機関に届けている届出印も必要になるかと思いますが、こちらは保護者の同意が必要です。また、未成年本人が契約者にはなれないケースも多いのできちんと確認しましょう。

未成年がローン購入する場合

125cc以下の原付を未成年がローンで契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】

ローンでの購入は基本的にできません。ショップに確認しましょう。

バイク購入で必要なもの

126ccを超えるバイクを購入するときの5パターンについて解説します。

成人が一括払いで購入する場合

住民票発行から3ヶ月以内のもの
認印シャチハタ不可
現金振り込みで支払う場合は不要

なんの問題もないです。住民票が発行から3ヶ月以内のものであることに注意しましょう。
印鑑はシャチハタでなければ問題ないです。任意保険の契約もする場合は金融機関に届けている届出印も必要になるかと思います。

成人した社会人がローン購入する場合

125ccを超えるバイクを成人した社会人がローンで契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】
住民票発行から3ヶ月以内のもの
勤務先情報会社名
住所
電話番号
本人名義の通帳支店名などが必要なため
届け出印金融機関に届けている印鑑
現金頭金を支払う場合

書類に印鑑を捺しますが、届出印で捺せば問題ないです。

成人した学生がローンで購入する場合

125ccを超えるバイクを成人した学生がローンで契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】
住民票発行から3ヶ月以内のもの
学生証
本人名義の通帳支店名などが必要なため
届け出印金融機関に届けている印鑑
現金頭金を支払う場合

学生であっても成人していればローンは通ると思います。通らなければ学生ローンを利用するか、保護者から借りましょう。

未成年が一括購入する場合

125ccを超えるバイクを未成年が現金で契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】
住民票発行から3ヶ月以内のもの
認印シャチハタ不可
現金振り込みで支払う場合は不要
保護者の同意店によって変わるが、任意保険の契約では必須

保護者の同意を取らないショップもありますし、同意書を求めたり電話で確認したりと様々です。任意保険の契約もする場合は金融機関に届けている届出印も必要になるかと思いますが、こちらは保護者の同意が必要です。また、未成年本人が契約者にはなれないケースも多いのできちんと確認しましょう。

未成年がローン購入する場合

125ccを超えるバイクを未成年がローンで契約、購入する場合に必要なもの【書類はお店で書く】

ローンでの購入は基本的にできません。

オコモト
オコモト

僕、未成年のときに親の同意なしで、250ccのバイクをローンで買った記憶があるんですが・・・しかも当時は社会人ではなく大学生でした・・・

オココ
オココ

時代・・・なのか?

バイク、原付を契約、購入するのに免許証は必要ない

バイク、原付を契約、購入するのに免許証は必要??に必要なもの【書類はお店で書く】

ちょっと以外に思うかもしれませんが、バイクや原付を購入するのに運転免許は必要ありません。

免許取得前にバイクを購入することは割と一般的ですし、実際僕も普通自動二輪を取得する前に250ccのバイクを購入しましたし、大型二輪免許取得のために教習所に通い始めたその日(ガイダンスの日)に大型バイクを購入しました。

ただし、免許取得前のバイク購入にはいくつか注意点があるので下の詳細記事を読んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「バイクを購入、契約するのに必要なもの」を解説しましたが、実際は現金で購入する場合でもバイク購入と同時に加入する自賠責保険や任意保険のために通帳を持っていったりします。

結局は「バイクショップに持ってきてと言われたもの」を持っていくのが一番いいです。

オコモト
オコモト

バイクを買うのが大変なのは「売買契約」ではなく「バイク選び」です。バイクの選び方は下の詳細記事を参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました