他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

okoんにちは!たくさん読んでいって下さい!
当ブログ「オコモト」は「全記事読めばベテランライダーになれる」というコンセプトで作成しています。すでにベテランの方も、まだまだツーリングが楽に、楽しくなるヒントがあるのでぜひお手すきのときに最初の記事から読んでみて下さい。最初の記事は>>>こちら
興味がない話題は容赦なく飛ばしてOK!

スマホを壊す前に
スマホホルダーからの落下、後続車踏まれたり、不意の雨での水没、休憩中にうっかり忘れて盗難被害…。バイクに乗り始めるとスマホのトラブルリスクが高くなります。

  • スマホ以外にもノートパソコン、タブレット、カメラ、ゲーム機、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなど最大5台補償
  • 画面破壊・故障はもちろん盗難や紛失も補償
  • 家族の端末も補償可能
  • 補償回数制限無し(10万円/年まで)
  • 550円/月~

という補償サービスに加入しておくと安心してバイクライフを楽しむことができます。っていうか某キャリアの補償サービスより安くて手厚い…。後悔してからでは遅いですよ。あらゆる可能性を潰して安心安全に向かってこそのバイク乗り。

自分にAmazonギフトカードを送ってお得に買物
Amazonギフトカードを自分に送ることでポイントが貰えるって知っていましたか?プライム会員なら最大2.5%のポイントがもらえます。どうせ使うものだから先にチャージしてお得に利用しましょう!詳しくは下のバナーから!


まだプライム会員になっていない方は下のリンクからどうぞ。

Amazonプライム会員登録はこちら!

プレゼント用のAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多いです。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ禍でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ

的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
一度自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼント可能。プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎
バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

バイク禁止の洗車場も!高圧洗浄機はなぜダメなのか?洗車場所がないときの対策も解説!

バイク禁止の洗車場も!高圧洗浄機はなぜダメなのか?洗車場所がないときの対策も解説! メンテナンス、バイクの仕組み
オコモト
オコモト

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です
  • バイクを買ったらYoutuberのようにバイクをアワアワにして洗車することを夢見ている
  • 洗車する場所がないからコイン洗車場に行こうと考えている
  • 近所の洗車場がバイク禁止だった・・・


という方ではないでしょうか。この記事では

こんな方向けの記事です
  • バイクに高圧洗浄機を使用してはいけない理由
  • バイクの洗車を禁止している洗車場がある理由
  • 洗車する場所がないバイク乗りの3つの対策


ということがわかります。バイクをアワアワにして高圧洗浄をしたいと考えている方は是非読んでいってみてください。

バイクに高圧洗浄機がダメな理由

バイクに高圧洗浄機がダメな理由
Q
なぜバイクに高圧洗浄はダメなの?
A

バイクが壊れる可能性があるからです。

まずはバイクを洗車場で高圧洗浄しない方がいいライダー側の理由を解説します。

バイクを洗車場で高圧洗浄しない方がいい理由
  • 通常水が入らないところに水が入ってしまう可能性がある
  • 水圧でバイクを傷める可能性がある
  • エンジンを急速冷却してしまう可能性がある

というのが主な理由です。
それぞれ簡単に解説します。

通常水が入らないところに水が入ってしまう可能性があるからバイクに高圧洗浄はダメ

通常水が入らないところに水が入ってしまう可能性がある
Q
雨でも壊れないからバイクに水をかけてもダメじゃないよね?
A

雨が当たる方向以外からは弱いです。そもそも工業製品に積極的に水をかけないほうがいいです。

通常水が入らないところに水が入ってしまう可能性がある
  • 電装系
  • メーターやスイッチボックス
  • マフラー内の消音材
  • シートの縫い目から浸水
  • シート下にしまってある工具や車検証、ETC車載器
  • グリスを封入しているベアリング類


バイクは雨の中でも問題なく走ることができ、雨程度では故障は起きづらいものです。しかし、例えば雨の中バイクに乗ってもシート下の収納スペースはほとんど濡れませんが、ホースで横から水をかけると収納スペース内に簡単に水が入ります。
バイクは雨天走行を想定して前方からの水には強く作られていますが、横や後ろからの水には弱いのです。
何も入っていない収納スペース程度であれば問題ないですが、ETC車載器や電装系のカプラー、重要なベアリングのグリス封入部分に水が入ってしまうと大きな故障につながるのは明白です。

これらはあくまでも「可能性」ですが、バイクが工業製品である以上、濡らすよりも濡らさないほうが健全な性能を維持できるのは明白です。

オコモト
オコモト

極端な話、スマホは水洗いしないでしょってことです。

ちなみに・・・

川を渡ったり、泥だらけのコースを走ることを想定しているオフロードバイクは全方向からの水にある程度強いです。ですのでオフロード走行を楽しむ方は高圧洗浄機を使って泥を落としたりします。

水圧でバイクを傷める可能性があるからバイクに高圧洗浄はダメ

水圧でバイクを傷める可能性がある
Q
雨で壊れないんだから高圧洗浄もダメじゃないでしょ?
A

水圧が全然違います。やめたほうがいいと思います。

水圧でバイクを傷める可能性がある
  • ステッカー、デカールが剥がれる
  • チェーンのシールが傷む
  • 塗装が剥がれる
  • エンジンの塗装
  • ラジエーターの目が潰れる
  • 必要な油分を流してしまう

雨天走行を想定して作られているバイクですが、当然雨以上の高水圧は想定していませんので汚れ以外もの様々なものを落としてしまう可能性もあります。ステッカーや塗装や必要な油分など。

また、高水圧に押されてラジエーターの目が潰れたりなどの外傷を負う可能性もあります。

エンジンを急速冷却してしまう可能性があるからバイクに高圧洗浄はダメ

エンジンを急速冷却してしまう可能性がある
Q
水をかける方向と水圧に気をつければダメじゃないでしょ?
A

エンジンが冷めてからであれば・・・

雨が降っているときに走行してエンジンやエキパイが濡れてもエンジンは動き続けて、発熱し続けているのでエンジンは急速冷却されませんが、洗車場に到着し、エンジンを停止してすぐに洗車を始めると発熱源を失っているので金属の急速冷却が起こり、変形やひび割れを起こす可能性があります。

熱々のエンジンやエキパイ、マフラーなどに水をかけるには最低でも1時間は自然冷却したいところですが、そんなに時間を置いて洗車を始める人はほとんどいないと思います。

【余談】「高圧洗浄しても今まで何の問題もなかった」というライダーの思考の危険性

「高圧洗浄しても今まで何の問題もなかった」というライダーの思考の危険性
Q
バイクの先輩が高圧洗浄で洗っても全然問題なかったと言っているぞ
A

その先輩、雑な運転していませんか?

経験ベースのライダー
経験ベースのライダー

高圧洗浄しても全然ヘーキだったよ。今まで大丈夫だったからヘーキヘーキ

というライダーも大勢います。こういう方々は経験ベースで物事を判断される方です。
一方で、

可能性ベースのライダー
可能性ベースのライダー

高圧洗浄をすると不具合がでる可能性があるからやめておこう

という方は可能性や想像力をベースに判断しています。
これを公道の運転に置き換えると

経験ベースのライダー
経験ベースのライダー

見通しが悪い路地だけど、今までこの速度で大丈夫だったから大丈夫

可能性ベースのライダー
可能性ベースのライダー

見通しが悪いから自転車が飛び出してくる可能性があるからゆっくり進もう

という考え方の違いに繋がります。
バイクや車は一瞬で入力される外部からの情報に対してあらゆる可能性を考え、その都度ベストな出力をしなければならない乗り物です。
経験ベースで考える方は知らず知らずのうちにプリウスおばちゃんみたいな運転になっている可能性が高いです。

オコモト
オコモト

要は明確なリスクがあるのに「今まで大丈夫だったから大丈夫」という選択を選び続けるのは頭悪いということです。

バイク太郎
バイク太郎

頭の良いあなたは「高圧洗浄ヘーキヘーキ」というバイクの先輩がいても「あ、大丈夫なんだ!」とはならないと思うけどね!

バイクの洗車を禁止している洗車場がある理由

バイクの洗車を禁止している洗車場がある理由
Q
バイクを禁止している洗車場があるのはなぜ?
A

洗車場が汚れるからです。

次に バイクを洗車場で高圧洗浄しない方がいい洗車場側の理由を解説します。
バイクの洗車を禁止している洗車場があることからもわかる通り、バイク洗車は洗車場からしても歓迎されるものではないようです。
単にオーナーさんがバイク嫌い・・・というだけではなく、

バイク禁止の洗車場がある理由
  • 泥で排水が詰まるから
  • 自然分解できないグリスが車よりも多く流れるから

という理由があります。

洗車する場所がないバイク乗りの2つの対策

洗車する場所がないバイク乗りの2つの対策
Q
リスクを理解した上で、どうしても水洗車したいです。でも場所がありません。
A

ポンプを購入するか、洗車場に行きましょう。リスクを理解したあとであれば大丈夫かも?長い目で見ればポンプの方が安く上がりと思います。

水を使った洗車は基本的におすすめしませんが、融雪剤が混じった雪解け水を踏んでしまったり、どうしても水を使って洗車したいときもでてきます。洗車をする場所がないかたは

洗車場所がない方の洗車方法
  • ポンプ式のホースを使う
  • 洗車場があるバイク用品店かバイク禁止ではない洗車場に行く

という方法があります。

ポンプ式のホースを使う

自宅近くの排水溝の上で加圧式のポンプを使って洗車をしましょう。洗車以外にもベランダやサッシなど、様々なお掃除に使えるのが嬉しいです。

口コミ太郎
口コミ太郎

大容量でとっても使い勝手よい

引用元:amazon
バイク次郎
バイク次郎

電気不要のメリットを感じて、車の下洗い、タイヤ等々に使用

引用元:amazon
バイク三郎
バイク三郎

力がある人ならタンクの大きいのもいいかも。私にはこの位でちょうどよかったです。

引用元:amazon

洗車場があるバイク用品店かバイク禁止ではない洗車場に行く

洗車場があるバイク用品店かバイク禁止ではない洗車場に行く
バイク用品店で洗車を行うメリット
  • 手ぶらで行ける
  • 店内で時間を潰せる

洗車場とは違い、バイク用品店だとエンジンのクールダウンの時間を潰しやすいですし、ブロアがあることが多いので洗車後の水滴を吹き飛ばすこともできます。洗車道具は洗車場所で貸し出してくれることがほとんどなので手ぶらで行くこともできます。


バイクから離れて、水圧を落として使用する必要がありますが、どうしても水洗車が必要な方は洗車場の利用もやむなしです。
都内でバイク利用禁止ではない洗車場や洗車場があるバイク用品店は

住所施設名営業時間備考
葛飾区オートクリーンプラザ奥戸24時間手ぶら不可
江戸川区環七大杉(京葉)コイン洗車場&ランドリー6時00分~23時00分
バイク歓迎
江東区ライコランド TOKYOBAY東雲店平日  11時00分~20時00分
土日祝 10時00分~20時00分
プロの洗車
世田谷区ドルフィンパーク 洗車場7時00分~21時00分手ぶら不可
千代田区秋葉原UDX駐車場バイク&カーウォッシュサービス平日  11時00分~19時00分
土日祝 10時00分~19時00分
木曜定休
プロの洗車
要予約
千代田区タイムズ(NEXCO) 日比谷駐車場24時間手ぶら不可
足立区カーピカランド 鹿浜24時間手ぶら不明
バイク可か実は少々怪しい
足立区カーシャインプラザ 北千住7時00分~23時00分手ぶら不可
板橋区ワニの洗車場8時00分~21時00分手ぶら不可
スーパー隣接
品川区カーウォッシュ大井8時00分~21時00分手ぶら可
墨田区ReBORN10時00分~22時00分プロの洗車
とても評判がいい
練馬区ウォッシュクリーン大泉6時00分~21時00分手ぶら可
練馬区コインプラザ クリーンコスモ7時30分~21時00分バイク可か実は少々怪しい
練馬区ナップス練馬店平日:11:00 – 20:00 
土・日・祝日: 10:00 – 20:00
手ぶら可
府中市府中2りんかん平日  10時30分~19時30分
土日祝 10時00分~19時00分
プロの洗車
町田市 クリーンプラザ 本町田 6時00分~21時00分 手ぶら不可
バイク可か実は少々怪しい
東久留米市 多摩2りんかん平日  10時30分~19時30分
土日祝 10時00分~19時00分
プロの洗車
都内のバイクが禁止ではない洗車場一覧

の17箇所です。詳しく知りたい方は下の記事を読んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的に水を使った洗車、特に高圧洗浄機はおすすめしません。

この記事を読んでくれたあなたが、

オココ
オココ

YouTuberのマネをして高圧洗浄しようと思っていたけどやめよー

オココ
オココ

水洗車はバイクが壊れる可能性がある。その可能性を少しでも少なくするために遠くから水をかけて、大事に大事に洗車しよう!

などと感じてくれたのであれば嬉しく思います。水を使わない洗車方法など、他の洗車方法に興味がある方は下の記事を読んでみて下さい。

雨の日はバイクに乗らないなど、なるべく水を使った洗車を避けられるような運転を心がけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました