> FiiO μBTRをヘルメットに使ったレビュー記事。バイクインカム代用の最適解 | okomoto
他サイト運営者様へのお願い

当サイトのコンテンツが無断引用されているとの報告が入っております。引用にお声がけは一切不要ですが、サイト運営者であれば「引用タグの使用」「引用元を明らかにしてリンクを張る」という最低限のルールを守って頂ければと思います。当サイトを参考にされた場合は「参考サイト」としてリンクを張って下さい。「考え方は人それぞれ」ということを理解していますので、あなたの記事が当サイトを批判する内容であっても全く気にしません。安心してリンクを張ってください。SNSなどでの共有の際はこの限りではありませんので、バイク仲間さんにバンバン共有してください。

便利なAmazonギフトカードはこちらから

貰って嬉しいプレゼント第1位「現金」。現金だと生々しいからプレゼントはAmazonギフトカードで。全Amazon商品に使えるのでカタログギフトよりも圧倒的に在庫が多く、中間マージンも取られません。

アマギフ使い分け

  • ちょっとしたお礼は15円分から送れるEメールタイプ
  • コロナ渦でのお年玉などには5000円分からのボックスタイプ


的な使い方をしています。
普通にショッピングをする感覚で送り先に相手のメールアドレスを入れればOK。
アドレス不明の場合は自分宛に購入してギフトコードを発行すればLINEやSNSのDMからギフトコードを伝えることでプレゼントが可能。
プレゼント選びの時短にもなってお互い嬉しいAmazonギフトカードこちらからあの人に送れます。

バイク三郎

役に立つ記事があったらオコモトにもアマギフ送ってやってね

FiiO μBTRをヘルメットに使ったレビュー記事。バイクインカム代用の最適解

FiiO μBTRをヘルメットに使ったレビュー記事。バイクインカム代用の最適解 バイク用品
okomoto

okoんにちは!okomoto店長のオコモトです!

この記事にたどり着いた方は

こんな方向けの記事です。
  • バイクインカム代用品を探している
  • FiiO μBTRをツーリングに使った使用感を知りたい


という方ではないでしょうか。


という記事で

Bluetoothレシーバーの選び方
  • 連続再生時間
  • 操作性
  • 充電コードの端子
  • 音質
  • 価格

という選び方をしたときに最高性能を出して

okomoto

(今のレシーバーが壊れたらこれにしよう。これ最高すぎ。)

と思っていた


FiiO μBTRを実際に使ってみたのでレビュー記事として載せておきます。

バイクツーリングに使えたということは他の用途でもだいたい問題なく使用できると思うのでライダー以外の方も是非読んでいって見てください。

この記事では

この記事でわかるFiiO μBTRのこと
  • 連続再生時間
  • 充電時間
  • 操作性
  • スマホとの接続
  • 充電コードの端子
  • 音質
  • 通話
  • 防水性能
  • 取り付け方法


ということについて解説し、

連続再生時間最大音量で7時間45分
充電時間2時間
操作性良い
スマホとの接続かなり良い
充電コードの端子USBtypeCなのでAndroidユーザーはとても楽
音質良い。音量調整にクセあり。
通話走行中はほとんど不可。停車中は可。
防水性能防水機能はないが小雨程度なら大丈夫だった
取り付け方法クリップでもつけられるがマジックテープが無難
総評現時点でコスパ最高の機種


という結論に向かいます。

okomoto

ちなみに以前使っていたものはエレコムのLBT-PAR500という機種です。パワーアンプ内蔵、連続使用時間18時間のバケモノでした。現在は手に入らないと思います。手に入るとしても高騰しています。一時期アマゾンで35000円になっているのを見たことがあります。

連続再生時間【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】

連続再生時間【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】


メーカーアナウンスでは9時間連続再生可能とのとこでしたが、

実際の連続再生時間感
  • 1時間に15分程度の休憩中は使用せず
  • 昼食30分程度は使用せず
  • 乗車中は常に音楽とナビ音声を出力
  • 音響最大


という使い方で9時から20時(連続使用時間に換算すると約7時間45分程度)までバッテリーは持ちました。

もともと昼休憩中充電することを前提として運用しようと考えていたのですが、うっかり充電を忘れてしまいましたが(以前使用していたものはほとんど充電しなくても大丈夫だったため)思ったより持ってくれました。

ショートツーリングであれば一日中使用することができるかなと思います。

充電時間【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】

充電時間【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】


FiiO μBTRのバッテリー残量0%からフル充電までの時間はアナウンスされていません。実際に充電したところ2時間程度でした。

長くバイクに乗る場合は昼の30分充電すれば約2時間分のバッテリーが貯まるので十分かと思います。

okoko

休憩中とか観光中に充電すればさらに超余裕!

操作性【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】

操作性【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】


操作性はかなりいいです。現在KNOXノックスグローブHandroidというグローブを使用しています。

このグローブは超絶かっこいいのですが、バイク用品メーカーが作ったものではないので指先のあまりが多く、諸々の操作性が悪いです。

okomoto

4回のツーリングで縫製がほつれてきたり・・・見た目が超絶気に入った場合を除いておすすめしません。僕は満足していますが・・・



FiiO μBTRは操作性が悪いグローブでも楽に操作ができました。

ただし、「音量+ボタンを長押で曲を巻き戻し(頭出し)」「音量-ボタンを長押しで曲を先送り(頭出し)」という挙動なので覚えるまで使いにくいかもしれません。一回ツーリングに行けば覚えます。


okomoto

とうか説明書を読めば覚えます・・・。

スマホとの接続【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】

スマホとの接続【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】


初回起動時にスマホの「NFC機能」を使ってタッチすれば簡単にペアリングできます。

なにより驚いたのが「接続が切れたときの再接続の操作性の良さ」です。

レシーバーをつけたヘルメットをバイクに置いてコンビニなどに入ると接続が切れます。以前使っていた機種はレシーバーの電源をオンオフさせ、それでもつながらないときはスマホを操作する必要があました。

うっかり再接続を忘れて出発するとかなり面倒なことになっていました。

okoko

このうっかりって結構多いのよね・・・



FiiO μBTRはメインボタンを3秒長押しで再接続してくれるのでとても楽です。今の所この方法で正接続に失敗したことはありません。

万が一この方法で再接続できなかった場合はメインボタンを5秒押して電源を切り、再度メインボタンを5秒長押しすれば接続してくれます。

okomoto

これ本当に楽!以前のストレスから開放されました!

充電コードの端子【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】

充電コードの端子【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】


以前使っていた機種の充電コードの端子はmicroUSBでした。機種専用の端子ではないので万一持ってくるのを忘れてもコンビニなどで購入すればいいのでとても頼もしく感じていまいした。


FiiO μBTRの充電端子はUSBtype-CなのでAndroidスマホと同じ端子になります。

ということは、わざわざレシーバー用のmicroUSBのコードを用意しなくても良いということです。

昼休憩のときにレシーバーを充電する場合、今まではmicroUSBのコードをわざわざ出してレシーバーを充電していましたが、Androidスマホユーザーの僕は「(スマホは昼休憩中持ち歩くので)スマホを充電しているコードをそのままレシーバーの充電に使える」ということができます。

ものすごくシンプルなことですがものすごく楽です。
microUSBの時代が懐かしく感じるほどの進歩に感じています。

音質【【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】

音質【【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】


以前使用していたものはパワーアンプ内蔵だったので音質はとても良かったのですが、FiiO μBTRも負けないくらい良いです。

音量は以前物のほうが大きかったですが、走行中に音楽を気にはオーバースペックだったので最大音量では使用していませんでした。

FiiO μBTRの音量を最大にして丁度いい音量になる感じです。

ちなみにFiiO μBTRの音量調節はスマホ側のボリュームを直接操作するのではなく、スマホ側の音量の範囲で音量調整を行います。

okomoto

スマホの設定が音量50%であればFiiO μBTRで調整できる音量は0~50%の間ということです。

バイク太郎

最大の音量で楽しみたいならスマホの設定を100%にしておく必要があるということ。

防水性能【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】

防水性能【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】


多くのBluetoothレシーバーがそうであるようにFiiO μBTRにも防水機能はついていません。

シールドを開けて走れるような小雨の中で使用しても壊れることはなかったので「濡れる=即壊れる」ということではなさそうです。

okomoto

雨が降ってきたら即外して濡れないようにして下さい。

通話【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】

通話【FiiO μBTRをバイクインカム代用としてヘルメットに使ったレビュー】


FiiO μBTRには内蔵マイクがついています。

走行中通話状態にして会話をすることは不可能に近いです。マイクの前に風よけを設置してみましたが相当大声で話さないと相手に伝わりませんし、複雑なことは伝えられません

バイク太郎

「休憩したい」「ガソリン入れたい」などあらかじめ想定できる内容ならなんとか伝えられるよ

バイク次郎

「運命って信じる?」とか想定できないことを突然言ってもなかなか伝わらないということ。


停車中にヘルメットを被ったまま通話することは問題なくできます。

走行中に会話をしたいのであればバイク専用のインカムが必要です。

FiiO μBTR取り付け方法

FiiO μBTRのクリップを使った取り付け方法


僕のヘルメットには以前使っていたレシーバーを取り付けるためのマジックテープが既についていたのでそれをそのまま使用しましたが、ヘルメットにマジックテープを付けるのが嫌な方はヘルメットのシェルと内装の間にクリップを差し込んで取り付けることもできます。

高速道路での使用でも落ちてくる気配は全くありませんでしたが、ヘルメットを被るときと置くときに邪魔になるので注意が必要でした。


FiiO μBTRのマジックテープを使った取り付け方法

今回買い換えに至った経緯


完全に余談ですが、雨が降って来たのでエレコムのLBT-PAR500を外してジャケットのポケットに入れ、それを忘れてジャケットを洗濯機で洗いました。

Bluetoothイヤホンなどもそうですが、洗濯してしまったあとに完全に乾かせば復活することが結構あるので試しましたが全然ダメだったので買い替えました。

洗濯するときにポケットの中を確認しましょう・・・。

okomoto

集中!!

まとめ


いかがでしたでしょうか。

FiiO μBTRは

連続再生時間最大音量で7時間45分
充電時間2時間
操作性良い
スマホとの接続かなり良い
充電コードの端子USBtypeCなのでAndroidユーザーはとても楽
音質良い。音量調整にクセあり。
通話走行中はほとんど不可。停車中は可。
防水性能防水機能はないが小雨程度なら大丈夫だった
取り付け方法クリップでもつけられるがマジックテープが無難

という内容の記事でした。

現時点でバイクに使うコスパ最強のBluetoothレシーバーです。

okomoto

FiiO μBTR自体は最新の機種ではないですが、「最新の」という理由で採用せずに、この記事の内容のような使い方を考えて機種選びをして頂くのがいいのかなと思います。僕の最適解はぶっちぎりでFiiO μBTRでした!考え方などは下の記事を参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました